close

Enter

Log in using OpenID

WFC2014

embedDownload
TOPICS
第71回世界鋳造会議(WFC2014)報告
山梨大学
野
田
善
之
2014 年 5 月 18 日から 21 日までの4日間、スペイン・ビルバオ市で第 71 回世界鋳造会議が講演論文数
191 件、参加者約 800 名の規模で開催された。Advanced Sustainable Foundry をテーマに最新の研究
成果が議論された。会議の模様をリポートする。
1.概要
ある。また、展示会も開催され、最新の鋳造設備や解
析ツールなどを見学することができるため、鋳造に関
スペインのビルバオにあるエウスカルデゥナ国
わる全ての人にとって非常に有意義な会議である。今
際 会 議 場 に お い て、 第 71 回 世 界 鋳 造 会 議(World
回の会議テーマは「Advanced Sustainable Foundry」
Foundry Congress 2014:略称 WFC2014)が 5 月 18
であり、鋳造技術のみならず、人材育成などについて
日から 21 日の日程で開催された。開催地であるビル
も議論された。参加者は 800 名以上とのことで、大盛
バオはスペイン北部バスク自治州ビスカヤ県の県都で
況であった。
あり、1960 年頃までは鉄鉱資源の採掘によって、製
鉄業が大きく発展した地域である。そして、近年では、
グッゲンハイム美術館の開館やエウスカルデゥナ国際
会議場の設置、世界最古の運搬橋であるビスカヤ橋の
5 月 18 日は参加登録受付とシティツア、そしてウェ
世界遺産登録によって産業都市から観光都市へと大き
ルカムレセプションが行われた。筆者は 18 日の深夜
な変貌を遂げた都市としても有名である。緑の豊かな
にビルバオに到着したため、これらのイベントへ出席
街で治安も良い印象を受けた。
することはできなかった。参加者の話によるとシティ
世界鋳造会議は、2 年に一度開催される鋳造技術に
関する最大の国際会議であり、世界各国から鋳造技術
者や研究者が集まり、最新の研究成果を議論する場で
写真1
52
2.開会式と基調講演
SOKEIZAI
エウスカルデゥナ国際会議場
Vol.55(2014)No.8
ツアは会場から観光バスでビルバオ市内を巡回したと
のことである。
そして、19 日の午前中に開会式が行われた。開会
写真 2
開会式
TOPICS
式の会場はエウスカルデゥナ国際会議場のコンサート
よって更に拡大していくことやヨーロッパでの自動車
ホールでオペラ公演も可能な素晴らしい会場であっ
登録台数が増えている一方で、駐車場が減っていると
た。開会式では、バスク自治州の州政府やビルバオ市
のこと、中古車市場が成長していることなど、製造か
長からの挨拶、世界鋳造会議の運営組織である World
らマーケットまでをデータに基づいて多角的に紹介して
Foundry Organization の会長から挨拶があった。開
いた。最後に、バスク自治州にある Orkestra‑Basque
会式の後に、ウエルカムアトラクションとしてオペラ
Institute of Competittiveness の Eloy Alvarez Pelegry
歌手による重唱が披露され、全ての参加者を魅了した。
氏による「Energy and Competitiveness: From Global to
素晴らしい歓迎のおもてなしであった。
Local」というテーマで基調講演があった。ヨーロッパ
その日の午後に基調講演が行われた。最初の基調
では 2030 年までに温室ガス 40%削減(1990 年と比較
講 演 は 日 本 鋳 造 工 学 会 元 会 長 で あ り、 株 式 会 社 木
して)を目指しており、スペインでは再生可能エネル
村 鋳 造 所 会 長 の 木 村 博 彦 氏 に よ る「Technological
ギーの利用が急増しているとのことであった。エネル
Innovation in the Foundry Industry」であった。木
ギーコストの産業別比較などが提示され、エネルギー
村鋳造所が先駆的に開発を進めているフルモールド鋳
コストは今後、国際的に高止まりになるであろうとの
造の 49 年間の歩みを紹介し、フルモールド鋳造によ
予想が示された。高効率な生産システムが今後、ます
る大型鋳物の製造、および量産化の実現などが説明さ
ます求められることになるであろう。
れた。これらの開発には CAE や IT 技術の導入が必
これらの基調講演では、上述のように鋳造業におけ
要であるとともに、人材育成の重要性も説いていた。
るサステナビリティが特に議論され、世界中で人材育
また、講演の最後に、「日本のイノベーションには、
成や省エネルギー化技術の開発が急務であることを実
京都などの伝統文化が大きく関与している。技術開発
感した。
におけるイノベーションにもサステナビリティが不可
欠である。」ということを参加者に伝えていた。まさに、
古くて新しい技術と言われている鋳造技術には欠かせ
ない考え方であると感銘を受けた。
3.一般講演
一般講演は 5 月 19 日と 20 日の 2 日間で行われた。
二番目の基調講演では、ボルボグループの Mikael
オーラル講演が 177 件、ポスター講演が 14 件の合計
Johansson 氏 に よ る「A Foundry with a Vision」 が
191 件の講演があった。セッション名と各講演件数を表
講演された。Future Process for Casting Method と
1 に示す。近年の傾向として鋳造設備技術や解析ツー
いうボルボが開発している新しい生産プロセスが紹介
ル開発に関する講演が多くなりつつある。また、今回
され、シリンダーヘッドの冷却を素早く制御するクー
から Management, Education and Training に関する講
リングシステムや圧力システムが提案された。これ
