close

Enter

Log in using OpenID

アイスランド到着3日目: 10月18日(日)

embedDownload
日 の出
日の入り
クヴェーラゲルジ~ゴールデンサークル~レイキャヴィーク~ブルーラグーン
アイスランド到着3日目: 10月18日(日)
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
08:26
18:00
朝食は8時から摂れます。
9時30分にタクシーが迎えに来ますので朝食とチェックアウトを済ませてゲストハウスの前にてお待ちください。タクシーにて N1 給油所(N1
Gas Station)へ向かいます。数分で到着します。この間のタクシー会社へのサービス・ヴァゥチャーは№7643 です。
N1 はホテル・オルクの直ぐ近くにあり、日本のコンビニに似た食糧品や飲み物、雑貨そしてアルコール類の販売をしています。ここでレイキ
ャヴィーク・エクスカーション社のツアーバスが到着するまでお待ちいただくことになります。
レイキャヴィーク・エクスカーション社(Reykjavík Excursions/Kynnisferðir)のツアーバスは9時にレイキャヴィーク市内のBSIバスターミ
ナルを出発し、10時頃にはクヴェーラゲルジに着きます。バスは N1 給油所(N1 Gas Station)前に停まります。
このツアーバスにご乗車いただくことになります。アイスランドの観光スポットの中でも最もポピュラーな間欠泉ゲイシール、 黄金の滝グトルフ
ォスそしシンクヴェトリル国立公園を巡るゴールデンサークル観光へ出発します(英語ガイドになります)。
ツアーバスにご乗車の際に英語ガイドにサービス・ヴァゥチャー(№7644)をお渡しください。
当該ヴァゥチヤ-はゴールデンサークルツアー終了後、ツアーが終了する BSI バスターミナル(BSI Bus Terminal)からブルーラグーンの
ノーザンライト・インへのバスでの移動もカバーされています。
天候や道路事情の事由によって観光スポットの一部にアクセスできずカットされる場合があります。
◆クヴェーラゲルジ ➽ グトルフォス
先ず、黄金の滝グトルフォスに向かいます。
途中、ケリズ火口湖(Kerið)の傍を通りますがここでは下車せず説
明だけになります。
ケリズはグリームスネス地区(Grímsnes)にある約3千年前の噴火
でできた楕円形の窪地に水がたまったカルデラ湖で、長辺は270
mで短辺は170m。火口の底は深さ55メートルで貯水の深さは周
辺の地下水のレベルにより異なるが7m-10m。深緑色の火口湖
の水面と赤褐色の灰と溶岩とでなる内壁面のコントラストが幻想的
な光景を醸し出しています。チャルトナルホゥラル(湖のある丘)と称
される火山丘陵
群の一部でその
最北端にあ る。
ケリズの北東寄り
には広域に及ぶ
セイジスホゥラル
と 呼 ば れる 別の
より大きい火口群があります。グリームスネス地区の溶岩のほとんどはこれらの火
口から流出したもの。 溶岩は6000年前のものです。グリームスネス地区の溶岩
のほとんどはこれらの火口から流出したもの。
ケリズ火口湖は2008年5月末に発生した南アイスランド大地震のために大型バスの乗り入れが禁じられています。安全が確認できるまで当分の
間はバスでの立ち入りはできませんが、それまではクレーターの縁の小径を歩いて一周できました。小径の最も高い地点からは他の小さなクレー
ター等の良い眺めが楽しめるのです。夏にはここでコンサートが開かれることも。 ここで初めてコンサートが開かれたのは1990年のことで、クレ
ーター内の草が生えた斜面に観客用の席が設けられ、火口湖にゴムボートを浮かべて演奏されました。2004年と2005年の8月にもより大きいゴ
ムボートのステージで開催されています。
そして、黄金の滝グトルフォス(Gullfoss)へ直行します。ここからは約1時間30分の所要です。
グトルフォスでは滝を見下ろせる高台にグトルフォス記念館(ここをダムにしようと滝周辺の利権を獲得しようとしたバイヤーとそれを
阻止した勇敢な女性シグリーズゥルを記念して建てられた施設で、トイレもあります)の前にツアーバスはパークすると思います。板
作りの階段を徒歩で滝近くの広い駐車場まで降
りることになります。途中、左手に滝の全容が望
める小高いクリフに向かう小道があります。ここか
らの一大パノラマを是非カメラにおさめてくださ
い。駐車場がある地点から滝の方向左手に平行して細い小道が滝の直ぐ近くまで走っています。片道7~8分です。滑りやすいの
で充分気を付けて見学してください。
グトルフォスはアイスランド一番の華麗さを誇る迫力満点の滝、黄金の滝で大河クヴィートアゥの上流部にあり、滝の下部には長さが
2.5kmの。2番目に大きな氷河ラングヨークトルから流れ出る大河クヴィートアゥのたわわな水量が幅70m、階段状になっている2段
