close

Enter

Log in using OpenID

スキャンクイッカー - 株式会社プレクス

embedDownload
Producted by
USB ドキュメントスキャナ
スキャンクイッカー
ユーザーズマニュアル
取扱説明書
目次
P3
はじめに
同梱物・付属品
安全にご使用いただくために
スキャナの概要
P4
保存フォーマットについて
カラーモードについて
解像度について
読み取りに適した書類サイズについて
スキャナ方法について
P5
コンピューターのシステム要件について
P7
スキャナ本体の取り外しについて
P7
Windows PC からスキャナを取り外す
スキャナ本体のメンテナンスについて
P7
紙詰まりの解消について
スキャナ本体のクリーニングについて
スキャナ本体の保管について
スキャナ本体のキャリブレーションについて
P8
よくある質問
P8
製品仕様
P9
付属ドライバ (TWAIN ドライバ ) 使用方法
P10
TWAIN ドライバインストール方法
TWAIN ドライバ使用方法
P11
カスタマーサポート
P13
保証について
P13
2
はじめに
当製品は、プリント写真、名刺、書類など様々な印刷物を簡単にコンピュータに取り込むための製品です。
当製品をコンピュータ接続することで、簡単にスキャンしたり、様々な保存形式に変換・保存したりすることができます。
同梱物・付属品について
ご購入いただいた製品には下記の付属品が同梱されておりますので、ご確認ください。
■スキャナー本体 ( スキャンクイッカー PX-DSQ1000)
■スタートアップガイド
■USB ケーブル 1m (MincoUSB-USB A タイプ )
■クリーニングクロス 1枚
■キャリブレーションシート 1 枚
■ドライバ CD (TWAIN ドライバ、ユーザーズマニュアル PDF)
安全にご使用いただくために
スキャナを使用する前に、次の安全に関する注意事項をお読みください。
これらの注意事項をお守りいただけない場合、スキャナーに深刻なダメージを与える恐れがあります。
また、感電や火傷、その他の怪我のおそれがありますので、使用上の注意をよく読み、正しくお使いください。
閉め切られた車の中など、直射日光の当たる場所や熱器具の近くにこの装置を置かないでください。
日光の当たる場所やストーブの近くなどに放置されると温度が上がり発火や破損の恐れがございます。
水やコーヒーをこぼしたり、水没させたりすると電子部品がショートし、誤作動が発生する場合がございます。
ほこりの多い環境では当製品を使用しないでください。ほこりやハウスダストによって汚れた原稿をスキャンすると、
部品に汚れが生じ、誤動作につながる恐れがございます。
テレビや電子レンジやなどの強い電磁波発生源の近くでは当製品を使用しないでください。
電磁波により当製品の誤動作につながる恐れがございます。
当製品を分解または改造しないでください。不正な分解、改造を行われた場合の製品保証は致しかねますので
ご注意ください。
落下させるなどの衝撃や振動を与えないでください。強い衝撃は、内側のコンポーネントが破損する恐れがあります。
異なった仕様の電源アダプタにこのスキャナを接続すると大変危険ですのでご注意ください。
USB ケーブルの上に重量物をのせたり、過度に折り曲げたり、切断しないでください。外部の絶縁体が破損し、
短絡や火災の原因になることがあります。
このスキャナーの USB ポートはUSB に接続するために設計されています
USB 以外の異なった規格のケーブルを差し込まないでください。
異なったにおいや発熱などの故障の兆候がありましたらすぐに電源からスキャナを外し、メーカーにご連絡ください。
3
スキャナの概要
正面図
No.
