close

Enter

Log in using OpenID

市民映画制作プログラム - 大学生協 学会支援センター

embedDownload
市民映画制作プログラム
オープンシネマコンソーシアムの活動
溝上智奈美*1・小野原友樹*2・中村隆敏*3・江原由裕*4・穗屋下茂*5 Email: 09237077.edu.cc.saga-u.ac.jp
*1: 佐賀大学 理工学部 都市工学科 *2: 佐賀大学 文化教育学部 人間環境過程 *3: 佐賀大学 文化教育学部 *4: 九州龍谷短期大学 人間コミュニティー学科 *5: 佐賀大学 高等教育開発センター ◎Key Words 市民映画,オープンシネマコンソーシアム, 1.
オープンシネマコンソーシアムとは
大学コンソーシアム佐賀加盟大学の学生を中心に,
一般市民,映画自主制作作家と共に映画制作を経験す
る。それにより問題解決能力,協調学習,地域連携,
キャリアデザインを学び,プレゼンテーション能力の
向上を図る。
映画を制作するというプロセスにおいて,自身の役
割を全うする忍耐力と責任感,話す/聞く/書く/読
む力,絵コンテの作成や構成・編集といった表現力な
どが挙げられる。
2 章においては,1 年間の流れ(図 1)を時系列で解説し
ていく。
2.2 セミナーおよび講習会
1) シナリオセミナー
(自主制作映画 監督 灰谷煙平氏)
灰谷氏からは,過去の自主制作映画を交えながら
「自主制作映画を撮ってきた実体験」から,灰谷監督
最新作「ぺっちゃん」の制作過程をもとに映像制作者
の心構えなどを講義。 2) ドキュメンタリーセミナー
(NHK 佐賀放送局 番組制作デスク 福山剛氏)
付箋紙を使ったシーンの構成方法を講義された。積
極的に学生に質問や意見を聞き,物理的/心理的に距
離の近い講義だった。
(有田工業高校教諭・放送部顧問 吉永伸裕氏)
『映像編集のキモ』というテーマで,絵コンテの描
き方や場面ごとの撮影方法を説明された。作品の尺が
長く,スタッフの人数も多いため,シーンの内容を絵
コンテにしてイメージの統一を図る必要がある。
図 1 一年間の活動の流れ
2. 制作から上映まで
2.1 実行委員会の結成
第一回実行委員会で大まかな説明が行われ,最終
的に佐賀大学は 4 年生 1 名,2 年生 7 名,1 年生 4 名,
九州龍谷短期大学は 2 年生 3 名,1 年生 2 名の計 17 名
が参加した。 学生の中から実行委員長 1 名(佐賀大学)
,副実行委
員長 2 名(佐賀大学・九州龍谷短期大学)が選出され
た。 3) 音響セミナー(図2)
(有限会社写童団代表 末次三希雄氏)
音響機材の操作方法について,実際に学生が機材に
触れながらの説明が行われた。ほとんどの学生が音響
機材の操作は初めてで,マイクの向け方やミキシング
のテクニックなど,現場で必要なる技能や応用も講義
された。映画のアマチュア制作ではあまり意識しない
音声収録に関してもプロの機材を用いながら集音マイ
クの特性,フィールドミキサーの使用法,カメラマン
との連携術など実践的な内容のセミナーを行った。
4) 照明セミナー
(九州龍谷短期大学非常勤講師 野元智氏)
『光の三原色』などの理論的なことから始まり,照
明が映像に与える効果・影響が説明された。また,照
明に関しては三灯ライティングの基礎,レフ板の使
用法,屋外での光の遮断法など現場に応じた活用判
断が重要であるということを学んだ。
・ 撮影機材/特殊機材練習 (図 3)
2.3 シナリオ会議
学生メンバーからシナリオ志望者を募り,6 月 29 日
からシナリオ会議を開始した。主に放課後に佐賀大学
で行われた。
映画はナラティブなコンテンツであり,物語性を重
2.5 ロケーションハンティング・香盤表
シナリオをもとに,8 月上旬からロケーションハンテ
ィング(ロケハン)を開始した。デジタル表現技術者
養成プログラムの修了研究として参加している学生 2
名を中心に,作業を進めた。
道路や公園,駅などは許可が下りるのに時間がかか
った。特に,特殊機材を用いた大掛かりな撮影では条
件がつくこともあった。
ロケ地は佐賀市内が中心となっている。市民が観て
「懐かしい」
「ここは知ってるぞ」と思うような場所で,
かつ他県の人が見てもいいなと思っていただけるよう