の溶岩層を白い水煙をあげながら渓谷に流れ落ちる様は豪快そのもので迫力満点。1段目の溶岩層の高さは約11m、2層目はそ
の倍の22mあります。
For Ms. Ísland x 2 - Page -1
Ⓒアイスランド観光文化研究所
特に、虹がその上にかかったときは、名前の由来通りその光景は黄金色に染まります。(12月中旬~3月中頃までは滝のほとんどが凍結
してしまい、夏の光景とは違った一大パノラマを見せてくれます。)
滝が流れ落ちた滝壷から悠々と流れ続ける大河はトゥング
フリョゥト Tungfljót でその両壁は溶岩層の大渓谷になっ
ており、勇壮な一大パノラマを形成しています。渓谷は氷
河期の終わりごとに発生した大洪水波によって創造され、
その後の止むことのない浸食作用によって毎年25cm の割
合で長くなってきたものです。渓谷の両壁には溶岩と堆石
が交互に重なる地層がはっきり見て取れ、氷河期の温暖
期と寒冷期について分かります。
クヴィートアゥ河は1930年と1948年に渓谷が溢れそうに
なるほどの大洪水を引き起こしています。この大洪水では2
回とも下流に架かっていた橋梁が崩壊し、押し流されまし
た。
20世紀の初頭に起きたグトルフォスにまつわるお話があり
ます。実際の話です。当時、クヴィートアゥの水利権は滝の近くのブラット
ホルトのファームが保有していました。このファーマー、トゥマス・トゥマソ
ン(1845-1926)はここをダムにして水力発電所を建設しようと企む英国企
業にその利権を譲渡しようとしたのです。ところが、このファームの娘であ
る シ グ リ ー ズ ゥ ル ・ ト ゥ マ ス ド ゥ テ ィ ル (Sigrríður Tómasdóttir
1871-1957)がこれを阻止しようと猛反対したのです。彼女は烈しく泡立つ
滝つぼに放り落とすというような脅しを受けながらもたった独りで勇敢に
戦ったのです。シグリーズゥルは歩いてレイキャヴィークに向かい、時の
政府に異議を申し伝え、叶わぬときは滝に飛び込んでもと公衆の前で叫
んだのです。彼女の孤独な戦いはその後にアイスランドの初代大統領に
なった若い弁護士が助けに来るまで続きました。ふたりはこの戦いに勝
ち、滝はそのまま残ることになります。政府が滝を買い取り、グトルフォス
を国定記念物にしたのです。彼女の功績は賞賛され、1978年には渓谷の中に記念碑が建てられたほか、滝の全容が見渡せる高
台(バスが停車しているところ)にはこれも勇敢な女性シグリーズゥルを記念して建てられたグトルフォス記念館が建てられています。
グトルフォスは現在ではグトルフォスアイスランド共和国の国有です。
天気が良ければ、グトルフォス記念館の左手にヴァトナヨークトル氷河に序でヨーロッパで2番目に広いラングヨークトル氷河の雄姿
も見ることができます(右上の写真)。
◆グトルフォス ➽ ゲイシール
更に、グトルフォスから10kmに位置するゲイシール(Geysir)へ。
昼頃にゲイシールに到着です。ゲイシール一帯と道路を挟んでホテル・ゲイシー
ル(Hotel Geysir)とホテルが運営するスーヴェニアーショップがあります。この付
近にバスはパーグします。ここでランチブレークとなります。昼食代はオプショナル
ツアーの料金には含まれていません。ホテル・ゲイシールのレストランでの昼食代
は予算的にはアラカルト(ISK1,900程度)、ビュッフェで ISK2700程度です。又、
スーヴェニアーショップの隣にはスナックショップがあり、ハンバーガーやホットドッ
グ、サンドウイッチなどが売られています。殆どのツーリストはここで済ませているよ
うです。
ゲイシールはアイスランドのシンボル的存在の間歇泉。アイスランド語で噴出を意
味し、英語の間欠泉(Geyser)の語源です。ゲイシール間歇泉はかつて60M-7
0M の高さまで噴き上げていましたが、1915年以降は休止状態が続き、1935年
になって再び活動を開始したものの数年で休眠状態となっていました。しかし、20
00年6月17日と21日に南部地帯で大きな地震が発生したからでしょうか、突然、活動しびっくりさせられました。噴出は多くても1日
数回で、高さも数メートルでかつての栄光を取り戻すまでには至らず直ぐに再び休眠してしまいました。ところが 2008 年 5 月 29 日に
M6.2 の大きな地震が発生し、また、噴き上げました。地震により、南アイスランドの地熱が刺激を受け活動を強め、ゲイシールの底に
ある温水が地熱で高温状態に高められたのが原因です。
For Ms. Ísland x 2 - Page -2
Ⓒアイスランド観光文化研究所
ゲイシール以外にも10個以上の間欠泉がここにありますが最も活発に活動しているのが1963年からゲイシール・エリアの主役とな
ったストロックル間欠泉
