close

Enter

Log in using OpenID

ベッド・バス・アンド・ビヨンド

embedDownload
2012.10.11
ベッド・バス・アンド・ビヨンド
(米国、ホームファニシング)Bed Bath&Beyond,Inc.(ティッカー:BBBY、大和コード:A9575)
決算期
12.2
13.2 予
14.2 予
15.2 予
売上高
9,500
10,961
11,765
12,412
百万㌦
(+15%)
(+7%)
(+6%)
株価・為替情報(10/10時点)
純利益
990
1,058
1,124
1,193
百万㌦
(+7%)
(+6%)
(+6%)
株価
61.43 ㌦
時価総額
141 億㌦
1㌦= 78.18 円
予想EPS(13.2)
4.63 ㌦
年初来騰落率
予想EPS(14.2)
5.15 ㌦
+6%
※予想はトムソン・ロイター調査。
会社概要
ベッド・バス・アンド・ビヨンド(以下 BBBY)は 1971 年創業。ホームファニシング(家具・日用品全般)専
門店を運営し、米業界シェアは首位。店舗は米国中心に 1,449 店(12 年 8 月末)。主力の「ベッド・バス&
ビヨンド」では、ベッドリネンやバス用品、キッチン用品、小型家電、ギフト用品などを扱う。業態イメー
ジは、カジュアルスタイリッシュな商品を扱う日本の「Francfranc」の店舗を大型化したものに近い。
米住宅市場回復の恩恵が期待できる銘柄 / 足元は悪材料を消化し反発局面を探る展開
特徴は、リピーターを掴む戦略の巧さ
BBBY は、質の高い商品やアイデア商品等、顧客の 1,600
購買意欲を高める商品ラインナップの巧さでリピ
ーターを獲得している。また、各店舗に商品選定や 1,200
値付け等の裁量を与えており、店長等には業績に応
800
じたインセンティブも付与されている模様で、同社
の業績拡大を支えている。こうした強みが広告費を
400
抑えた店舗運営を可能としており、同業他社に比べ
た利益率も高い。BBBY はじわじわと業界内でのシェ
0
アを高めており、足元のシェアは 42%と推定される。
足元では先行投資が利益を圧迫
店舗数と米業界シェアの推移
(店舗数)
BBBYシェア(右軸)
40
30
リネンズン・シングス
(業界2位)が破産(08
年5月)。店舗閉鎖に伴
いシェア拡大
02
03
50
12年7月に
コスト・プラス買収
03年6月に
クリスマス・ツ
リー・ショップ
ス買収
02年3月に
ハーモン・
ストアーズ
買収
(%)
04
05
06
07
08
09
10
11
12
20
10
13 (年度)
(注)店舗数は棒グラフ、左軸、13 年度は 2Q末実績。業界シェアは
米ホームファニシング小売売上高に占める同社売上高より大和証券
算出。(出所)会社資料
12 年 6-8 月期決算は 12%増収 2%減益。既存店増
関連小売他社との比較
住宅市場の回復が追い風
収率は 3.5%増と、09 年 9-11 月期からプラス基調
(%) 20
売上高 店舗数 営業利益
50 (%)
会社名
(百万ドル)
率(%)
米新築住宅販売(前年比、左軸)
を維持し順調だが、一時的な費用増が利益を圧迫し 家具・ホームファニシング専門店を運営
30
た。要因は、輸入家具・輸入食品を扱うコスト・プ ベッド・バス・
10
9,500
1,173
17
アンド・ビヨンド
ラスの統合費用、及び e コマース事業強化に伴う IT ウィリアムズ・
10
3,721
576
10
投資等である。ただ、会社はコスト・プラスに関し ソノマ
0
ピア1
-10
1,534
1,052
10
て、13 年度下半期は利益成長に寄与すると見ている。インポーツ
ホームファニシング関連商品も取り扱う
住宅販売の回復に注目
メーシーズ
26,405
842
9
-10
-30
69,865
1,763
8
BBBY の扱う商品は、住宅需要と密接に関連するも ターゲット
-20
-50
08
09
10
11
12
のが多いだけに、米住宅市場の動向が注目される。 ウォルマート 443,854 10,130
6
米家具・ホームファニシング小売
売上高(前年比)(右軸)
足元、住宅ローン金利の低下等を背景に住宅販売が
(注)左図:業績・店舗数は直近年度末実績。BBBY 及びピア 1 インポーツは
回復。家具・ホームファニシングの小売売上高は昨
2 月決算。他は 1 月決算。右図は月次。(出所)会社資料、米商務省
年末より高い伸びを示している。加えて、FRB が FOMC
週足株価
22
80
で、住宅ローン担保証券の無期限買取による、量的
(倍)
(ドル)
株価(左軸)
20
70
緩和第 3 弾(QE3)の導入を決定。一段の住宅市場
18
60
てこ入れも期待できよう。直近の同社株価は減益決
16
50
算が嫌気され大きく下落した。ただ、減益要因は一
14
40
時的な費用増であり、住宅市場の回復期待を背景に、
12
30
12ヵ月先予想PER(右軸)
(10月10日まで)
当面は堅調な業績推移が続くと見ている。また、足
10
20
10
11
12
元の調整で株価に値ごろ感も出つつあることから、
(出所)ナスダック、各種資料
目先は反発局面を探る展開と想定する。(坪井)
本資料は、投資の参考となる情報提供のみを目的としたものです。投資に関する決定はご自身の判断でなさいますようにお願い申し上げます。本資料は、当社が信頼
できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されていますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。また、本資料に記載された意見や予
測等は、資料作成時点の当社の判断で、今後、予告なしに変更されることがあります。なお、本資利用に際しては、最終ページの記載もご覧ください。
-1/2-
お取引にあたっての手数料等およびリスクについて
