回答その1(増築)(PDF:832KB)

質問
番号
1
2
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
全体のスケジュールにおける増築から改修への移行時期及び改修工事における施工順序が
分かる資料がございません。御指示下さい。
質問回答
増築工事は平成28年度中の完成に努めることとし、その後改修工事の施
行とします。改修工事に係る施工順序は別途協議とします。
改修工事における資材の搬出入は、本設エレベーターを使用できると考えて宜しいでしょう
か。御指示下さい。
お考えのとおりです。なお、可能な限り、土・日・祝日の資材搬入等をお願
いします。また、平日のエレベーターは必要時のみ使用可能とします。
工事用仮設事務所及び工事用駐車場の敷地は、病院敷地内の駐車場を無償で借用できる
と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
赤穂市加里屋3288番1・3288番2・3288番3・3288番4・3288番5の一区画の
土地(1,046.38㎡)を車両・資材置き場及び工事用仮設事務所として利用
(無償)可能とします。また、隣接する赤穂市加里屋3289番2の家屋(延床
面積140.31㎡)を工事用仮設事務所として利用(無償)することも可能とし
ます。(家屋改修も可能。現状復旧する必要なし。)
※家屋内の調査が必要であれば、赤穂市民病院財務課(℡:0791-436421)までご連絡下さい。
3
4
5
増築・改修工事共に工事作業時間は、8時~18時(左官仕上作業・軽微な作業を除く)を通常
時間と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
「新棟が完成次第新棟を引き渡し」とありますが、新棟増築工事の引き渡し日を御指示下さ
い。
お考えのとおりです。なお、改修工事については、範囲ごとに別途協議と
します。
共-1
平成28年度中の引き渡しに努めてください。
本館改修工事の作業時間は、平日(月曜日~土曜日)8:00~18:00と考えて宜しいでしょうか。
6
7
8
改修工事については、範囲ごとに別途協議とします。
本館改修工事の資材搬出入ルートで、階段およびエレベーターは利用できるものと考えて宜
しいでしょうか。
利用できない場合は、利用可能な資材搬出入ルートを御指示下さい。
お考えのとおりです。なお、可能な限り、土・日・祝日の資材搬入等をお願
いします。また、平日のエレベーターは必要時のみ使用可能とします。
本館改修工事において、手術室に近接した改修工事がありますが、具体的な工事制限の御 A-改27
指示はありますでしょうか。
別途協議とします。
9
権利義務の譲渡等について発注者につきましても受注者と同様の義務を負っていただけな
いでしょうか。また,発注者が第三者に権利義務を譲渡することは想定されていますでしょう 工 事 請
負 契 約 第8条
か。
書
赤穂市契約規程に基づきます。
10
工事用地等が不用になった事由が受注者の責めに帰すべき事由でない場合は,工事材料
等の撤去費用,工事用地等の修復・取り片付け費用は発注者負担ということでよろしいでしょ 工 事 請
負 契 約 第16条
うか。
書
赤穂市契約規程に基づきます。
11
契約の目的物にもとづく日照障害,風害,電波障害その他発注者の責めに帰すべき事由に
より生じた第三者との紛争または第三者損害の処理解決については,建設企業は発注者に 工 事 請
協力は致しますが,主体はあくまで発注者であり費用負担も発注者ということでよろしいでしょ 負 契 約 第28条
書
うか。
赤穂市契約規程に基づきます。
12
瑕疵担保期間につきましては,木造の建物・建築設備の機器・室内装飾・家具については1
工 事 請
年,石造・金属造・コンクリート造については2年ということでよろしいでしょうか。
第45条2
負 契 約
赤穂市契約規程に基づきます。
項
書
13
遅延利息につきましては,政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率(最終改定平成26年
第46条2
2月26日財務省告示第54号)にもとづき年5%ではなく年2.9%とさせて頂いてよろしいで 工 事 請 項,第47
しょうか。
負 契 約 条 2 項 , 赤穂市契約規程に基づきます。
書
第53条1
項
入札保証金の保証期間をご教示頂けないでしょうか。
募 集 情
3頁
報
14
契約締結日(平成28年3月1日予定)までとします。
開札は電子入札システムパソコン画面での確認でしょうか。(開札立会なし)
15
お考えのとおりです。
作業時間の規制は、ありますか。
16
17
改修工事については、範囲ごとに別途協議とします。
土壌調査と積込・運搬・処分は別途として宜しいでしょうか。又、土壌調査で問題があった場
合は工程・コストのご協議をお願いします。
土壌汚染対策法に基づく調査は不要です。地業工事による積込・運搬・処
分は本工事に含みます。その他の場合は別途協議とします。
日照電波障害等の近隣補償費は別途としてよろしいでしょうか。
18
別途協議とします。
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
地鎮祭の参加人数をご指示ください。
19
病院側で神事等一切行いません。
20
山留め計画図(参考図)は、あくまで参考と考えて宜しいのでしょうか?
また、山留めを撤去すると周辺地盤に影響が出ると思われますが、部分的に存置としても宜し A-97
いでしょうか
仮設は参考図とお考えください。存置については協議によります。
21
既存病院本館の基礎伏図及び基礎断面図の貸与願います。
別紙 既存本館基礎伏図外を参照ください
22
仮設計画図(参考図)は、計画上の参考と考えて宜しいでしょうか。
御教示ください。
23
2.2.05の外部足場ですが、「手摺先行工法による足場の組立等に関する基準」は無しと考え
て宜しいでしょうか。
A-1
御教示ください。
基発第0424001号平成21年4月24日都道府県労働局長宛
厚生労働省労働基準局長発の
「手すり先行工法に関するガイドライン」の趣旨に従って判断してください。
24
44.完成図ですが、A1・A3縮小・施工図A1の部数は1章-2監理方針及び妥当性確認計画に
よるとありますが、記載が有りません。
共-4
各何部提出と考えれば宜しいでしょうか。
御教示ねがいます。
完成図A1:1部、A3:3部
施工図A1:2部
とします。
25
45.完成写真ですが、Cの改修部分について着工前及び完了時全何カット撮影と考えれば宜
しいでしょうか。
共-4
又、提出サイズ、部数も御教示ください。
改修部分の完成写真は増築部分とは別で10カットでお考えください。
提出サイズ及び部数は新棟と同じでお考えください。尚、着工前という質
問ですが、完成写真以外の写真については、新棟部分は公共建築工事
標準仕様書(建築工事編)平成25年版1.2.4工事の記録に、改修部分は公
共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)平成25年版1.2.4工事の記録
に従うものとします。
26
22.2-06のCBR試験及び路床締固め度の試験が適用となっていますが、各何箇所と考えれば
宜しいでしょうか。
A-08
御教示ください。
1箇所でお考えください。
27
22.3.10で路盤の締固め試験が原則実施するとなっていますが、何箇所試験と考えれば宜し
いでしょうか。
御教示ください。
1箇所でお考えください。
28
4.2.07で平板載荷試験が適用となっていますが、何箇所試験と考えれば宜しいでしょうか。
御教示ください。
29
正面玄関前のアーケード工事の工程ですが、工期内であれば着工、完成については施工者
判断で宜しいでしょうか。
御教示ください。
別途協議とします。
30
改修工事時の資材搬入ですが、既設EV-3ないし4号機(業務用)を打合せの上使用可能と考
えても宜しいでしょうか。
御教示ください。
お考えのとおりです。なお、可能な限り、土・日・祝日の資材搬入等をお願
いします。また、平日のエレベーターは必要時のみ使用可能とします。
31
アルカリ骨材反応及び塩分含有量試験は、生コン工場の自主検査の写しで宜しいでしょう
か。
S-2
御教示ください。
お見込みのとおりです。
32
22.4.15にて舗装厚さの切取り試験が実施になっていますが、何箇所と考えれば宜しいでしょ
うか。
A-8
御教示ください。
1箇所でお考えください。
33
ガードマンの配備ですが、改修・増築工事共指定がありませんがどの様に考えれば宜しいで
しょうか。
御教示ください。
交通誘導員Aを改修・増築各1名常駐、残りはスポット配置としてお考えくだ
さい。
34
又、上記質問にて改修・増築各1名常駐、後はスポット配置として考えても宜しいでしょうか。
御教示ください。
お見込みのとおりです。
35
本件工事は稼働中の病院内での工事であり、病院機能を維持しつつ工事施工するため改修
工事の完成時期が平成30年度第1四半期中になると想定されます。工期延長契約をご承認
いただけるものと考えてよろしいでしょうか。
履行期限までの完成に努めてください。しかしながら、履行期限までに完
成することが事実上困難となった場合においては、発注者と受注者におい
て協議を行い、双方の合意をもって当該履行期限に係る変更契約を締結
するものとします。
36
増築工事の完成時期は平成29年度第1四半期となりますが支障なきものと考えてよろしいで
しょうか。
増築棟内の備蓄倉庫、非常用発電設備及び無停電電源設備について
は、平成27年度及び平成28年度の国庫補助対象であるため、平成27年
度の補助認証分については、平成28年度中の完成に努めてください。
37
また工期延長に伴う仮設費や現場管理費等が必要であればそれらの費用を見込んで入札す
るものと考えてよろしいでしょうか。
お考えのとおりです。
A-96
S-1
お見込みの通りです。
2箇所としてください。
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
38
本件工事の契約書案、契約約款をご教示下さい。
赤穂市契約規程に基づきます。
39
支払い条件について前払い率をご教示下さい。また前払い金は各年度の支払い限度額に応
じた年度分割をするのでしょうかご教示下さい。
公共工事の前払いに関する事務処理要領及び赤穂市契約規程に基づき
ます。
40
支払い条件で、前払い金の頭打ちの設定は有りますか、有る場合は頭打ち金額をご教示下さ
い。(例 6000万円迄など)
公共工事の前払いに関する事務処理要領に基づきます。
赤穂市部分払取扱規程及び公共工事の前払いに関する事務処理要領に
基づき、次のとおり支払します。
平成27年度 前払い、部分払い(1回目)
平成28年度 前払い、部分払い(2回目・3回目)
平成29年度 前払い、完成払い
41
支払い条件で、部分払いの回数や概ねの支払い時期をご教示下さい。
42
応募資格要件の単体の場合の下請契約に関する要件は、完全に履行する事が義務付けら
れるのか、それとも努力目標であるのかご教示下さい。
状況により判断します。
43
有効参加者数が5に満たないときの最低制限価格の具体的な算出基準や具体的な算出式を
ご教示下さい。
別紙「最低制限価格の算定方法について」に基づきます。
関係行政に確認の上適切な処理にて放流する事。
44
柱状図を検討した結果、土工事中のディープウェル設備及びPH中和機設備が必要と考えて
おりますが、排水は雨水への放流と考えて宜しいでしょうか。又、排水に於いて、PH中和機以
外の措置が必要であれば、御指示下さい。
45
ディープウェル設備検討の為、本館基礎図を頂けませんでしょうか。
別紙 既存本館構造図(基礎関係図) 参照
46
掘削根切り土の仮置き場は、病院敷地内と考えて宜しいでしょうか。又、残土処分は自由処分
と考えて宜しいでしょうか。併せて御指示下さい。
仮置き場として、上記のエリア内は使用可能とします。残土は自由処分とし
ます。
特記仕様書に「従業員宿舎は、構内には設けない」と記載がありますが、現場事務所(監理者
事務所共)は、病院内に設置可能でしょうか。
また、設置場所等が決まっておりましたら、ご指示願います。
(設置不可であれば、院外で探す必要があります。)
A-1
赤穂市加里屋3288番1・3288番2・3288番3・3288番4・3288番5の一区画の
A-改01 土地(1,046.38㎡)を車両・資材置き場及び工事用仮設事務所として利用
(無償)可能とします。また、隣接する赤穂市加里屋3289番2の家屋(延床
面積140.31㎡)を工事用仮設事務所として利用(無償)することも可能とし
ます。(家屋改修も可能。現状復旧する必要なし。)
※家屋内の調査が必要であれば、赤穂市民病院財務課(℡:0791-436421)までご連絡下さい。
47
3月着工につき、確認申請はすでに受理されていると考えてよろしいでしょうか。
確認申請は2月中旬に下りる予定です。
アーケードに山留 シートパイルⅢ型 L=2mと記載がりますが、内訳明細には、記載があり A-97
ません。簡易山留と考えて宜しいでしょうか。
お見込みのとおりです。
増築工事完成~検査・引渡後に 改修工事を着手と考えて宜しいでしょうか。
お考えのとおりです。
増築部完了・引渡し後、即本館改修工事の着手は、可能でしょうか。もし、別途引越しがある
場合は、引越しの日数は何日と考えれば宜しいでしょうか。ご指示下さい。
別途協議とします。
51
52
改修工事に際し、各階ごとの工事となるのでしょうか。それとも全フロアー同時施工可能でしょう
か。
改修工事は玉突き工事のため原則部分ごとの工事となりますが、
工事手順の詳細は別途協議とします。
山留欠損部の既存本館の躯体壁は、山留長(9m)以上でしょうか。水位が浅いので、山留長 A-97
より既存壁が浅い場合の対応はどのように考えますか。ご指示下さい。
仮設については想定で入れております。施工者様にて想定ください。
山留長さL-9mと記載ありますが、計算に基づいた長さで、長さの変更等は、無いものと考え
て宜しいでしょうか。
上記のとおりです。
48
49
50
53
54