(Strokkur)。ストロックルはア
イスランド語では「攪拌」を意
味し、1789年の地震の際に
出現した間歇泉。7~8分毎
に30mの高さまで豪快に噴きあげています。その自然の営みをすぐ傍で見学します。温水が地熱(120℃)で高温状態になり底部
(約23M の深さ)が沸騰し、瞬時のうちに蒸気となりその蒸気圧が水圧に勝って溝の上部の熱湯が突然噴き上げる現象です。豪快な様を
目の当たりに観察できます。見学の際には間欠泉の風下には絶対立たないようにしてください。
ゲイシール、ストロックル以外にもオゥセルリスホーラ(Óþerrishola、雨乞い師)、リトリ・ゲイシール(Litli-Geysir, 小ゲイシール)、リ
トリ・ストロックル(Litli-Strokkur, 小ストロックル)など名前が付けられている小さな間欠泉があり
ますが噴出はほとんどしていません。ただ、オゥセルリスホーラ間歇泉のみは気圧が低いときに
何 回 か 小 さ な噴 出を 起 こ すこ と があ ります 。ゲイ シー ル近 く に あ る コ ヌ ング ス クヴ ェ ール
(Konungshver,王様の温泉)とブレシ(Blesi, 保温鍋)は2000年6月の地震の後に沸騰した熱
湯を50cm~1mまで噴き上げる姿が見られる事があります。
スナックショップやギフトショップに隣接して、アイスランドの地質に関する興味深い展示が見られ
るゲイシール・センターがあります。氷河、火山、地震そして地熱等に関する博物館です。移住
時代からの民族的展示物も陳列されています。氷河が崩壊する様や氷河と火山の相互作用に
よって形成された地勢など自然の摂理が創造した世界の紹介にこの博物館のコンセプトはおかれています。
地震で間歇泉ゲイシールが目を覚ます?
08年5月29日、南アイスランドで M6.2 の地震発生
■ちょっとだけですがゲイシールが再び復活です。
2000年6月17日と21日に今回の地震より大きい(M6.5)の地震がほぼ同じところを震源として発生した。このとき1915年以降は休止状態が続
き、1935年になって再び活動を開始したものの数年で休眠状態となっていたゲイシール間歇泉(かつては70mの高さまで噴き上げていた)が
1日数回、高さも数メートル程度に過ぎないが突然噴き上げ活動を再開しびっくりさせられた。暫くして再び休眠状態になっていたが、5月29日
の地震でゲイシールは2000年と同じように噴き上げているという。まことに興味惹かれる現象といえる。地震により、南アイスランドの地熱が刺
激を受け活動を強め、ゲイシールの底にある温水が地熱で高温状態に高められたのが原因だ。
加えて、ゲイシールの隣で現在活動中の間歇泉ストロックル(7~8分毎に30mの高さまで豪快に噴きあげている)も影響を受けて、通常よりも
パワーアップした噴き上げを呈しているという。
■地震の状況
5月29日15時45分ごろ、M6.2 と推定される大きな地震が南アイスランドに起きた。震源地は南西アイスランド最大の町セルフォスの北、インゴ
ゥルブスフィヤットル山附近と見られている。しかし、地震による揺れはアイスランドのほとんどすべての地で感じられるほど大きく、クヴェーラゲ
ルジやセルフォスでは家屋の壁が崩れるなど深刻な被害が生じた。しかし、幸いにも、死傷者は出なかった。
今回の地震はいわゆる「南アイスランド地震」と呼ばれる類のもので、この種の地震は比較的に規模が大きく、広範囲に及ぶもの。この一帯は
火山活動が高いレベルのところだが、今回の地震は火山活動に因するものではなく、地殻の地質構造上の動きの一部に依るもので、2000年
6月17日と21日に南アイスランドに発生した M6.5 の大きな地震と同じケースと地質学者は分析しているようだ。
家屋の倒壊は皆無だった(アイスランドの建築基準はこの程度のクラスの地震には充分耐え、持ちこたえられるように設計されている)ものの、
クヴェーラゲルジとセルフォスの住居の中には壁が崩れ落ちるなどの被害が生じている。酷い状況のものには爆発に遭ったような状態に内部
が滅茶苦茶になった例もあるようだ。橋梁の被害も起きており、道路にひび割れた箇所も何箇所かあって閉鎖されていたが6月1日中には通行
できるようになっている。死傷者や深刻な事故等は報告されていない。しかし、割れたガラスの破片等で軽傷を負った人は少なくないという。
M6.2 を記録した最大の揺れの後に、民間防災局は最高レベルの警告を発し、クヴェーラゲルジとセルフォスとその近郊の住民、特に壁蛾崩れ
落ちた家屋の場合、家屋に留まらず戸外で待機するようにアドバイスした。救助部隊はこうした住民のためにテントを設営し、病院の入院患者
や老人ホームの生活者らを避難させるなど大きな余震に備えた。
夜には民間防災局の警告レベルはずーと引き下げられたが余震は続き、最大 M3~M3.5 を含む100回を超える小さな余震が頻発した。しか
