close

Enter

Log in using OpenID

【タイトル】『第24固定禅寺ストリートジャズフェスティパルin仙

embedDownload
【タイトル】
『第 2 4 固
定禅 寺 ス トリ
【 期 日 】 2 0 1 4 年 9 月 1 3 日モ土)
ス トリ
ー
ト演 奏〃‖ : 0 0
∼
ー
トジャ ズ フ ェ ス テ ィ パ ル i n 仙 台』
1 4 日く日) 境 雨 天 決行
1 8 :0 0
ナ イトス テ ジ/ 1 8 : 0 0
・
ー
【 会 場 】 仙台市 中心 部( 仙 台市青葉 区
2 0 :0 0
∼
( 予 定)
番 町 国分 町 本 町 中央 ほ か) ( 予 定)
( 仙台市 宮城 野 区 相 ケ 岡) ( 予 定)
一
、
、
、
、
【主催】定禅 寺 ストリートジネスコ± 扇テ ィパンレ実行委 鼻 会 + 洛 以 下 予 定 【共 催】宮 城 県 ノ
・ 仙 台市
【特 別 協費】ハ イネ ケ ㌢ ヰ リン 株 式 会社 〃山台 コ か コーラ 朴 り
、 ン グ株 式 会社/ ア サ ヒビール 一般 社 団 法人 国 分 町 街 づくり プ ロ ジ ェ タト/ 河北 新朝 社/ サ ン トリー酒 掛 集式 会社/ サ ントリ
株式 会社 湖 緑 澄 社ヤ マ ハ ミ ュージy クジャ パ ン/ 株 式会 社N T T ドコ モ・/ 株 式会 社 ラぎジ アリー タイムピーシズ ジャ パ ン / ル ツ ェ ル ン フ ェ ス テ ィ 杓 レア ーク ′ ヴァ 松島2 即 3 一
他 各社
1
1
・
ュ
・
丁
ビ ア 愚ヌ ピリγ ツ
_
▲
・
【後 植】寓 蠣 県教育 革 具 会/ 仙 台市 教育 委貴 賓/ 搾 軌 仙 台観 光 コ ン ペ 肯う ヨ ン 協会/ ∈公 財) 仙 骨市 市 民 文 化事 業眉け 朝 日新 聞仙 台 総 局 楕 日新 聞 仙 台 支 局∠読売 新 聞 東北 樅 息 絹 本 経 済新 聞社
仙 台支局j 産 経新 聞社 竜北 総局/ 共 同 温 情社 仙 台支社/ N H K 仙台激 送局 j T 巳G 東北 放送/ 仙 台放 送/ ミヤ ギ テ レ ビ/ K H B 東E] 本 放送/ D a t e f m / ラジオ3 F M 7 & 2 J C A T V / せ んだい 朗 ン 情 哉S- S tyl eプ
仙 台リヒシ タ新 聞社 他 各社
・
【特別 協 力】定 律書 道街 づくり協議 会7 株 式 会社斎 テ ン ト/ 仙 台 日仏頃合 ア リア
広 告 協 賛 募 集 中!!
ン ス
・
フ ラン
ーズ/
セ
、
`
ノ
r
ス テ ィパ ル
実 行 委員 会】 ま で お 問 い 合 わ せ くださ い
J S F では フ ェ ス テ ィ バ ル 野 運営 資金 とな乳 協 賛 金を広く市 民
、
詳し
.くは 下 記 【定 禅 寺 ス トノートジ ャ ズ フ ェ
参 加 バ ン ド 募 集! !
