close

Enter

Log in using OpenID

サルコジ仏前大統領を不正事件で拘束

embedDownload
サルコジ仏前大統領を不正事件で拘束
フランスで範囲が拡大している不正事件の捜査に絡み、ニコラ・サルコジ(Nicolas
Sarkozy)前大統領(59)が1日、事情聴取のため仏当局に拘束された。
サルコジ氏は事情聴取のために自ら当局に出頭した。捜査官らはサルコジ氏を最長24時間まで拘束する
ことができる。拘束期間はさらに1日延長される可能性もある。
前日にはサルコジ氏の弁護士ティエリ・エルゾグ(Thierry
Herzog)氏と2人の予審判事が拘束されている。
捜査官らは、サルコジ氏がエルゾグ弁護士の協力を得て司法妨害を試みたことを立証しようとしている。
当局は、07年の仏大統領選挙の際にサルコジ氏がリビアの当時の独裁者、故ムアマル・カダフィ(
Moamer Kadhafi)大佐から資金援助を受けた疑いに関する捜査について、今回拘束された予審判事の1
人からサルコジ氏が内部情報の入手を試み、司法当局によってサルコジ氏の携帯電話が盗聴されている
との情報が提供されていた可能性を疑っている。
今後の展開次第では、2017年の次期仏大統領選挙までに政界に復帰したいとするサルコジ氏の希望が絶
たれるかもしれない。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
22 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content