close

Enter

Log in using OpenID

誕生日のケーキの話 私は料理を作ることがぜんぜんできません。母も

embedDownload
誕生日のケーキの話
私は料理を作ることがぜんぜんできません。母も祖母も妹たちはみんな料理
を作ることが本当に上手です。家族の中で私だけ下手です。
去年、彼氏の誕生日においしいケーキを作るつもりでしたから、スーパーで
色々な物を買いました。祖母は沢山甘くておいしいケーキを作ることができますか
ら、手伝ってくれるつもりでした。でも私は「だめ、だめ一人で作りたい」と言い
ました。
料理法が分からなかったですから、料理法のとおりに作りませんでした。菓
子を作って、オーブンに入れました。あとで詰らなくなりましたから、私の部屋に
本を読みに行って、ケーキを忘れました。1時ぐらいのあとでおかしい臭いを嗅ぎ
ました。台所に走って、オーブンからケーキを出しました。ケーキは黒くて、ぜん
ぜんきれいではなくて、そしていやな臭いがありました。新しいケーキを作る時間
がありませんでしたから、この悪いケーキの上にホイップクリームと苺を置きまし
た。ケーキはすぐかなりきれいになりました。
夜、彼氏は来ました。「きれいなケーキだよ。ありがとう。」と言いました。
でもケーキの一切れを食べたら、おかしい顔色になりました。彼は「これはちょっ
と。。。」と言いました。私も一切れを食べました。「まずい」と言いました。砂
糖を忘れましたから、ケーキは甘くなくておいしくなかったです。彼氏は「来年レ
ストランへ行こう」と言いました。あの悪いケーキは私の犬にあげました。犬はケ
ーキをすぐ食べました:犬だけは私の料理が好きです。
Tereza Lutovská
I. ročník japonská studia FF UK Praha
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
57 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content