close

Enter

Log in using OpenID

おおるり笠井 I様(アルツハイマー型認知症)Vol.3.1

embedDownload
Vol.3
サービス付き高齢者向け住宅
「やさしい手静岡おおるり笠井」の事例紹介
Ⅰ 様 女性 88歳 要介護3
【疾患】アルツハイマー型認知症
【入居前のご様子】
一人暮らしをされていましたが、認知症の症状が徐々に悪化。独居生活が難しくなり一旦
は息子様宅で同居をされていましたが、担当医の勧めもありおおるり笠井への入居となり
ました。独居時は、服薬ができず、認知症状がひどく、息子様を認識できない時もありまし
た。自由奔放に寝たい時に寝て食べたい時に食べる生活をされていました。
入居
当初の
ご様子
⇓
入居
3ヶ月
後のご
様子
【入居当初】
入居当初は場所が変わったこともあり、帰宅願望が強く、毎日何度も荷物をま
とめて家に帰ろうとされていました。また自殺願望もあり、死にたいと繰り返し
お話しされることもありました。
食事やヘルパーに関しての拒否はなく、関わりを持つことはできていました。
⇓
⇓
⇓
【入居3か月後】
入居に伴い、服薬管理・確認がしっかりと行なわれ、お薬をきちんと服薬する
ことで認知症状が次第に安定されました。
また、他の入居者様との関わりが増えるにつれて、車いすのご入居者の世話
をしなくてはいけないという使命感のようなものが出てきて、おおるり笠井での
ご自身の役割を見つけ、現在は帰宅願望・自殺願望もなくなりました。『ここに
いたいので食事を用意しといてね』と言いに来るまでになられています。
現在は、食堂にいる時間も長く、日々のアクティビティにも積極的に参加し楽
しくご生活をされています。
【訪問介護サービス内容】
日中・・・外出介助(買物同行)・共に行なう掃除・洗濯・入浴介助(週2回づつ)
夜間・・・着替え・口腔ケア・水分補給(週7回)
【医療処置内容】
認知症薬の調整、バイタルチェック、筋肉強化の為のリハビリ
東洋ガス株式会社 やさしい手介護事業部
サービス付き高齢者向け住宅
「やさしい手静岡 おおるり笠井」
住所:静岡県浜松市東区笠井町865-2
TEL:053-581-8590
FAX:053-581-8591
月
火
水
木
金
土
日
7 :0 0
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
8 :0 0
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
9 :0 0
看護 バイタルチェック
看護 バイタルチェック
看護 バイタルチェック
看護 バイタルチェック
看護 バイタルチェック
看護 バイタルチェック
6 :0 0
早
朝
朝
食
時
1 0 :0 0
買物同行
買物同行
1 1 :0 0
昼
食
時
1 2 :0 0
食事
(誘導・服薬)
訪問看護
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
訪問診療
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
アクティビティ
アクティビティ
アクティビティ
アクティビティ
アクティビティ
アクティビティ
アクティビティ
1 3 :0 0
1 4 :0 0
午
後
食事
(誘導・服薬)
1 5 :0 0
入浴・洗濯・掃除
入浴・洗濯・掃除
1 6 :0 0
夕
食
時
就
寝
時
1 7 :0 0
1 8 :0 0
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
食事
(誘導・服薬)
1 9 :0 0
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
更衣・口腔ケア・水分補給
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
巡視
2 0 :0 0
2 1 :0 0
2 2 :0 0
2 3 :0 0
深
夜
帯
0 :0 0
1 :0 0
2 :0 0
3 :0 0
4 :0 0
5 :0 0
備考: 訪問診療( 2 回/月) 、訪問看護( 1 回/週) 、福祉用具( 車いす、特殊寝台、特殊寝台付属品)
【疾患に対する管理】
○アルツハイマー型認知症
→服薬管理(ゾニサミド10mg(1回/日)、メマリー20mg(1回/日)、アリセプトD
錠5mg(1回/日)を服用。看護師・介護士による服薬状況の観察・報告により、
主治医の先生から適切な薬の調整が行なわれた結果、認知症による諸症状
は抑制されています。
○筋力低下(転倒のリスク)
→リハビリは、訪問看護による筋力量増加リハ(1回/週)また、訪問介護によ
る買物同行(2回/週)により、歩行時のふらつきが改善されています。
【チームで管理】
疾患を管理するということは、担当医・看護・介護がチーム一丸となってこそ、ご入居者
の回復へとつながります。おおるり笠井では、この連携を重要視しています。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
575 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content