close

Enter

Log in using OpenID

このツアーのオススメポイントのほんの 一例 > 他のツアーのパンフレット

embedDownload
●
●
●
●
●
<このツアーのオススメポイントのほんの一例>
他のツアーのパンフレットや新聞紙上でのツアーと比較して下さい!
パンフレットをよぉ~く見ると…。ほとんどのツアーは…。
ヴェネツィア(ベニス)の宿泊地の記載に…。
<記載例>
◆宿泊地:ヴェネツィア(メストレ)
ヴェネツィア(ベニス)
『メストレ』
ってどこだかご存知ですか?
メストレ
リベルタ橋
<ヴェネツィアの説明 *インターネットからの引用>
都市としてのヴェネツィアは、海上のヴェネタ潟上の島(ヴェネツィア本島)に築かれ
ています。自治体としてのヴェネツィア市は、ヴェネタ潟の島々と「メストレ」などの
本土側も市域に含まれています。ヴェネツィア本島は150を超える運河が縦横に
走る水の都です。交通機関は舟のみ。自動車の乗り入れは出来ません。
その本島の中心がサンマルコ広場です。
つまり、ほとんどのツアーはヴェネツィア本島を3時間程度観光して、宿泊ホ
テルはリベルタ橋(全長3850m)を渡り、対岸(本土側)のメストレ地区
に泊ります。逆にヴェネツィア本島に泊るツアーは「本島に泊る!」と明記し
ています。
その理由は
①ホテル料金が3~5倍程度高い
②予約が取れない。
でも、皆さん、折角イタリア・ヴェネツィアに行ったら、昼のベネツィアを団
体行動で3時間程度の観光だけでご満足できますか?
観光客で溢れかえる昼間だけのヴェネツィアでいいですか?
ベネツィアの夜景(運河や鐘楼から見る)、静かな朝もやの中のサンマルコ広
場、観光客の少ない運河通りを散歩など、時間を気にしないでゆっくり散策し
てみたい!と思いませんか?
サンマルコ広場にある有名なカフェ「フローリアン」でのんびりお茶をしませ
んか?
こんな贅沢を今回、皆さんに体験していただきたいのです。
サンマルコ広場
カフェ・フローリアンにて
今回のホテルは「ベネツィア本島」はもちろん、その中心である「サンマ
ルコ広場」のすぐ隣、徒歩3分のホテルです。ホテルの前には運河が流れ
ています。
そうです。まさに「ベネツィア」を十二分に満喫いただけるホテルです。
ベネツィアの朝の景色・昼の観光・夜景をご自身で体感して下さい。
他では絶対に体験できない!選りすぐりのツアーなんです。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
393 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content