ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話の

アプリケーション・ノート
ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチ
によるIP電話のデプロイメント
VoIPアプリケーションを最適化するジュニパーネットワークス
EX 3200シリーズ、EX 4200シリーズ イーサネットスイッチ
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
目次
はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
対象範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
解説とデプロイメントのシナリオ(1) ― IP電話機とエンドホストでポートを共有する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
LLDP-MED対応IP電話機 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
LLDP-MED対応IP電話機― ベンダー別の機種一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
AvayaのLLDP-MED対応IP電話機 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
Cisco SystemsのLLDP-MED対応IP電話機 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
LLDPとLLDP-MEDのEXシリーズスイッチとの対話処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
Voice VLANをLLDP-MEDと併用する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
LLDP-MEDがサポートされないIP電話機 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
アクセスポートの使用 ― Voice VLAN機能を使用する(LLDP-MEDなし). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
アクセスポートの使用 ― 音声とデータでVLAN IDを共有する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
トランクポートの使用 ― ネイティブVLANオプション付き . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
解説とデプロイメントのシナリオ(2) ― IP電話機とエンドポイント・デバイスでポートを分離する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
各ポートを異なるVLANのアクセスポートとして割り当てる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
両ポートをデータVLAN(Voice VLAN機能つき)のアクセスポートとして割り当てる. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
まとめ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
ジュニパーネットワークスについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
図版目次
図1:IP電話機とエンドホストでスイッチポートを共有する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
図2:EXシリーズ イーサネットスイッチとIP電話機との間で行われるLLDPとLLDP-MEDによる対話処理 . . . . . . . . . . . . . . . 3
図3:EXシリーズ イーサネットスイッチがLLDPデータユニット(LLDPDU)を送出. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
図4:LLDP-MED対応のIP電話機がLLDP-MEDデータユニットを送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
図5:EXシリーズ イーサネットスイッチがLLDP-MEDデータユニットを送信するのは、
LLDP-MED対応のエンドポイントからの受信後 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
図6:LLDP-MED対応のIP電話機を含むスイッチポート共有の物理構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
図7:EXシリーズ イーサネットスイッチから一斉通知されるLLDPデータユニット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
図8:LLDP-MED対応のIP電話機がその性能を一斉通知 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
図9:EXシリーズ イーサネットスイッチがLLDP-MEDでIP電話機に適用するネットワークポリシーを一斉通知する . . . . . . . 8
図10:LLDP-MED対応のIP電話機が、EXシリーズ イーサネットスイッチからの通知で
変更されたネットワークポリシーを一斉通知する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
図11:Voice VLAN機能を備えたアクセスポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
図12:IP電話機とエンドポイント・デバイスを同じVLANに収容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
図13:トランクポートのネイティブVLANオプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
図14:VoIP(IP電話)とエンドポイント・デバイスでポートを分離 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
