close

Enter

Log in using OpenID

PDFデータを開く 0.63MB

embedDownload
広 報 み すみ
わ がむ らの 昔 ば な し
和尚さんと小僧
ず っと 昔 の こ と で す 。山 の
僧 は 今 だ と 思 っ て ﹁ は い 。﹂
と 削 り 始 め まし た 。 そ こで 小
を ゆで て か つ を 節 を ガ ス ガ ス
て出 て来まし た 。
﹂ ﹁え え 、
事かい 。
﹂ ﹁ い や あ ん ま り ツ
ルッ ル言わ れるから私 かと 思 っ
子 供 の 時 、 寝物語 に 聞 いた 忘れ ら れ ぬ 、昔 のも の が た り
中 の 高 い 所 に 和 尚 さ ん と小 僧
く りし た和 尚 さ ん は ﹁ な んだ
を 食 べよ る と こ ろ だ が 、ま あ
仕 方 がな い お 前 に も 食 わ せ る
困 った も ん じ ゃな I 今 う ど ん
べよ うと 、小 僧 が寝 て か ら
お 前 は 、今 頃 ど う し た ん じ や 、
と 言 っ て出 て き まし た 。 び っ
﹁ う どん やそ ば﹂を 一 人 で 食 べ
か ら 、行 儀 よ う 食 べん に ゃい
僧 と い っ ても だ れ か 判 ら ん か
日 、和 尚 さ ん に ﹁ 今 度 か ら小
ろ う。
﹂ と 相 談 し ま し た 。翌
ん と か和 尚 さ ん の 食 べる 時 に
起 き て出 て 、 一 緒 に 食 っ て や
﹁ ウマイ ウ マイ 、と 呼 んで じ ゃ
た。
﹁ どうしたん じゃ 。
﹂
も﹁ はい 。
﹂と起 きて 来ま し
て 食 べま し た 。
こ れ を 聞 い た三 番 目 の小 僧
けん ぞ 。
﹂それ から二 人揃 っ
別 に 呼 び ゃ あ せ ん じ ゃ った ぞ 。
﹂
ら名 前 を つけ て く だ さ い 。
﹂
俳
句
清 風 句 会
︵八月︶
上田 雪 子
風 うけ ては ば た く如 き芭 蕉 かな
宮 垣 蔦 女
沖村美智子
ほ 2乙みを くれ た あ の人 走 馬 燈
走馬 燈 亡 き母我 の胸 照 ら す
山 野 タ ケ子
民子
風に揺るかたつむり負ふ芭蕉の葉
仁保
藤 木 常
旅人 や芭 蕉 の影 にひ と休 み
寄 る年 にま た不 整 脈走 馬 燈
池 田 久 子
麻 痺 の手 を さ さ えて拝 む芭 蕉 寺
斉 藤 元
高 崎 は ま子
ケ ロ イド の手 に せ る数珠 や 原爆 忌
万 緑 を 祷 に阿 蘇 の寝 釈 迦 かな
ッ ルと つけ て く だ さい 。
﹂
だ な、お前 は 。
﹂ ﹁ 私 はツ ル
うかの 。
﹂ ﹁ 私 は ガ ス ガ スと
つけてくだ さい 。
﹂ ﹁ 妙な名
を も ら って ツ ルッ ルと い っ て
せ て や る か ら の l 。﹂ う ど ん
んに、お前にはうどんを食わ
た 奴 じ ゃな l 寝 と り ゃえ え も
か ら 出 て 来 ま し た 。﹂ ﹁ 困っ
﹁ い や ガ ス ガ スと 呼 ん で じ ゃ
ということです。
ガス 、 ツ ル ッ ル 、 ウ マ イ ウ マ
イ 、 と う ど ん を 腹 一杯 食 べ た
ん な ら お 前 も 一 杯 食 べい よ 。
﹂
と う と う三 人 の小 僧 が 、’
ガス
いけんけど仕方がないわ、そ
び ゃあせ ん よ 、 今頃 起 き ち ゃ
句 座 敷 の庭 に ひろ が る芭 蕉 かな
永 田 石山
選 者 追 吟
﹁そうか い、 ツルッ ルか三 人
食 べ始 め ま し た 。
ツ ルッ ル、 ウ マイ ウ マイ か ま
じ や、 寝 た か と 思 う と っ た 何
が ﹁ は い 。﹂ と 言 って 奥 か ら
出て来 ました 。
﹁ ど うした ん
そ う す る と 、 二 番 目 の小 僧
で は か つ を 節 を 、 ガ ス ガ スと
削 ら ん な あと 感無 量 で あ る 。
こ の昔 ば なし を思 い出 し 、今
私の お母 さん
目 は。
﹂ ﹁私 は ウ マイ ウマイ
と つけてくだ さ い。
﹂ ﹁ 妙な
あ え え は そ う し よ う| 。
﹂
その夜、小僧が寝たふりし
斉 藤 元 宣
ていると、和尚さんがうどん
今 で も う ど ん を食 べ ると 、
名 前 ば か り だ な ガ ス ガ ス、
﹁ そうか何と いう名 前 にしよ
から和尚さんが呼んだと思っ
て出 て来まし た 。
﹂ ﹁ いや 呼
ふりをし て聞 いて おり 、
﹁な
て い まし た 。小 僧 た ち は 寝 た
さ ん は 一人 で う ま い も の を 食
三 人 が 住 ん で い ま し た 。和 尚
( 10)
61. 9. 1
短 歌
三隅短歌会
︵八 月 ︶
安藤 芳 江
柴 山 の谷 川 道 を 踏 み ゆ けば ぬ れ
伊藤 シ ズ エ
ぬれ 咲 け る山 百合 の花
立 間 雅子
対 岸 の仙 崎 港 に夕 の灯 の彩深 み
ゆ く花 火 待 つ間 を
悲 惨 な る戦 の名 残 り かび っ しり
久行 コト
と珊 瑚 の覆 える船 姿 映 さる
堤 防 に刈 り 残 さ れ し紅 カ ン ナ炎
古屋 博 子
暑 の中 に たぢ ろ か ず咲 く
夏 ま昼 の うぜ ん か っら 咲 き満 ち
吉 村 恵 子
て黒 き揚 羽 は 群 がり て 舞 う
きり ぎ り すの声 聞 く夕 べ秋 立 て
臼井 麻 子
り木 立 ちを通 る風 のす が し も
月光 に ほ の かに う かぶ夕 顔 は香
平川 喜 敬
放 ち て ひ と夜 を も ゆ る
水遣 れば木 草 の ほ めき去 り ゆき
て朝 ひ と どき の ひや や かな風
生島
中 野 由 美 子 ち ゃ ん︵6 歳 ︶
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
615 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content