close

Enter

Log in using OpenID

Day 1 私の名前は阿部次郎です。

embedDownload
1st Week
Day 1
私の名前は阿部次郎です。
主語が I のときは am、それ以外で単数のときは is、複数のとき
は are を使えばいいのね。 you は単数と複数が同じ形で、どちら
の意味の場合でも are を使うってことね。
今日は、ビジネスシーンでの基本となる自己紹介や、自分の周
りの人物の紹介ができるようになりましょう。
CD1-2
My name は単数だから is 。僕が自己紹介するときは My name
is Mitsuo Hayashi.。あれ? 自分の名前はこの順序で言えばいい
のかな?
L1 s P3
これまでは、英語圏の人々にならって「名+姓」だったけれど、
My name is Jiro
Abe.
部長
I am a manager.
ねえ、日本語はい
つも「です」を使う
のに、英語では am、
are、is の3つの語
を使っているよ。
(私の名前は阿部次郎です。
私は部長です。)
最近は、英語を使っても自分たちの言語習慣まで変える必要はな
いという意見もあり、My name is Hayashi Mitsuo. のように言
う人もいるんだよ。
*書くときは姓のほうを大文字にして HAYASHI Mitsuo とする書き方も定着しつつあります。
*本講座では、
「名+姓」の語順で表記しています。
I am a manager. の “a” はどんなときに必要なんですか。
This is Ms. Ogawa.
(当社の小川です。)
*参照a p. 48-49
This is Mr. Hayashi.
(同じく林です。)
同 僚
この “a” は「1人の、1つの」という意味を表しているんだ。これが
They are my colleagues.
「私たちは部長です」となると、2人以上になるから、a は使わず、
(彼らは私の同僚です。)
代わりに We are managers. のように「複数」を示す s を名詞(人や
ものの名前をあらわす語)につけるんだ。
英語の「です」は3種類!
*詳しくはa p. 15
自己紹介や人を紹介するシーンでは、「私は∼です」「当社の
∼です」という言い方をしますね。日本語では主語(「∼は、
が」にあたる語)がだれであっても「です」を使いますが、英
短縮形(主語 + am、are、is)
語では下の表のように、主語によって「です」の部分が変わります。
*This is ∼は「こちらは∼です」という意味ですが、和訳は日本のビジネス習慣に合わせた表現としています。
また、日本では同僚を他社の人に紹介する場合、
「∼さん」と敬称はつけません。
うに主語とam、are、isを結びつけた短縮形もよく使われます。
■ 主語と「です」の関係
I
he
she
私は
彼は
彼女は
it
1人 (つ) you
we
they 2人 (つ)
の人や
彼らは/彼 以上の人
あなた
それは もの
私たちは 女たちは/ やもの
(たち)は
それらは
主語
「です」
am
会話やそれほどフォーマルでないレターなどでは、次の表のよ
is
I am
He is
She is
It is
→
→
→
→
I’m
He’s
She’s
It’s
You are
We are
They are
→
→
→
You’re
We’re
They’re
are
6
7
1st Week
Day
1
1st Week Day 1
Training
WRITING
I am ∼. や He is ∼. などを使って、自己紹介、
人物紹介の言い方を練習してみましょう。
② This is Ms. Bates.
英語を自分で書いてみよう LISTENING & SPEAKING
【A】次の日本文に合う英文になるように、 に適する英語を書いてみましょう。
CD1-3
CDに合わせて大きな声で読んでみよう
今日の単語
P3
① 彼女はコンピュータ・プログラマーです。
コンピュータ
プログラマー
a computer programmer.
② 私たちは同僚です。 colleagues.
manager 部長
colleague 同僚
computer programmer
コンピュータ・プログラマー
③ 私は鈴木愛と申します。 Ai Suzuki.
◆ 解答とチェックポイント ◆
上司
CD1-4
④ 私の上司は石井です。 My boss Mr. Ishii.
∼を担当して
boss 上司
in charge of ∼ ∼を担当して
sales 販売、営業
secretary 秘書
販売
⑤ 彼は販売の担当です。 in charge of sales.
L1 s P3 s 音1 s P3
【A】
① She is a computer programmer.
② We are colleagues.
③ I’m Ai Suzuki.
④ My boss is Mr. Ishii.
⑤ He’s in charge of sales.
【B】A&A社のケラ−さんが、今回の日本出張に同行した同僚を紹介していま
す。あなたがケラーさんになって、それぞれを紹介してみましょう。①
はバトラーさんの紹介内容に合わせて に適する英語を書いてくださ
い。②はベイツさんの紹介内容に合わせて、She で始まる英文を書いて
みましょう。
Mr. Keller
CD1-5
① John Butler
② Carol Bates
・同僚
・秘書(secretary)
(colleague)
①
③日本語では「私は鈴木愛です」「私は鈴木愛と申します」などいろいろな言い
方がありますが、英語ではどちらも I am [ I’m ] Ai Suzuki. です。日本語に惑
わされないようにしましょう。
③ は I am の短縮形、⑤ は He is の短縮形が入ります。
L1 s P3 s 音1 s P3
【B】
① This is Mr. Butler. He’s my colleague.
② This is Ms. Bates.(当社のベイツです。
)
She is [ She’s ] my secretary.(彼女は私の秘書です。)
Mr. Butler.
当社のバトラーです。
my .
彼は私の同僚です。
8
初対面の人を紹介するときは、ふつう He is ∼. 、She is ∼. ではなく、This is
∼. を使います。
Mr. は男性につける敬称、Ms. は女性につける敬称です。女性の場合、既婚者に
は Mrs. を、未婚者には Miss をつける場合もありますが、最近はこうした区別
をしないで Ms. を使うことが多くなっています。
9
1st Week
Day
1
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
278 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content