close

Enter

Log in using OpenID

- 25 - アルジェリアの砂漠で核爆発(原爆) 回 実験、 17 この当時

embedDownload
アルジェリアの砂漠で核爆発(原爆)17 回 実験、
この当時アルジェリアはフランスの植民地だった。
アルジェリアで独立戦争が起き、フランス軍は撤退
その後、フランス領ポリネシアの環礁で 200 回の核実験を続け、
ファンガタウファ環礁(ポリネシア)でフランス最後の核実験
水爆を含む核実験回数 210 回
中華人民共和国 : この国も公表はしていない、
最初の核実験は 1964 年 10 月 16 日 原爆 爆発実験
1967 年 6 月 17 日 水爆爆発実験
1980 年 10 月 16 日 最後の大気圏内核実験
1996 年 7 月 29 日
この間
合計
インド:
最後の地下核実験
大気圏内 23 回、
地下核実験 22 回
45 回 (推定)
1974 年 5 月 18 日
1 回の爆発
1998 年 5 月 11 日と 13 日 5 回の爆発 を 観測
合計
6回
パキスタン: 1998 年 5 月 28 日 と 30 日
合計
北朝鮮 :
爆発を観測
6 回 (推定)
2006 年 10 月 9 日 1 回の爆発を観測
2009 年
南アフリカ
6 回の核実験
5 月 25 日 爆発実験があったらしいが詳細不明
/ イスラエル
1979 年 9 月 22 日 インド洋上において閃光と電磁パルスを
アメリカの早期警戒衛星ヴェラが観測
南アフリカとイスラエルによる核実験ではないかと推測
両国とも事実無根だという声明を出した。
その他、核実験をしなくとも核兵器を所有している国があるかも知れない。
ソ連崩壊の際、軍部が横流しした可能性もあり、核管理が厳正に行われていたと
いう保証はない。
1945 年 7 月、アメリカ、二ユ-メキシコ州での最初の核爆発実験以来、広島、長崎の
投下、その後世界各地で 2 千数百回にも及ぶ、地上、空中、大気圏、地下等での核実験、
その度に核分裂で生じた放射性物質は、上空 10km 以上の対流にのって地球規模に拡散
し、半減期の長いヨウ素 131 とセシウム 137 の全放出量(国連の調査報告書)は、福島原
発事故で放出された推定放出量(保安院発表)の、ヨウ素 131 が約 5000 倍、
セシウム 137 が約 100 倍 になるという。
マ-シャル群島の住民、甲状腺癌の発病率、通常の地域の約 100 倍
- 25 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
520 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content