他各社
」 S F で は 広く皆 様 か 細 g・マン フ レ ッ ト広 告費募 集 し て あ りま すむ
詳 しくは 下 記 【定 禅 寺 ス トリートジャ ズ フ ェ
ご協賛募 集中‖
松 財対山台市市 民文イヒ事 業 団
【申込 み 期 間.】
ス ティJ ヾル
2 01 4
企業市 民 の 皆 様 に お願 い して い ます
てだきい
案 行 委員 会】 ま で お 問 い 合 わ せく
年4 月1 日( 火 ト 5 月1
2 日(
。
。
Q
別 必着
■、
ゝ
L
L
J
・一
_・._
、
ナ
i
r
■
■
、
、
、
・-
-
・
・
F
竺 塑 竺三少や= 』
・
∴璧さ二し_・ .ら
定禅 寺 ス トリ
ヾ
▼
・
.
←
ー
■
†
㌢
∴
L
1
l
⊥
・
∴
∴
也 J 一美 を
甑し
っ
トジャ ズ フ ェ ス テ ィ パ ル 実行 委員 会
TI 咋2 4th
今年 の テ
J O Z【HJI S TR【
【Ⅶ且三
三
F【
STl ⅦLin S【川D鳳
l
定 禅 寺 ス トリ
ー
普 楽 希望 へ の 架 け 橋
マ!
ー
ト ジ ャズ フ
ェ
・
ス テ ィパ ル (」 S F) は ゝ1 卵 1
に は2 5 周 年 を迎 ぇ
、
戦 とな る 本年 は 音 楽 がた く さ ん の 人 々 に 感 動 と 勇 気 を
られ て 成 長 して き ま し た と り わ け 2 0 1 1 年 の 東 日 本 大
与 え てくく れ る も の と 信 じ 」 5
、
、
、
、
震 災 で は 開 催 も 危 ぶ ま れ る 中 本 当 に 多く の 方 々 の ご
とな る事 を願
支援 とご協力を得 て
の メイン テ
、
、
、
開催する 事がで きました 2 0 1 5 年
。
し み 方色 々/
新た な る 四 半世 紀 へ 踏 み 出す 前 哨
年 に ス タ ー ト して 以 来 音 楽 を 愛 す る 様 々 な 方 々 に 支 え
。
パ ン フ レ ッ トを片 手 に
・
って
「
、
F
菖 楽 希望
・
」S
が 未 来 へ の 希 望 の 架 け橋
へ
・
の
架 け橋」 を 第2
4 回
復興
ー マ と致 し ま す
。
内 容を 紹 介 す る パ ン フ レ ッ トを 片手 に
F の
援/
しご して 5
JAZ
T R EE T
∼
王家楽 しみ
ジ ナ ル グ ッ ズ を ゲ ッ ト して ミ
、
仙台 秋朗 風物 詩
定 禅寺 ス トリ トジ ャ ズ フ ェ ス テ ィ バ ルi n 仙台
今年 も 東日本 大震災 で 大き な 纏害を 受 け た
是 禅 寺 哀トリ
トリ コ ロ
。
第3 回
い」 と い う声 の お か げで 毎 年 開 催 す る こ と が で き、 バ ン ドと 観 客 な ど
な がり が自然 と 生 ま れ る よう に も な り ま し た
音 楽 の お 祭 り で あ る」
S F
ー
レ青葉祭2 8 1 4
8 月2′
4 日( 日) 石
2 4 回 目 を 迎 え ます 多く の 市 民 か ら の 「 楽 しい」 r 来 年 も 参 加 し た
つ
ガン ザ でリズ
ニ
、
ウィ ング カ
。
トジ ャズ フ ェ ス テ ィ パ ルi n 仙 台 り S F ) は 今 年 で
新 し い 人七 人 と の
」 S F オリ
、
ム を と っ た り・ 踊 っ た り 、 楽 帯 を 持 参 して ス
地 域 の 音楽 祭 開 催を 支 援 して い き ま す
ー
ー
、
様々 な 音 楽 ぎゃ ン ル に 分か れた ス テ ー ジを は
の
巻市
食
代
ニ
ー
パ ル に 参加 し た り 仙 台名 物
