close

Enter

Log in using OpenID

ダーウィン空襲70周年記念

embedDownload
ダーウィン空襲70周年記念
ダーウィン市議会
Frontline Australia
1942 年2月 19 日に起こった戦慄の出来事は、その数週間前に行われた真珠湾
攻撃のように衝撃的で計画的なものだった。それは、これまで外国からの侵略
を受けた事のない土地に戦争をもたらした。
ダーウィンへの最初の空襲は、オーストラリアの政治的、軍事的指導者の最も
恐れていたことを確証するものであり、 オーストラリアの歴史において最も凄
惨な非常事態に直面することとなった。
ダーウィンへの空爆と北オーストラリアでの戦争の影響は、オーストラリアに
暗い影を残した。何千人もの民間人や軍人が、この戦争により人生を翻弄され
た。そして毎年、生還者とその家族はダーウィンにて追悼集会を開いている。
最初の空爆から 70 周年を迎えるにあたり、戦争を経験した年配世代は、戦争の
悲惨さと平和の尊さを忘れないよう、次世代へ熱心に語り継いでいこうとして
いる。
2012 年 2 月には、この重要な式典において節目を迎えます。 オーストラリア
に戦争がもたらされたこの日に、この悲惨な出来事に勇敢にも立ち向かった
人々に敬意を表し慰霊式典を開催いたします。
“ 我々に平和と繁栄、そして発展をもたらすため、仲間達は死んだ。
我々に与えられた義務は、生きること、そして戦争の灰から立ち上がる新たな
ダーウィンを築いていくことである。 ”
1948 年 2 月 19 日 追悼式典
行政長官 ミック ドライヴァー演説より
”ダーウィンは爆撃を受けたが、征服しなかった”
“我々は、不屈の精神で最初の攻撃に敢然と立ち向かい、この先何が待ちうけ
ようとも、我々はオーストラリア人であることを忘れず、執念深く勝利を信じ
て戦っていかなければならない。”
“ダーウィンに落ちた爆弾に、そして巻き込まれ失われた命に、 引き起こさ
れた苦しみに、勝利を誓おう。そして、戦いに備えて気を引き締め、全力を尽
くそう”
“我々は、オーストラリアの全ての街において、この猛攻撃に勇敢に立ち向か
うことが出来る。それは、我々民族に受け継がれる本質である。”
John Curtin 首相
1942 年 2 月 23 日
1948 年 2 月 19 日 悼式典にて
行政長官 ミック ドライヴァー演説より
64 回 ダーウィン空襲
33 回 北オーストラリアその他の地域への空爆
3,000 人のダーウィン市民が避難
国民が団結しました。
1942 年 2 月 19 日、オーストラリアを永遠に変えてしまう出来事があった。オ
ーストラリアはダーウィンにて敵軍の空爆を受けた。
政府が発表した死亡者数は 240 名、負傷者は何百人にも及んだ。21 ヶ月にも及
ぶ北オーストラリアへの攻撃で、それ以上の死亡者と負傷者を出した。
それは、ダーウィンに住む人々の不屈の強さとオーストラリア人の精神を強調
するオーストラリアの歴史の大きな局面のひとつであった。
70 年を経て、思い起こす
2012 年、ダーウィン市議会は、北部準州政府と地方団体と共に、ダーウィン空
襲 70 周年を記念し、2 週間開かれるこの慰霊式典では、北方辺境を守るために
戦った人々や、悪夢の恐怖の中、避難を余儀なくされた人々を追悼します。
ダーウィン復興は、勇気と決意もって行われ、我々の町を形作った。追想する
こと、それは、その決意に敬意を表するものである。
この式典は、北部をまたがり受けた幾度もの攻撃により、奪われた命を讃える
ものであり、オーストラリア人の次の世代がこの歴史を忘れることのないよう
執り行われる。
イベントに含まれるもの:
・ ダーウィン戦没者慰霊碑にて記念式
・ オーストラリア軍による初空襲の再演
・ ダーウィンコンベンションセンターにて礼装パーティー
・ アデレード川、戦争墓地へ追悼ツアー
・ その他ツアー
・ 政府および地域のアートイベント
歴史的慰霊式典への招待
登録要領
電話:+61 8 8930 0685
E メール:[email protected]
ウェブサイト:www.frontlineaustralia.com.au
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
279 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content