し、翌金曜日(5月30日)以降こうした状況も急激に減少し始め、土曜日《5月31日》には余震も先細って収束に向かっていて、ごく小さい余震
は残るもののそれもここ数日で終焉を迎えるだろうとの由だ。
この地震によってクヴェーラゲルジ附近には地割れが起きている。地割れの長さはおよそ5km。地割れの根端はクヴェーラゲルジのすぐ北に
あるレイキャフィヤットル山で、クヴェーラゲルジの町中、リングロードを抜けてクヴェーラゲルジの南にあるファーム、ヴェトリルまで続いている。
地割れ幅の最も広い箇所はレイキャフィヤットル山附近で、山に向かって幾つかの裂け目が現れている。その何本かは山端の直ぐ近くで、山
の一部を引き裂いている。その結果、山端は少し落ち込み沈下している。地割れはクヴェーラゲルジに近いほど狭くなってきており、町近くでは
その幅は2、3cmほどだ。しかし、クヴェーラゲルジの町を外れた周辺(ゴルフ場があるあたり)ではその幅は1m に達している。
この地震でクヴェーラゲルジに新しい温泉が湧き出た。新しい温泉が出現したのはクヴェーラゲルジの直ぐ北、アイスランド園芸学校の直ぐ傍
だ。出現後その活動はだんだん強まってきていて、黒色の泥を噴き上げ、泥は円形状の縁に積み重なり続け少しずつ泥のかさが高くなってき
ている。この新たに出現した温泉はこの一帯では最大規模のものになりそうだ。
*地震発生直後の現地ニュースから
◆ゲイシール ➽ シンクヴェトリル
For Ms. Ísland x 2 - Page -3
Ⓒアイスランド観光文化研究所
その後、アイスランド・ヴァイキングによる世界最初の民主議会が開催され「民主議会の母」と称えら
れる聖地シンクヴェトリル国立公園(Þingvellir)へ。この間の所要時間はおよそ1時間です。
シンクヴェトリルに近づき、眼前に広がる湖はアイスランド最大のシンクヴァトラヴァトン湖。シンクヴェ
トリル国立公園にある広大な 天然湖でその面積は82㎢。水面の海抜は103mで、深さは平均で3
4.1m、最深部は114mに達します。 かつて地震によってシンクヴェトリル付近は何度か地盤沈下
を起こしています。この湖は同じ理由で地盤が地下水の水位以下に沈みこんで誕生したもの。従っ
て、湖の水は大部分 (90%)が地下の湧き水でミネラルの含有量は極めて高く、湖水はいつも極め
て冷たい。湖に注ぎ込んでいる川はオクスアルアゥ川唯一つ。そして湖水はソグ川に流れ出ていま
す。湖内にはふたつの島が浮かんでいます。サンドエイ島とネーシャエイ島で、両者とも古いクレー
ターです。
シンクヴェトリルが2004年7月7日、中国の蘇州で開催された世界文化自然遺産保護に関するユネ
スコの世界遺産委員会においてユネスコの世界遺産に登録された。
シンクヴェトリルを保護する事は全人類に多大なる恩恵をもたらし、極めて普遍的な価値があるものと
確認された結果である。
シンクヴェトリルは国立公園として国の保護監理下にあるが、独立国家の聖地としてアイスランド国民
の最も敬う存在である。文化的且つ歴史的な意義の側面に加えてそのユニークな自然環境とユーラ
シア大陸と北米大陸の構造プレートに跨る境界線としての極めて珍しい地質(地溝帯ギャゥ)で世界
遺産に登録されたものである。
シンクヴェトリルが一望できるビューポイント・ハキーズ(Hakíð)にツアーバスは停まります。先ずはギャゥの一番高い地点から活きて
いる島を実感してください。ハキーズのすぐ傍にはシンクヴェトリルがより理解
できる「シンクヴェトリル・エキジビションセンター」があり、双方向性マルチメデ
ィアによるエキジビションが楽しめます。シンクヴェトリルの自然や歴史を大き
なTVモニターで理解することができるようになっています。センター内のエキ
シビションは4月1日から11月1日の9時-17時にオープン。入場は無料。時
間があれば覗くことができます。
シンクヴェトリル国立公園は西暦930年、アイスランド・ヴァイキングによる世
界最初の民主議会が開催され「民主議会の母」と称えられる聖地です。ここで
は、地球の割れ目とも云われる壮大なギャゥを目の当たりに観察することがで
きます。アイスランドは大西洋中央海嶺の延長上にあり、海嶺のてっぺんに
は幅数10kmの地溝帯があります。この地溝帯は地球の内部から上がってき
たマントル対流がその下で左右に分れ、水平に進む為にできた割れ目(ギャ
ゥ)ですが、通常地溝帯は海面下 1~2Km にあるために、地上で見ることは難しいのです。しかし、世界で2箇所のみ海嶺が地上に
乗り出しているところがありそのひとつがアイスランドです。幾つかある中で最も有名なギャゥをここシンクヴェトリルで見ることができま
す。一つひとつの割れ目は長さ数キロ、幅も地表面からの深さも30m程度ですがこのような割れ目が雁行して延々と連なってアイス
ランドをほぼ南北に貫いています。