演セッションや若手研究者による講演セッションが開
らの開発には、現場を含めたチームでの人材育成が重
催されていた。Management, Education and Training
要であることを語っていた。三番目の基調講演では、
では、人材育成に関する議論のみならず、鋳造技術を
バッキンガム大学教授の Peter N. C. Cooke 氏による
「Evolving Global Automotive IndustriesStatus & Exp
表1
ectations」であった。自動車市場は新興国での需要に
写真 3
木村氏による基調講演
セッション名と講演件数
セッション名
件数
Cast Iron
27
Energy
5
Non Ferrous and Light Alloys
30
Foundry Technologies, Equipments,
Tools, Robotics and Automation
30
Advanced Engineering: Design, Calculation
and Simulation Tools
17
Environment and Sustainability
11
Cast Steel
8
Moulding, Core Making and Rapid Prototyping
22
Management, Education and Training
10
Young Researcherʼ s Programme
17
Vol.55(2014)No.8
SOKEIZAI
53
TOPICS
パの中小鋳造企業など 75 社が出展していた。展示会
は受付から講演会場に向かう途中の展示スペースで行
われており、会場スペースは狭いものの見学者や出展
者が多く、大変な賑わいだった。また、筆者の視点で
鋳造解析ツールを開発している企業の出展が目立って
いたと思う。学術会議での展示会ということもあり、
商談とパネルによる各社の最新技術の紹介の場と言っ
た感じであった。
5.バンケットと Foundrymenʼ s Night
写真 4
講演会場
5 月 19 日にバンケットが催された。会場は 1970 年
までワイン貯蔵庫として利用されていた Alhondiga
Bilbao という複合施設のホールで開催された。ウエル
一般の人にどのように理解してもらうかについても議
カムカクテルで雰囲気を盛り上げた後、バンケット会
論されていた。鋳造技術者が減少している中で、効果
場に案内された。ビルバオ市長と主催者が挨拶した後
的に鋳造技術を世の中へ伝えていくことは非常に重要
に食事が振る舞われた。食後のアトラクションに、バ
であり、人材育成に大きく寄与する議論であると感じ
スク地方の伝統的なダンスが披露された。若い男女が
た。鋳造に関する国際会議で、人材育成に関する議論
早いリズムで踊っており、躍動感のあるエネルギッシュ
が今後、ますます活発になることが予想される。また、
若手研究者による講演では学生による講演が行われ、
更に若手研究者のためのセミナーが開催され、その中
で意見交換や人材交流が図られていた。
また、ポスター講演も行われていたが、コアタイム
が設けられておらず、ポスターが展示されているのみ
であった。ポスター講演でも発表者と議論する場が欲
しいものである。
4.展示会
展 示 会 は 5 月 19 日 か ら 21 日 の 3 日 間 開 催 さ れ、
ASK ケミカルズやフォセコ、HWS 社(新東工業の欧
州拠点)などの大手鋳造企業からスペインやヨーロッ
写真 5
54
SOKEIZAI
展示会場(コーヒーブレイク中)
Vol.55(2014)No.8
写真 6
写真 7
バンケット会場
バンケットの様子
TOPICS
なダンスでバスク人の情熱を感じた。
20 日にはグッゲンハイム美術館にて Foundrymenʼs
Night が開催された。まず、美術館に入り、展示作品
を見学した。その中で過去に製鉄業が盛んだったこ
とを表現した鋼板でできた巨大オブジェが圧巻であっ
た。入館してから 1 時間くらい経過した後にパーティ
が始まった。ピンチョスが振る舞われ、談笑しながら
参加者との交流を深めた。
6.閉会式および工場見学
21 日の午後に閉会式が行われた。閉会式にも関わ
写真 8
らず、約 250 名の参加者が集まった。各種受賞の表彰
閉会式
や主催者による閉会の挨拶が行われた。最後に世界鋳
造会議の伝統行事である次回開催国への会議フラッ
グの受け渡しが行われた。次回開催国は日本であり、
2016 年 5 月 21 日から 25 日の間、名古屋で開催される。
7.おわりに
副実行委員長の豊橋技術科学大学教授の寺嶋一彦氏が
治安のよい街で、街全体におもてなしの雰囲気が
フラッグの受け取りとビデオを交えた次回開催の紹介
あった今回の世界鋳造会議は成功裏に幕を閉じたこと
を行った。日本ならではのおもてなしで参加者を歓迎
と思う。また、筆者は次回の名古屋で開催される第
したい旨が伝えられた。世界各国から多くの方が参加
72 回世界鋳造会議の実行委員のメンバーの一人であ
されることを期待したい。
り、普段の国際会議の参加とは異なる視点で会議を視
22 日に工場見学が開催された。筆者は参加してい
察することができ、大変勉強になった。2 年後の開催
ないが 10 コースが用意され、120 名程度の参加者が
に備え、オールジャパンの力を集結して参加者をおも
あったとのことである。見学先ではオープンな議論が
てなしできれば幸いである。
展開され、各社 PR に熱意を感じたとのことである。
写真 9
世界最古の運搬橋ビスカヤ橋
(世界遺産)
写真 10
ビスカヤ橋から見た街の風景
Vol.55(2014)No.8
SOKEIZAI
55
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
885 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content