close

Enter

Log in using OpenID

中動態のはなし

embedDownload
中動態のはなし
いわゆる受動態の動詞形は、ラテン語にはあるが、古典ギリシア語にはアオリスト(不
定過去)と未来時制にしかない。ギリシア語ではまだ受動態が発達しきれていないのであ
る。その他の時制、現在、未完了過去、現在完了、過去完了にあるは、能動態と中・受動
態の対立であり、中・受動態とは中動態(middle voice)と受動態を合わせた呼称である。
では、中動態とは何かと言うと、「その行為に主語がとくに関与し、結果が主語に関係をも
つ点にある」(風間喜代三著『ラテン語とギリシア語』)。例えば、能動態 παúω「止めさせ
る」―― 中動態 παúομαι「止める」
、能動態 φαíνω「見せる」―― 中動態 φαíνομαι「現
れる」。そして中動態が πó 'by' + 属格を伴えば、受動態の意味となる。例えば、τúπτομαι
であれば、「~によって打たれる」というように。この中・受動形は πó + 属格がなけれ
ば、
「(悲しい時)自分の胸を打つ」という中動態の意味を表す。さらに、不可解なことに、
中動態はときには対格の目的語をとって「~を悼む」という意味にもなる(τúπτομαι τινα)。
また、ποιéομαι πóλεμον「(自分の能力で)戦争を行う」は能動態の他動詞 ποιéω πóλεμον
にかなり近づく。古代の文法家が中動態のことを「中間」の態と呼んだのは、このような
動詞のことらしい。
ギリシア語には中動態の形でだけ使われる動詞がある。例えば、βοúλομαι「~したい」、
πομαι「従う」、éρχομαι「行く、来る」、κεμαι「横たわる」など自動詞が多い。be 動詞の
現在時制は能動形の ιμí だが、未来は中動形の σομαι となる。ラテン語にも deponentia
と呼ばれる能動形欠如動詞がある。例えば、hortor「励ます」、irascor「怒る」、loquor「話
す」、obliviscor「忘れる」、vereor「恐れる」などで、これらは古い中動態の名残らしい。
が、ここでも hortor や obliviscor や vereor などは属格か対格の目的語をとる。
英語の受動態 にも中動態的な意味が見てとれる。とくに感情を表す場合である。例えば、
We were all really surprised at the news.
I was disappointed in him.
She is quite satisfied with her grades this term.
これらは by 以外の前置詞をとっていることからも分かるように、「驚かされる」から「驚
く」という中動態的/自動詞的意味に変わっている。逆に言えば、他動詞を自動詞の意味で
使うときは受動態にすればよいということになる。もう一つの方法は再帰代名詞を使うこ
とである。例えば、
She enjoyed herself playing golf. (この例では herself は省略可)
このような動詞をフランス語では代名動詞と言い、けっこうたくさんある。それは、フラ
ンス語などロマンス諸語では deponentia が消失したからである。
英語の意味地図
他動的 ←――――――――――→ 中間的 ←――――――――――→ 受身的
←―――――― 受動態 ――――――→
←―― 自動詞 ――→
←―― 再帰的 ――→
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
92 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content