な場所を選んだ(魅力の発見/再発見)
。まちなかに介
入して映画を通してまちを盛り上げることも本活動の
目的の一つであった。まちの PR ビデオで終わらせない
ために,市民という視点での美しさや面白さだけでな
く,普遍的な魅力が必要であった。
キャストが決定し撮影場所も確定すればスタッフ全
要とする。そのため,全体のプロットと配役を検討し
員の情報共有の基となる香盤表を作成する。香盤表は
シナリオを作成する。当初は若者中心のネガティブな
撮影スケジュールや進行表のことを指す。撮影に必要
プロットが多かったが,市民映画という観客層を視野
な項目,
「集合時間」
「撮影場所」
「撮影内容」
「出演者」
に入れ,徐々にテーマが決まっていった。その間,軌
「衣装」
「小道具」
「必要な機材」
「音声の有無」
「車両
道修正を行いながら何回も修正を行った。 初めて書く 1 時間枠のシナリオの困難さに直面する。
短い尺を経験しているものは数名いた。だが,1 時間と
なると,物語の起伏や展開などを綿密に練り上げ,そ
れから細部を詰めていく必要がある。個人の発想だけ
では限界があり,多数の意見を取り入れることで完成
を目指すことを学んだ。
7 月中にシナリオの第 1 稿を作成する目標だったが,
完成は 8 月 24 日になった。撮影に至るまでに 16 回の
シナリオ会議を開いた。さらに,撮影期間にもシナリ
オの修正の為に 5 回の会議を重ねた。
の有無」
「その他(注意事項など)
」を書き込んでいく。 映画制作において撮影技術はカメラ操作,照明操
作,音声収録が重要となる。家庭用ビデオカメラと違
い,業務用ビデオカメラはマニュアル操作が必須であ
る。そのため,露出,ピントなど光学的な知識,レイ
アウト,アングルなど映像文法的な知識に加え,スイ
ッチ類の操作方法の理解が必要となる。
また,クレーンやドリーといった業務用器材の練習
を行った。慣れない機材に悪戦苦闘する姿が見られた。
なかなか学生が集まる時間がなかったため,撮影中に
実際に体で覚えたというのが大きかった。
2.4 キャスティング
出演者は主に佐賀大学と龍谷短期大学の学生である。
加えて佐賀市を拠点に活動している劇団「ティーンズ
ミュージカル SAGA」や「SAGA パーフェクトシアタ
ー」を訪問し、出演協力を要請した。他にも,白山・
呉服元町両商店街の方にも出演していただいた。
出演者・エキストラは全て無料で協力いただいた。
最終的に出演者はキャスト 23 名,エキストラ 34 名の
計 57 名となった。
図 2 音響セミナー
この表を共有することで効率の良い撮影計画が組め,
内容の把握等が可能となる。担当の学生は大学生のみ
の空き時間だけではなく,社会人にも合わせるため綿
密な計画を必要とされた。
2.6 撮影
9 月 1 日,撮影を開始した。表 1 は今回の撮影に使用
した主な機材である。
監督,助監督,カメラ,照明などそれぞれの担当を
固定した。監督が各シーンの撮影前にスタッフに対し
てシーンの説明を行い,カメラマンや音声などのスタ
ッフと時には意見交換しながら撮影を進めた。
撮影期間は 9 月 1 日から 12 月 18 日まで行った。実
質の撮影日数は 29 日間であった。
中でも,シアターシエマで行われた撮影は,1 シーン
に登場する出演者の数が最も多かった撮影で,通常の
撮影に増して入念な準備を行った。(図 3)
図 3 シエマでの撮影
表1 使用した主な機材一覧
機材 メーカー 型番 DVカメラ 三脚 ガンマイク ブーム ソニー リーベック ロード ダイワ アツデン リーベック HVR‐Z5J RS―450 NTG2 MB264B FMX‐42 B-30 HD パッケージ TR-320 フィールドミキサー ジブアーム トラッキング レールシステム ドリー リーベック VF Gadgets CMX-The Shooter Scooter 2.7 広報
撮影も終盤となってきた 11 月から 12 月にかけて,
ポスター・チラシを制作した。チラシは何パターンも
のフォントやカラーバリエーションを試みた。
撮影と同時並行で公式ブログサイトを立ち上げ,会
議の様子や撮影の進捗情報などを更新した。上映会に
向け,Flash ベースの公式ホームページを作成した。作
