close

Enter

Log in using OpenID

1年以下の懲役又は10万円以下の罰金 3月以下の懲役又は5万円以下

embedDownload
【配付用】
高知県警察本部交通部交通企画課
自転車交通安全教育の時間 平成27年7月号(第24号)
~ 交通事故時の対応について ~
1. もし、自転車運転中に、交通事故をおこしてしまったら?(加害者として相手に怪我をさせてしまった場合)
今までのTraffic Safety Newsでは、自転車運転中に、交通事故に遭わないようにするための勉強をしてきました。
しかし、もし、自転車運転中に交通事故をおこしてしまった場合、みなさんは落ち着いて、適切な行動をとること
ができるでしょうか?
交通事故をおこした場合には、次のような措置をとることが大切です。
直ちに
負傷者を
道路上の
警察官に
運転中止
救護
危険を防ぐ
報告
○ 直ちに自転車の運転を中止しましょう。
○ 負傷者の救護等をしましょう。→119番通報・応急手当等
○ 道路上における危険を防ぐ措置をとりましょう。→事故の続発を防ぐため、自転車や負傷者を移動させる
等
※ 事故の相手方の名前、連絡先等も忘れずに聞いておきましょう。
2. もし、交通事故の報告等をしなかったら?
交通事故をおこしたら、直ちに警察官等に報告し、事故処理をしてもらわないといけません。
自分の判断や事故の相手方との話し合いで、事故の報告をしなかったり、事故現場を離れたりした場合は、
厳しい罰則を受けることになります。
警察に、事故の報告をしなかった場合
怪我のある事故の場合
3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
1年以下の懲役又は10万円以下の罰金
★平成27年5月13日(水)午後1時25分から、城山高校グラウンドで、城山高校(生徒140名)と 赤岡中学校(生徒77名)
が合同で、事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室(スケアード・ストレイト教育)を開催しました。
【内容】
・ プロのスタントマンによる模擬交通事故を間近で見学し、交通事故の恐ろしさ、悲惨さを学びました。
・ 警察官から、6月から始まる「自転車運転者講習制度」についての話を聞きました。
・ 警察職員から、交通事故被害者家族の手記を聞き、「残された家族の思い」を生徒みんなで考えました。
スタントマンによる、模擬交通事故の実演
交通安全の誓い
【生徒からの感想】
初めて、生で事故現場の再現を見ました。最初は人形だったけれど、やっぱり車があた
るのを見てとても怖かったです。私もたまに、片手で運転したり、ちょっとだけ右側を通行
したりしていましたが、最後の被害者遺族のお手紙を聞いてとても心が痛みました。今日
の体験を生かして自転車のマナーをきちんと守って、正しく安全に乗ろうと思いました。
掛た交
け 自通
ま 転ル
す 車ー
。運ル
転を
を守
心っ
自転車に乗る時は、
ヘルメットの着用を!
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
616 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content