名称
電源スイッチ
機能
軽いワンタッチでスキャナーの電源をオンにします。
3秒間以上の長押しで電源がオフになります。
写真ガイド
様々な写真のサイズにあわせるための写真ガイドです。
ガイド左端
書類を左端に揃えてスキャンを開始します。
用紙ガイド端
適切な位置合わせを行うために、スライドバーを用紙の右側にセットします。
保存フォーマットについて
保存形式は JPEG,GIF,TIFF,BMP,PDF 形式にて保存されます。
設定は付属ソフト「Capture Tool」(Windows)から行います。
カラーモード について
当製品によるスキャンは、カラーモードまたはモノクロで出力されます。
解像度 について
当製品によるスキャンの解像度は、DPI(dots per inch)という単位で測定されます。
高い解像度でスキャンした画像は、より多くの記憶領域を必要とします。
読み取りに適した書類サイズについて
読み取りに適した書類
当製品は次のような書類のサイズに対して最適なパフォーマンスを得るよう設計されています。
■写真 (L サイズから A4 サイズ )
■名刺 ( 標準サイズ以上 )(8.9x5cm)
■ドキュメント (L サイズから A4 サイズ )
読み取りのできない書類
次のタイプの書類はスキャナスロット内部で詰まるおそれがありますので、使用しないでください。
■厚さ1mm を超える書類や原稿
■幅 55 ミリメートル未満の書類や原稿
■黒または濃色が大部分を占める書類や原稿
■黒いインクで囲まれている書類や原稿
■柔らかくて薄い紙質の書類や原稿(薄い紙、布など)
4
スキャン方法について
< ご使用上の注意 >
■ 一度に一枚の原稿または書類を挿入してください。複数枚を同時に挿入するとシートフィーダーが誤作動する場合がございます。
■ 湿った原稿や粘着性のある写真などを挿入するとシートフィーダーに汚れが付着し誤作動を引き起こす可能性がございますので
絶対に本製品に挿入しないでください。
※全く同じ原稿や書類を違う向きから挿入しスキャンした場合でも、スキャン画像に変化が生じる場合がございます。
これは色調や明るさが若干異なって表示されるためです。故障ではございません。
1. スキャナ本体の前面と背面の保護シールをはがしてください。
2. パソコンの USB ポートにケーブルを差し込みます。
2. スキャナ本体の背面にケーブルを差し込みます。
4. スキャナの電源ボタンを押してください。電源投入後、ボタンが緑色に点灯します。
5. スキャンする面を上向きにして書類や原稿を給紙スロットガイドの左端に合わせ、その後 スライドバーを
用紙に合わせてセットします。
6. 用紙送りがスタートしたあと、スキャンが完了するまで待機してください。
続けてスキャンしたい場合はこの時点で違う書類や原稿を給紙スロットガイドにセットしてください。
7. 電源ボタンのインジケーターランプの点滅が終了すればスキャン作業は完了です。
8. スキャン終了後、スキャナの電源をオフにするには、3 秒間電源ボタンを長押ししてください。
※スキャナ本体は 3 分後に自動的にパワーセーブモードに入ります。
< スキャン中に自動的に切り抜き ( トリミング ) をする機能 >
背景の暗くなった画像の縁の部分を検出して画像を切り抜きます。
間違った切り抜き位置を防ぐために、給紙スロットの左端に原稿をまっすぐ合わせて、完全に通過できるよう原稿の給紙の後ろに
十分なスペースがあることを確認してください。平らですっきりとした画像のスキャンをおすすめします。
赤枠の「切り抜き」を[自動]にしてOKをクリック
「切り抜き」設定画面
5
次の例では、自動切り抜きのオン・オフの画像を表示しています。
オリジナル
スキャンした画像
自動切り抜き
自動切り抜きなし
ドキュメント・写真のオリジナルの形状や大きさに応じて、ご希望の最終的なイメージを実現するためにスキャンした画像
(ソフトウェアまたは独自に編集して含まれているグラフィックスを使用して)追加の手動トリミングを実行することもできます。
オリジナルが少し曲がって供給された場合は、次の図に示すように、あらかじめ定義された最大量をトリミングします。
濃い原稿をスキャンするとき、オーバートリミング(夜空の写真の下の例を参照)が発生することがあります。別の方向(向き)に
原稿を挿入してからもう一度お試しください。
6
コンピュータのシステム要件 について