アイスランドは2つのマントル間の陸地として中央大西洋海嶺の軸の上に、活発な火山活動と広く符合しながら過去20~25百万年
に亘って成長し続けてきた島です。地球の深部で発生するマン
トル上昇流の上にある熱い表面であるアイスランドは、世界の他
の如何なるところより速いスピードで大量の火山物質を溶岩とし
て蓄積し、ギャゥ(Gjá 割れ目)を広げることで大きくなり、更に
軸上になったギャゥ・ゾーンに沿って発生する火山活動によっ
て付着成長を続けています。中央地溝帯の中心へ絶え間無く
新しい溶岩が蓄積されて前の溶岩が水平に押しやられ、中央
地溝帯を境目にアイスランドは東と西に向けて成長を遂げてい
るのです。その成長のスピードは1年に東西夫々に1~1.5c
m、合計2~3cm。このようにアイスランドの国土は広がリ続けて
おり、まさに活きている島の壮絶な光景を目の当たりにします。
ギャゥを境に、アイスランドの西の部分は北米大陸プレートに属
し、東の部分はユーラシア大陸のプレートに属しています。
シンクヴェトリルの西端に位置する長い溶岩割れ目断層アルマ
ンナギャゥ(Almannagjá)の西の一帯は高い絶壁で、最高地
点からシングヴェトリルの全景とギャゥの壮絶な眺望を観察した後、ギャウの割れ目の間を低い断層となっている東端へ向かって徒
For Ms. Ísland x 2 - Page -4
Ⓒアイスランド観光文化研究所
歩観光します。この間約30分。ユーラシア大陸とアメリカ大陸のプレートが出会う谷間の両壁の不思議な自然の造形に心が奪われ
そうです。途中、旗竿が立っているところを通りますがここは古代民主議会アルシンギで最も重要な場所だった「法律の岩」があった
ところと言われています。「法律の岩」には誰でも進み出て、重要な案件についてスピーチしたり、重大な事件をニュースとしてリポー
トしたところ。議会の開会や閉会の宣告もここでなされたし、又、法議会による判決が言い渡され、会議の日時が確認され、法行為が
もたらされ、更には他の国事に関するあらゆることがここで発表され、議会に参席している誰もが「法律の岩」から重要事項に関する
自分の告訴を提出することができたのです。「法律の岩」で起きた出来事は後になってアイスランド・サガ書に記述して残されていま
す。
■ 地溝帯とシンクヴェトリル:
アイスランドは中央大西洋海嶺の地溝帯(ギャゥ)の両側に跨るように横たわる島である。中央海洋地溝帯でその海嶺が地表に乗り上げている部
分が最大規模である故に、地球上の中央海洋地溝帯の最も肝要な部分をなしていると
云える。この様にアイスランドの地形における顕著な特徴は、北部においては北から南
の方向に、南部においては北東から南西の方向に走る割れ目(ギャゥ)である。
1950年代に入って、海底測量によって大洋の海底には巨大な海嶺があることが分かっ
た。今や常識的にもなったプレート造溝理論=プレート・テクトニック(地球の表層部を構
成している幾つかの大きな岩板=プレートが水平方向に移動することによって種々の地
殻変動が起きるという学説)によれば、地震や火山活動は海嶺の軸の上に発生してい
る。そこでのプレートは幾つかに分岐をし、新たな海洋の流れを創り出している。大西洋
中央海嶺の軸がアイスランドのほぼ中央部を南西から北西にかけて貫いており、 海嶺
のてっぺんには地溝帯と呼ばれる割れ目の谷(ギャゥ)がある。アイスランドの南西部に
向かって走るレイキャネース地溝帯と北に向かってグリーンランドとノルウエーの間にあ
る火山島ヤン・マイエンの方向まで続くコルベインスエイ地溝帯がそれである。大陸移動
説は地球の磁場の極性が周期的に逆転し、磁気計の調査により判明したのだが、大洋
流の岩石が液状の玄武岩が変じて溶岩石になる際に、その磁化を失わずにそのまま保
有していることが分かっている。
アイスランドは上記2つの地溝帯間の陸地として中央大西洋海嶺の軸の上に、活発な火山活動と広く符合しながら過去20~25百万年に亘っ
て成長し続けてきた島だ。地球の深部で発生するマントル上昇流の上にある熱い表面であるアイスランドは、世界の他の如何なるところより速
いスピードで大量の火山物質を溶岩となって蓄積している。ギャゥ(割れ目)を広げることで大きくなり、更に軸上になったギャゥ・ゾーンに沿って
発生する火山活動によって付着成長を続けている。中央地溝帯の中心へ絶え間無く新しい溶岩が蓄積され
て前の溶岩が水平に押しやられ、中央地溝体を境目にアイスランドは東と西に向けて成長を遂げているの
だ。その成長のスピードは 1 年に東西夫々に1~1.5cm、合計2~3cm。ギャゥを境に、アイスランドの西の部
分は北米大陸プレートに属し、東の部分はユーラシア大陸のプレートに属している。
こうしたギャゥはアイスランドの何ヶ所かで見ることができるがその最大規模はシンクヴェトリルにあるアルマン
ナギャゥ。シングヴェトリルの西端に位置し、長い溶岩割れ目断層で西の一帯は高い絶壁になっており、最