「04.設計条件」のa~gに記載がありません。
確認申請許可日等の内容になりますので、ご教示お願いします。
共-1
確認申請は2月中旬に下りる予定です。
製造所名・製品名が記載有りますが、メーカーフリーと考えて宜しいでしょうか。(同等品と明
記が無いものについても全て同等品と考えて宜しいでしょうか。)
A-1~
A-9他各
所
お見込みの通りです。
11章タイル工事で試験張りの面積をご教示ください。
A-2
2㎡程度としてください。
防災計画図で防火区画、防煙区画、防火上主要な間仕切の区別が分かりません。カラーで
ご教示頂ければと思います。
A105,106
A-105,106のカラー図面を添付します。
塗膜防水の防水保証は5年しかメーカー発行できません。ご了承をお願いします。10年保証が
必要な場合、5年目にトップコートを有償で再塗布が必要になります。
A-2
別途協議とします。
屋上庭園2.花壇立上りのRC面仕上が不明です。浸透性撥水剤塗布と考えてよろしいです
か。ご指示願います。
A29
A76
お見込みの通りです。
55
56
57
58
59
60
質問
番号
61
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
1階身障者駐車場の車室内壁仕上において、1階平面詳細図ではタイル仕上ですが、矩計 A32
図4ではフッ素樹脂塗装と相違致します。フッ素樹脂塗装を正と考えてよろしいですか。ご指示 A40
願います。
タイル仕上げを指示しているのは風除室及びY4の柱周りまでです。
駐車場ポーチの壁下地において、1階平面詳細図では凡例W15となっておりますが、押出成 A40
形セメント板と考えてよろしいですか。ご指示願います。
タイル仕上げを指示しているのは風除室及びY4の柱周りまでです。
東側渡り廊下下の軒天仕上において、外部仕上表ではアルミスパンドレルとなっておりますが、矩 A17
計図5ではケイカル板+NAD塗と相違致します。何れが正でしょうか。ご指示願います。
A33
ケイカル板+NAD塗を正とします。
建築工事特記仕様書7において、メールボックスと御座いますが設置位置・ケ所数が不明で
す。必要な場合、ケ所数をご指示願います。
メールボックスは中止します。
62
63
64
A7
点字タイル:ステンレス300角の設置位置が不明です。ご指示願います。
P.79
発注図を正とします。SUS300角点字タイルはありません。
65
特記仕様書のロールスクリーンに製造所(製品名)の記載がありません。ご指示願います。
A7
ローススクリーン:サンゲツ[クリニカルⅡ]同等とします。
66
67
68
特記仕様書にガートルレールの記載がありますが、適用外と考えてよろしいですか。ご指示願いま A7
す。
A84
お見込みの通りです。
ブラインドボックスの仕様が下記の通り異なります。
・特記仕様書 アルミ製市販品
・建具詳細図 スチール製1.6t
建具詳細図を適用と考えてよろしいですか。ご指示願います。
お見込みの通りです。
A7
A62
階段1,2で天井仕上の記載が仕上表・階段詳細図・天井伏図全てにありません。段裏は階段 A17
詳細図よりSOP塗装とし、最上階は化粧石膏ボードと考えてよろしいですか。ご指示願います。 A37
A38
A39
A51
段裏はSOPとし、最上階は岩綿吸音板(C-1)とします。
階段1詳細図の1階平面図で、Y6通り側に建具がありますが、1階平面詳細図と1階建具案内 A37
図には建具はありません。建具は無しと考えてよろしいですか。ご指示願います。
A40
A53
お見込みの通りです。
梁型の耐火被覆において、外壁間の隙間にロックウール受が必要と思われますが、仕様が不明
です。ロックウール受の仕様をご指示願います。
A29
A30
A32
メタルラス W=200程度です。
化粧ケイカル板のメーカーが下記の通り異なります。
・特記仕様書 A&Aマテリアル
・仕上表 アイカ工業
アイカ工業を適用と考えてよろしいですか。ご指示願います。
A6
A17
お見込みの通りです。
1階前室の天井高が下記の通り異なります。
・仕上表 2500
・天井伏図 2700
2700を適用と考えてよろしいですか。ご指示願います。
A18
A48
お見込みの通りです。
1階エレベーターホールの天井高が下記の通り異なります。
・仕上表 2700
・展開図 2500
・天井伏図 2500
2500を適用と考えてよろしいですか。ご指示願います。
A18
A45
A48
お見込みの通りです。
3階廊下2の壁付手摺について下記の通り異なります。
・仕上表 備考欄に手摺の記載有
・平面詳細図 手摺の凡例(破線)記載無
・展開図 手摺の記載有
手摺は設置と考えてよろしいですか。ご指示願います。
A20
A42
A46
お見込みの通りです。
2階受付2の天井高が下記の通り異なります。
・仕上表 2600
・天井伏図 2700
2700を適用と考えてよろしいですか。ご指示願います。
A18
A49
お見込みの通りです。
アルミサッシュAW105の額縁寸法で、建具表にW250とありますが、矩計図・平面詳細図よりW700 A33
に読み替えてよろしいですか。ご指示願います。
A40
A53
A55
お見込みの通りです。
SS101(防火防煙シャッター)について、取付下地の詳細をご指示願います。
A56
St□-100×50×2.3@450程度とします。
A17
配線ピットは不要です。
79
下記の部屋において仕上表備考欄に配線床上コロガシの記載がありますが、配線ピット等は不
要と判断してよろしいですか。必要な場合、詳細をご指示願います。
・1F PET-CT室
・1F SPECT-CT室1・2
80
SPECT-CT室1・2において配線用壁開口の記載がありますが、枠等は不要と判断し、壁仕上 A40
げを廻すと考えてよろしいですか。ご指示願います。
お見込みの通りですが、詳細は医療機器メーカーが決定した時点で別途
協議とします。
お見込みの通りです。
81
放射線前室~待機室1~3の間仕切において平面詳細図では、放射線前室側にLGSフカシ壁 A40
が記載されていますが、放射線遮蔽詳細図では待機室側にLGSフカシ壁が記載されています。 A65
放射線遮蔽詳細図を正としてよろしいですか。ご指示願います。
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
質問
番号
82
83
84
85
86
87
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
2F X-TV2・骨塩・一般撮影室~操作室2及び2Fマンモ室~操作・WS取合の間仕切が梁下で止 A31
まっていますが、梁型に鉛ボードの記載がありません。矩計図の通り梁型に鉛ボードは不要と考 A66
えてよろしいですか。ご指示願います。
A-66・X-10にならい、梁型に鉛ボードを設置します。
2F更衣室8の巾木が巻上100と記載されていますが、床仕上げがビニル床タイルの為、PVC100
に読み替えて考えてよろしいですか。ご指示願います。
A19
お見込みの通りです。
3F発電機室の防油堤が平面詳細図や発電機室詳細図ではH=300ですが、部分詳細図D A42
-10ではH=400となっています。H=300を正と考えてよろしいですか。ご指示願います。 A74
A81
外構図凡例①呼び名400Aは全てグレーチング蓋と考えてよろしいですか。ご指示願います。
A98
お見込みの通りです。
衛生設備機器表でLPガス容器収納庫の基礎が建築工事と記載がありますが、詳細が不明で M1
す。寸法・断面詳細・配筋をご指示願います。
既存のコンクリート舗装の上に直置きのため基礎はありません。
LPガス容器収納庫にて建屋詳細が不明です。御指示下さい。
A10
また、A96では仮設と記載ありますが、本設と同じ場所に施工しております。A96図 仮設プロ A96
パン庫は本設のLPガス容器収納庫と考えて宜しいでしょうか。
A96の仮設プロパン庫とA10のLPガス容器収納庫は同じものであり、仮設で
す。
コンクリート蓋です。
部分詳細図(1)OD-5 設備機器用基礎で、設備架台鉄骨H-300x300x10x15が記載さ A-78
れておりますが、下記の項目について御指示願います。
88
〇建築工事と考えて宜しいでしょうか。
→建築工事としています。
〇アンカーボルトの径・本数・長さ
→4-M20 L500
〇鋼材の材質はSS400と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
発電機室詳細図で、下記の項目について御指示願います。
89
〇鋼材の材質は全てSS400と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
〇柱(H-100x100x6x8)のベースプレートの断面寸法
→BPL-16x150x150
〇柱のアンカーボルトの径・長さ・本数
→2-M16 L400
〇ALC受(C-100x50x20x3.2)の接合は工場溶接と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
階段2詳細図(1) 階段1,2共通図で、下記の項目について御指示願います。
90
A-74
A-38
〇鋼材の材質はSS400と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
〇ササラ桁(PL-16)のベースプレートの断面寸法
→BPL-19x150x350
〇ササラ桁のアンカーボルトの径・長さ・本数
→3-M24 L600
〇ササラ桁の接合部はGPL-19 3-M20と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
昇降機詳細図(1)~(6)で、下記の項目について御指示願います。
A-67
〇ベースモルタルの厚みは30mmと考えて宜しいでしょうか。
~A-72
→お見込みのとおりです。
〇鋼材の材質は全てSS400と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
〇三方枠(L-90x90x6)のアンカーボルトの径・長さ・本数
→ 2-M16 L640
〇三方枠のベースプレートの断面寸法
→BPL-9x200x150
〇三方枠同士の接合は溶接と考えて宜しいでしょうか。
→工場溶接としています。
〇三方枠と梁の接合はGPL-9 HTB-2xM16と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
〇レール支持鉄骨(c1:H-175x175x7.5x11)のアンカーボルトの径・長さ・本数
→2-M24 L600
〇レール支持鉄骨c1のベースプレートの断面寸法
→BPL-9x210x210
〇レール支持鉄骨c1の接合部はGPL-9 HTB-2xM20と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
〇レール支持鉄骨(c2:H-200x200x8x12)のアンカーボルトの径・長さ・本数
→4-M24 L600
〇レール支持鉄骨c2のベースプレートの断面寸法
→BPL-16x300x300
〇レール支持鉄骨c2の接合部はGPL-9 HTB-2xM20と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
〇トロリービーム(H-150x150x7x10及びH-125x125x6.5x9)の接合部はGPL-9 HTB-2xM20と
考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
〇レール支持柱受材(H-175x175x7.5x11)の接合部はGPL-9 HTB-2xM20と考えて宜しいで
しょうか。
→お見込みのとおりです。
〇昇降機詳細図(3) B~B断面図で、5FL-360程度にレール支持柱受材fが記載されて
おりますが、屋根伏図ではSB30となっております。屋根伏図を正と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
錆止塗装は工場2回塗りと考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
91
92
93
部分詳細図(1) OD-7屋根3目隠しで、胴縁(C-100x50x20x2.3)の接合はGPL-6
HTB-2xM16と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
A-78
お見込みのとおりです。
質問
番号
質 問 内 容
発電機室詳細図で、下図鉄骨架台の下記の項目について御指示願います。
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
A-74
〇□-90x90x3.2の接合はGPL-6 2-M16と考えて宜しいでしょうか。
→GPL-9 2-M20としています。
〇L-90x90x10の接合はGPL-6 2-M16と考えて宜しいでしょうか。
→GPL-12 2-M20としています。
〇[-100x50x5x7.5の接合は工場溶接と考えて宜しいでしょうか。
→お見込みのとおりです。
矩計図(2)で、土間コンピットの外周部に差し筋が記載されておりますが、配筋が不明です。 A-30
D13@200シングルと考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
S-31図の外構土間スラブ配筋に同じとお考えください([email protected]ダブル)
土間コンクリートの強度が不明です。Fc-21N S-15と考えて宜しいでしょうか。御指示願い
ます。
お見込みのとおりです(基礎梁との打ち分けに十分ご配慮ください)。
既存建物撤去、改修図のD部詳細図でコンクリート増打と記載されておりますが、配筋が不明 A-34
です。配筋は縦横とも既存の鉄筋を使用すると考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
部分詳細図(1)OD-10:既存梁貫通部について、施工箇所は既存建物撤去・改修図(2)よ A-35
