close

Enter

Log in using OpenID

こちら

embedDownload
l藤鹸1轟轟妙:臨赫11%
麓
Y.Kumanoto
T,Murata
Y.PIasaoka
N.Tamllra
ノ
陪
杉甲│デ司
│ピ ア
鴛:1蒻袋謙メ:I;ア
│ト
■■
│
丸山1勝次 :ピ アノ
ギ:子:=`
=
:こ
三
立し
動 ta角′
稿底
,│`:11:島 場
誡 釉ア驚町憾製震許省
.二 )
■景蔀府立府良ホ■ル:ア.ル テ ー
‐ 1組
.イ
寧
:
出演者プロブ′―ル
杉田 美穂
:ピ アノ
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部 ピアノ専攻卒業。その後渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院ピアノ高等課程デイプロム取得。室内楽高等ディプロムを審
査委員満場一致で取得。フランス・ビアリッツ夏期講習会、ナンシー国際アカデミーに参加。
これまでに、ピアノを藤田菜穂、蔀幾世子、芝令子、VlctoHa MELKIの 各氏に師事。室内楽をGene宙 eve M』 ぱIG卜 Ⅳ 氏に師事。
現在、ソロ、室内楽、伴奏等活動中。甲陽音楽学院、宝塚ミュージックリサーチにて講師を務める。
正 岡 祐子
:ソ プラノ
京都市立堀川高校音楽科を経て愛知県立芸術大学音楽学部声楽科卒業。1994年 秋篠音楽堂にてソロリサイタルを開催以降、ジョイントコンサートや各地イベントに出演するなど多彩な演奏活
、2007年 大阪国際会議場にて「ホ
動を展開している。近年、明治の俳人正岡子規の家系に連なる縁から、子規の俳句・短歌を歌にして発表。2006年 句碑建立に伴 い「子規の旬を旋律に乗せて」
トトギス 1300号 祝賀会」
、2009年 斑鳩ホール「子規と会津八―・日本の詩情をうたうJで は好評を博す。また朝日カルチャーセンター、リーガロイヤルホテル公開講座など講師として歌の楽しさ
を伝えている。2009年 第 23回 京都芸術祭にて京都府知事賞を受賞。現在は木川田温子氏に師事。
*丸 岡勝次 :ピ アノ
A.ヴ ィヴァルディ・コンセルヴァトーリオでは作曲を学ぶ。2006年 にはAosta
京都市立堀川高校音楽科、ミュンヘン国立音楽大学、ミラノ・ヴェルディ・コンセルヴァトーリオのピアノ科を卒業。
国際映画音楽祭に作曲家として参加。現在、通訳、編曲、作曲、ソリスト、室内楽・声楽の伴奏者として活動する。
村 田 宜子
:ヴ
ァイォリン
大阪音楽大学卒業、同大学院修了。在学中よリリサイタルやオーケストラとの共演、オーディションに合格する。オーストリアモーツァルティウム音楽院においてディプロマを受け、ソリストとし
て演奏する。プラハにて演奏し高い評価を受ける。大阪音楽大学講師、同大学音楽院登録講師。日本弦楽指導者協会常任理事。アンサンブルコンソラーレ主宰。
熊本 帖美子
:チ ェロ
大阪音楽大学卒業、同大学院修了。インディアナ大学夏期講習にてFマ ッグ教授のマスタークラス受講。井上頼豊、ロストロポーヴィチ両氏の公開レッスン受講。関西フィル、ブルガリア国立 ト
ルブーヒン合奏団他と協奏曲を共演。
MBSテ レビに3年 間レギュラー出演。NHKFMリ サイタル他、多数演奏会に出演。ソロ室内楽に活躍。
田郵 尚子
:ピ ァノ
大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。在学中より小・中学校で音楽鑑賞会やイベントに出演。各地で演奏活動を行い好評を得る。京都芸術祭音楽部門「やましなゆかりの音楽家たちJ「 魅惑
のオペラハイライト」に」
出演。全日本ピアノ指導者協会正会員。ピテイナ醍醐サウンドワークステーション代表。京都芸術祭実行委員。ムジカA国 際音楽協会事務局長。
壺 ピ
‥
=
〓〓ニ
拒
■●
叩
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
4 581 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content