close

Enter

Log in using OpenID

口の中出し

embedDownload
一
白土商の瓜しか も烈し
如此陀供。下馬 の詩人何も見申候 。・
可鋭小説容廿じ
道を歩み候都十町時一
川も歩み候松の内に、月を貰き候て月世
。 思 案 は 最 初 入 其悶-其敬
z
とぼし不申級成背中に候﹂傑静精微の外は、 岡
崎齢比背中を春秋之
る故と存候。開法など悟り巾候へば、貌 の死陀も涙を 一っ
倒せらる tAKて、諸人耳目を驚かし候。般 飢反 正は常格に
ν
ν
散もいたす事陀て候。大花注ひた る者を比して、
に獄 君
叩押し 、共ロ問削帆きをぱ相仰いに非し候ては、
v 之人を のみ
御之
f
時
間。
御此
無の
周知
I
Z
: (
て;{'i
一つ罪陀
殺と巾幕、ちと六ケ敷候。共故武殿よりも不審陀被申越候。
ては不参候 。 との手段なくしては難成候へども 、抑爾陀箆
他
mE、山副総が 談引
し也
t と
は有
老夫も久し︿心に懸て思案いたし見出 候
a 。先日をかしき事
々 甫L
人を
古 ミ
在
来し
無候
之 l
故
候
。其
申立弊
候。外の儒者の事は、老夫混剰にあいさつ申候庭、右の能
成程家引草木ばかり 陀見候は 、雲行雨施の時分、枝葉滋長
品物と有之候へば草木陀不腿候 。是は四徳の古?を、天地の
ば、格別陀耳陀首候故、此属僻北事の上 K大き陀袈庭有之、
命流行荷物各正 =其性一と 一つ事陀て候。気 陀ては 天 命 流 行
策と人物の形との 上にて被仰候 。其締勢迎陀ていへは 、天
説悶市部を差別する所有之候。たとへは従陀殺 ν
京の人と越腐と
比し候へば 、大に不 同ある事を 、都秋風刷 M EH
凡候へば
可 観 小 説 傘H 七
五
は 目行雨施陀あたり 、品物流 形 は 荷 物 各 正=
共性K あたり
品
岬
可申候。凡四時生長牧放の策、草木陀ては易 ν
見候故 、本義
仙
滑
に て候。前後の言誕つピ宮、前後噂申候館者と北し候へ
て居候やと巾候 。向の者も北ハ剛均と老夫中候を、不稗陀梓候
の験見え候故、草木の事陀巾候得共 、共投泥み候と存候 。
陀草木の事 と迄申者非民て候由にて 、自 分の設を申来候 。
良知より巾魁候は、易の 窓 行悶施品物流
す正
る理
似のならぬととより、省いたしそとたひ候ては、是非を飢
へも常陀招被申、子弟子の政替の師、叉は講談もいたし申一
候底、大沼陀て陣後には言行共不都合成事有之故見限ら一
れ、今は営地の溢土へ能越。其越に共人と新織の人有之、一
先日私宅へ 帝京の師、枇上の館者の都嚇申州候 。右の儒生
1
鮮に
生不出来者と内々賎恕して罷在故、不 vmM
北ハ閉山は今に教授し
の背中も中出し、老夫をもよく知候の由粂て部候由潟巾問
候のし
。語て
を大
にて合点いたし候。或る一一儒生有之、我掛つ巾通じ候裁の中
つに税 活
v 逆賊民被成候。此成に山仲秋の教は有之候 。も し世
事、朱子も深︿此諮を御取医て候。憾に濃門之遺言たるべ
附叫附微を以て日却を論じ候
を論じ巾事皆得一品指申候。殊陀潔叫
にじ 十子の徒鼎証明いたしたると聞え申候。去共諸経 の大立
也と申ばかりは盟諸児て 、其跡は右の御言に付、以後
可知
v
笥 と並稀せられ候 は 無 之 筈 に 候
相官訓
脱
出
用
鴻など巾也候。春秋は孔子御晩年の御作に候底 、待
候潔静精微の設御感 心 の由。此一段を孔子の 言 陀非やと隙
候。成程脱何陀て候。御部入御世可給候。鈴木貞衡へ巾也
41
札抑制帥咋一何一院申所、勝 目
米中大阪御意一刊の由御務付御越
一、開樹齢比事を春秋の数と申依等室鳩山拾策献
文昭公は大雅文王之
mE被別也。
良筆にて被逃候。但世今御幼稚故、仙洞御染道被遊候由。
三玉目立也。と有之を被取候。鹿苑院般の醤例とやらんにて、
則凹 織
。
天下-則奥み U1府 成 是 也 a家昌
家機公。 枕兆目。官 s
天 下v
一、徳川家織の訴の由来
候時は見申内広市山︿成候て減し、散は不仕候。
︿吹候へども少も散不申、四時過より半時迄の事に候 。減
五
離れ候。但月は巾酉の間程にか Lり、口正は東北の方より申
の方へ立候。常忙二日ニニ日の月はご寸許花見え申候。是
時は}尺許陀見え候。但霧韮深有之候。立き候星は下へぬ
け候。見巾内陀地下へ波し候。以後叉左の闘の如︿韮山州候。
克最初の足にては知之候。光甚敷候。
"
きと訂候。其失賊也と有之は、ちと不仁の気味忙なりたが
"
'
O
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
380 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content