図15:各ポートは異なるVLANのアクセスポートになる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
図16:両ポートがデータVLANのアクセスポートで、Voice VLAN機能を併用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
ii
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
はじめに
ジュニパーネットワークスEXシリーズ イーサネットスイッチには、IP電話の最適なデプロイメントを実現する機能が多数
備えられています。
このアプリケーション・ノートでは、以下について解説します。
• IP電話(VoIP phone)とエンドホスト(デスクトップ/ノート・パソコン)を共存させて導入する方法。
• LLDP(Link Layer Discovery Protocol)とLLDP-MED(LLDP-Media Endpoint Discovery)の基礎知識。
• IP電話機とEXシリーズ イーサネットスイッチとの対話処理。
対象範囲
このアプリケーション・ノートでは、EXシリーズで実現可能な物理構成をすべて網羅することはできませんが、現在最も広
く利用されているアプリケーションについて、いくつかの構成例を挙げています。特に、以下の2つの利用形態での構成設
定に着目します。
• IP電話機とエンドポイント・ホストが、1つのスイッチポートを共有する場合
• IP電話機とエンドポイント・ホストが、
それぞれ別のポートを使用する場合
このアプリケーション・ノートでは、
ジュニパーネットワークス EX 3200シリーズ イーサネットスイッチ、およびジュニパー
ネットワークス EX 4200シリーズ イーサネットスイッチが、既存あるいは新規のIP電話デプロイメントにおいて、
どのよう
なソリューションになるのかについて焦点を当てています。
解説とデプロイメントのシナリオ(1) ― IP電話機とエンドホストでポートを共有する
企業ネットワークのエッジにVoIPを導入する場合、最も一般的な構成はIP電話機とエンドホストを直列に接続し、
スイッチ
の単一のポートに接続する形態です。
この物理構成では、複数のエンドユーザー・デバイスが接続を共有し、各デバイスが
個別のポートを必要としないため、
スイッチの実装ポート数の要件が緩和されます。その結果、全体的なスイッチの台数
も少なくて済み、設備投資と運用コストも軽減されます。
しかし、IP電話機とエンドホストがスイッチポートを共有する構成では、IP電話の音声品質が劣化することが懸念されま
す。
それは短時間に大量のデータトラフィックが発生し、ネットワークの輻輳が起こり、パケットのロスや遅延が起こる場合
です。
この問題を克服するには、音声トラフィックのサービス・レベルを上げて、
ジッタ、遅延、パケット・ロスの影響を受け
にくくすることが望まれます。
EXシリーズ
データ
VoIP
図1:IP電話機とエンドホストでスイッチポートを共有する
これを実現する手段は、音声とデータのトラフィックを別々のブロードキャスト・ドメイン、つまり別々のVLANに分けるこ
とです。VLANのサポートは強固なVoIPソリューションには欠かせません。EXシリーズが備えるVoice VLAN機能により、他
の点では標準仕様と変わらないアクセスポートで、
タグ無し(データ)トラフィックと、
スイッチに直接接続されたIP電話の
タグ付き(音声)トラフィックの両方に対応することが可能になり、
この2種類のトラフィックのデータストリームを別々の
VLAN(つまり、data-VLANとvoip-VLAN)に分けることができます。
EXシリーズでは、Voice VLANが実装されたスイッチポートで、
データと音声のトラフィックを分離することができます。
そ
れでもIP電話機は依然として、IP電話機自体にあるポートに接続されているエンドホストからの短時間のデータ急増に対
する脆弱性を抱えています。
これはIP電話機がスイッチと送受信するデータストリームのうち、
自分自身の音声トラフィッ
クの優先度をエンドホストのデータトラフィックの優先度を上回る値に設定できるかどうか、
というIP電話機の能力に依
存しています。
この問題を解決するために、ユーザーは「ポート分離」
という手段をとることもできます。IP電話機とエンド
ホストを、それぞれスイッチの別々のポートに接続する方法で、
これについては後述の「解説とデプロイメントのシナリオ
(2)」のセクションで解説します。
LLDP-MED対応IP電話機
IP 電話機と EX シリーズの間で行われる具体的な対話処理の説明に入る前に、まず 2 つの業界標準プロトコルの基本
を理解しておくことが重要です。それは、LLDP(Link Layer Discovery Protocol) と LLDP-MED(LLDP-Media Endpoint
Discovery) です。このセクションでは、この 2 つのプロトコルの基礎知識をごく簡単に説明します。
LLDP(別名:IEEE 802.1AB)は標準ベースのレイヤー2プロトコルで、LANのセグメント上でネットワークデバイス同士が
識別や性能に関する情報を一斉通知、受信するために使用され、多くの場合、直接接続されたデバイス間で使用されま
す。
このプロトコルはオープン標準として開発されたものですが、設計にあたりCisco Discovery Protocol(CDP)、Extreme
Discovery Protocol(EDP)、Nortel Discovery Protocol(NDP)など、様々なベンダー固有の探索プロトコルがモデルになりま
した。EXシリーズは、
オープンで標準ベースのLLDPをレイヤー2探索プロトコルとして採用しています。
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
1
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
LLDP-MED は LLDP(IEEE 802.1AB) 標準の拡張で、米国電気通信工業会 (TIA:Telecommunications Industry Association)
により公開されました。LLDP-MED( 別名:ANSI/TIA-1057) は VoIP デバイスとネットワーク上の他のエンドデバイスと
の間の相互接続性を確保するために設計され、主として、エンドポイントとネットワーク・インフラを構成するデバイス
との間の情報共有を促進するために行う探索に重点を置いています。以下に LLDP-MED の利点の一部を挙げます。
• ネットワークポリシー探索 ― エンドポイントとスイッチが自分のVLAN ID(例えば、voip-VLAN)、
レイヤー2優先度、
DiffServコードポイント(DSCP)を一斉通知できるようにする機能
