close

Enter

Log in using OpenID

PDF版

embedDownload
自
己
評
価
問
1
題
確かめよう
年
平面図形
5章
問題と解答
1
2
名前
解説と注意事項
⑴
l // m , l ⊥ n
⑴ 平行の記号 //,垂直の記号⊥を使えるようにしておこう。
⑵
半直線 OA
⑶
1
BM=CM(= BC)
2
⑶ 中点は,線分の両端の点から等しい距離にある点である。BM = CM と書くとき,BM,
CM はそれぞれ線分の長さを表している。
⑷
∠SPR(∠RPS)
⑴
弦 AB
⑵
⑵ 円周の一部分を弧といい,2 点 A,B を両端とする弧を,記号 AB というとき,普通,小さい方の弧を指す。
AB
⑶ おうぎ形で,2 つの半径のつくる角を中心角という。
⑶
中心角
⑵ 直線,線分,半直線の用語を使い分けできるようにしておこう。
A
⑷ この場合,∠ P と書くと,どの角を表しているのかわからないので注意しよう。
B
②
⑴
Q
P
⑵
④ ④
P
l
①
C
(記号はなくて可)
3
C
F
⑶
l
⑷
D
⑤
l A②
①
P
B
4
を使って AB と書く。
⑴ ① 半直線 OC を引く。
② 点 O を中心として半径 AB の円をかき,半直線 OC
との交点を P とする。
③ P を中心として半径 AB の円をかき,2 円の交点を
Q とする。
④ P と Q,Q と O をそれぞれ結ぶ。
⑵,⑶,⑷ も,基本的な作図なので,正しく作図できる
ようにしておこう。
⑵の垂線は,右のように
P
作図してもよい。
③
O
③
O
Q
④
(記号はなくて可)
5
組
⑴
△ OCD,△ FOE
⑵
△ CBO,△ DCO,
△ EDO,△ FEO,
△ AFO
⑶
△ DEO
E
O
円の接線は,接点を通る円の半径に垂直なことを利用して作図する。
〔作図の手順〕
① 2 点 O,P を通る直線 l を引く。
② 点 P を中心として,適当な半径の円をかき, l との交点を A,B とする。
③ A を中心として適当な半径の円をかく。
④ B を中心として③と等しい半径の円をかき,2 円の交点を Q とする。
⑤ 2 点 P,Q を通る直線を引く
(直線 PQ が接線となる)
。
⑵ 正六角形の対称の軸は 6 本あり,それぞれの対称の軸について対称移動すると,どうな
るか考える。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
533 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content