手数料等およびリスクについて
z 株式等の売買等にあたっては、
「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)
経由で国内委託取引を行う場合、約定代金に対して最大 1.20750%(但し、最低 2,625 円)
の委託手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取引にあたっては、現
地諸費用等を別途いただくことがあります。
z 株式等の売買等にあたっては、価格等の変動による損失が生じるおそれがあります。また、
外国株式等の売買等にあたっては価格変動のほかに為替相場の変動等による損失が生じる
おそれがあります。
z 信用取引を行うにあたっては、売買代金の 30%以上で、かつ 30 万円以上の委託保証金が
事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることか
ら、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
z 債券を当社との相対取引により売買する場合は、その対価(購入対価・売却対価)のみを
受払いいただきます。円貨建て債券は、金利水準の変動等により価格が上下し、損失を生
じるおそれがあります。外貨建て債券は、金利水準の変動に加え、為替相場の変動等によ
り損失が生じるおそれがあります。また、債券の発行者または元利金の支払いを保証する
者の財務状況等の変化、およびそれらに関する外部評価の変化等により、損失を生じるお
それがあります。
z 投資信託をお取引していただく際に、銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等
の諸経費、等をご負担いただきます。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じ
るおそれがあります。
ご投資にあたっての留意点
z 取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契
約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。
z 外国株式、外国債券の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行わ
れていないものもあります。
商号等 :大和証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第108号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、
一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【保有株式等について】
大和証券は、このレポートに記載された会社が発行する株券等を保有し、売買し、または今後売買することがあります。大和証券
グループが、株式等を合計 5%超保有しているとして大量保有報告を行っている会社は以下の通りです。(平成 24 年 9 月 28 日現在)
三井住友建設(1821) セプテーニ・ホールディングス(4293) テイクアンドギヴ・ニーズ(4331) ラクオリア創薬(4579) メビオ
ファーム(4580) 岡部株式会社(5959) オカダアイヨン(6294) シンニッタン(6319) MCJ(6670) 明星電気(6709) メガチップ
ス(6875) 三社電機製作所(6882) 新星堂(7415) 大興電子通信(8023) マネーパートナーズ(8732) アストマックス(8734) 大
和証券オフィス投資法人(8976) 角川グループホールディングス(9477) 帝国ホテル(9708) バロー(9956)(銘柄コード順)
【主幹事を担当した会社について】
大和証券は、平成 23 年 10 月以降下記の銘柄に関する募集・売出し(普通社債を除く)にあたり主幹事会社を担当しています。
日本M&Aセンター(2127) エス・エム・エス(2175) ダイユーエイト(2662) ブロンコビリー(3091) 八洲電機(3153) アイセ
イ薬局(3170) エムアップ(3661) エイチーム(3662) エニグモ(3665) 阿波製紙(3896) カイオム・バイオサイエンス(4583)
リブセンス(6054) ウチヤマホールディングス(6059) こころネット(6060) ユニバーサル園芸社(6061) チャーム・ケア・コー
ポレーション(6062) トレンダーズ(6069) アンリツ(6754) FPG(7148) タカショー(7590) ワキタ(8125) イー・ギャラン
ティ(8771) フロンティア不動産投資法人(8964) ジャパン・ホテル・リート投資法人(8985) 日本航空(9201) スターフライヤ
ー(9206) ステップ(9795)(銘柄コード順)
本資料は、投資の参考となる情報提供のみを目的としたものです。投資に関する決定はご自身の判断でなさいますようにお願い申し上げます。本資料は、当社が信頼
できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されていますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。また、本資料に記載された意見や予
測等は、資料作成時点の当社の判断で、今後、予告なしに変更されることがあります。なお、本資料のご利用に際しては、最終ページの記載もご覧ください。
-2/2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
224 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content