高地点からシングヴェトリルの全景とギャゥの壮絶な眺望を観察することができる。ギャゥはミールダルスヨー
クトル氷河の麓にあるエルドギャゥ、ミーヴァトン湖近くのミーヴァトン湖近くのグリョゥタギャゥ、レイキャ
ネ-ス半島の突端部附近でも観察できる。レイキャネース半島のギャゥは「大陸の割れ目」を意味するルファ
ギャゥ Álfagjá だ。ハプ二―ルの南、レイキャネ-ス半島の西の入江サンドヴィークル小湾の沿岸部ストゥ
ラ・サンドヴィーク附近にある。アメリカ大陸とユーラシア大陸を分断するギャゥには橋が架けられており、徒歩にて二つの大陸を渡ることができ
る(右の写真)。
★アルマンナギャゥ Almannagjá
シンクヴェトリル国立公園にある最大且つ最も良く知られている地殻構造裂罅(れっか、割れ目)。このギャゥの西端は高く、東に進むにつれて
低くなっていて東端部分はかなり低地になる。
シンクヴェトリルで全島議会アルシンギが開かれていた頃、ここの底部の平らな草地には議会に参加する多くの人たちがキャンプを張って野営
したことから、「公衆の峡谷 =すべての人の割れ目」と呼ばれていた。
アルマ ンナギャゥはプレートテク トニク スとしては最も優れた例だと云われている。アルマンナギャゥはスキャルドブレイ ズゥル楯状火山
Skjaldbreiður から流出した広大な玄武岩層が形成した。およそ9000年前のことである。玄武岩の熔岩は中央大西洋海嶺の頂上に横たわ
っているプレートに流れ落ち込んだ。そこは現在シンクヴェトリルがあるところだ。その後、強力な地殻移動がプレートに生じ、南西部の中央付
For Ms. Ísland x 2 - Page -5
Ⓒアイスランド観光文化研究所
近の熔岩を北東方面に向かって沈み込みプレートに割れ目を形成した。この沈下によって誕生した地溝帯は長さ40km、幅10kmと壮大なも
の。地盤沈下は結果としてその両サイドにふたつの大きな割れ目を形成させた。そのひとつが長さ9kmの割れ目アルマンナギャゥだ。高さ30
mの割れ目の西側の熔岩壁は南部においてはシンクヴァトラヴァトン湖、北部においてはアゥルマンスフェットル山に達する。もうひとつは、もう
少しサイズが小さい割れ目、「大ガラスの割れ目」を意味するフラフナギャゥ Hrafnagjá で東側に横たわっている。ほぼ平行するアルマンナギ
ャゥとフラプナギャゥ(Hrafnagjá)のふたつの断層の間は1789年に発生した地震により地盤が陥落して細長い地溝となっている。シンクヴェトリ
ルの谷底はこのときにおよそ1m沈んだ。
「釜の川」を意味するオクスアルアゥ Öxará 川の清流が、小さいが勢いがある滝オクスアルアゥルフォス Öxarárfoss を経てアルマンナギャゥに
流れ込んでいる。1100年ごろ、先人たちが水辺へのアクセスをよくするために川の水路を変え、馬や人々の通行のために川に橋を架けたとい
う話が残っている。滝が流れ落ちるポイントは深い池となっている。池の名前はドレッキンガルヒイルル Drekkingarhylur。溺死の池の意味
だ。かつては処刑の場所であった。罪人が女の場合には袋詰めにされ、この深い
池に投げ込まれ溺死させられた。男の場合には首を刎ねられるか、吊るし首にさ
れ、泥棒の場合には鞭打ちの刑に処され、乞食やルンペンも罰せられた。斯様に
忌まわしい処刑は1838年に廃止されるまで普通に実行されていた。オクスアルア
ゥ川にある中州オクスアルアゥルホゥルミ Öxarárhólmi は古い昔には決闘の場
所として用いられていた。
ヴァルホットル Valhöll は著名なサガ作家スノリー・ストゥルソンが所有していた一
画で、現在ホテル・ヴァルホットルがあるところ(2009年7月全焼しました)。
シンクヴァトラキルキャ教会 Þingvallakirkja。議会の湖の教会を意味する。サガ
作家スノリー・ストゥルソンが著したオゥラブス・サガによれば、アイスランドがキリス
ト教に改宗した後に教会のモデルとして1016年に建てられた。建築のための木
材は時のノルウエー王オラフによって、毎年6月にアルシンギのためにシンクヴェ
トリルに集まるアイスランド人が教会とは何ぞやとか、礼拝などのサービスを如何に
執り行うかを教え込むためにアイスランド国会アルシンギに寄贈されたものとされている。教会は1118年に嵐で崩壊し、その後、数回に亘って
再建されている。現在の教会は1859年に建築されたもの。鐘楼にはベルが3つあるがその最古は1698年のもの。
★アルシンギ Alþing
シンクヴェトリルで開かれたアルシンギは国家のあらゆる問題を規制し、慣習法を通過させ、地域間の紛争を調停し、殺人や不法行為に関して
は法律に基づいて判決を下した。
アルシンギが創設される前、全国の各地域はゴジ(Goði)と称される首長に率いられ、それ自身の地方議会を持っていた。
