close

Enter

Log in using OpenID

経営革新センター 経営革新計画承認企業の事例紹介

embedDownload
経営革新センター
経営革新計画承認企業の事例紹介
これまでに経営革新計画の承認を得られた中小企業の方々の事例をご紹介します。
企業名
㈲ほのぼの
○代表者:代表取締役 佐藤 剛
○所在地:朝倉郡筑前町
経営革新のテーマ
○業種:燃料小売業
顧客オリジナルの袋に2合の米を詰めたノベル
ティ
「お米deギフト」の販売による販路拡大
○計画承認日:平成26年11月28日
経営革新の概要
当社は、昭和7年創業の米穀および石油の小売
店である。地域に密着したきめ細かいサービスを
提供することをモットーとしており、米、灯油等の
配達を積極的に行っている。現在、お米は家庭や
飲食店向けに販売しているが、少子高齢化や人口
減少により消費量が年々減少してきている。
経営革新計画では、お米の新たな利用シーン
としてギフト商品に取り組むことで、飲食店以外
の企業の需要を開拓していく。第一弾となる『お
米deギフトシリーズ』は、朝倉で採れた元気つく
し2合(300g)を顧客の要望に応じて作成した
オリジナルパッケージに真空状態で充填したも
ので、鮮度を1年間保つことのできるギフト商品
である。顧客ごとに異なるパッケージを小ロット
で作ることができることから汎用性が高く、
『お
米deご挨拶』や『お米de営業』など、営業や引っ
越しご 挨 拶など、
幅広い用途に利用
可能である。
今後は、企業の
営業ツールとして
の提案をメインに
販売していく計画
である。
お米deギフトシリーズ
企業名
菓子工房 あづまや
○所在地:みやま市
経営革新のテーマ
○業種:和洋菓子製造小売業
五感で焼きたてが楽しめる菓子店舗への改装
開店と地域性の高いオリジナル商品の開発販売
○計画承認日:平成26年10月31日
経営革新の概要
当社は地元で50年続く和洋菓子店であるが、
経営革新計画では近接地に総合病院が移設され
る機会を捉えて店舗を全面改装し、店舗販売の
強化を図る。
①五感で焼きたて感が楽しめるイートイン型の
店内レイアウトに全面改装する。お菓子が釜の中
で焼ける様子をお客が見て楽しむことができ、香
りも楽しめ、店内でも焼きたてがゆっくり食べら
れる。
②店頭商品でも引菓子商品としても、伝統を活か
しながら、石炭シューなど地域の特産を活用した
8
○代表者:代表 東原 昭弘
BUSINESS SUPPORT FUKUOKA 2015.1
地産地消型の新たな商品を開発する。病院の職
員向けに、仕事の合間に食べやすい洋焼き菓子
の詰合せや入院患者へのお見舞用にパッケージ
を工夫した詰合せや卵・牛乳アレルギーの患者
向けの新商品を強化し顧客ニーズにダイレクト
に対応する。
新規店舗内
企業名
㈲志岐インテリア工業
○代表者:代表取締役 志岐 直樹
○所在地:大川市
経営革新のテーマ
○業種:木製家具製造業
従来の箱物家具の角に丸みを加えた柔らか
味・癒し感のある新製品の開発
○計画承認日:平成26年10月31日
経営革新の概要
当社は大川市の家具製造業で、平成21年度に
も経営革新計画の承認を受けている。たんすなど
の箱物家具については直線的な形状が多く、接触
の危険性を伴う。一方で、消費者は住空間にデザ
イン性や癒しを求めている。そこで本事業では、
他社にない柔らかい印象を帯びた独自の家具を
提供することによって、消費者ニーズへ対応する。
今回の経営革新事業では、自社設計の刃によ
る独自の切削加工および当社所属の熟練工によ
る高度な研磨技術によって、ユーザーの多種多様
な要求に応じた家具を製作。また曲面をそろえた
上質な質感は、大川家具工業会主催のデザイン
コンペにおいても入賞するなど、高い評価を受け
ている。これら技術と実績を背景として、高付加
価値な家具を求める消費者に対して強く訴求す
る。
家具市場においては激しい価格競争が存在
し、多くのメーカーは対応に苦慮している。そこ
で当社では高度な
加工技術に基づく
デザイン性に優れ
た製品を提供する
ことで本物志向の
顧客に対応、価格
競争からの脱却を
目指す。
当社家具製品
企業名
㈲ダイホウ西日本
経営革新のテーマ
「車両底部劣化防止用のガラスコーディング
機能付き下部洗車機」の製造販売事業
経営革新の概要
当社は、トラックやバス向けの取付工事不要
な一本ブラシ自走式洗車機「ロボ洗21」を販売
している。
経営革新事業では、大型車両向け「車両底部
劣化防止用のガラスコーディング機能付き下部
洗車機」の製造販売事業を展開する。冬季の東
日本や日本海側地域の寒冷地では、道路の凍結
防止剤の塩カリ付着による車両の劣化対策が悩
みの種であり、当社が開発した下部洗車機は、
洗浄水噴射部位の角度が25度~90度の範囲で
調整することができノズルも回転するため細部
お問い合わせ
○代表者:取締役 吉坂 幸臣
○所在地:古賀市
○業種:電気機械器具卸売業
○計画承認日:平成26年11月28日
にわたる洗浄が可能で洗い残しがなく、車両耐
用年数の向上が期待できる。
営業展開は、パンフレット・チラシを作成し、
国内の運送業及び観光バス業界などの大型車
両保有企業へ営業を行うほか、当社の既存顧客
(約1,000社)への
販売促進を展開す
る。
経営革新センター TEL:092-622-5432
大型車両向け下部洗車機
BUSINESS SUPPORT FUKUOKA 2015.1
9
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
820 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content