ゝ
物 や 地酒 好 き な 飲 み 物 と 世 界 の 料
、
、
理 を 楽 しんだ り フリーマ ーケ ッ トを覗 い た
、
気 仙沼 ス トリー トライフフ ェ ス テ ィ バル
り 、J S F は 色々 な 楽 しみ方 が溢れ て い ま す¢
9 月2 8 日( 日) 気 仙 沼 市
第ア回
。
鳴 子音楽祭 ス トリ
ー
トダヤズi n S P A
1 0 月4 日〔土) 5 日( 日) 大 崎 市 鳴子 温
が 音楽 が 好 き な お 祭 りが好 きな 人 と 人
・
喝子
泉
、
と の 繋 がりを作 る 架け 橋 とな れ る よう 今 年 も開 催 に 向 け て 邁 進 し
i
て お り ま す¢ 今 年 の テ
日( 土)
マ
ー
は「 音 楽 希 望
・
・
Q
が より
1 4 日( 日) に 開 催 さ れ る 第 2 4 回」 S F
社 の 都 が 音 楽 に包まれ る
け 橋」 で す 9 月1 3
へ の架
層 街 中 が音
一
楽 に あふ れ る 二 日 間 に な りま すよう 今 年も 皆 様 の ご支 援 ご 協 力
秋 の 二 日 間/
のl まどよ ろ しく お願 い い た し ます 。
全 国各地 海外 か ら プロ ア マ 問わず 7 0 0 以 上 の グルー
、
・
、
、
大熊
第2 4 回 実 行 委 具 長
崇生
、
プ約5 0 0 0 人の ミ
ュ
,
、
ー
ジ シ ャ ン が 仙 台市 内の 街 角 約 5 0
、
、
ス テ ー ジ〈タイ ア ッ プ 含 む) で 二 日 間、
楽[てフ ォ
ステ
ジは
ー
楽フ
ア
ー
マンス S T R EE
、
ンが集まり
、
¶A Z Z
様々 在 ジ ャ ン ル の 音
を披露 約 7
0 万
,
人・の 音
杜の 都が 音 楽 に 包 まれ ま す
。
杜 の 都 仙 台/
こ れ ま で 頂 い た 誉/
ケ ヤ キ並 木 蘭 定律 寺 通 り
_ を は じめ と した 青葉 区 宮城 野
_
、
がステ
区の街
ー
ジで す ビル の 入 口 公 開空 地 商店街
。
、
、
、
公 臥 広 場 な ど が二
J S F そ の 日だ け狐 ス テ
ー
ジ とな り ま す
。
S T R E E TJ
「
2001
年 「 第8 回 仙 台 市 都市 景 観 賞」 大 業/ 仙 台 市
2002
年 「 第2 4 回 サ ン トリ ー 地 域 文 化 賞」 / 財 団 法 人 サ ン トリ ー文 化財 団
る さ と賞 」 / N H K
2006 年
「
第2 4 回 東 北 ふ
201 0 年
「
第6 0 回 河 北 文 化 賞」 / 河 北 新 報 社
2 訓2 年
「
若2 回 地 域再 生 大 賞」 準 大 賞/ 地方 新 聞社4 6 社 共 同 通 信社
■
ス トリ ー ト ジ ャ ズ」 と は 1 9 世 紀 ま∵㌢メ リカ 南 部 の 街角 で 新 しし1 青 森と して 産 声
、
を 上 げたJ A Z Z の 自 由な 精 神と 表 現 を 受 け 継 ぎ こ こ 仙台 屈 禅 寺 か ら新 し い 音楽
・
、
、
J S F 2 4 回 の 軌 跡/
と そ の 文 化を 発偏 して い ける よ うな そ ん な 思 い を 込 め た 造語 で す あ らゆ るジ ャ ン
、
。
ル の 音楽が融 合 し そこ か 毎街 に優 しく調 和 す 春 独自 の
「
、
ス トリ
ー
ト ジ ャ ズ」 が生 麦
れ て い くこ とを 私た 奄 は 願 っ て い ま す。」 S F は ぁ ら ゆ るジャン ル の 音 楽 で 溢 れ ま す !