OS : Windows XP,Vista,7,8(32/64bit)以上
USB : USB 2.0
スキャナ本体の取り外しについて
※注 コンピュータがファイルにアクセスしている間は USB ケーブルを抜かないでください。ファイルが破損したり故障の原因になります。
◆Windows PC からスキャナを取り外す
1. 当スキャナ本体を取り外すには、Windows の右下に表示された、「ハードウェアの取り外し」アイコンをクリックします。
2. 「安全に USB デバイスを取り外す」をクリックします
3. その後、安全にスキャナの USB ケーブルを取り外すことができます。
スキャナ本体のメンテナンス について
◆紙詰まり の解消について
給紙スロットから紙詰まりを解消するには、電源ボタンを 3 秒間長押しして電源をオフにします。
給紙を続行するには、再度電源ボタンを押し、当スキャナ本体の電源をオンにします。
用紙がまだ詰まっている場合、カバーを開けゆっくりと用紙を引き出します。
カバーを閉じて、再度スキャンする原稿を挿入し直してください。
◆スキャナ本体のクリーニング について
スキャンする画像の品質を維持し、ほこりの蓄積を防ぐために、約 200 スキャンごとにクリーニング
することをお勧めします。クリーニングの際はクリーニング専用の清掃布等をご使用ください。
※溶剤や腐食性の液体(アルコール、灯油など)を使用しないでください。プラスチック材料が破損する恐れがあります。
エアダスターでほこりを吹き飛ばしたり、わずかに湿らせた清潔な柔らかい布でクリーニングしてください。
優しくスキャナの給紙ローラを拭き、スキャナの表面に付着したほこりを拭き取ってください。
◆スキャナ本体の保管について
スキャナを長期間使用しないときは、次のように保管してください。
1. スキャナ本体から USB ケーブルを取り外してください
2. スキャナ本体と USB ケーブルをほこりから守るために箱または袋に入れてください。
3. 小さなお子様が触る事ができない、涼しく乾燥した場所に保管してください。
4. 上部プラスチックの反りをを避けるために、スキャナ本体の上に重い物を置かないでください。
5. 長期保管した後に使用する場合は、スキャナの清掃とキャリブレーションをすることをお勧めします。
7
スキャナ本体のキャリブレーションについて
キャリブレーションとはディスプレイやプリンター、スキャナーなどの色を入出力する機器で色を正確にかつ安定して
再現させるために調整する機能です。
1. スキャナ本体の電源がオフになっていることを確認し、カバーを開きます。
2. スキャナ本体を再起動するために電源ボタンを押してください。カバーが開いているため赤色の LED が点滅します。
3. キャリブレーションモードに入るにはスキャナカバーが開いているときに電源ボタンを押したままにし、スキャナカバーを閉じます。
スキャナカバーを閉じたら電源ボタンからすぐに手を離して下さい。
キャリブレーションモードになっていることを示す、緑の LED が点滅します。
3 秒以上電源ボタンを押した場合は、スキャナの電源がオフになります。その際はプロセスを再起動する必要があります。
4. 付属のキャリブレーションシートを挿入してください。操作が終了した後、自動的に開始します。
5. キャリブレーションが終了した後、自動的にスキャナの電源がオフになります。
6. 通常の使用を続行するには、スキャナの電源をオンにします。
よくある質問
カスタマー · サポートに連絡する前に、以下のよくある質問をご覧ください。
Q: スキャナの電源が入らない
A: コンピュータにマイクロ USB ケーブルがささっているか確認してください。
Q: コンピュータがスキャナを認識しない
A: ケーブルに損傷がなく、確実に接続されているか確認してください。必要に応じてコンピュータを再起動してください。
Q: スキャンした文書に不明な線が出たり、明確にスキャンできない
A: 元の原稿や写真に傷、汚れはありませんか。スキャンする前に、汚れやほこりを取り除いてください。
前回のクリーニングはいつでしたか。" スキャナ本体のクリーニングについて の指示に従ってください。
Q: イメージより過剰にトリミングされている。または期待するトリミングでは無い
A: 原稿をセットする際に、必ず給紙スロットの左端にセットしていることを確認してください。
Q: スキャナ本体を触ると暖かく感じますが問題はありますか?