• PoE(Power over Ethernet)管理 ― エンドポイント・デバイスが実際のPoEレベルを一斉通知できるようにし、
それに
基づいて電源供給機器(スイッチなど)が電力割当の配分を行えるようにする機能
• リソース棚卸管理探索 ― エンドポイント・デバイスの情報(ベンダー名、モデル名、
ファームウェアのバージョン、
シ
リアル番号など)をスイッチに格納しておき、ネットワーク管理システムがそれにアクセスして棚卸表を作成できるよ
うにする機能
LLDP-MED対応IP電話機― ベンダー別の機種一覧
以下に、IP電話機ベンダーの一部と各社のLLDP-MED対応のIP電話機のリストを挙げます。
このセクションの情報は
2008年5月現在のもので、ベンダーのWebサイトなどの公開された情報源から収集されています。LLDP-MEDがサポート
される最新のIP電話機を確認するには、ベンダー各社が提供する製品情報を参照してください。
AvayaのLLDP-MED対応IP電話機
• 9600シリーズIP電話機 (ファームウェア リリース 1.2.1)
• 4600シリーズIP電話機 (ファームウェア リリース 2.6)
Cisco SystemsのLLDP-MED対応IP電話機
• 7906G
• 7911G
• 7931G
• 7941G/7941G-GE
• 7942G
• 7945G
• 7961G/7961G-GE
• 7962G
• 7965G
• 7970G/ 7971G-GE
• 7975G
LLDPとLLDP-MEDのEXシリーズスイッチとの対話処理
LLDPとLLDP-MEDはIP電話デプロイメントの簡略化に役立ちますが、それによりIP電話機とスイッチとの間でどのよう
に対話処理が行われるかを理解しておくことは重要です。特にEXシリーズの場合、ポートが最初にオンライン状態になっ
た時、LLDP-MEDによってその性能を一斉通知(アドバタイズ)することはありません。
2
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
図2に示すのは、LLDP/LLDP-MEDのメッセージ交換シーケンスの概要です。
これは、LLDP-MED対応のIP電話機がEXシ
リーズ・イーサネットスイッチのスイッチポートに最初に接続された場合です。
インタフェースが基本のLLDPで一斉通知開始
2
VoIP
1
隣接デバイスから送信される
LLDP-MEDによる一斉通知
EXシリーズ イーサネットスイッチが
LLDP-MEDにプロトコル切替
EXシリーズ
3
図2:EXシリーズ イーサネットスイッチとIP電話機との間で行われるLLDPとLLDP-MEDによる対話処理
図3:EXシリーズ イーサネットスイッチがLLDPデータユニット(LLDPDU)を送出
この対話処理は図3のパケット・キャプチャ画面の強調部分(太枠内)で詳しく見ることができます。LLDPが、IEEE
802.1ABの規定に従い、
データユニット(LLDPDU)をIEEEの既定のマルチキャストアドレス(01:80: c2:00:00:0e)に送信し
ていることに注目してください。
このアドレスは、個々のLANセグメント内に限定して使用される各種のプロトコル向けに
IEEEが予約しているアドレス範囲の中で定義されています。
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
3
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
一方、LLDP-MEDに対応したIP電話機は、初めからLLDP-MEDで性能を一斉通知します。図4の強調部分にある
「TIA」
とい
う文字列を含むフィールドがLLDP-MEDを示していることに注目してください。
図4:LLDP-MED対応のIP電話機がLLDP-MEDデータユニットを送信
隣接するエンドデバイス(IP電話機)からLLDP-MEDデータユニットを受信したことを契機として、EXシリーズはLLDPMEDにより自分の性能の一斉通知を始めます(図5)。
図5:EXシリーズ イーサネットスイッチがLLDP-MEDデータユニットを送信するのは、LLDP-MED対応のエンドポイントからの受信後
4
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
Voice VLANをLLDP-MEDと併用する
前述のように、Voice VLAN機能によりEXシリーズ イーサネットスイッチは、直接接続されたIP電話機から、
タグ無し(デー
タ)トラフィックとタグ付き(音声)トラフィックの両方を受け入れ、
さらに、
これらのトラフィックのデータストリームを別々の
VLANに分離することができます。
この機能が最大限のメリットを発揮するのは、LLDP-MEDデータユニット(VLAN ID割当
てを含む)の一斉通知と受信の機能を備えたIP電話機と接続された場合です。その理由は、
これによりEXシリーズで本質
的に「プラグ・アンド・プレイ」のIP電話ソリューションが実現できるからです(図6)。
Voice VLAN
機能を備えた
アクセスポート
LLDP-MED
EXシリーズ
データ
VoIP
data-VLAN 10
voip-VLAN 99
図6:LLDP-MED対応のIP電話機を含むスイッチポート共有の物理構成
ここからは図6の実装について詳しく説明します。
以下に示すEXシリーズ イーサネットスイッチの設定は、Voice VLAN機能を使用する典型的な共有スイッチポート実装
で、LLDP-MED対応のIP電話機を接続する場合です。
[email protected]# set protocols lldp interface all
[email protected]# set protocols lldp-med interface all
[email protected]# set vlans voip-only vlan-id 99
[email protected]# set vlans data-only vlan-id 10
[email protected]# set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching port-mode access
[email protected]# set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching vlan member data-only
[email protected]# set ethernet-switching-options voip interface ge-0/0/1.0 vlan voip-only
[email protected]# set ethernet-switching-options voip interface ge-0/0/1.0 forwarding-class
