close

Enter

Log in using OpenID

自己検診の手順

embedDownload
自己検診の手順
乳房は女性ホルモンの影響を受けて、周期的に変化します。自己検診に適している
のは、生理の開始から約1週間の、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が少ない
時期です。閉経後は、1か月に1度日にちを決めて行うと良いでしょう。
①鏡の前で乳房を観察する
まず、鏡の前で両手を
下げて自然に立ち、
左右の乳房の形や大きさ、
乳首に変化がないかを
チェックします。
次に、バンザイをするよう
に両手を上げて、乳房の
くぼみ、ひきつれを観察
します。
②入浴時に乳房を指で触る
入浴の時に、乳房のしこりを調べましょう。
乳房に石鹸を塗って、乳房と反対側の手の4本指をそろえ
て、指の腹で小さな円を描くように触ります。乳頭を中心
にうずまき状に動かすか、肋骨に沿うように外側から内側
へと動かし、乳房全体をくまなく触ります。親指を使って
乳房をつかむと、正常な乳腺をしこりと間違えやすいので
注意しましょう。
乳頭の周囲を押して、分泌物が出ないかも調べます。
乳頭からの分泌物は、血液が混ざった茶褐色のものや黄色の透き通った
ものが出ることがあります。
乳がんは自分で発見できる唯一のがんです。
横浜市乳がん検診は2年に1度ですので、自己検診はこまめに行いましょう。
また、自費での乳がん検診もおこなっていますので、40歳に達していない方や毎年乳がん
検診を実施したい方は受診可能です。
早期発見ができれば完治できる可能性も高くなりますので、定期的な乳がん検診にくわえて
月に一度は自己検診も行いましょう。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
95 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content