り、東・西側1箇所ずつと考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
A-78
東側渡り廊下の西側外壁部一箇所と、既存建物側1箇所の計2箇所です。
1階天井伏図 東側渡り廊下の軒天に凡例7:アルミスパンドレルが記載されておりますが、仕 A-17
上材料名表示凡例に記載の仕様と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
A-48
東側渡り廊下の軒天の仕上はケイカル板t8の上NADとしてください。
矩計図(5)矩計図G 1階部分 外壁下端にアルミ見切が記載されておりますが、天井仕上の
廻縁と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
94
95
96
97
98
99
100
A-33
立面図(1)凡例9:鋼製扉(水切付上枠)と記載されておりますが、部分詳細図(2)外壁押出 A-27
成形板縦張り開口部(アングル・角パイプ補強)に記載の内水切プレートと考えて宜しいでしょ A-79
うか。御指示願います。
鋼製扉上枠に取り付くメーカー仕様の水切りとしてください。
部分詳細図(2)外壁押出成形板縦張り開口部(アングル・角パイプ補強)の施工範囲は全て A-79
の建具と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
建具のほか煙突突出部等、開口部全てとお考えください。
既存建物接続部の改修について、既存外壁タイルは新設と同様 磁器質95x45 50二丁掛タ A-34
イルと考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
仕上表(2)外部仕上表 駐車場側ポーチの壁仕上に外装壁タイル300x100と記載されてお A-17
りますが、メーカー名・品番がございましたら御指示願います。
柱側は外装壁タイルA(リクシル ハンドコームJP)、それ以外は内装壁タイル
(リクシル 波光セカンドライン)としてください。
3階北面X2通りの曲面部分の受け鉄骨は不要です。
105
部分詳細図(2)中間部詳細図 外壁と梁部分に受け鉄骨が記載されておりますが、3階平面
詳細図 北面X2通りの曲面部分の外壁も同様の受け鉄骨が必要と考えて宜しいでしょうか。
御指示願います。
106
上記質疑が正の場合、詳細図の受け鉄骨はL400となっておりますが、X2通りの大梁に取付
くと考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
101
102
103
104
部分詳細図(2)中間部詳細図 外壁と梁部分に受け鉄骨が記載されておりますが、1階平面
詳細図 南面PS・DS廻りの外壁は受け鉄骨が必要でしょうか。御指示願います。
A-42
A-79
同上
A-40
A-79
南面PS・DS廻りの外壁にも受け鉄骨が必要です。
[-100x50x5x7.5@900 L=360としてください。
107
108
部分詳細図(2)3階X2通り柱廻り詳細図 柱中央部にブラケット:L-75x75x6 L120とL- A-79
65x65x6 L80が記載されておりますが、柱1箇所に付き1箇所必要ということでしょうか。御
指示願います。
柱1箇所につき2箇所設けてください。
各仕上表 備考欄に耐火材巻きつけと記載されている室がありますが、梁部分は耐火材巻き
付け表しと考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
A-18~
20
109
110
矩計図(4)4階 ラウンジ1の壁仕上について、上部左官仕上材と記載されていますが、内部 A-20
仕上表 4F健診 ラウンジ1,2には上部EPと記載されています。内部仕上表を正として宜しい A-32
でしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
公共建築工事標準仕様書 E-1仕様とします。
111
外部仕上表・内部仕上表(1)仕上材料名表示凡例 防水にアスファルト室内防水が記載され A-17
ていますが、仕様、メーカー及び品番を御指示願います。
お見込みのとおりです。
112
1階平面詳細図 設備機械室の基礎について、W1100×D1100×H200の基礎が1箇所記 A-40
載されていますが、部分詳細図(4)ではW1100×D1200×H200の基礎が1箇所と記載さ A-81
れています。1階平面詳細図を正として宜しいでしょうか。御指示願います。
矩計図を正とし、SUSノンスリップとします。
113
矩計図(5)3階 廊下2にSUSノンスリップが記載されていますが、建築工事特記仕様書(意
匠)-6 20章 06ではアルミ製ビニルタイヤ入りフラットエンド型と記載されています。特記仕
様書を正として宜しいでしょうか。御指示願います。
114
115
116
A-6・33
部分詳細図(4)D-10 防油堤について、「天端、立上外側側面:床仕上に倣う」と記載されて A-81
いますが、モルタル金コテの上、床仕上(塗床)と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
内部仕上表(3)3階 陰圧室の天井高に2,600と記載されていますが、天井伏図ではCH= A-19・50
2580、2700と記載されております。天井伏図を正として宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
矩計図 下記室に硬質不燃化粧ケイカル板と記載されていますが、硬質メラミン不燃化粧板と A-30
考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
○矩計図(2) 2階 待合1・廊下1
A-32
お見込みのとおりです。
○矩計図(2) 3階 廊下1・前室1
A-33
○矩計図(4) 4階 ラウンジ2
○矩計図(5) 2階 廊下3
117
118
仕上特記事項【内装工事】に内部の開口部上部には目透かし目地を入れる(エレメント図参 A-16
照)と記載されていますが、エレメント図 壁W 区画ボード目地は突付けと記載されています。 A-21
耐火間仕切に目透かし目地は不要と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
仕上特記事項【内装工事】に内部の開口部上部には目透かし目地を入れる(エレメント図参
照)と記載されていますが、目透し部にジョイナー等が必要でしたら仕様を御指示願います。
突付けとするため、ジョイナーは不要です。
A-16・21
建具下の腰壁を撤去とお考えください。
119
既存建物撤去、改修図において、西側渡り廊下接続部 2階現況平面図に凡例②壁仕上撤 A-34・35
去の記載がございますが、現況立面図では建具のみ撤去の記載となっております。壁仕上撤
去は不要と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
建具下の腰壁を撤去とお考えください。
120
既存建物撤去、改修図において、東側渡り廊下接続部 2階現況平面図に凡例②壁仕上撤 A-34・35
去の記載がございますが、現況立面図では建具のみ撤去の記載となっております。壁仕上撤
去は不要と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
既存建物撤去・改修図(2)の改修項目7について、壁新設部分は床から天井までの範囲を新 A-35
設すると考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
各階平面詳細図 WC1及びHWCにおいて、ネット棚及びフックの記載がございますが、施工 A-40
箇所数が記載されておりません。下記の様に考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
121
122
123
124
125
○ネット棚:各1ケ所
~43
○フック:各2ケ所
部分詳細図(9)K-7 3階受付カウンターについて、K-1に倣い天板はメラミンポストフォー A-86
ムと考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
床下点検口の仕様について、1階平面詳細図凡例ではアルミ製と記載されておりますが、建 A-7・17・
築工事特記仕様書(意匠)-7及び外部仕上表・内部仕上表(1)ではステンレス製となってお 40
ります。建築工事特記仕様書(意匠)-7及び外部仕上表・内部仕上表(1)を正と考えて宜し
いでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
3階発電機室について、3階平面詳細図と発電機室詳細図で平面プランが異なっておりま
す。発電機室詳細図が正と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
A-42
A-74
2階平面詳細図 受付1及び受付2 下図赤枠部について、詳細が記載されておりません。カウ A-41
ンターに含まれるものと考えて宜しいでしょうか。異なる場合は詳細が分かる資料を御指示願
います。
建具の収納範囲を図示したものです。
詳細はA-63図を参照してください。
階段2詳細図(1)C-C部分詳細図において、煙感照明取付部にスチールプレート(t1.6・S A-37~
OP)と記載されておりますが、全ての踊場下に必要と考えて宜しいでしょうか。御指示願いま A-39
す。
階段1、2ともX4通り側の踊り場下に必要です。
X4B通り側の踊り場下には不要です。
お見込みのとおりです。
128
既存建物撤去・改修図のビニル床シートの撤去・新設について、
A-35
改修後のビニル床シートは、仕様をビニル床シートAに倣うと考えて宜しいでしょうか。御指示
願います。
お見込みのとおりです。
129
既存建物撤去・改修図の壁撤去・新設の既設RC壁について、外壁側は断熱材打込み既存 A-35
のまま、内壁側は打放し既存のままと考え、ビニールクロスのみ撤去・新設すると考えて宜しい
でしょうか。御指示願います。
W11のボード面に鉛ボードを施工してください。
130
2階平面詳細図 骨塩・一般撮影室とEV-3の取合い間仕切壁について、壁符号W5・W11 A-41
の記載がございますが、W5のボード面に鉛ボードを施工すると考えて宜しいでしょうか。御指
示願います。
126
127
質問
番号
131
132
133
134
135
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
スラブ底迄施工する軽鉄間仕切について、階高より、1~3階は90型、4階は65型と考えて宜
しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
各仕上表 備考欄に耐火材巻きつけと記載されている室がありますが、柱部分の仕上につい A-18
て、壁仕上がグラスウールボードの場合、巻きつけの上施工し、素地の場合は耐火材表しと考 ~A-20
えて宜しいでしょうか。御指示願います。
お見込みのとおりです。
部分詳細図(5)D-22手洗いカウンターdについて、マーブライトカウンター(衛生工事)と記 A-82
載されておりますが、ボウルのみ見積り区分として設備工事と考えて宜しいでしょうか。御指示
願います。
D-22手洗いカウンターdはカウンターやエンドパネルも含めて設備工事とします。
4階平面詳細図 視力・眼底カメラ検査室において、洗面カウンターD-22の記載がございま A-43
すが、a~eタイプの記載がございません。aタイプと考えて宜しいでしょうか。御指示願いま
A-82
す。
お見込みのとおりです。
部分詳細図(5)D-16について、各階平面詳細図 下記室にD-16の記載がありますが、ラ A-40
イニングは全て(仕上及び面台共)見積り区分として設備工事と考えて宜しいでしょうか。また
建築工事であれば詳細を御指示願います。
ライニングの仕上げ及び面台とも建築工事です。
ライニング内の骨組は設備工事となります。
●1階 WC1~3
~A-43
●2階 WC1・5・6・8
A-82
●2階 FWC・MWCの大便器
●2階 HWC1~3
●3階 HWC1・2
●4階 HWC
●4階 FWC・MWCの大便器
136
2階平面詳細図 HWC1~3のライニングの一部にD18と記載されていますが、ライニングは
見積り区分として設備工事と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
A-41
各仕上表の壁仕上に硬質メラミン不燃化粧板H2000が記載されている室がありますが、上部 A-18
に見切縁が必要でしたら、下記を御指示願います。
137
建築工事としてください。
上部見切り縁はアイカABSジョイナー:ZK-2203K(樹脂製 5.5x13)同等
としてください。
●材質
●断面寸法
●仕上
~A-20
3階平面詳細図 人工透析室にD11Bが記載されていますが、OAフロアでは無い部分につ
いて、エレメント図F5下地と考えて宜しいでしょうか。御指示願います。
A-21
A-42
A-81
お見込みのとおりです。
4階平面詳細図 待合の独立柱の下地ボードは全面エフジーボードと考えて宜しいでしょう
か。御指示願います。
A-43
お見込みのとおりです。
139
お見込みのとおりです。
140
3階のX2通り側及び、4階のX3通り側の外壁面は下地、仕上及び、付随する雑もの(BB等) A-42
は全て多角形とし、4階ラウンジ1、2間及び、待合の独立柱は曲面と考えて宜しいでしょうか。 A-43
御指示願います。
既存建物撤去・改修図 現況矩計図(西側渡り廊下接続部分)下図赤枠部分の手摺につい A-34
て、材質及び寸法が記載されておりません。材質及び寸法を御指示願います。
手摺FB9x19 L=7300、手摺子FB6x19 [email protected]とします。
142
AW308,403の召し合わせ部の見付寸法25mm、方立見付寸法 60mmと記載されていますが、 A55