1 9 卯 年9 月1 5 日 ほけ小 雨 後 晴 れ の 天 気 の 中 定 禅 寺通 り と東
、
番 町 通 臥 勾 当台
→
、
公 園 で 参 加 パッ ド2 5 グ ル ナ ス ミ
ュ
、
ー
がシ ャン1
ゞ
50
人 9
、
ス テ
銑 観 客5
ー
,
PO O
人
で 常1 回 が始 ま っ た」 S F は 秋 御 山台 の 風 物 詩 と して 市 民 に愛 さ れ 成 長 牽 続 けて き
、
み んな で 作 る
‰ 東 日 本大 震災ガ起き た 2 0 1 1 年 は 、 全 国 の 皆療 か らの あ た た か い ご 真庭を 受 け
て 欝 2 1 回 を 乗り 越 え て
音 楽を 演 奏 す る の が 大好 き な、 全 国各 地 か ら条 章 番 邁秦 参加 者 。 音楽 を 聴くの ガ 大
好 蓉 な 市 民 と 全 国力1 ら集 ま る 音楽 奄 愛 す る観 客 ス テ
、
。
ジ提 供 や 協賛 協力 を して
ー
。
。
テ ィア
ェ
ス テ ィパ ル 当 日の 運
営 協力 を頂く
、
苦 か ら の お 祭り と 同 様 ほ と ん ど手 作り で 一年 か け
、
、
す る 実 行 委 員 そ ん な 多 くの 人々 が 関わ り み ん な で 作 るフ
。
、
。
フ ェ ス テ ィ パ ル/
頂 い て い る 商 店街や 企 業市 民 フ
鳥
ま し た 2 0 0 0 年 の 第1 0 回 か ら9 月 の 第2 日 曜 日 と前 日 の 土 曜 日 の 二 日 間 開 催 と な
、
フ
ェ
ェ
J
B 強 い ボラ ン
ス ティバ ルの
準 備を
ステ水代ル刑S F で す
。
永遠 の テ
音楽の 星 地 球
マ!
ー
・
わ た し た ち人 間 は 太 古 の 苦 よ り 、 喜 び 悲 し 臥 願 い、 憧 れ 、
、
夢 希望
、
、
、
失望 嘆 き 怒 り 愛 恵 み 感謝 尊敬 な どあらゆる
、
、
、
、
、
、
∼
ここ
通 語 「 音楽」 を 自 然 の 中 で 奏 で
し臥
え 国境 を 越 え 、 言 語 の 達 し∼を 越え ゴ 世 界 の 共通 語 と して 音 楽
界
、
、
が 広 ま り世 界 の 人 々 に 愛 さ れ て き た の で す 」 S
。
F は、
世界 の共
、
へ
・
∼
、
ス テ ィ パ ル な の で すb わ た した ち」 S F は
。
J
、
感 情 を 自 然 の 中 で 歌や 音 楽 に して き ま した ゆ え に 時を 越
、
ん
演奏 者 も 聴 く 人々 も 異 に 楽
音 楽」 で 至 福闇 時 を 共有 で き る 喜 びを 愛 で る 視 察 フ ェ
、
「
J 豊
・
1 3 日( 土) 1 4 日(
音 楽 の 祝祭 を 全 国 世
、
広 軌 地球 が音 楽 で 包 ま れ 「 音 楽由 星 地 球」 と 呼 ばれる
・
日 が来丞 こ と を 目 指 し、 こ こ 仙 台から そ の 思 い を発 信 しま す 。
、
)1
音 楽を 愛 すンる すべ て の 方 々 に さ さ え られ 今 年2 【
、
日)・ に第2 4 回 を迎 え ま す
。
′
.
-1
一
一
輝
㌔
4
年9 月
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
3 529 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content