expedited-forwarding
[email protected]# commit
この文字列の並びを見て、
とても理解できそうもないと思われるかもしれません。ジュニパーネットワークスのオペレー
ティングシステムであるJUNOS®ソフトウェアに慣れていない方ならそうでしょう。でも、構成設定のセマンティクスは実
は単純明快なのです。個々の機能ブロックごとに詳しく検討してみれば、何が起こっているのかが分かるようになり、Voice
VLAN機能のメリットがはっきりしてくるはずです。
先頭の機能ブロック(下記)では、使用されるプロトコル(LLDPとLLDP-MED)がオンになります。
この2つのプロトコルは、
ど
のEXシリーズ イーサネットスイッチにおいてもデフォルトでオンになりますが、
ここではわかりやすいように明示的に記
述しています。
[email protected]# set protocols lldp interface all
[email protected]# set protocols lldp-med interface all
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
5
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
2番目の機能ブロック(下記)では、2つのVLANが定義されます。1つは音声用、
もう1つはデータ用です。
この例で使用され
ているVLAN IDは説明用で、実際には任意です。EXシリーズでは、VLAN IDとして最大4096までの値を設定できます。
[email protected]# set vlans voip-only vlan-id 99
[email protected]# set vlans data-only vlan-id 10
3番目の機能ブロック(下記)では、インタフェース ge-0/0/1 が、データVLAN( data-only )に属するアクセスポートとして
設定されています。
ここではVoice VLANについて設定不要である点に注目してください。Voice VLANについては次のセ
クションで説明します。
[email protected]# set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching port-mode access
[email protected]# set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching vlan member data-only
4番目の機能ブロック(下記)では、Voice VLAN機能がethernet-switching-options記述のvoipオプションとして設定されま
す(下記の ethernet-switching-options voip コマンド参照)。
ここでは音声用に使用される実際のVLANが定義され、
さら
にそのVLANに割り当てられるトラフィックのサービス・レベルも設定されます。
この例では expedited-forwarding という
部分がそれです。
[email protected]# set ethernet-switching-options voip interface ge-0/0/1.0 vlan voip-only
[email protected]# set ethernet-switching-options voip interface ge-0/0/1.0 forwarding-class
expedited-forwarding
5番目の機能ブロック(下記)では、設定内容をJUNOSにコミットし、
アクティブにしています。
[email protected]# commit
設定が完了したら、LLDPとLLDP-MEDの設定内容をEXシリーズ上で検証することができます。表示される内容は下記の
とおりです。
[email protected]> show lldp
6
LLDP
Advertisement interval
Transmit delay
Hold timer
Config Trap Interval
Connection Hold timer
:
:
:
:
:
:
LLDP MED
MED fast start count
: Enabled
: 3 Packets
Interface
all
LLDP-MED
Enabled
LLDP
Enabled
Enabled
30 seconds
2 seconds
4 seconds
60 seconds
300 seconds
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
隣接するIP電話機から発信された一斉通知(advatisement)を見ることもできます。下記の例はCiscoのIP電話機を使用し
た場合です。
[email protected]> show lldp neighbors interface ge-0/0/1.0
LLDP Neighbor Information:
Index: 1 Time to live: 180 Time mark: Thu Mar 6 22:35:53 2008 Age: 28 secs
Local interface Chassis type Chassis ID Port type Port ID Port description System name System description :
:
:
:
:
:
:
:
ge-0/0/1.0
Network address
172.16.10.10
Locally assigned
xxxxxxxxxxxx:P1
SW PORT
SEPxxxxxxxxxx
Cisco IP Phone CP-7945G,V1, SIP45.8-3-3SR2S
System capabilities
Supported: Bridge Telephone
Enabled : Bridge Telephone
Management address
Type
: IPv4
Address : 172.16.10.10
Media endpoint class: Class III Device
MED
MED
MED
MED
MED
MED
MED
Hardware revision
Firmware revision
Software revision
Serial number Manufacturer name
Model name
Asset id : CP-7
:
:
:
:
:
:
1
tnp45.8-3-1-21.bin
SIP45.8-3-3SR2Sbin
xxxxxxxxxxxxxxxx
Cisco Systems, Inc.
