close

Enter

Log in using OpenID

口 ① 形と食生活

embedDownload
口
① 形と食生活
●
吸う口
樹液や花の蜜などを吸う昆虫は管状の口となる。
管状に見えるが、左右が合わさってできている
(もとは大あご)
。
オサムシやバッタ、スズメバチは噛む口。セミやカは
刺して吸う口、カブトムシやハエはなめる口だ。
昆虫の食生活が形として現れている。
●
昆 虫の体の構 造
昆 虫の体の構 造
口器の形は食物と摂取方法により決まるようである。
噛む口(1)
オサムシの口は獲物の小動物を噛み、体液を吸
収する。軟らかい肉は飲み込んで食べること
(p124)
もある。
(p40)
味は口ひげで感じる。
下唇ひげ
小あごひげ
大あご
小あご
小あごひげ
大あご
下唇ひげ
上唇
頭楯
触角
触角
複眼
複眼
アオオサムシの頭部と口の構造(背面)
●
アオオサムシの頭部と口の構造(腹面)
噛む口(2)
アブラゼミ
イチモンジセセリ
普段は丸めているが、長い口を伸ばして花の蜜などを吸う。 針のような長い口を持ち、これを刺して樹液を吸う。口針(こうしん)という。口針
(p204)
(p110)
はふだんはさやに納まっていて、それらをあわせて口吻(こうふん)という。
チョウ・ガの仲間の口器は大あごが退化し、小あごが細長
い管状になった。
●
バッタの仲間は葉・茎を噛み切り、噛み砕く。
その働きをするのが大あごだ。
植物体は消化しにくく、細胞を
壊して養分を吸収する。
なめる口
樹液や花の蜜などを吸う昆虫はブラシ状、管状、
筒状などの口となる。
頬(ほお)
トノサマバッタの口器
大きな歯(大あご)と
それを動かす筋肉が必
要で、大きく頑丈な頭
部となった。
左は分解して内側から
見たところ。ナイフの
ような大あごの先端で
切り取り、奥の平らな
ところでつぶす。大あ
ごは左右で形状が異な
り、噛み合うようにな
(p94)
っている。
16
大あご
頭楯
上唇
小あご
小あごひげ
下唇ひげ
大あご
下唇ひげ
小あごひげ
カブトムシ
下唇が変化してブラシ状となった口。
(p131)
樹液や果実の汁を吸う。
セイヨウミツバチ(働き蜂)
噛むための大あご、その奥に下唇が
(p157)
変化した吸収用の筒をもつ。
ハエの一種
(p168)
上唇が筒状になっている。
17
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
332 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content