アルシンギが創設された930年から868年の間、毎夏、各地の首長はもちろん、全国から自作農や一般の男女が自分たちの家や村を離れ、
年に1回のみ催される2週間に亘る長期会合(全島会議)のためにシンクヴェトリルに向かった。当該会合は毎夏の11週目の最初の木曜日に
開始された。会合へ出席するために人々は馬の背に揺られながら何日も旅し、特に、東部からは17日間もかかったと記録に残る。シンクヴェト
リルに到着すると人々は野営のためのテントを張り、会談や商売をするための仮ブースをセットした。シンクヴェトリルの平原はテント、ブース、岩
石、羊や馬で埋まり、ごちゃごちゃした、活気あふれる露天の市場と化した。
ログリエッタ(Logrétta)と称された立法議会では、ゴダール(Godar)、有力な地方の首長そし
て司教が集い、議論を戦わし、新たな法律を成立させ、旧法を修正した。立法議会ログリエッタ
の議長は“法律を語る人”ロースピーカーを意味するログソグマズゥル(Lögsögumaður)と称さ
れ、立法議会の選挙で選ばれ、任期は3年だった。彼はアルマンナギャゥの高い岩壁を背にす
る特別なスポット、“法律の岩”を意味するログベルグ(Lögberg)に立ち、法律のすべてを朗唱
した。そのため彼はいつの夏も法律や手続き上の規則を丸暗記し、暗証せねばならなかった。
彼が立つ背後の裂溝の高い溶岩の壁の所為で、音響効果は抜群で彼の放す声は共鳴し、
朗々と響き渡った。彼の言葉は遥かに離れた断崖に居る他のスピーカーによって復唱され、す
べての人々に伝えられた。
1944年6月17日、アルシンギのスピーカーはこの法律の岩(があったとされる箇所)に立ち、シ
ンクヴェトリルに集まった多くの人々を前に主権を有する共和国として独立を宣言した。今はそ
の岩を見ることはできない。度重なる地震で地下深くに沈んだからだ。
アルマンナギャゥの徒歩観光の途中、旗竿が立っているところを通るがここは古代民主議会アルシンギで最も重要な場所だったアイスランド語
でログベルグ Lögberg「法律の岩」があったところと言われている。「法律の岩」には誰でも進み出て、重要な案件についてスピーチしたり、重
大な事件をニュースとしてリポートしたところ。議会の開会や閉会の宣告もここでなされたし、又、法議会による判決が言い渡され、会議の日時
が確認され、法行為がもたらされ、更には他の国事に関するあらゆることがここで発表され、議会に参席している誰もが「法律の岩」から重要事
項に関する自分の告訴を提出することができたのだ。「法律の岩」で起きた出来事は後になってアイスランド・サガ書に記述して残されている。
元来、アルシンギの場所として選ばれたこの地は“青い森林”を意味するブラゥスコゥガル(Bláskógar)と呼ばれていて、ソゥリール・クロッピーン
スケッグルという男の個人所有の土地であったが、彼が自分の奴婢を殺し、その罰として彼のすべての土地は没収され共和国所有地とされた。
首長たちはこの地をアルシンギの議場と定め、議会平原を意味するシンクヴェトリルと地名を改めた。水や牧草も豊かで居留区にも近く、大勢
の人々が集合するにはまさにピッタシの場所であった。
シンクヴェトリルにおける年次夏季イベントは法律を通す場としてだけではなかった。盗人が鞭打ちの刑に処せられたり、罪人が首を刎ねられ、
吊るされたりする場でもあった。更には、罰当たりの女が溺死させられたり、無法者が追放の刑に処せられ、宗教上の役職が任命されたり、結
婚式がとり行われ、契約にまつわる交渉ごとがなされたり、揉め事が解決されたり、名誉にかかわる決闘が行われたり、遠隔間のニュースが交
換されたりもした。
シンクヴェトリルの意義は単に歴史的なものに留まらず、地質学的にも植物学的にも興味深い存在だ。ここでは途方もなくおおきな地球の割れ
目がある。毎年平均して1~1.5cm互いに離れていく北米大陸とユーラシア大陸の構造プレートだ。このことはアイスランドが毎年2~3cm東
西に拡がり続けていることを意味している。中央大西洋海嶺で北米大陸とユーラシア大陸のプレートが邂逅している。
シンクヴェトリルは1930年に国立公園として布告された。全アイスランド国民の国家的聖地として保護管轄されるべきとしてシンクヴェトリルを指
定する法律が通った結果だ。
For Ms. Ísland x 2 - Page -6
Ⓒアイスランド観光文化研究所
「シンクヴェトリルは全アイスランド国民にとって永遠に保護すべき国家的聖地である。議会の保護下のもとに国家としてのアイスランドの永久の
財産であって、売却や抵当の対象には絶対にされてはならない」。シンクヴェトリルの保護法案は居住者の侵害によって起こり得る自然環境の
変化を阻止するという観点において、その後のアメリカにおいて確立された国立公園のモデルとされている。シンクヴェトリル国立公園では居住