CP-7945Gstem
パケット・キャプチャ・ツールを使用すれば、EXシリーズとLLDP-MED対応のVoIPデバイスとの間で実際に行われる対話
処理の詳細を表示することができます(図7∼10)。
図7:EXシリーズ イーサネットスイッチから一斉通知されるLLDPデータユニット
LLDPからLLDP-MEDへの切替えを伴う対話処理については前述のとおりで、初めにEXシリーズがLLDPのみを使用し
て、その性能を一斉通知します(図7)。続いてLLDP-MED対応のIP電話機がLLDP-MEDを使用して、その性能を一斉通知
します(図8)。図8の例では、CiscoのIP Phone 7945Gが使用されています。
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
7
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
図8:LLDP-MED対応のIP電話機がその性能を一斉通知
TIA で始まる見出しの付いたセクションは、この IP 電話機が LLDP-MED 対応であることを示しています。IP 電話機
のメディア性能とネットワークポリシーも表示することができます。IP 電話機から送信された VLAN ID に注目すると、
Voice の VLAN ID は 0 で Voiceトラフィックのレイヤー 2(802.1p) 優先度は 5、Voice Signaling の VLAN ID は 0 でレイヤー
2(802.1p) 優先度は 4 となっていることが分かります。
図9:EXシリーズ イーサネットスイッチがLLDP-MEDでIP電話機に適用するネットワークポリシーを一斉通知する
8
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
EXシリーズ イーサネットスイッチは、接続されているデバイスがLLDP-MED対応であると判断すると、
スイッチの性能と
定義済みのネットワーク・ポリシーをLLDP-MEDで一斉通知します。図9では音声トラフィック(Voice)で使用されるVLAN
IDが、定義されたとおりの99とセットされています。
図10:LLDP-MED対応のIP電話機が、EXシリーズ イーサネットスイッチからの通知で変更されたネットワークポリシーを一斉通知する
ここまできてLLDP-MED対応のIP電話機は、LLDP-MEDネットワークポリシー内の音声トラフィック(VoiceとVoice
Signaling)のVLAN IDを99にセットします。
これは先行して受信したLLDPデータユニットに対応するものです。
LLDP-MEDがサポートされないIP電話機
LLDP-MED対応のIP電話機を使用すれば企業は大きなメリットを得られます。
しかし、既存のVoIPデプロイメントのほと
んどがこのプロトコルをサポートしておらず、企業も導入済みの機器をアップグレードするためのコスト負担に耐えられ
そうもない、
ということも事実です。
そのような場合でも、EXシリーズがサポート可能なIP電話の方式がほかにもいくつか
あります。ただし、
これらのソリューションにはそれぞれ固有の条件があります。
アクセスポートの使用 ― Voice VLAN機能を使用する(LLDP-MEDなし)
Voice VLAN機能は、LLDP-MED対応のIP電話機と併用した場合に最大のメリットをもたらしますが、LLDP-MED非対応
のIP電話機でも効果的に利用できるだけの柔軟性を備えています。ただし、
その構成ではVoice VLAN機能をIP電話機側
で手動にて設定する必要があります。LLDP-MEDが使えないので動的な設定ができないためです。
Voice VLAN
機能を備えた
アクセスポート
LLDP-MED非対応
EXシリーズ
データ
VoIP
data-VLAN 10
voip-VLAN 99
図11:Voice VLAN機能を備えたアクセスポート
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
9
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
Voice VLAN ID、
その他の関連するパラメタが、EXシリーズにおける設定とマッチするようにIP電話機側で手動設定されて
しまえば、Voice VLAN機能はLLDP-MED対応のIP電話機による構成と同様に機能します。
アクセスポートの使用 ― 音声とデータでVLAN IDを共有する
IP電話ソリューションをデプロイメントするもう一つの方法は、IP電話機とエンドホストの両方を単一のVLANに割り当て
ることです。
この構成は、
このアプリケーション・ノートで採り上げるものの中で最もシンプルです。
LLDP-MED非対応
EXシリーズ
データ
VoIP
VLAN 100
VLAN 100
図12:IP電話機とエンドポイント・デバイスを同じVLANに収容
この場合の設定は以下のとおりです。
[email protected]#
[email protected]#
[email protected]#
data
[email protected]#
set vlans voice-and-data vlan-id 100
set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching port-mode access