寸法及び形状の変更は可能と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
図面の通りとしてください。
3・4階北側の外壁仕上と下地・笠木・防水立上り・RC立上り等は、R付と多面体のいずれで
すか。
多面体としてください。
143
144
屋根防水立上り面保護に於いて、下記の様にあります。
・ 仕上表:押出成形セメント板t=15
・ 特記仕様書防水工事アスファルト:普通コンクリート
138
141
A-42
A-43
A-44
A-17
A-1
お見込みのとおりです。
押出成形セメント板を正としてよろしいですか。
145
146
147
外部仕上表屋根4(塔屋)の露出アスファルト防水で、立上り面は砂付ルーフィングとあります A-17
が、床面も砂付ルーフィング仕上としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
部分詳細図(1)のパラペット詳細で、屋根4(塔屋)がありませんが、OD-3屋根3と同様とし、 A-78
アルミ笠木W380としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
部分詳細図(1)OD-3・4のパラペットアルミ笠木で、アルミ曲げ加工とありますが、厚みと表 A-78
面仕上をご指示下さい。
t=2.0、表面仕上は公共建築工事標準仕様書、表14.2.1のB-1種としま
す。
質問
番号
148
質 問 内 容
部分詳細図(1)のRC笠木・機械基礎等の仕上で、ウレタン系塗膜防水とありますが、メー
カー名品番をご指示下さい。
図面
番号
A-78
設計
図書
(頁)
質問回答
塗膜防水はA-1特記仕様書、防水工事参照してください。
部分詳細図(1)OD-8配管取出口の壁と外壁巾木に、浸透性撥水剤とありますが、メーカー A-78
名品番をご指示下さい。
メーカー指定はございません。
部分詳細図(1)OD-7の目隠しパネル天端アルミ笠木W170の、厚みと表面仕上をご指示 A-78
下さい。
t=2.0、アクリルウレタン樹脂系塗装とします。
部分詳細図(1)OD-7の目隠しパネルで、鉄骨面は亜鉛メッキのままで塗装は不要としてよ A-78
ろしいですか。
塗装が必要の場合は、塗装種類をご指示下さい。
お見込みのとおりです。
ピット階平面図のX1通りに、竪樋から第一桝まではVP管φ100とありますが、竪樋はSGP管 A-26
φ75です。1FLから第一桝までをVP管φ100としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
A-43
153
屋上庭園2のウッドデッキについて、下記の項目をご指示下さい。
① ウッドデッキの厚みとメーカー名品番を、ご指示下さい。
② 床下点検口がありますが、大きさ・仕様をご指示下さい。
下記の通りとしてください。
①三洋工業 サニーデッキ t30
②メーカー仕様
A-76
154
屋上庭園2の屋上緑化周囲立上りコンクリートについて、下記の項目をご指示下さい。
① コンクリート強度は防水押えコンと同じく、普通コンFC18としてよろしいですか。
② 立上り壁は両面共に、打放し補修仕上としてよろしいですか。
下記の通りとしてください。
①Fc-21,S-15
②浸透性撥水剤塗布
屋上庭園1・2のルーフドレインの径が、下記の様に相違しています。
・ 平面図凡例:北側75φ
・ 外部仕上表:100φ
大きさはφ75としてよろしいですか。
A-24
A-17
お見込みのとおりです。
149
150
151
152
155
4階屋上庭園2の防水立上り面で、矩計図Aの建屋側はコンクリート立上りの様ですが、仕上 A-29
表通り乾式保護押出成形セメント板立上りとしてよろしいですか。
A-17
建屋側は押えコンクリート立上りとしてください。
156
①公共建築工事標準仕様書S-F1としてください。
②お見込みのとおりです。
157
屋根1・2の露出シート防水について、下記の項目をご指示下さい。
A-33
① シート防水の厚み・表面仕上をご指示下さい。
A-1
② 特記仕様書防水工事のシート防水に、断熱材とありますが、不要としてよろしいですか。
部分詳細図(1)OD-1屋根1・2で、RCアゴ下防水押え金物上部にハンガー式水切りとあり A-78
ますが、材質・メーカー名品番をご指示下さい。
アルミ製水切り、白水興業株式会社:OHシリーズ同等とします。
158
159
部分詳細図(1)OD-1屋根1・2で、金属製笠木W370とありますが、材質・表面仕上・厚み・ A-78
メーカー名品番をご指示下さい。
t=2.0、表面仕上は公共建築工事標準仕様書、表14.2.1のB-1種としま
す。メーカー指定はございません。
外部仕上表各部位の天井で、耐風圧天井下地と記入がない部分は、耐風圧補強は不要で
すか。
A-17
お見込みのとおりです。
160
お見込みのとおりです。
161
屋根3目隠しパネルで、押出成形セメント板面のアクリルウレタン樹脂系塗装が、外部仕上表 A-17
では工場塗装とありますが、矩計図では工場塗装の記載がありません。
A-30
工場塗装品としてよろしいですか。
1階平面詳細図の風除室前外壁に、壁凡例W15とありますが、タイル下地はLGS+GB- A-40
St12.5+12.5としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
162
上記質疑の風除室前壁凡例W15で、袖壁側は部分詳細凡例D37までとしてよろしいです
か。
A-40
お見込みのとおりです。
163
1階平面詳細図の身障者駐車場周りの壁仕上が不明ですが、成型セメント板下地フッ素樹 A-40
脂塗装としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
164
1階平面詳細図のX1通りの外壁開口間成型セメント板で、駐車場側裏面は、外壁タイルベー A-40
ス成型セメント板裏面にフッ素樹脂塗装としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
165
1階駐車場のRC立上りは、矩計図Eに1FL+350とあるため、駐車場は1FL+350までRC
立上りとし、仕上は外壁と同じく浸透性撥水剤としてよろしいですか。
1階駐車場のRC立上りは1FL+150、浸透性撥水剤仕上げとしてください。
166
A-32
特記仕様書押出成型セメント板で、タイルベースパネルはA種縦張り工法・二次防水工法とあ A-1
りますが、1階駐車場壁のフッ素樹脂塗装下地成型セメント板(フラットパネル)も、同様として A-40
よろしいですか。
お見込みのとおりです。
外部仕上表外壁の押出成型セメント板で、巾900とありますが、1階駐車場壁のフッ素樹脂塗 A-17
装下地成型セメント板(フラットパネル)も、同様としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
部分詳細図(7)D-37駐車場一方枠で、H3190とH3290がありますが、1階平面詳細図の A-84
X1通り4ヶ所がH3290で、風除室前の1ヶ所がH3190としてよろしいですか。
A-40
X1通り側の東側駐車場開口2箇所がH=3190、西側駐車場開口2箇所が
H=3290、風除室前がH=2850としてください。
部分詳細図(7)D-38室外機吊架台で、アングルの材質が不明です。スチール溶融亜鉛
メッキの塗装無しとしてよろしいですか。
A-84
お見込みのとおりです。
170
A-40
A-98
ペンキ塗装で「軽」と記載してください。
171
1階平面詳細図X3/Y5-5A間の駐車場に、(軽)の文字がありますが、外構平面図にあり
ません。不要としてよろしいですか。
東側渡り廊下1階天井仕上が、下記の様に相違しています。
・ 外部仕上表:アルミスパンドレル
・ 矩計図G:ケイカル板t8の上NAD
仕上はアルミスパンドレルとしてよろしいですか。
A-17
A-33
東側渡り廊下1階天井仕上はケイカル板t8の上NADとしてください。
167
168
169
172
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
173
矩計図G東側渡り廊下の1階天井見切りに、アルミPL-2.0加工とありますが、W100×D2 A-33
0程度としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
部分詳細図(3)EXP・J詳細で、軒天部詳細に役物カバーとありますが、アルミアルマイトt=
1.0としてよろしいですか。
又設置場所は、壁EXP・JのEU-300部分のみの2ヶ所ですか。
A-80
アルミアルマイトt=2.0としてください。箇所数はお見込みの通りです。
174
立面図凡例A・Bで、外壁50二丁掛タイルの色切替えとありますが、品番をご指示下さい。
A-27
外壁50二丁掛タイルのコンクリート面工法が、下記の様に相違しています。
・ 外部仕上表:弾性接着剤張り
・ 特記仕様書タイル工事:密着張り(ビブラート工法)
工法は弾性接着剤張り工法としてよろしいですか。
A-17
A-2
外壁A:リクシルハンドコームJP COM-255/HJP-15
外壁B:リクシルハンドコームJP COM-255/HJP-11
(弾性接着剤張り用うら足対応品)とします。
お見込みのとおりです。
175
176
西側渡り廊下1階Y2-3/X5-5A間の天井仕上が、天井伏図にありません。東側渡り廊下 A-48
と同じくアルミスパンドレルとしてよろしいですか。
西側渡り廊下1階の天井仕上げは岩綿吸音板になります。
177
外壁タイル張りに於いて、伸縮目地シーリングの範囲が不明です。立面図に範囲をご指示下 A-27
さい。
押出成形セメント板の目地と同位置です。
178
既設建物改修の建具AW-20撤去で、H1290とありますが、立面図ではH2100程度ありま A-34
す。寸法を御指示下さい。
H=2190としてください。
179
既設建物改修の建具AW-20撤去で、ガラスはフロートガラスt=5としてよろしいですか。
A-34
フロートガラスt=19(FIX部)、t=6(片引き部)としてください。
既設建物改修で、東側渡り廊下現況矩計図の3階に、耐風梁撤去に伴う外壁成型セメント板 A-34
改修とありますが、範囲をご指示下さい。
又改修は撤去・新設ですか。
撤去・新設範囲は成形セメント板1枚分(900x2800)とします。
既設建物改修で、西側渡り廊下の3階バルコニーRC壁・スラブを現状回復とありますが、下記 A-34
の項目をご指示下さい。
① 壁・スラブのコンクリート強度
② 壁・スラブコンクリートの厚みと配筋
③ 壁・スラブの鉄筋で、既設との取り合い詳細
④ 手摺壁内側の仕上
⑤ バルコニー床仕上
⑥ 天井は耐水石膏ボードt=12.5仕上ですか。
下記のとおりとしてください。
①Fc-24,S-18
②スラブ:T=150、主筋方向D10,[email protected]ダブル,
配力筋方向[email protected]ダブル,壁W18T=180,[email protected]ダブル縦横とも
③増築側片持ち部分と既設バルコニーと平面的に干渉する部分と思われ
ますが、既設鉄骨部分は存置とお考えください(スラブは増築部分による)
④防水型複層塗材E
⑤塗膜防水仕上
⑥お見込みのとおり
A-99
A-7
お見込みのとおりです。
183
駐車場車止めポールのメーカー名品番が、下記の様に相違しています。
・ 外構詳細図DG-12:四国化成レコポールDシリーズ同等
・ 特記仕様書その他工事:ナカ工業 カーストッパーNCD-1010アトラス同等
メーカーは四国化成を正としてよろしいですか。
184
内部仕上表(1)、仕上材料名表示凡例に於いて、メーカー名、品名・品番がありますが、全て A-17
同等品としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
内部仕上表(1)に於いて、階段1、2の天井仕上が未記入ですが、仕上:石膏ボード+EP、
下地:C-2、廻縁:PVCとしてよろしいですか。
階段1、2の最上階は天井仕上:岩綿吸音版、下地:C-1、廻縁:PVCとしま
す。最上階以外の階は段裏SOP塗装とします。
180
181
182
185
A-17
床及び床材立上げのビニール床シートで多湿部は、WC、脱衣室としてよろしいですか。
WC、脱衣室、洗浄室、準備室、汚物室としてください。
放射線遮蔽詳細図(1)に於いて、X-7詳細図の鉄骨間柱□-100×100@455及び振止 A-65
め[-100×50@1200の各々の厚みをご指示下さい。
□-100x100x12.5、[-100x50x5x7.5としてください。
仕上特記事項16.特記事項に於いて、内部の開口部上部には目透し目地を入れるとありま A-16
すが、一般壁のGB-Rがテーパーエッジの継目処理工法の為、不要としてよろしいですか。
建具上部は一般壁、耐火壁ともベベルエッジ突付目地とします。
内部仕上表(1)に於いて、ビニル床シートA~Cがありますが、継目処理は熱溶接工法として A-17
よろしいですか。
お見込みのとおりです。
内部仕上表(1)、仕上材料名表示凡例に於いて、壁ビニールクロスがサンゲツ・東リ・ルノンと A-17
ありますが、品名・品番をご指示下さい
サンゲツ FEシリーズとします。
矩計図(3)に於いて、1階設備機械室、3階発電機室、2階ポンプ室の梁型は、内部仕上表よ A-18~
り耐火材巻付けのままとして、グラスウールボードは不要としてよろしいですか。
20
A-31
お見込みのとおりです。
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
内部仕上表(3)(4)に於いて、壁化粧ケイカル板の納まりは下記としてよろしいですか。
A-17
① 巾木取合:硬質メラミン不燃化粧板同様アルミ見切
A-19
①お見込みのとおりです。
② 目地:材料表より突付目地
A-20
②お見込みのとおりです。
③ 出隅:アルミ見切
A-21
③お見込みのとおりです。
壁硬質メラミン不燃化粧板の出隅見切は巾木見切同様アルミ見切縁としてよろしいですか。
A-21