が認められない地域は広大で自然が保護されており、訪れることは自由にできるが居住したり、開発したりすることは一切禁じられている。
シンクヴェトリル観光後レイキャヴィークへ直行します。 所要時間は45分です。
*
*
*
*
*
ゴールデンサークルツアーはレイキャヴィーク市内のBSIバスターミナルで終了します(17時30分頃になります)。
ここからレイキャヴィーク・エクスカーションのツアーバスにてブルーラグーンのノーザンライト・インに移動してください。
ご乗車いただくツアーバスは18時ちょうど出発のブルーラグーン・エクスプレスツアー(Blue Lagoon Express Tour – RE/718)です。当
該ツアーにはガイドは同行せずドライバーのみとなります。
当該ツアーバス代金はゴールデンサークルツアーのサービス・ヴァゥチャーでカバーされていますので必要ありません。
ツアーバスはブルーラグーンのメインハウス行きですが、途中、本日予約されているホテル、ノーザンライト・イン(Northern Light Inn)を経
由して、大島様を降ろしてくれます。念のためにドライバーに予めご確認をお願いします。乗車の際にドライバーにヴァゥチヤ-№7629(ゴ
ールデンサークルツアーのバスに乗る際に渡したもの)のコピーを示して
Please drop us off at Northern Light Inn before arriving at Blue Lagoon.
と伝えていただければ万全です。コピーは当ガイダンスの末尾のほうに添付されています。
ブルーラグーンまでの所要時間はおよそ40~45分です。
ツアーバスはアイスランド到着時、フライバスで通ったレイ
キャネースブロイト大通り(41号線)を国際空港へ戻るよう
に進みます。レイキャネースブロイト大通りはケプラヴィーク
国際空港とレイキャヴィークを結ぶ通称空港通りです。30
分程で右手先に港町ヴォーガル(Vogar)が見えます。そし
て、グリンダヴィークに至る42号線が左に走っています。
新しく完成した IC を一回りしてブルーラグーンに通じる42
号線に入ります。
道路の両側には溶岩地が広がり、その荒涼とした周囲の光
景に飲み込まれてしまいます。ここには、樹木も川も渓谷も
ないどころか視界を遮るものが一切ありません。
直 ぐ に 右 手 前 方 に ブ ルー ラグ ー ン に 隣 接す る ス ヴ ァ ルセンギ地 熱 発 電 所
(Svartsengi)の煙突のてっぺんにたなびく白い湯煙が見え、42号線を右折して、更に荒
涼とした熔岩原の間を走る道をスヴァルセンギ地熱発電所方面に向かいます。
スヴァルセンギ地熱発電所の南の背後に聳える標高231m の小高い、赤褐色の凝灰岩質
の山はソルビャルトナルフェットル山 Þorbjarnarfell。氷河期に出現した火山です。なだら
かなスロープなのでハイキングコースの一部になっていて楽に登れます。山頂付近からは
ブルーラグーン一帯の素晴らしい眺望が楽しめます。「盗賊の渓谷」を意味するショゥファギ
ャゥと呼ばれる谷間があって8人とも15人とも言われる泥棒がいつ時隠れ住んでいたとの言
い伝えが残っています。
ノーザンライト・インはホテル・ブルーラグ
ーンが2003年になって名称変更したもの
で、ホテルそのものはもちろん、経営者やスタッフ、家族的な雰囲気とホスピタリティ
は変わることはありません。全32室、ブルーラグーンにある唯いつのホテルで、家
族的な雰囲気のおもてなしに特徴があります。ここのお部屋はすべてシャワーのみ
付きでバスタブはついておりません。ホテルの周辺は静寂そのもの、部屋の窓から
は月面を彷彿させる溶岩の広がりが見られ、ベッドはふわふわしたダウンの羽根布
団そしてシャワーは勿論温泉シャワーです。
ノーザンライト・イン着後、サービス・ヴァウチャー№7645 にてチェックインしてください。
■ブルーラグーンでのお食事について:
ノーザンライト・イン
ノーザンライト・イン
レストラン
ブルーラグーン
ラヴァ・レストラン
ブルーカフェー
ラグーンバー
For Ms. Ísland x 2 - Page -7
朝食
07:00 ~ 10:00
昼食
11:30 ~ 13:30
アフタヌーン・テイ/コーヒー
13:30 ~ 17:30
夕食
17:30 ~ 20:30 (クローズは 23:00)
昼食&夕食
11:30 ~ 20:30 (ラストオーダー)
クイック・フーズ(スープ、サラダ、サンドイッチやバーガーなど。)
ラグーンの中。軽食や飲み物。
Ⓒアイスランド観光文化研究所
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
23
File Size
959 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content