close

Enter

Log in using OpenID

糖尿病治療薬 - 三重大学大学院医学系研究科薬理ゲノミクスHP

embedDownload
平成18年度NEDO大学発事業創出実用化研究開発事業ホール・アニマル・ドラッグ・スクリーニングの実用化研究
糖尿病薬
治療薬
糖尿病薬治療薬
in vivoハイスループットスクリーニング
独自開発の微量血液採取法により、小型魚類ゼブラフィッシュを用いた抗糖尿病薬の
in vivoハイスループットスクリーニングを可能にしました
膵β細胞の免疫組織染色
膵β細胞の免疫組織染色
独自開発した微量採血法により、体長3c
mのゼブラフィッシュからの連続採血を可能
にしました。
ゼブラフィッシュの血糖値は、空腹時45~
50mg/dLであり、さらにヒトと類似した食後
血糖曲線を描くことが判明しました。
私たちはこの血糖調節機構にはインスリン
が重要な役割を果たしていることを明らかに
し、ヒト糖尿病治療薬がゼブラフィッシュでも
同様の効果を示すことを証明しました。
ゼブラフィッシュとヒトにおける食後血糖値の比較
ゼブラフィッシュとヒトにおける食後血糖値の比較
ゼブラフィッシュ
140
ヒト
160
120
140
100
120
ランゲルハンス島
100
80
80
60
60
40
40
20
20
0
0
0
10
20
30
0
60
10
20
給餌後時間(分)
30
発現抑制
発現抑制
食後時間(分)
抗糖尿病約(メトフォルミン・インスリン)による
抗糖尿病約(メトフォルミン・インスリン)による
食後血糖の降下作用
食後血糖の降下作用
三重大学大学院医学系研究科
三重大学大学院医学系研究科
薬理ゲノミクス分野
薬理ゲノミクス分野
リン
ン
ス
ル
ミン
イ
来
牛
膵
臓
由
トロ
ー
コ
ン
トロ
ー
コ
ン
メト
フ
ォ
ル
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
ル
血中グルコース(mg/dL)
60
空腹時
食後30分
小型水槽1つに20匹のゼブラフィッシュを飼育、
私たちが使用しているシステムでは、1.04m2
に2400匹のスクリーニングが可能です。
三重大学大学院医学系研究科薬理ゲノミクス分野 〒514-8507 津市江戸橋2-174総合研究棟1 4階
田中 利男 [email protected] Tel 059-231-5411 / Fax 059-232-1765
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
233 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content