お見込みのとおりです。
エレメント図(1)に於いて、W1~3で曲面部はエフジーボードとありますが、厚みはt6+6程
度としてよろしいですか。
A-21
お見込みのとおりです。
矩計図(2)に於いて、X2~5通りのピット深さが1300とありますが、ピット平面図、構造伏図よ A-26
り1540に読み替えてよろしいですか。
A-30
S-18
ピット平面図に於いて、タラップが2か所ありますが、砕石ピット及び透析排水槽部分には不要 A-26
としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
A-81 D-5を正とし、マンホール、床点検口下にはタラップを設けてくださ
い。
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
EVピットのケイ酸質系塗膜防水の品名・品番が相違します。
197
・ 特記仕様書:オスモタイト、バンデックスS+P
A-1
・ 材料凡例:パラテックスB-2工法
特記仕様書を正としてよろしいですか。
A-17
材料凡例を正としてください。
仕上特記事項、16特記事項内装工事に於いて、外部に面するスラブ及び壁、梁型には断熱 A-16
材を施すとありますが、鉄骨梁は耐火被覆がある為、断熱材は不要としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
199
階段2詳細図(1)に於いて、C-C部分詳細図の煙感知器取付用PL1.6の取付範囲は各階 A-38
の踊り場裏側としてよろしいですか。
階段1、2ともX4通り側の踊り場下に必要です。
X4B通り側の踊り場下には不要です。
部分詳細図(4)に於いて、天井防水パン詳細がありますが、軒樋の落とし口の箇所数は3か
所とし、横引き樋にて、EV側の竪樋に接続としてよろしいですか。
A-81
200
軒樋の落とし口は1箇所とし、X5-Y1通りのPSに接続します。PSの竪樋
以降の配管は設備工事とします。
A-40
A-83
お見込みのとおりです。
各階平面詳細図、凡例に於いて、壁点検口がありますが、品名・品番をご指示下さい。
A-40~
43
カイダーベースボード工業 スマートⅡ点検口300x300同等とします。ただ
し、WCの壁点検口は鍵付のナカ工業ウォールハッチWHA300x300同等と
します。
A-81
室の床仕上に倣うとお考えください。
203
部分詳細図(4)に於いて、機械基礎がありますが、表面仕上は下記としてよろしいですか。
・ ピットに設置の仕上:塗膜防水
・ 上記以外:エポキシ塗床
204
1階平面詳細図に於いて、PS・DS(空調機械室)の機械基礎が部分詳細図(4)機械基礎の A-40
リストにありませんが、高さは200程度としてよろしいですか。
A-81
198
201
1階陽電子準備室の作業流し台の寸法が相違します。
・ 1階平面詳細図:L2500+2700
・ 部分詳細図(6):L1770+2000
L2500+2700を正としてよろしいですか。
202
205
206
4階各部屋の待合側出入り口上のカーテンレールの形状が相違します。
・ 4階平面詳細図:曲り2か所
・ 4階天井伏図:曲り1か所
A-43
曲り2か所を正としてよろしいですか。
A-51
特記仕様書-7に於いて、下記の項目がありますが、必要な場合、寸法及び数量をご指示下 A-7
さい。
①点滴レール
②メールボックス
お見込みのとおりです。
お見込みのとおりです。
点滴レール、メールボックスはありません。
207
建具特記、共通事項・外部建具枠廻り仕様に於いて、防水モルタル詰め+現場発泡ウレタン A-52
t15充填とありますが、ECP版廻りは現場発泡ウレタンt15充填のみとしてよろしいですか。
外部建具は全て防水モルタル詰め+現場発泡ウレタンt15充填としてくだ
さい。
2階建具案内図に於いて、X5通りDSのSD211は、建具表(3)のSD210の後者のものをSD A-53
211に読み替えてよろしいですか。
A-57
お見込みのとおりです。
208
建具表(1)、AW102、301、308、建具表(1)、SSD401の備考に半透明フィルムとあります A-55
が、仕様、品名・品番をご指示下さい。
A-56
サンゲツ GF-136同等とします。
209
建具表(1)に於いて、AW307の上部障子にケイカル板t6と有りますが、表面仕上は片面に A-55
EP塗装としてよろしいですか。
A-86
お見込みのとおりです。
210
SS201、202手動式横引きシャッターの材質・仕上が相違します。
・ 建具詳細図(2):アルミアルマイト+クリア二次電解着色
・ 建具表(2):スチール焼付塗装
建具詳細図(2)を正としてよろしいですか。
A-63
A-56
お見込みのとおりです。
防煙垂壁のガラスの仕様が相違します。
A-5
・ 建築工事特記仕様書-5:線入りガラス
A-56
・ 建具表(2):NF 網入り型ガラス
線入り型ガラスを正としてよろしいですか。
建具表(2)に於いて、NSF-202の形式が可動式防煙垂壁とありますが、姿図及びガラス欄 A-56
に網入りガラスとあることから、固定式ガラス防煙垂壁を正としてよろしいですか
お見込みのとおりです。
建具表(2)~(7)に於いて、SD、LSDの仕上が焼付塗装とありますが、建具枠の仕上も焼付 A-56~
塗装としてよろしいですか。
61
お見込みのとおりです。
214
建具表(2)に於いて、SD107の形式が片開きとありますが、姿図より親子開きに読み替えて
よろしいですか。
お見込みのとおりです。
215
建具表(3)に於いて、SD308‘の施錠がグレモン錠とありますが、PAT仕様としてよろしいで A-57
すか。
SD308’は一般建具とし、沓摺:D、施錠:レバーハンドル錠とします。
216
内部のpbD及びpbWの仕上が相違します。
・ 建具表(4):SOP
・ 放射線遮蔽詳細図(1):焼付塗装
SOPを正としてよろしいですか。
A-58
A-65
お見込みのとおりです。
内部のpbDに於いて、片引き扉の沓摺の有無が相違します。
・ 放射線遮蔽詳細図(1):有り
・ 建具表(4):無し
沓摺Aが必要としてよろしいですか。
A-65
A-58
A-52
放射線遮蔽詳細図(1)を正としてください。
219
建具表(5)~(7)に於いて、LSDの片引き扉に沓摺の指示がないものは、建具特記の引戸
詳細より、沓摺Aが必要としてよろしいですか。
扉の両側の床仕上げが異なる場合は沓摺Aとしますが、床仕上げが同一
の場合は沓摺は不要です。
220
建具表(5)に於いて、LSD107の沓摺がI・Gの2種類ありますが、全てGとして、Iは不要とし
て宜しいですか。
A-52
A-59~
61
A-59
A-60
小松ウォール カームドア片引き欄間内倒し窓付同等とします。
211
212
213
217
218
建具表(6)に於いて、LSD225・226の欄間可動式垂壁の品名・品番をご指示下さい。
221
A-56
お見込みのとおりです。
全てIとしてください。
質問
番号
222
223
224
225
質 問 内 容
図面
番号
建具表(6)に於いて、LSD405・407・409の沓摺がI・Gの2種類ありますが、全てGとして、I A-61
は不要として宜しいですか。
撤去リストa:樹木の本数が相違しています。
・外構解体撤去図 ― 17箇所(増築部8箇所+アーケード部9箇所)
・外構解体撤去図 ― 8箇所(撤去リスト)
17箇所(増築部8箇所+アーケード部9箇所)を正としてよろしいですか。
A-95
外構解体撤去図に於いて、撤去リストf:雨水配管が7箇所とありますが、図面上の撤去リストf
に「グレーチング・オープン」と記載ある部分は、排水溝撤去としてよろしいですか。
A-95
撤去リストg:街路灯の本数が相違しています。
・外構解体撤去図 ― 4箇所(増築部4箇所)
・外構解体撤去図 ― 2箇所(撤去リスト)
4箇所(増築部4箇所)を正としてよろしいですか。
A-95
設計
図書
(頁)
質問回答
全てIとしてください。
お見込みのとおりです。
お見込みのとおりです。
お見込みのとおりです。
外構解体撤去図に於いて、撤去リストh:電柱とありますが、図面上に見当たりません。電柱撤 A-95
去が必要な場合は、施工範囲をご指示下さい。
該当無しとしてください。
外構解体撤去図及び外構平面図に於いて、消火水槽(既存)付近の道路側植栽帯の形状が A-95・98
相違しています。今回工事に該当する場合は、撤去・新設の仕様・詳細をご指示下さい。
該当無しとしてください。
外構解体撤去図に於いて、消火水槽(既存)付近の撤去リストe:雨水桝を撤去しますが、東 A-95・98
側上流排水の流入が不明です。外構平面図では、工事項目⑩:雨水桝C-7とありますが、
東側上流排水の流入がありません。東側上流排水が必要な場合は、仕様・詳細をご指示下さ
い。
工事項目⑩雨水枡C-7に東側上流排水を再接続します。
229
外構解体撤去図及び外構平面図に於いて、アーケード新設部のアーケード4・5の支柱基礎 A-95・98
部の舗装撤去・復旧が不明です。舗装断面をご指示下さい。
230
外構詳細図に於いて、インターロッキング舗装のインターロッキングブロックの仕様・程度をご A-99
指示下さい。
アーケード4,5の支柱基礎廻り半径1m程度のインターロッキングを撤去・新
設としてください。インターロッキングの仕様はアーケード1,2,3のインター
ロッキングと同様とします。
インターロッキング貼り T2 建築工事標準詳細図9-24-2としてください。
226
227
228
231
232
233
建物5~X5・Y6~Y7間の床仕上げが相違しています。
・外構平面図 ― アスファルト舗装
・矩計図(5):矩計図G(東側渡り廊下) ― コンクリート舗装
アスファルト舗装を正としてよろしいですか。
縁石の基礎地業が相違しています。
・外構詳細図 ― モルタルT10、捨コンクリートT50、砕石T100
・建築工事特記仕様書(意匠)-8:21排水工事 ― モルタルT20、捨コンクリートT100、砕
石T150
モルタルT10、捨コンクリートT50、砕石T100を正としてよろしいですか。
外構平面図に於いて、工事項目④:自由勾配側溝がありますが、外構詳細図よりB=300~
600となっています。自由勾配側溝の幅BはH=800より全て「B600」としてよろしいですか。
A-98
A-33
A-99
特記仕様書を正とし、モルタルT20、捨コンクリートT100、砕石T150とし
てください。
A-8
A-98・99
お見込みのとおりです。
234
外構平面図に於いて、雨水桝C-1~C-2間の自由勾配側溝は、H=1400とありますが、雨 A-98
水桝リストよりC-1・C-2は桝深さ(H1)は740・770のため、自由勾配側溝のH=1400は
H=800に読み替えてよろしいですか。
235
雨水桝C-9~C-10間の排水仕様が相違しています。
・外構平面図:工事項目⑮ ― 雨水排水管
・外構計画図:工事項目④ ― 自由勾配側溝
雨水排水管を正としてよろしいですか。
236
237
238
239
240
241
242
お見込みのとおりです。
A-98
雨水排水管としてください。
雨水桝C-10~C-11間の排水仕様が相違しています。
・外構平面図:工事項目④ ― 自由勾配側溝
A-98
・1階平面図 ― 排水管
A-22
自由勾配側溝を正としてよろしいですか。
外構平面図に於いて、工事項目⑭:排水溝にH=300とありますが、断面詳細は外構詳細図 A-98・99
より「300A」としてよろしいですか。
グレーチングの材質が相違しています。
・外構詳細図 ― スチール
・建築工事特記仕様書(意匠)-8:21章排水工事 ― ステンレス
スチールを正としてよろしいですか。
グレーチングの荷重が相違しています。
・建築工事特記仕様書(意匠)-8:21章排水工事 ― T-25
・外構詳細図:自由勾配側溝 ― T-20
・外構詳細図:雨水桝 ― T-20
T-25を正としてよろしいですか。
外構詳細図のアスファルト舗装に於いて、路盤の仕様が「再生クラッシャラン、クラッシャラン又
はクラッシャラン鉄鋼スラグ」とありますが、今回見積上は再生クラッシャランとしてよろしいです
か。
お見込みのとおりです。
お見込みのとおりです。
お見込みのとおりです。
A-99
A-8
お見込みのとおりです。
A-8
お見込みのとおりです。
A-99
A-99
A-99
お見込みのとおりです。
外構詳細図の外構工作物に於いて、基礎地業が「再生クラッシャラン、切込砂利又は切込砕 A-99
石」とありますが、今回見積上は再生クラッシャランとしてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
矩計図(1)に於いて、4FLの屋上型屋上ユニットに「通水管:VP管φ200÷2」とありますが、 A-29・76
同項目は屋上緑化詳細図(2)の「フレキシブル排水促進材:DOパイプφ150」に該当すると
してよろしいですか。
別のものです。
矩計図(1)の4FLの屋上型屋上ユニットに「通水管:VP管φ200÷2」は、
屋上緑化詳細図(2)の「水抜穴@2000(VPφ100半割)」に該当します。V
P管のサイズと取付ピッチは屋上緑化詳細図(2)を正としてください。
屋上庭園2植栽リストの中木全てに支柱材を見込んでください。
243
建築工事特記仕様書(意匠)-9に於いて、23章植栽工事及び屋上緑化工事の19工法に A-9・102
「支柱:※添え柱形・※鳥居形」とありますが、植栽図の屋上庭園2植栽リストには支柱材の指
示がありません。各樹木に対する支柱材をご指示下さい。
オイルタンク詳細図に於いて、タンクの基礎台(現場打ち)の配筋要領が不明です。ご指示下 A-100
さい。
基礎台数量表より、0.072tx1.04(ロス)率で計上しています。
244
緊急ガス遮断装置室図に於いて、メーター基礎(1350×3150×H300)がありますが、基礎 A-101
の筋要領はD13@200ダブル程度としてよろしいですか。
お見込みのとおりです。
245
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