set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching vlan member voice-andcommit
この方法は技術的には実現可能ですが、推奨したい構成ではありません。データと音声のトラフィックを同じVLANに収
容すると、音声トラフィックはジッタ、遅延、パケット・ロスなどの状況に陥る可能性が高くなります。その原因となるのは、
バーストトラフィックの発生です。
トランクポートの使用 ― ネイティブVLANオプション付き
スイッチのトランクポートにIP電話とエンドポイント・ホストを接続すれば、音声とデータのトラフィックの分離を実現で
きます。ただし、
スイッチとIP電話機の双方で多少の追加設定が必要です。
トランクポート
native-VLAN/
voip-VLAN
LLDP-MED非対応
EXシリーズ
データ
VoIP
voip-VLAN 99
タグ無し
図13:トランクポートのネイティブVLANオプション
この例のトランクポートの設定は以下のとおりです。
[email protected]#
[email protected]#
[email protected]#
[email protected]#
[email protected]#
[email protected]#
10
set vlans voip-only vlan-id 99
set vlans data-only vlan-id 10
set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching port-mode trunk
set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching vlan member [ voip-only ]
set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family Ethernet-switching native-vlan-id data-only
commit
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
この設定例を詳しく見ていきましょう。Voice VLAN 機能の場合と同様、
ここでも 2 つの VLAN が設定されます。 voip-only
と data-only です。
[email protected]# set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching port-mode trunk
[email protected]# set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family ethernet-switching vlan member [ voip-only ]
しかし、
この場合、
インタフェースはトランク(trunk)として設定され、Voice VLANだけを含みます。音声とデータの各トラフ
ィックを分離するため、
トランクポートは、
トランクVLANメンバー・リスト上のタグ付きトラフィックのみを送受信すること
になります。
この例ではvoip-only VLANです。
典型的なエンドポイント・ホストであるデスクトップPCやノートPCはパケットにタグを付けずに送信するため(このパケッ
トは続いてIP電話機で中継されることになりますが)、対応するスイッチのトランクポートは native-vlan-id オプション付
きで設定し、ネイティブVLAN(この場合はdata-only VLAN)に属するタグ無しトラフィックを送受信できるようにする必要
があります(下記)。
そうしないと、エンド・ポイントホストが送信し、IP電話機が中継するタグ無しパケットは、
タグのないパ
ケットであるという理由から、
スイッチのトランクポートで振るい落とされてしまいます。
[email protected]# set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family Ethernet-switching native-vlan-id data-only
解説とデプロイメントのシナリオ(2) ― IP電話機とエンドポイント・デバイスで
ポートを分離する
VoIP
EXシリーズ
データ
図14:VoIP(IP電話)とエンドポイント・デバイスでポートを分離
前述の共有スイッチポートによる構成とは反対に、IP電話機(LLDP-MED対応および非対応)とエンドポイント・ホストは、
それぞれ独自のポートを占有することもできます。
これは今日の企業環境では代表的なIP電話のデプロイメント形態とは
言えません。
コスト削減が優先されるからです。
しかし、場合によっては各エンドポイント・デバイスが独自のポートを占有
する意味があることがあります。主な使用目的は管理、
トラブルシューティング、
メンテナンスです。
各ポートを異なるVLANのアクセスポートとして割り当てる
IP電話機とエンドポイント・デバイスをそれぞれの専用ポートに接続する場合、各ポートを別々のVLANに割り当てるとい
う方法があります。つまり、IP電話と接続するポートは音声トラフィック用に設定し、エンドポイント・ホストと接続するポー
トはデータトラフィック用に設定します。
