close

Enter

Log in using OpenID

薬用植物学

embedDownload
薬用植物学
[健康・漢方・医療]1 年次 (前期) 1 単位(必修) 講義
伏谷眞二
〔授業概要および目標〕薬用植物学では、医薬資源として重要な植物に関する植物学的および化学的な事項について学習する。はじめに、植
物を基原とする生薬の鑑別・鑑定の基礎となる植物の分類と形態および薬用植物の生産・流通について学習する。また、主要な薬用植物の
使用目的と有効成分について学ぶとともに、植物成分の生合成について学習する。さらに、植物遺伝子工学の基礎知識について学び、遺伝
子工学を利用した付加価値の高い植物の創製や植物に医薬品を生産させる方法について学習する。
〔授業計画〕前期
回
項目
到達目標(授業内容)
方略
コアカリ
SBO 番号
1
2
序論
薬用植物学講義概要・到達目標 (SBO)・学習方法について
植物成分由来の医薬
品
医薬品として利用されている主な植物成分を説明できる。
プリント
C7(1)2-5
3
植物の形態と生薬の
鑑定法
植物の分類と命名法および植物の組織形態と関連生薬の鑑別・鑑定法につい
て概説できる。
プリント
4
薬用植物の生産と流
通
薬用植物の栽培・育種および生薬の生産・加工と流通について概説できる。
プリント
5
6
植物成分の生合成
植物成分の系統的分類と生合成経路について概説できる。
プリント
主要薬用植物の解説
(1)
健胃を目的に使われる薬用植物について説明できる。
プリント
7
主要薬用植物の解説
(2)
整腸(瀉下、止瀉)を目的に使われる薬用植物について説明できる。
プリント
8
主要薬用植物の解説
(3)
強心、利尿および去痰を目的に使われる薬用植物について説明できる。
プリント
9
主要薬用植物の解説
(4)
解熱、鎮痛および鎮痙を目的に使われる薬用植物について説明できる。
プリント
10
主要薬用植物の解説
(5)
滋養・強壮および駆瘀血を目的に使われる薬用植物について説明できる。
プリント
11
主要薬用植物の解説
(6)
外用およびその他の目的に使われる薬用植物について説明できる。
プリント
12
薬用植物の観察(実
習)
外観から主要な薬用植物を判別できる(本学薬用植物園での観察実習)。
観察実習
13
植物の遺伝子工学
植物バイオテクノロジー(組織培養、細胞融合、遺伝子組換え)について概
説できる。
プリント
C7(1)1-1
C7(1)2-2
C7(1)1-3
C7(1)2-3
C7(1)4-1
C7(1)2-2
C7(1)2-5
C7(1)2-2
C7(1)2-5
C7(1)2-2
C7(1)2-5
C7(1)2-2
C7(1)2-5
C7(1)2-2
C7(1)2-5
C7(1)2-2
C7(1)2-5
C7(1)2-1
C7(1)2-4
C9(6)1-1
C9(6)3-2
14
試験
〔評価方法と基準〕定期試験を中心に中間試験・レポート提出を含め総合的に評価する。
〔学生の質問への対応〕オフィスアワー(月曜から金曜の午後 1 時∼午後 5 時、場所:研究実習棟)
E-mail: [email protected]
〔教科書〕滝戸道夫、指田 豊(2005)
『カラーグラフィック 薬用植物』廣川書店、野呂征男、水野瑞夫、木村孟淳(2007)
『薬用植物学』南江堂
〔参考書〕指田 豊、山 和男、竹谷孝一(2007)『パートナー 生薬学』南江堂
〔担当教員からのコメント〕薬のルーツは身の回りの天然資源で、なかでも植物は主要なものです。薬用植物から色々な薬がつくり出されて
きたことを勉強して、薬についての関心を高めましょう。
─1─
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
105 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content