サイン特記事項・リストに於いて、サインリスト(員数表)にES-03:車いす駐車場表示が1か A-87・88
所ありますが、1階サイン配置図には見当たりません。ES-03:車いす駐車場表示の施工場
所をご指示下さい。
市民病院本館の南側にある車いす駐車場になります。A-87の外部サイン
配置図をご参照ください。
建築工事特記仕様書(意匠)-7に於いて、20章ユニット及びその他工事に18敷地境界石
標とありますが、施工範囲が不明です。必要な場合は施工範囲をご指示下さい。
A-7
該当無しとしてください。
A-7
該当無しとしてください。
248
建築工事特記仕様書(意匠)-7に於いて、20章ユニット及びその他工事の20誘導用及び
注意喚起用床材に「屋外:SUS製」とありますが、施工範囲が不明です。必要な場合は施工
範囲をご指示下さい。
該当無しとしてください。
249
建築工事特記仕様書(意匠)-8に於いて、21章排水工事の03排水管に「浸透管及び浸透 A-8
枡:材料・形状は図示による」とありますが、図示がありません。必要な場合は、施工範囲・仕
様・断面詳細等をご指示下さい。
該当無しとしてください。
250
建築工事特記仕様書(意匠)-8に於いて、21章排水工事の07材料及び施工に「L型側溝: A-8
※プレキャスト鉄筋コンクリート製品」とありますが、図示がありません。必要な場合は、施工範
囲・断面詳細等をご指示下さい。
アスファルト舗装面が施工範囲です。
251
建築工事特記仕様書(意匠)-8に於いて、22章舗装工事の03路床の構成及び仕上りに
「遮断層:※適用する・※150mm」とありますが、図示がありません。必要な場合は、施工範
囲・舗装断面等をご指示下さい。
アスファルト舗装面が施工範囲です。
添加材の種類は普通ポルトランドセメントとします。
252
建築工事特記仕様書(意匠)-8に於いて、22章舗装工事の03路床の構成及び仕上りに
A-8
「路床安定処理:※添加材料による安定処理厚300mm」とありますが、図示がありません。必
要な場合は、施工範囲・添加材・添加量等をご指示下さい。
建築工事特記仕様書(意匠)-8に於いて、23章植栽工事及び屋上緑化工事の08樹木の移 A-9
植に「移植樹木の現在地:※図示による」とありますが、図示がありません。必要な場合は、移
植リストをご指示下さい。
該当無しとしてください。
253
建築工事特記仕様書(意匠)-8に於いて、23章植栽工事及び屋上緑化工事の10材料に
「芝の種類:※こうらい芝(土付きの切芝、吹付けは種:※洋芝類」とありますが、図示がありま
せん。必要な場合は、植栽リストをご指示下さい。
該当無しとしてください。
254
246
247
A-8
A-9
外構工作物に於いて、鉄筋コンクリート強度が不明です。FC21・S15としてよろしいですか。 A-99
お見込みのとおりです。
屋根折版について、下記の項目をご指示下さい。
① ガルバリウム鋼板は素地としてよろしいですか。
② 折版のメーカー名品番をご指示下さい。
①お見込みのとおりです。
②メーカー指定はございません。
255
256
A-104
アーケード1・3・5で、屋根折版両側柱からの出寸法が、下記の様に相違しています。
257
・ 平面図:D800
お見込みのとおりです。
・ 断面図:D300
A-103
出寸法はD800としてよろしいですか。
A-104
アーケード2・4の鉄骨柱とRC基礎の本数が、意匠図と構造図で相違しています。
258
構造図を正とお考えください。
・ 構造図:2本
・ 意匠図:4本
S-34
本数は2本を正としてよろしいですか。
A-104
鉄骨柱根巻きコンクリートの天端が、下記の様に相違しています。
259
260
お見込みのとおりです。
・ 意匠図:GL+100
・ 構造図:GL±0
A-104
天端はGL+100としてよろしいですか。
S-34
下記項目のメーカー名・品番をご指示下さい。
① 屋根:塗膜防水
② 外壁:複層仕上塗材
A-101
①メーカー指定はございません。
②メーカー指定はございません。
外壁複層仕上塗材の範囲は、GL+250以上で、GL+250以下の見掛り部分は、コンクリー A-101
ト打放し補修(素地)としてよろしいですか。
GL+250以下の見掛り部分は浸透性撥水剤塗布としてください。
261
打継目地シーリングをGL+250レベルに施工し、誘発目地シーリングは不要としてよろしい
ですか。
A-101
お見込みのとおりです。
262
構造図がありません。コンクリート強度・配筋等をご指示下さい。
A-101
Fc21,S-15,礎盤・壁 [email protected]ダブルクロス 屋根 短辺上D10・[email protected] 短
辺下[email protected] 長辺上下[email protected]
263
264
矩計図(1)の土間下地業に浅層地盤改良t500とありますが、範囲は駐車場部分としてよろし A-29
いですか。
A-30
265
矩計図(2)のX4通りの土間コンピット部に差し筋(構造図参照)についてご指示下さい。
① 差し筋は:D10@200シングルL700としてよろしいですか。
② 範囲は土間コンピット部のみとしてよろしいですか。
塔屋階平面詳細図の下記の配管取出口のH寸法をご指示下さい。
① 配管取出口-1。
② 配管取出口-2。
③ 配管取出口-3。
A-44
266
お見込みのとおりです。
①配筋に同じとします。([email protected]ダブル)
②お見込みのとおりです。
下記のとおりとします。
①H=1000
②H=1500
③H=1500
質問
番号
267
質 問 内 容
部分詳細図(1)の下記のパラペットの配筋をご指示下さい。
① D-1:屋根1,2パラペット。
② OD-3:屋根3パラペット。
③ OD-4:屋根庭園1,2パラペット。
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
A-78
S-32図の端部立ち上がり配筋を参照してください。
増築棟の根切開始ラインは、現況地盤平均レベルからと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。 A-11
お見込みのとおりです。
躯体コンクリートFc=21N/mm2 スランプ15cmの適用箇所についてですが、土間コンクリートと1階立ち
上り壁及びデッキ床上コンクリートと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
S-2
お見込みのとおりです。
基礎柱天端の増打ち補強として、下記を見込むと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
□増打ち補強範囲…鉄骨柱ベースプレート下端~1FLまで
□軸方向補強筋…[email protected]
□補強フープ筋…[email protected]
S-18
S-21
~S24
柱の主筋及びフープ筋を延長するものとしております。
268
269
270
271
272
273
274
基礎小梁リストにFB1Aがありますが、1階床梁伏図に配置が見当りません。欠番と考えて宜しい S-18
でしょうか。御指示下さい。
S-26
X4-5間Y7-8間にあるX4~5のFB1をFB1Aと読み替えてください。
人通孔の配置・箇所数が、ピット階平面図と基礎伏図で相違があります。基礎伏図の計17箇所 A-26
を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
<相違点>
S-18
□X4通/Y1~Y2間…ピット平面図:2箇所、基礎伏図:1箇所
□X4通/Y2~Y3間…ピット平面図:0箇所、基礎伏図:1箇所
□X5通/Y2~Y3間…ピット平面図:0箇所、基礎伏図:1箇所
□人通孔箇所数…ピット平面図:計16箇所、基礎伏図:計17箇所
15箇所としてください(追記図S-18参照)。
人通孔の補強仕様についてですが、FG11とFG13の補強仕様の記載が見当りません。型式
Ⅳ-3R-4と考えて宜しいでしょうか。又、Y2通/X1~X2間FG6の人通孔補強仕様が一覧に見
当りません。補強仕様は型式Ⅳ-3R-4と考えて宜しいでしょうか。併せて御指示下さい。
S-13
S-18
左記には人通孔は存在しないものとお考えください(追記図S-18参照)。
屋上アスファルト防水の立上り保護において下記の通り食い違います。
仕上表を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
・特記仕様書 → 普通コンクリート
・仕上表 → 押出成形セメント板 t=15 ○正
A-1
A-17
お見込みの通りです。
屋上の排水溝においてモルタル内の溶接金網がφ2.5-50*50と記載されていますが、規格品は A-1
φ2.6-50*50なので、φ2.6-50*50と読み替えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
押さえコンクリート立ち上げとお考えください。
276
屋上庭園において、居室側サッシ下のアスファルト防水立上り納まりは、モルタル塗り程度を見込む A-29
ものと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
277
屋上のアルミ笠木において特記仕様書では既製品に※が付いていますが、仕上表・部分詳細 A-3
図では「曲げ加工」と記載されています。部分詳細OD-1部のアルミ笠木は既製品、OD-3,4部の A-17
アルミ笠木は曲げ加工と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-78
上記質疑においてアルミ笠木の厚み及び表面仕上が不明ですが、下記の通りと考えて宜しいで
しょうか。御指示下さい。
既成笠木 t=2.0 電解二次着色
曲げ加工笠木 t=2.0 ウレタン焼付塗装
どちらも公共建築工事標準仕様書、表14.2.1のB-1種とします。
屋根1・2パラペット取り合いでアルミ笠木下に「止水帯」の記載がありますが、仕様が不明です。 A-78
防水工事においてのルーフィング貼り程度と考えて良いでしょうか。否の場合詳細仕様を含め御 /OD-1
指示ください。
ルーフィング程度でお考えください。
屋根3パラペット、屋上庭園1,3パラペット取り合いでアルミ笠木下に「水切プレート」の記載がありま A-78
すが、仕様が不明です。防水工事においてのルーフィング貼り程度と考えて良いでしょうか。否の /OD-3・4
場合詳細仕様を含め御指示ください。
ルーフィング程度でお考えください。
275
278
279
280
281
竪樋の受け金物において特記仕様書では「標準仕様書(表13.5.2及び表13.5.3)による」と記 A-3
載されていますが、これは配管用鋼管に該当するものとし、アルミ製竪樋の掴み金物は製造所の
仕様に倣うものと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
アルミ笠木において水抜きパイプが記載されていますが、「材質・径・取付ピッチ」を御指示下さい。 A-78
材質:SUS、φ10mm、@1800程度とします。
屋上庭園2において屋上緑化周りにRC立上りが記載されていますが、表面仕上は打放補修
仕上と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
コンクリート金コテ仕上げの上浸透性撥水材塗布です。
282
283
284
285
286
A-76
目隠しパネルのアルミ笠木において、厚み・表面仕上が不明です。パラペットと同様にt=2.0 ウレタン焼 A-78
付塗装 曲げ加工品と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
/OD-7
t=2.0 アクリルウレタン系樹脂塗装とします。
屋上庭園2に金属手摺が記載されていますが、高さが矩計図と部分詳細図で食い違います。
矩計図を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
・矩計図 → H=1300 ○正
・部分詳細図 → H=1100
お見込みの通りです。
A-29
A-85
/D-44
屋上庭園2の水抜きパイプ(VPφ100 半割り)においてピッチが平面詳細図と屋上緑化詳細図で A-43
食い違います。屋上緑化詳細図を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
・平面詳細図 → @4000
A-76
・屋上緑化詳細図 → @2000 ○正
お見込みの通りです。
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
屋上設備架台の鉄骨においてアンカーボルトの詳細が不明です。2-M16 @2000以内程度と考え A-78
て良いでしょうか。御指示ください。
/OD-5
S-32参照。
287
お見込みの通りです。
288
屋上庭園1においてメンテナンスパイプが記載されていますが、矩計図ではφ13、部分詳細図では A-29
φ34と記載されています。矩計図のφ13はブラケットのこととし、そのブラケットのピッチは@900程度 A-81/Dと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
9
仕上表において、駐車場側ポーチ(風除室前)の床仕上が300角タイル、駐車場の床仕上はコンクリー A-17
ト金鏝となっていますが、平面詳細図では300角タイルの位置が記載されておらず、範囲が不明 A-40
確です。Y4通りの柱面まで見込むものと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
外壁タイル(45二丁掛)は矩計図より縦張と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-29
お見込みの通りです。
1階駐車場廻りの壁仕上において「押出成形セメント板+フッ素樹脂塗装」が記載されていますが、 A-32
フッ素樹脂塗装は現場塗装と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