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
11
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
voip-VLAN 99
VoIP
EXシリーズ
データ
data-VLAN 10
図15:各ポートは異なるVLANのアクセスポートになる
この構成は実に単純明解です。設定にはこのアプリケーション・ノートで前述したいくつかの例が参考になります。さら
に、
この方法では、IP電話機とエンドポイント・ホストのいずれの側でも手動設定は不要です。
どちらも物理的に接続する
と同時に正しいドメインに属しています。
両ポートをデータVLAN(Voice VLAN機能つき)のアクセスポートとして割り当てる
2ポート構成のもう一つの選択肢は、両方のポート(一方にはIP電話機、他方にはエンドポイント・ホストが接続されてい
る場合)をまずデータVLANへ割り当て、
その後に音Voice VLAN機能を設定することです。IP電話機がLLDP-MED対応で
ない場合は手動設定が必要になるでしょう。実際の設定は「アクセスポートの使用 ― Voice VLAN機能を使用する(LLDPMEDなし)」のセクションで紹介した設定に非常によく似ています。
voip-VLAN 99
アクセスポート
Voice VLAN
機能つき
VoIP
EXシリーズ
データ
data-VLAN 10
図16:両ポートがデータVLANのアクセスポートで、Voice VLAN機能を併用
12
Copyright © 2009, Juniper Networks, Inc.
アプリケーション・ノート ― ジュニパーネットワークス EXシリーズ イーサネットスイッチによるIP電話のデプロイメント
まとめ
あるIP電話ソリューションを実装しようとする場合、実際のデプロイメントに先だって、いくつもの選択肢を考慮すべきで
す。
このアプリケーション・ノートでは、IP電話ソリューションの実装を実現するいろいろな方法を説明しました。採り上げ
たテーマは、IP電話機とエンドポイント・デバイスの物理配置、EXシリーズのVoice VLAN機能、LLDPとLLDP-MED、等々
です。
これらの方法とテクノロジを理解しておけば、IP電話ソリューションの実装において、一味違った成功をなし遂げら
れるはずです。
ジュニパーネットワークスについて
ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーショ
ンの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイ
パフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パ
フォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下の URL でご覧になれます。
www.juniper.net/jp
日本
米国本社
アジアパシフィック
ヨーロッパ、中東、アフリカ
ジュニパーネットワークス株式会社
Juniper Networks, Inc.
Juniper Networks (Hong Kong) Ltd.
Juniper Networks Ireland
東京本社
〒163-1035
東京都新宿区西新宿3-7-1
新宿パークタワー N棟35階
電話 03-5321-2600 03-5321-2600 03-5321-2600 FAX 03-5321-2700
03-5321-2700
03-5321-2700
1194 North Mathilda Ave
Sunnyvale, CA 94089
USA
26/F
Cityplaza One
1111 King s Road,
Taikoo Shing, Hong Kong
Airside Business Park
Swords, County Dublin
Ireland
電話 852-2332-3636 FAX 852-2574-7803
電話 35-31-8903-600 FAX 35-31-8903-601
西日本事務所
〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜1-1-27
グランクリュ大阪北浜
電話 888-JUNIPER (888-586-4737)
または408-745-2000
FAX 408-745-2100
URL http://www.juniper.net
URL http://www.juniper.net/jp
Copyright© 2009, Juniper Networks, Inc. All rights reserved.
Juniper Networks、JUNOS、NetScreen、ScreenOS、Juniper Networks ロゴ、および JUNOSe は、米国およびその他の国における Juniper Networks Inc. の登録商標または商標です。また、その他記載されているすべての商標、サー
ビスマーク、登録商標、登録サービスマークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスは、本資料の記載内容に誤りがあった場合、一切責任を負いません。ジュニパーネットワークスは、本発行物を予告なく変更、
修正、転載、または改訂する権利を有します。
3500131-001JP Mar 2009
13