close

Enter

Log in using OpenID

Page 1 街並み視察報告 住宅生産振興財団主催の“ヨーロッペ住宅・街

embedDownload
 住宅生産振興財団主催の璽璽ヨーロッパ住宅・街
並み視察団”が,随行講師 宮脇檀(宮脇檀建築
研究室代表)先生を含め21名で,10月12日から23
日までの12日間,ヨーロッパ三方国(イギリス・
イタリア・フランス)の住宅・街並みを精力的に
見てまわりましたが,参加者の一員としてその概
要を報告いたします。
住宅生産振興財団 事業部次長
浅野隆司
∬B.4ハ石CE
フランスの代表的建築物パリ大聖堂(ノートルダム寺院)
視察旅程表(概要)
讐i総蒸疑轍雛難囎ll蒸
リバプール
↓
照影勲3璽購鋤耀
ベニス
パリ市内
↓
・コンコルド広場
ボローニア
↓
サン・ジミニアーノ
ランコーン
↓
↓
シエナ
↓
ロンドン市内
穂撃撫鰯i繰i嚢灘
アツシジ
↓
・凱旋門
↓
ノシヤイヨー宮殿
↓
・エッフェル塔
↓
・アレキサンダーm橋
↓
・ルクセンブルク宮殿
・ベッドフォードスクエア
↓
↓
・パーククレセント
ペルージア
↓
・ジョージパーク
・ハムステッドヒル
・イスリントン地区
↓
ピサ
・ノートルダム寺院
・ポンピドー広場
↓
・モンマルトルの丘
↓
↓
フィレンツェ
↓
↓
・オペラ座
ミラノ
・サクレ・クール寺院
↓
・ルーブル博物館
26
︾φ
視察団メンバー
(順不同・敬称略)
団長田中 桂三(クボタハウス㈱)
講師 宮三島 檀(宮脇檀建築研究室)
で4
安田 友彦(積水化学工業痢
佐治 郁夫(積水ハウス渕
ENOL且NO懸盤嚢鶴夢?影トミンスタ棚橋よりながめた
森畑 勝( 〃 )
7ム
中山 浩介( 〃 )
早川 元康( 〃 )
梅岡 莞( 〃 )
小堤 兵吾( 〃 )
吉田 幸夫(小堀住研㈱)
▼︵
小林 裕明( 〃 )
:丹羽 諭(不二企業1椥)
小田井 肇㈱ 電 通)
亨6
森 時雄(殖産住宅相互㈱)
一法師 基(㈱木下工務店)
斎藤 錠司(旭化成工業㈱)
▼6
田中 安夫㈱ 創 芸)
樋之口靖博(住宅生産振興財団)
▼▲
浅野 隆司( 〃 )
梅本 新(㈱海外企剛
二瓶 正史(宮櫨建築研究室)
11ン1L】r 海より見たヴェニスのサンマルコ寺院と街並み
▼亀
ウ︵
27
ランコーンニュータウンの視察
ランコーン・ニュータウン(ホールトン・プラウ地区)の街並み
赤レンガ造りの建物が多いランコーンの街並み
鍵盤.
車が駐車できる中庭。歩道がない道舗装面に明るい色
の小砕石
6m∼3m幅のクル・ド・サックにつなげた道路の屈曲が大きく
狭いためスピードが出せない
緑が多く住環境に溶けあった街並み
28
ENOL.4ND
炉﹁
一9
へ
(:
陶一「
戸
轍”嬢﹁
P’ 賦 駕
﹁0 ﹁ .“ ,トト 塗・鐸 貯、騙 卜 b奪∼ ザ£卜b鵜襲繧謹憂﹂騨熊購難癖、韓一 宮 丁 噺
乏、5詩 黛幽螺渉 ρ瓢鍵畿 ,・壕義.・茎㍗湊一
<イギリス>1
X
』
。
艦
。 rこ
ug
・砂〆艶饗勢礁 趨
て
蟹
鷲
“
軋
ランコーンニュータウン内のホールトン・プラウ地区
ロγドン北方約320㎞にあるリバプール市の郊
このことは,写真にもあるように曲がりくねっ
外にラソコーンニュータウンがある。この地域は
ていて歩道はつけられていない。道路がせまいた
人口15万人で1棟2戸の赤レンガ造りの建物(総
め車を道路に駐車させる気にはならないようにな
2階タイプがほとんど)が多く目につきます。
っている。またスピードが出せない。それでいて
なかでもホールトン・プラウ地区は新しい街並
みの試み(1966年)がなされたことで有名です。
住環境に溶け合った街並みとなっている。
当地の開発公社の設計家たちは人閲尊重の観点
庭(典型的には17m×15m程度)があり,住宅群
から,6m∼3m幅の地区内道路をクル・ド・サ
がこれらの中庭のまわりに配置されている。
ックにつなげ,一車線二方通行の道路としてデザ