駐車場において一方枠が記載されていますが、平面詳細図よりX1通りに4ヶ所(H=3290)、身
障者駐車場部分に1ヶ所(H=3190)と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
X1通り側の東側駐車場開口2箇所がH=3190、西側駐車場開口2箇所が
H=3290、風除室前がH=2850としてください。
289
290
291
292
A-40
A-84
/D-37
1階駐車場のX1通り外壁において片面(外側)は「磁器質タイル張」の記載がありますが、駐車場 A-40
側の仕上が不明です。駐車場側の成型板面下地処理方法及び仕上を御指示下さい。
押出成形セメント板+フッ素樹脂塗装です。
お見込みの通りです。
294
西側ポーチ(廃棄物保管庫前)の床仕上において、仕上表では「コンクリート舗装金鏝押え」と記載さ A-17
れていますが、平面詳細図では2段の段差があります。床仕上はモルタル塗と考えて宜しいでしょ A-40
うか。御指示下さい。
上記質疑において、段鼻には段鼻ノンスリップタイルを見込むものと考えて宜しいでしょうか。御指
示下さい。
お見込みの通りです。
295
293
296
押出成形セメント板の下端に見切(アルミ t=2.0 フッ素樹脂焼付塗装)が記載されていますが、
W100*D50 糸=150程度と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-33
W100*D20 糸=150程度とします。
渡り廊下~既存棟取合の手摺(スチール縦格子)において手摺子のピッチは@110ですが、支柱の A-33
ピッチは@900程度と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
又、下桟にもφ27.2を1本見込むものと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
アルミ庇既製品(2・3)において化粧軒樋付となっていますが、竪樋は不要と考えて宜しいでしょう A-17
か。必要な場合樋の材質・径等の仕様詳細を含め御指示ください。
お見込みの通りです。
東側渡り廊下の1F部分軒天仕上において下記の通り食い違います。仕上表・天井伏図を正と
考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
・仕上表、天井伏図 → アルミスパンドレル ○正
・矩計図 → ケイカル板+NAD塗
東・西渡り廊下の既存棟取合において床カバー(チェッカープレート)の下に「ゴム緩衝材」が記載され
ていますが、厚みを御指示下さい。
A-17
ケイカル板t8の上NADとします。
A-33
A-48
A-33
10mm程度でお考えください。
東・西渡り廊下廊下~既存棟の床カバーにおいて受材にSB125が記載されていますが、H125*125*5*7と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-33
お見込みの通りです。
297
298
299
300
301
302
303
304
上記質疑においてH鋼の上に角形鋼管が記載されていますが、□-40*40*1.6程度と考えて
宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
屋上設備基礎において平面図ではH=200とH=500の記載がありますが、部分詳細図(1)では A-44
全てH=500の納まりの基礎となっています。平面図を正とし、H=200は押えコンクリートより立上り(ア Aゴは無し)と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
78/OD5
全てH=500とします。
外部仕上表において押出成形セメント板の幅が「W=900 一部600」と記載されていますが、
W=600の範囲が不明です。W=600の施工範囲を御指示下さい。
外壁各面、各階の2箇所程度でお考えください。
A-17
西側渡り廊下(Y2~3・X5~⑤通り間)の1階において一部天井仕上が出てくる部分があります A-48
が、天井伏図では仕上が記載されていません。東側渡り廊下と同様にアルミスパンドレルと考えて
宜しいでしょうか。御指示下さい。
ケイカル板t8の上NADとします。
お見込みの通りです。
306
渡り廊下取合改修の押出成形セメント板足元納まりにおいて、内水切・外水切等の記載がありま A-34
せんが、新築の成形板と同様の納まりと考え、内水切(ガルバリウム鋼板)、外水切(ステンレス)を見込 A-79
むものと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-34、C部、D部参照願います。
307
既存棟の渡り廊下部分改修において新設押出成形セメント板の下地に「鉄骨下地共」と記載さ
れていますが、押出成型板取付金物(アングル程度)の事と考えて良いでしょうか。
下地鉄骨が必要な場合範囲・サイズ等仕様詳細を含め御指示ください。
305
A-34
質問
番号
308
309
310
311
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
外部において天井点検口の有無が不明です。
外部天井点検口の箇所数を御指示下さい。
また、仕様は450角額縁タイプと考えて良いでしょうか。合せて御指示ください。
A-48
外部軒天は全てケイカル板ですので、点検はケイカル板を取り外して行い
ます。
既存棟屋上の新設目隠しルーバーにおいて、下地鉄骨は溶融亜鉛メッキ仕上と考えて宜しいで
しょうか。御指示下さい。
A-36
お見込みの通りです。
西側渡り廊下取合の既存棟改修において「バルコニー下り壁 工事中撤去し、現状復旧」と記載さ A-34
れていますが、以下の点が不明です。御指示ください。
・手摺天端の仕様
・内壁の吹付タイルの仕様
外壁腰壁の「浸透性撥水剤」は特記仕様書に記載されている「コンクリート生地仕上用クリアー塗
A-5・17
装」のことと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
手摺天端:タイル(45二丁掛)
メールボックスは不要と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-7
お見込みの通りです。
特記仕様書-7の20章 ユニット及びその他工事に「誘導用及び注意喚起用床材」が記載されて
いおり、屋外 SUS製とありますが、施工範囲が不明です。施工範囲を御指示下さい。
A-7
当該床材に該当するものはありません。
内壁吹付タイルの仕様:防水型複層塗材E
シラン系化合物を主成分とし、コンクリートに浸透し水分の浸透を防ぐもの
とお考えください。
312
313
314
315
外構図において建物内の駐車場壁際に縁石(凡例③)が記載されていますが、矩計図では縁 A-32
石の記載はありません。駐車場内部には縁石は不要と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。 A-98
お見込みの通りです。
3階バルコニー上部の壁撤去の際、耐風梁の撤去が記載されていますが、耐風梁は1本と考えて A-34
宜しいでしょうか。御指示下さい。
詳細が不明なため、2本程度を見込んでください。
上記質疑において「耐風梁撤去に伴う外壁(ECP)の改修」と記載されていますが、具体的にど
のように改修するのでしょうか。範囲及び補修方法の詳細を御指示ください。
撤去・新設範囲は成形セメント板1枚分(900x2800)とします。
316
317
318
319
320
321
322
323
東側渡り廊下取合の改修において2~3F部分に「竪樋切り回し」と記載されていますが、詳細 A-35
が不明です。下記項目において詳細を御指示下さい。
・既存竪樋の仕様
・新設竪樋の仕様
・撤去長さ及び復旧・新設時の竪樋の経路
1F放射線受付のAW103において額縁の仕上が、建具表(SOP)と部分詳細図(アクリル焼付塗装) A-55
で相違しています。建具表を正として宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-85
既存縦樋:SGP管
新設縦樋:SGP管
長さ:20m
お見込みの通りです。
1F陽電子準備室において平面詳細図及び放射線遮蔽詳細図(1)でX線防護室になっていま X-65
せんが、放射線遮蔽詳細図(2)で梁型に鉛ボード張りになっています。梁のみ鉛ボードが必要 X-66
でしょうか。御指示下さい。
陽電子準備室及びPET処置の外壁側の内壁は鉛ボード2mm張りとしま
す。
1F PET-CT室において参考明細に呼樋の記載がありますが、天井伏図等に図示がありませ
ん。参考明細より4.4m程度と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
A-81
2Fマンモ室において嵩上げコンクリートと倉庫のコンクリートスラブ取合に床見切 D-11Bの記載がありま A-41
すが、X-TV1等の嵩上げコンクリートとコンクリートスラブの取合にも同様に必要と考えて宜しいでしょ A-81
うか。御指示下さい。
不要です。
部分詳細図 D-16 ライニング(腰壁大便器)において本体下地金物の詳細が不明です。参考メー A-82
カー・品番ありましたら御指示ください。
TOTO壁掛大便器取付スタンド同等とします。
上記質疑に関係し、部分詳細図 D-16 ライニングの仕上面化粧ケイカルの下地にケイカル板t-6程
度が必要と考えて良いでしょうか。御指示ください。
耐水合板t12+GB-St12の上に仕上げの化粧ケイカルです。
A-82
2F HWC1等においてD-16のライニングの記載がありますが、D-16大便器スタンドパネルのWサイズ A-41
は部分詳細図よりW=991のみと考え、残りのライニング腰壁の仕上は、他のライニングと同様にLGS A-82
W=65+化粧ケイカル板t=6.0+耐水PBt=12.5+耐水合板t=12.0と考えて宜しいでしょうか。御指示
下さい。
お見込みの通りです。
参考明細に補助手摺 跳ね上げ式 ロック付きが10ヶ所計上されていますが、仕上表・平面詳細 A-84
図では9ヶ所しか記載がありません。9ヶ所を正として宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
お見込みの通りです。
326
参考明細に2F FWC横型ブラインドが計上されていますが、天井伏図にブラインドボックスの記載が A-49
ありません。ブラインドは不要と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
10×10でお考えください。
327
部分詳細図 D-35においてシーリングの記載がありますが、仕様・サイズが不明です。御指示下さ A-84
い。
部分詳細図 D-35において見切ジョイナーの記載がありますが詳細が不明です。サイズ・材質又
は参考メーカー・品番を御指示下さい。
アルミ製でお考えください。
328
部分詳細図 D-4 配線・給排水ピットにおいてピット内モルタル金ゴテの仕上は素地と考えて宜しい A-81
でしょうか。御指示下さい。
3Fのみ防水モルタルとします。
329
S-10 室名表示に診察室以外のサインがありますが、箇所数が不明です。全て診察室と考えて
宜しいでしょうか。御指示下さい。
39です。
330
324
325
A-84
A-92
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
S-14 エリア表示において、ガラス面と扉面の使い分けがありますが、ガラス面2箇所、扉面 16箇所 A-92
と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
331
S-14 エリア表示 扉面においてW450*H2000 I.Jシートの上に塩ビシート切文字貼と考えて宜しいで A-92
しょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
332
お見込みの通りです。
333
3F発電機室の配線ピットの範囲及び防油堤の範囲が平面詳細図と発電機室詳細図で相違し A-42
ています。発電機室詳細図を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-74
3F発電機室の空調ダクト廻りの壁ALC版が平面詳細図ではH=1200ですが、発電機室詳細図
ではH=1450となっています。H=1450を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
334
335
336
337
338
A-42
A-74
PS、EPS、DSの仕上表備考に断熱材なしとありますが、各諸室と連続するところがあります。断熱 A-17
材があるところと無いところがある場合はそれぞれの範囲を御指示下さい。
備考欄を正とします。
2F内視鏡検査室1~3 開口三方枠部のカーテンレールですが、天井直付と考えて宜しいでしょう
か。御指示下さい。
A-41
A-49
お見込みの通りです。
キッチン・流し台廻り壁 不燃化粧ケイカル板の下地は不燃耐水PBt=12.5+PBt=12.5と考えて良い A-83
でしょうか。御指示ください。
お見込みの通りです。
上記質疑に関係し、耐火間仕切面に不燃化粧ケイカル板を貼る場合、下貼り・捨て貼り等は不
要とし、耐火間仕切り面に直接化粧ケイカルを貼ると考えて良いでしょうか。御指示ください。
お見込みの通りです。
A-83
St□-100×50×2.3@450程度でお考えください。
339
シャッターSS-101の設置部に鉄骨下地が必要と思われますが仕様が不明です。下地鋼材のサイ A-45
ズ・断面形状・ピッチ等詳細を御指示ください。
A-53
A-56
お見込みの通りです。
340
1Fエレベーターホールの天井高で、仕上表はCH=2700とありますが、展開図・天井伏図では
A-18
