close

Enter

Log in using OpenID

平塚雷鳥の女性解放運動は、どんな運動だったの

embedDownload
6年
学研教育情報資料センター
社会
学習相談
小/社会/6年/日本の歴史/
大正時代/理解シート
ひらつからいちょう
平塚雷鳥 の女性解放運動は、どんな運動だったの
女性の解放と地位の向上、世界の平和などをうっ
たえた運動だよ。
はる
かい
平塚雷鳥(らいてう)は1886年に、東京で生まれました。本名は明、父は会
けいけんさいん
てつがく
しゅうきょう
計検査院につとめる役人です。日本女子大学校に入学して、哲学・ 宗教 の書物を
つだえいがくじゅく
読みあさりました。卒業後は、津田英学塾などで英語を学び、また、若い作家たち
と知り合って、女性作家の団体に入りました。
せいとうしゃ
そうかん
●青鞜社をつくり、「青鞜」を創刊した
1911年に青鞜社をつくり、女性向け文学雑誌「青鞜」を創刊して、女性が自
分自身の考えをしっかりもつよう、うったえました。創刊号にのった、雷鳥の「も
とは、女性は太陽だった。しかし、今は月である。」という論文は、その後の女性
い と う の え
解放運動の道しるべとなりました。1915年に「青鞜」の仕事を伊藤野枝にまか
はいかん
けっこん
せ(1916年廃刊)、1918年に結婚しました。
ちあんけいさつほう
●新婦人協会に入り、治安警察法の修正に成功した
いちかわふさえ
おく
1919年、市川房枝・奥むめおらと、新婦人協会をつくりました。この協会の
しゅさい
運動によって、1922年に、治安警察法の中の、女性が政治的な集会を主催した
は い し
り、参加したりすることを禁止した部分を、廃止することに成功しました。
●女性の解放と地位の向上、世界の平和をうったえ続けた
じょせいさんせいけんうんどう
その後は、女性参政権運動に加わったり、貧しい家庭の女性のために活動したり
せかいれんぽうけんせつどうめい
しました。第2次世界大戦後は、世界連邦建設同盟に加入したり、国際民主主義婦
人連盟副会長、日本婦人団体連合会会長などをつとめました。そして、1971年
な
に亡くなるまで、女性の解放と地位の向上、世界の平和をうったえ続けました。
無断複製:転載:翻訳を禁ず Gakken
B026112030
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
31 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content