インしました。
29
クル・ド・サヅクは,車を駐車できる小さな中
E2VOL/1ND
〈イギリス>IIロンドンの高級アソて一トメントと戸建
ロンドン市内リーゼントパーク脇のア
寝ルバニィ・ストリートに面したアパート
メントを視察。外壁は白く,ファサード
がすばらしい宮殿を思わせるような建物
で,歴史と伝統のある国ならではの景観
です。このアパートメントは英国王置所
・有の賃借権付で,入居するにも保証金,
修理費,管理費等厳しい条件を満たす階
層の人のみが使用出来,ロンドンのステ
イタスシンボルとしての位置づけされた
超高級アパートメントといえます。
ロンドン市内北方にあるハムステッドヒルの戸建を視察。市内はアパートメントが多く,
戸建は少ない。外構植栽はアメリカの開放的な面がなく,レンガの塀,生垣等日本に似た
街並みとなっている。
30
、
1皿4Lγ
〈イタリア〉中世都市国家の街並み
今回のヨーロッパ住宅・街並み視察の大きな
熊1鷹∵∵㍗二
ポイントは講師宮脇先生の考えから,中世ルネ
ッサンス時代に建てられた都市国家が現代にい
たるまでそっくり残っている北イタリア,特に
鵜藁滞蕪⊥・・
ベニス,ボローニァ,サン・ジミニアーノ,シ
エナ,アッシジ,ペルージア,ピサ,フィレン
ツェ,ミラノの九都市を視察旅程の約号の日数
をかけ歴訪したことです。
イタリアは訪れてみてわかったのですが,古
くから小国家群からなりたち,侵略してくる外
敵から自らの国家を守るため小高い丘に教会を
建て,その前に広場を作り,それを中心に街が
出来,その周囲を城壁がとり囲むという街並み
が特色です。
九都市の中から特に印象にのこったベニス,
サン・ジミニァーノ,フィレンツェの街並みを
鵡鋼.瓢、
’噛濠斜、悌f−やト’甜ウ愚㌔
み漁寵︷
瓢櫨.灘鍵鷲
箋凄享誉籍
報告いたします。
捕測
ゐへゆボミい
い・:㌦ @ ノ議1熱、呂 ,指。、
、≧Fゴ
, 層r}偲く「
31
ベニス(ヴェネティア)
畿蝿鑓
ベニスの地図
凝鎌
鐘塔からながめたベニスの街並み
水の都ベニス,現在人口36万人。町の中央をS字
型の大運河が流れ,交通機関はゴンドラ,モーター
ボートや水上バスだけで,町の中は一台の箪もない
・媛
欝
点にまず驚く。
ここは地盤が悪く,今でも少しつつ沈下している
そうです。
5世紀ごろよりこの小島(潟)に松の杭を打ち,
鍵
地盤補強をして建物が建て始められ,田世紀からル
ネッサンスにかけて東地中海貿易の重要な拠点とな
って栄えました。
ベニスの有名な建築物はビザンチン建築のサンマ
為野鶏箋
7﹂
賦躍
サンマルコ寺院とサンマルコ広場
ルコ寺院。中世の豊かな装飾や彫刻と大理石や美し
いモザイクの内装によリ構成されたすぐれた教会で
「黄金の教会堂」と呼ばれています。ベニスの富と
建築技術のすばらしさに圧倒されます。
またこの広場は市民の憩いの場として,人間的ス
7、
ケール,建築物のまとまり,運河との対比といった
攣
点でもすばらしいものになっています。ベニスの街
並みは島という限られた土地の上に高密な都市国家
r馬
を築いたため,建築と敷地と運河を一体化し,レン
ガ,大理石,オレンジ瓦の石の芸術といった建物
で,道路幅も2m∼3mぐらいしかない複雑な街並
みとなっている。
潟の上に作った町のため緑が少なくバルコニーに
は花壇・鉢植がいたるところに見うけられました。
7へ
運河をいくゴンドラからみたべニ・スの街並み
ア﹂
32
1冗4Lr
羅
/
簸_
サン・ジミニアーノ
ロ
ノ”閥1【”脚
サン・ジミニアーノの地図
報彰舜
∼
撫_
錨灘
・ ∴Ψ∵懸・
丘陵にあるサン・ジミニアーノの街並み
灘蝶鰻亀、^
鞭
1灘
トスカナ地方を代衰するこの町は,中部イタリア
に位置し,中世から近世にかけての時期にイタリア
経済の中心となり,ルネッサンス美術を生んだ文化
の中心地でもある。起伏する丘陵にオリーブの樹が
並び,中腹にはぶどう畑やむぎ畑,街は赤レンガの
家と城や塔が丘の上に寄添い,詩情あふれる街並み
