close

Enter

Log in using OpenID

Transcription "The Writer Automaton"

embedDownload
The Writer Automaton
字を書くからくり人形
One of the most remarkable realizations of cam technology is
カム技術実用化の中で最も素晴らしいものの一つが、小さな
the device in the shape of the small boy.
男の子の姿をしたこの装置である。
It’s perhaps the world’s most astonishing surviving
これは多分、世界中に現存するからくり人形の中で、最も驚く
automaton.
べきものである。
What’s on this card is a piece of writing made by a 240 year
このカードに書かれている文字列は、240 年前に作られた機械
old machine.
が書いたものだ。
One of my favorite machines, one of my most magnificent
私のお気に入りの機械の一つで、18 世紀に作られたからくり
automata of the18th century.
人形の中で最も素晴らしいものの一つだ。
It’s this boy, this writer. He was built in Switzerland by Pierre
この少年、この字を書く人形がそれである。 スイスで最も偉大
Jaquet-Droz, one of Switzerland’s greatest clock makers.
な時計製作者の一人、Pierre Jaquet-Droz(ピエール・ジャケド
ローズ)によりスイスで作られた。
And, the aim was, I think, to mechanize reason and automate
彼が意図したのは、理念を機械化し、情念を自動化することで
the passions.
あった、と私には思えるのだ。
Jaquet-Droz was about 50 years old in the early 1770’s when
ジャケドローズがこの傑作をデザインし製作したのは、1770 年
1
he designed and built this masterpiece.
代の初め、彼が 50 歳頃のことであった。
Inside the boy, there are almost 6,000 parts.
少年の胴体の中には、6,000 に近い部品が入っている。
What’s astonishing is that every one of these crafty
驚くべきことに、全てが少年の胴体にぴたりと完璧に納まるよ
components has been refined and miniaturized to fit
うに、これら手作りの部品の一つ一つが精密加工され、且つミ
completely inside the body of the boy himself.
ニチュア化されていることである。
What Jaquet-Droz did was to use the technologies of
正真正銘のからくり人形を制作するためにジャケドローズが行
homeostasis of miniaturization to build really a true
ったのは、ミニチュア化に恒常性の技術を応用することであっ
automaton.
た。
Inside the little writer, he has all his source of energy and all
このかわいらしい書道家の体内には、動力源の全てと彼が動
the machineries that he drives in. He works on his own.
かす機器類の全てが揃っている。彼は独力で動作する。
At his core is a great stack of cams. As these cams move, 3
中心にカム群の大きな柱がある。これらのカムが動くと、三つ
cam-followers read the shaped edges and translate these
のカム読み取り装置がカムの縁の形状を読み取り、それを少
into the movements of the boy’s arm.
年の腕の動きに変換するのだ。
Working together, the cams control every stroke of the quill
カム群は協働して、鵞ペンの筆運び一切と、紙に加わる最適
pen and exactly how much pressure is applied to the paper,
の筆圧を制御する。美しく優雅でなめらかな筆致が得られる所
so as to achieve beautiful, elegant and fluid writing.
以である。
2
With this brain / sublime machine, Jaquet-Droz had
この知能的/卓越した機械を作らんがために、ジャケドローズ
reverse-engineered the very act of writing.
は書くという動作そのものを逆行分析したのだ。
The mechanical boy contained one perhaps even more
この機械人形は、もう一つの、いやもっと多くの驚くべき特徴を
astonishing feature.
有していた。
The wheel that can control the cams was made up of letters
カム群を制御する回転輪は文字群で構成されており、それら
that could be removed and then replaced and reordered.
は取り外し、交換、並び替えが可能であった。
These allowed the writer, in principle, to make any word and
これによって人形は、原則として、如何なる単語、如何なる文
any sentence, in other words, it allowed the writer to be
も作ることが可能となった。換言すれば、人形をプログラム制
programmed.
御することが可能となったのである。
This beautiful boy is thus a distant ancestor of the modern,
このことから、この美少年は現代のプログラム可能なコンピュ
programmable computer.
ーターの、遠い先祖と言えよう。
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
14
File Size
48 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content