CH=2500になっており相違します。廊下の天井高がCH=2500なのでCH=2500が正と考えて宜 A-45
しいでしょうか。御指示下さい。
A-48
お見込みの通りです。
341
1Fエレベーターホールの折上天井で、展開図はH=200の折り上げになっていますが、天井伏図で A-21
はエレメント図O-5よりH=150の折上が2段あり相違します。天井伏図を正と考えて宜しいでしょう A-45
か。御指示下さい。
A-48
1F前室の天井高で、仕上表はCH=2500とありますが、天井伏図ではCH=2700とあり相違しま A-18
す。廊下2の天井高に合わせてCH=2700を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-48
お見込みの通りです。
2F受付1の曲面壁で、平面詳細図にR6100と記載がありますが、計測してみるとR9100程度あ A-41
ります。R9100を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
R6100です。
K-2・3受付カウンター上部に照明ボックスがありますが、照明ボックス底面の二重線標記の詳細が不 A-21
明です。ルーバー等が必用な場合、材質・厚さ・ピッチ又は参考メーカー品番を御指示ください。 A-85
StPL-1.6曲げ加工焼付け塗装です。
2F廊下1のX4~5通り間で、天井伏図にH=300の下り天井がありますが、天井高はCH=2700か A-49
らCH=2350になっておりH=350の下りになり相違します。天井高CH=2350を正とし、下り寸法を
H=350とするものと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
2F受付2の天井高で、仕上表はCH=2600とありますが、天井伏図ではCH=2700とあり相違しま A-18
す。CH=2700を正と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-49
お見込みの通りです。
2F天井伏図の内視鏡前室で、壁際に廊下同様のラインが入っていますが、折上天井O-4を見 A-21
込むものと考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
A-49
お見込みの通りです。
ストレッチャーガードの取付補強の記載がありませんが、スチールプレートt-0.8 H=300程度が必要と考 A-85
えて良いでしょうか。
御指示ください。
お見込みの通りです。
3F廊下2で、仕上表の備考欄と展開図に手摺の記載がありますが、平面詳細図では手摺は
無く相違します。手摺は必要と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
349
A-20
A-42
A-46
お見込みの通りです。
350
部分詳細図(5)、D-20 ライニング(流し)詳細で、器具取付補強材の高さがH=1200とありますが、 A-82
ライニング高さがH=1100の場合、補強材の高さはH=1000とするものと考えて宜しいでしょうか。
御指示下さい。
342
343
344
345
346
347
348
質問
番号
351
352
353
質 問 内 容
図面
番号
設計
図書
(頁)
質問回答
階段1で階段1詳細図のPS・DS面に扉の記載がありますが、平面詳細図・建具キープランには建 A-37
具は無く相違します。建具は不要と考えて宜しいでしょうか。必要であれば建具の詳細を御指 A-40
示下さい。
A-53
お見込みの通りです。
階段詳細図で、段裏の仕上が仕上塗材Aとありますが、仕様が不明です。SOPと考えて宜しい A-17
でしょうか。異なるのであれば仕上塗材Aの仕様を御指示下さい。
A-38
お見込みの通りです。
階段室で、最上階の天井仕上が不明です。岩綿吸音板仕上と考えて宜しいでしょうか。御指 A-17
示下さい。
A-37
お見込みの通りです。
A-51
354
355
356
階段詳細図の壁付手摺詳細図で、ブラケット丸鋼の設置間隔が不明です。@1000と考えて宜し A-38
いでしょうか。御指示下さい。
@900です。
鉄骨梁型~外壁取合部に耐火被覆の受け金物(メタルラス W=200程度)を見込むものと考えて宜 A-29
しいでしょうか。御指示下さい。
A-30
お見込みの通りです。
特記仕様書のユニット及びその他工事で54.ストレッチャーガードが適用外になっていますが、平面詳 A-7
細図に凡例があり、部分詳細図に詳細の記載があります。ストレッチャーガードは本工事と考えて
A-41
宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
A-85
357
工事設計書のユニット及びその他工事で1F廊下1ステンレス点字鋲が計上されていますが、平面 A-7
詳細図には特に記載は無く、特記仕様書にも屋内ステンレス点字鋲はありません。不要と考えて
A-40
宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
358
化粧ケイ酸カルシウム板のメーカー・品番で、特記仕様書はA&Aマテリアル ステンド400とありますが、仕 A-6
上表の材料表ではアイカ ハイボードとあり相違します。アイカ ハイボードを正と考えて宜しいでしょう
A-17
か。御指示下さい。
下記塗床材の塗厚を御指示下さい。
・ 合成樹脂塗床(ABC商会:ケミクリートE)
0.8mmです。
359
360
下記材料のメーカー・品番を御指示下さい。
・3F発電機室防油堤内 塗膜防水
・耐火間仕切W4
・耐火間仕切W5
・ロールスクリーン
P.171
お見込みの通りです。
塗膜防水:A-1特記仕様書、防水工事参照
W4:吉野石膏、チヨダウーテ同等
W5:吉野石膏、チヨダウーテ同等
ローススクリーン:サンゲツ[クリニカルⅡ]同等
建築工事特記仕様書(意匠)-8-22章:舗装工事-06.試験について、下記の試験箇所数が不明 A-8
です。御指示ください。
・路床土の支持力比(CBR)試験
・路床締め固め度の試験
それぞれ1箇所づつとします。
362
舗装計画地盤と現況地盤レベルの関係が不明です。舗装撤去後の地盤レベルを御指示くださ
い。
舗装計画地盤レベルと現況地盤レベルの関係は、A-12に記載されている
1FLとBMとのレベル差より、A-11に記載されいてる各ポイントのレベルから
読み取ってください。
既存のコンクリート舗装の上に直置きのため基礎はありません。
363
衛生設備-機器表に於いて、LPガス容器収納庫-コンクリート基礎(建築工事)とありますが、コンクリート A-10
基礎の断面詳細図及び配筋が不明です。御指示ください。
M-1
A-98
A-99
お見込みの通りですが、蓋はコンクリート蓋とします。
364
病院本館~オイルタンク(新設)間に油管ピットがあり①呼び名:300B、呼び名:500Bと記載がありま
すが、①は外構凡例でU字側溝(プレキャスト)です。油管ピット→U字側溝と考えて宜しいでしょう
か。又、蓋の仕様はグレーチング蓋(T-25)と考えてでしょうか。御指示ください。
側溝・排水桝の蓋の仕様が特記仕様書ではステンレス製ですが、外構詳細図ではスチ-ル製と相
違しています。スチ-ル製を正と考えて宜しいでしょうか。御指示ください。
A-8
A-99
お見込みの通りです。
365
A-8
A-99
お見込みの通りです。
366
側溝・排水桝のグレーチング蓋の耐荷重が、特記仕様書では(T-25)ですが、外構詳細図で自由
勾配側溝及び雨水桝のグレーチング蓋の耐荷重(T-20)と相違しています。全てグレーチング蓋は
(T-25)と考えて宜しいでしょうか。御指示ください。
雨水枡リストは個数を表記していませんので、個数は外構平面図を正とし
てください。
367
外構平面図(X5通り/Y1~2)付近に雨水桝:C-12が2箇所ありますが、雨水桝リストではC-12は1 A-99
箇所のようですが、C-12の同じサイズが2箇所あると考えて宜しいでしょうか。
御指示ください。
オイルタンク詳細図-基礎台数量表に鉄筋:SD295A(0.072t)とありますが、鉄筋の径・ピッチが不明 A-100
です。御指示ください。
D13@200でお考えください。
368
プレキャストタンク室(W10350*D3140*H3240)外寸の詳細仕様が不明です。参考メ-カ-名・品番等 A-100
あれば御指示下さい。
外形寸法についてはA-100より読み取ってください。
369
361
370
下記の工作物の配筋要領が不明です。各々御指示ください。
・緊急ガス遮断装置室
・メ-タ-基礎(W3150*D1350*H300)
・ガバナ基礎(W1200*D1800*H300)
A-95
A-98
A-101
M-32.
33
追記A-101をご確認ください。
追記A-101をご確認ください。
追記A-101をご確認ください。
ネットフェンス-独立基礎(現場打)の地業が不明です。砕石厚100+捨コンクリート厚50と考えて宜しい A-101
でしょうか。御指示ください。
お見込みの通りです。
371
土間コンクリートは撤去しません。
372
自転車置場撤去部:土間コンクリートの厚みは土間コンクリートt=150+砕石t=100と考えて宜しいで
しょうか。御指示ください。
A-95
質問
番号
質 問 内 容
図面
番号
質問回答
373
南側インターロッキング舗装撤去部にaの符号が9箇所ありますが、撤去リストのa:樹木のことでしょう
か。a:樹木の場合、数量8箇所とありますが、(8+9)=17箇所と読み替えて宜しいでしょうか。御指
示ください。
撤去リスト-g:街路灯-数量2箇所とありますが、撤去図では3箇所あります。2箇所→3箇所と読み A-95
替えて宜しいでしょうか。御指示ください。
4箇所とします。
374
撤去リスト-h:電柱とありますが、撤去図に見受けられません。
該当無しと考えて宜しいでしょうか。御指示ください。
A-95
該当無しとしてください。
375
外構凡例-⑭:排水溝(DG-1)とありますが、U型側溝のサイズが不明です。御指示ください。
A-98
A-99
U300Aです。
376
A-95
設計
図書
(頁)
お見込みの通りです。
SS-201の表面処理が、建具表と詳細図(2)とで相違しています。
A56
何れを優先しますか。ご指示願います。
A63
建具表 ・・・・ St焼付塗装
詳細図 ・・・・ アルマイト+クリア、 二次電解着色
SW-101は型板ガラスt=5.0ですが、ガラス規格にありませんので、型板ガラスt=6.0に読み替えてよ A58
ろしいですか。ご指示願います。
詳細図が正です。
SS-201・202の硝子:PWの厚さは、t=6.8㎜と考えてよろしいですか。ご指示願います。
A63
お見込みの通りです。
ガラス面の衝突防止シールの設置場所が、建具表とサイン図とで相違しています。何れを優先しま
すか。ご指示願います。
建具表 ・・・・ SSD-101、102、201、202、401 SUS-HL製
サイン図 ・・・・ 1、2、4F S-25:セイフティ表示 塩ビシート製
A56
A87
サイン図が正です。
緊急ガス遮断装置室の配筋が不明です。基礎、壁共タテヨコ[email protected]ダブル、屋根スラブ
[email protected]ダブルクロス程度で考えてよろしいですか。ご指示願います。
A101
381
基礎、壁はお見込みの通りです。スラブは短辺上D10・[email protected] 短辺下
[email protected] 長辺上下[email protected]としております。
A101
M32
お見込みのとおりです。
382
緊急ガス遮断装置室北側にメーター基礎及びガバナ基礎がありますが配筋が不明です。
[email protected]ダブルで考えてよろしいですか。ご指示願います。
お見込みのとおりです。
383
アーケード基礎の形状がアーケード断面図とアーケード構造図で相違しています。構造図を正と考え A104
てよろしいですか。ご指示願います。
S34
外構図凡例⑭のU型側溝はU300Aと考えてよろしいですか。ご指示願います。
A98
お見込みの通りです。
外構図にオイルタンクに向かって油管ピットがあり凡例①呼び名300B、
A98
377
378
お見込みの通りです。
379
380
384
385
386
①呼び名500Bとありますが、それぞれコンクリート蓋で油管ピットとして利用すると考えてよろしい
ですか。ご指示願います。
お見込みの通りです。
下記のメーカー名及び品番等をご指示ねがいます。
アーケード屋根 折板
インターロッキングブロック t=60
雨水桝 スチールグレーチング蓋
側溝 スチールグレーチング蓋
地下タンク貯蔵室 プレキャストタンク室
指定無し
指定無し
指定無し
指定無し
株式会社ホクコン 25,000L対応
お見込みの通りです。
387
外部建具枠廻りシーリングのサイズは、建具詳細図より20×10+20×10程度(変成シリコーン系)と考え A-62
て宜しいでしょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
388
建具表(3)にSD-210が2種類ありますが、後者をSD-211に読み替えて宜しいでしょうか。御指示 A-57
下さい。
お見込みの通りです。
389
MSF-202 可動式防煙垂壁:網入ガラスと有りますが、固定式の防煙垂壁と読み替えて宜しいで A-56
しょうか。御指示下さい。
お見込みの通りです。
390
SW-101のガラスは、F-5(型板 5㎜)と有りますが、規格外の仕様です。F-6(型板 6㎜)と考えて宜 A-58
しいでしょうか。御指示下さい。
ガラス面の飛散防止フィルム貼・半透明フィルム貼のメーカー・品番が、御座いましたら御指示下さい。
A-56他
サンゲツ:GF-136同等とします。
衝突防止マークの設置か所が、建具表とサイン図で異なります。
どちらが正でしょうか。御指示下さい。
(建具) SSD-101・102・201・202・401 ステンレスHL
(サイン図) 1F・2F・4F S-25/セーフティ表示 塩ビシート
A-56
A-87
サイン図が正です。
391
392