羅
となっている。
海抜300mの丘陵の上に13本の塔が林立する「美
しい塔の街」中世の街がそっくり残っている街並み
です。
町の城壁よりみた林立する塔
33
1z且Lr
︻
フィレンツェ
フィレンツェはラテン語で「花の都」を意味しま
す。街は紀元前数世紀に起源を発するといわれます
が,真に繁栄したのは11∼15世紀にかけてである。
われわれが訪れてまず目をみはったのは,市の
中心にあるドゥオモと呼ばれる大聖堂(ゴシック教
会堂)です。市の建物は5階建で統制されています
が,ドゥオモだけは空高くそびえており,ラテン十
監
字型のヴォリュームあるドームがルネッサンス時代
を象徴しています。
この町は15世紀の金融財閥メディチ家が政権の座
についてから,建築物,絵画,彫刻等に富を使い芸
術の都として花開き,ダ・ヴィンチやミケランジェ
ロ等を生みだし,近世ヨーロッパに大きな影響を与
ミケランジェロの丘からみたフィレンツェの街並み
えたといわれています。
中央にそびえるドゥオモ
街並みは石レンガ造りの建物が並び,町の広場に
はミケランジェロのダビデ像が立ち,歴史と伝統を
,難磯,
、聾
肌で感じます。
市内にはポルティコと呼ばれるアーケードのある
独特の街路が目につきます。
L
ドゥオモと洗礼堂
コぴ 熱撫
ゆ
・・響
献1凝
﹂
・繭い、.亀∴
継、
市内の街並み。道幅がせまいので車は小型
ポルティコと呼ばれるアーケードのある衡並み
車が圧倒的に多い
34
F究∠4N(辺
〈フランス〉パリ市内の街並み
馳
’ 聯
、馬韓罐、
、灘謹_ 籔覇謹藥遜一
漁驚欝 湿粥 赫
麹
盈 0 5 緯 チ
D「
一・
’鐵
欝繧謎購繋.
いみ ゴナ
に らが
藻、
、婆:」 ド
鴬傷
輝、
磯碓鞠
蟻難
副艶客一
灘
媛
拶
岬篭鱒‘鵬
轡懸譲
耀撃 ・
マ リダ ぶ
.臨藩糞盆畳
一、・盤簸
誘
c下
蜒求 A”
舗’
Q.鋸〃,望・
青ハ・捧堺
蔓
拝 サ ル.引
ワ騎
饗驚翻 , ,9 続一
r7
廟
、遊磯目
葬「 り ・・’詩興七 、壕
.卿
ダ
,
纏’ 罪難語’㌧一、.墾、 r 惚
。 瀞㌃
甑嚇、}.A論、く 武
諾3
ZF「
エッフェル塔よりみたパリ市内の街並み。道路が放射状に伸びているのがわかる
現在のパリの街並みの基礎は1850年∼1870年
㌔帆卸・β臥、㌘≧,:犠・,
までの間に支配したナポレオン三世が今までむ
さ苦しく密集した不衛生な中世都市であったパ
.囎鹸・「=ゴサ∵
リを,広く明るい大通りが通り,豊かに木の茂
る公園,広場,市場をもち,豪壮な公共建築の
並ぶ近代的首都に変貌させ,パリが世界有数の
美しい都会となりました。また,フランスはゴ
シックを生み,イタリアルネッサンスの影響を
受け,バロックの庭園,宮殿の華を開かせ,常
にヨーロッパ文化の中心としてパリには各様式
の傑作が生まれました。
写真でパリ市内の街並みを紹介します。
広い明るい大通り。通りの正面には必ず何かのモニュメントが
ある(凱旋門)
35
4
大通りの正面にはオペラ座がある
^幽ワ.∬
ら;階ド
叢
}脚濤’
’撚縦・
憾
∼ピ
@細農
@ @ V
ルーブル博物館の建物(旧宮殿)
⊆。だ,,一 ∬ ㍉ ・
.b 香
螺
嘉蹴
熱,.
モンマルトルにあるしゃれた階段
ヴォージュ広場。四方を古い建物で囲まれた街並み
36
」FB.4/VOE
鰍無
凋』
ウ
鰍瞬
夢
議
蟻i
弼4砲彫も》伽し篇
b幽幽幽幽・{撫__・
リュクサンブール宮殿の庭園。非常に手入がゆきとどいている
._罵慧獄誌
、蒙騰綴
掛:㌦評、
リュクサンブール宮殿
.
モンマ 艫gルにあるユトリロの街並み
シャンゼリゼ通りの並木
37
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
32
File Size
6 407 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content