A: スキャナを、長時間使用した後に少量の熱(30-45℃前後)を持つのは正常です。
しかし、スキャナから異臭や煙が出ている場合、触って熱いと感じた場合は、すぐに電源コンセントを抜いてください。
その後にスキャナとパソコンからケーブルを取り外します。
8
製品仕様
出力ファイル形式
JPEG,GIF,TIFF,BMP,PDF
解像度
200 DPI ( 規定値 ), 600 DPI( 最大 )
ページ / ドキュメントサイズ
サポートしている原稿
インターフェース
USB
4 ページの「読み取りに適した書類サイズ」をご参照下さい。
USB ポート USB2.0 規格以降
サポート OS
Windows XP / Vista / 7/8 (32/64bit) 以上
給紙システム
ツインローラー
電源
温度
長さ : 14 inches (355.6mm)
幅 :8.5 inches (216mm)
USB アダプタ ‒ 入力 100-240V AC, 50/60 Hz, 出力 5V, 1.0A
温度
湿度
寸法(概算)
-20ºC∼60°C(-4 F∼140°F)
10%∼90%RH
11.811x2.08x1.38 inches (300mm x 53mm x 35mm)
9
付属ドライバソフト (TWAIN ドライバ ) 使用方法
TWAIN ドライバをインストール
(Windows)
付属 CD を光学ドライブに入れ、
「setup.exe」をダブルクリックする
インストーラーが起動するので、日本語を
選択して「次へ」をクリック
インストーラーに従い「インストール」を
クリック
インストールが終了したら「完了」をクリック
10
TWAIN ドライバの使用方法
デスクトップアイコンまたはスタートメニューから
「Capture Tool」をクリック
左の画面が表示されたら Scan Quicker の電源を入れ、
ドライバタイプ「TWAIN」、スキャナモデル
「Scan Quicker」を選択、「OK」をクリック
「Capture Tool」メイン画面の左上の「Setup」を
クリック
「Capture Tool」メイン画面
「スキャナのプロパティ」画面が表示され
「表面自動カラー検知」( カラー・白黒を自動で検知 )
にチェックを入れ、「OK」をクリック
「スキャナのプロパティ」画面
11
保存ファイル形式選択プルダウンメニューを
クリックして保存形式を選択
保存ファイル形式 :
JPEG,GIF,TIFF,BMP,PDF
「Capture Tool」メイン画面
Scan Quicker にスキャンする紙をセットして
「Scan」をクリックしスキャン開始
マイドキュメントの「My Scan」フォルダ内に
保存されます。
右上のフォルダアイコンをクリックすることで
画像保存先を変更できます。
「Capture Tool」メイン画面
12
カスタマーサポート
FAQ にご質問に対する回答が見つからなかった場合は、カスタマーサポートに連絡してください。
販売・サポート : 株式会社プレクス
URL : http://www.plex-net.co.jp
サポート : 03-3831-8005
[email protected]
10:00AM∼17:00PM
保証について
製品保証は株式会社プレクスが行います。
保証範囲
1.弊社は、通常の使用条件の下で電源が入らない等の実質的に動作しない場合、又は物理的な瑕疵がある場合
(お客様が本製品を入手した後の事故、改造、改変等を除く)お客様がご購入してから 1 年以内に限り製品保証致します。
2.本製品のマニュアルに記載された使用方法以外の方法により生じた不具合については、保証できない場合がございます。
13
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
942 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content