品の紹介やあらすじだけでなく,オープンシネマコン
ソーシアムの活動も紹介した。
図 4 は広報に用いたロゴマークである。実行委員の
溝上が提案した図案を他の学生によって選んでもらっ
た。
また,上映会告知動画を作成し,動画共有サイト
YouTube にアップロードした。
放送メディアにおいては,1 月 6 日に佐賀市内のケー
ブルテレビ ぶんぶんテレビにて宣伝を行った。
2.8 編集
実際の撮影に入るまでにシナリオや香盤表作成等準
備期間として3ヶ月を費やした。撮影は夏季休業中を中
心に行いセミナーを受講した成果もあり,ほぼスケジ
ュール通りに終了した。作品の撮影素材ビデオテープ
図 4 OCC のロゴマーク
は100本程度であった。これを約50分の作品に編集した。
小野原友樹実行委員長を中心に編集が行われた。 撮影フォーマットはHDV(High-Definition Video)
であり,このような長尺の編集を行う場合は編集機器
のPCにおいて高い処理能力を要求される。今回用いた
のはApple社のMac ProとAdobe社のAdobe CS4 Premiere Proを主に用いた。 配布メディアはDVD(Digital Versatile Disc)のた
め,解像度を標準画質(SD:Standard Definition)に
ダウンコンバートした。
DVDは関係者と教育機関,マスコミ等に無償配布し,
なるべく上映会を開いてもらうよう依頼した。
2.9 上映会
1月8日,完成上映会は実行委員会が企画し,佐賀市
図 5 ホームページの画面
内にある佐賀県生涯学習センター アバンセのホール
で行った。出演した市民や関係者が詰めかけ,ほぼ席
が満席になり,大盛況となった。(図6)
2月。撮影が行われた呉服元町商店街のほど近くにあ
るシアター シエマにて2回目上映会を開催した。1月の
上映会には来場できなかった方にも参加いただいた。
3. 作品に対する反響
アンケート
図 6 上映会の様子
アバンセで行われた第一回上映会にて,来場者を対
象にアンケートを行った。来場者約 250 名中,アンケ
ートの回答数は 136 であった。
このアンケートをもとに本作品に対する考察を行う。
①年齢層
年齢層は偏り無く各世代に散布していた。職業の
内訳としては,社会人が 44%で約半分,次いで大学
生など学生が 22%であった。
②上映会を知った理由
広報の方法は以下の通りである。
・ ホームページやブログなどのウェブ関係
・ テレビ,ラジオなどのメディア
・ 新聞,フリーペーパーなどの紙媒体
・ チラシ,ポスターの掲示
この結果を見ると,撮影関係者やその家族/友人が
多いことがわかる。
図 7 グラフ:年齢層
③感想
感想の内訳から,好評であることがわかった。具体
的感想として次のものが多く見られた。
「継続して,地域活性化につながればよいかと」
「またこのような機会があれば是非参加したい」
「エキストラ参加者として,今まで見た映画と違う楽
しみ方が出来た」
「佐賀で映画がこんな風につくられているのをはじめ
て知った」
「佐賀の映像文化が高いことに驚いた」
「知っている町並みがでてきたらそれだけで嬉しくな
る不思議」
「佐賀の土地,風景などいままで気づかなかった佐賀
の良さ感じ愛着をもった」
図 8 グラフ:上映会を知った理由
本活動の狙いの一つとして上げていた,
「佐賀の魅力
の発見/再発見」という目的は達成できたと言える。
4.
おわりに
平成 23 年度もデジタル表現技術者養成プラグラムの
修了研究を行う学生を含めて,ドキュメンタリーまた
はオムニバス形式のドラマを計画している。
今後もこの活動が引き継がれて行くよう,私も努め
て行こうと思う。
5.
謝辞
出演者,商店街の皆様をはじめ,本作品に関わっ
たすべての方々,上映会に来ていただいた方々にこ
の場をお借りして感謝の意を示す。また,本取り組
みは文部科学省「戦略的大学連携支援事業」及び「質
の高い大学教育推進プログラム」の支援を得て実践
した。
図 9 グラフ:感想
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
966 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content