close

Enter

Log in using OpenID

GKH019304

embedDownload
51
『
チ ャタレイ事件公判速記録』
中
西
善
弘
,
イギ リスで も稀有の天才であ り 「
世界文学史」 において も特異の地位 を占める芸術家,D.
H.ロ レンス (
D.H.La
wr
e
n
c
e
)の問題作 ,
『
チ ャタレイ夫人の恋人』(
Lad
y Chat
t
e
T
・
l
e
y'
s
エ ッセイス ト
Lou
e
T
・
)は,我が国において平成 8年11月30日,伊藤 整,そ して伊藤 礼 (
日本大学教授) とい う親子二代 にわたる 「
無削除完全訳」が新潮社か らようや く出版 されて
(
I
)
「ひとつの仕事」 を完成す るに至 った。
』「復権元年」 とい
チ ャタレイ夫人の恋人
そ うい う意味で,平成 8年 とい う年は,いわば 『
うきわめてシンボ リックな年である。翌平成 9年 には,この 「
チ ャタレイ裁判」の歴史的記録
文学書 ともい うべ き伊藤
整の小説的ノンフィクシ ョン 犠 剛
の復刻脇 明 妹編の ように し
て晶文社か ら出版 された。
ほぼ半世紀 も以前の 「
チ ャタレイ事件」の ことをい まの学生 に尋ねて,返答で きない ものが
十中八九いた として も驚 くにあたらない。時は流れ,世の中の状況 も社会の認識 も変化 したで
あろうか らこそ, こうい うことを再考する必要があると思われる。
本稿 では,筆者が発見,入手 した東京地方裁判所 ならびに東京高等裁判所 によって作成 され
,
た 『
チ ャタレイ事件公判速記録軒 をもとに 「
チ ャタレイ事件」のあ らま しを瞥見 し, この事
件が有す る今 日的意義 について触れてみたい。
「
チ ャタレイ事件」 とい うのは, こうである。 イギ リス中部のノッテ ィンガムシヤー出身の
チ ャタレイ夫人の恋人』の 日本語 による 「
完全訳」が昭和2
5年
作家 ,D.H.ロ レンスの小説 『
4月2
0日お よび 5月 1日に上下 2巻
,「ロ レンス選集」の主要作 品 として小 山書店か ら出版 さ
2カ所 に及ぶ記述が 「
猿嚢文書」 にあたるとして警視
れた。が,同年 6月に上下 2巻 にわたる1
庁 に押収 された。発行人小 山久二郎,そ して訳者伊藤
整が刑法 1
7
5条で罰すべ きもの として
2日に起訴 され,昭和26年 5月 8日に東京地方裁判所で開始 された裁判である。「
チ
同年 9月1
ャタレイ裁判」 は東京高等裁判所 か ら最高裁判所 まで検察側被告人側双方による上告 につ ぐ上
,
2年 3月1
3日に決着 し 「
発行人罰金2
5万 円,訳者
告が続 いた。そ して起訴か ら 7年後の昭和3
罰金1
0万円」 とい う判決が最高裁判所大法廷で確定 した。
6回 もの公判が行 なわれた。『
チ ャタレイ事件公判速
この大 きな文学裁判では,総計する と3
記録』 に照 らし合 わせ て,公判の 日程 と出廷 した顔触れを列挙 してみると以下の通 りである。
第 1回公判 (
昭和2
6年 5月 8日)
中込防暑検事起訴状朗読。弁護側公訴棄却 を要求。中込断尚検事冒頭陳述。
第 2回公判 (
昭和2
6年 6月 2日)
弁護側冒頭陳述。中込研尚検事起訴状釈明。
第 3回公判 (
昭和2
6年 6月 5日)
52
天 理 大 学 学 報
英文学研 究家三宅一朗証 人 (
検 察側 )。 日本 出版協 会会長石井満証人 (
検察側)0
第 4回公判 (
昭和 2
6年 6月 7日)
弁護側釈 明。伊藤
整被 告 『
チ ャタ レイ夫 人の恋 人』内容説明。 国会図書館長金
森徳次郎証 人 (
検察側)
。
第 5回公判 (
昭和 2
6年 6月1
9日)
伊藤
整被告 『
チ ャタ レイ夫人の恋 人』序文説 明。 日本 キ リス ト教矯風会会長 ガ
ン トレッ ト恒証人 (
検察側)。
第 6回公判 (
昭和 2
6年 6月21日)
東京 医師会理事森 淳男証人 (
検 察側 )。評論家 阿部真之助証人 (
検察側)。
第 7回公判 (
昭和 2
6年 6月2
3日)
都 立小 石 川高校 長 沢 登哲 -証 人 (
検 察 側)。交 野 女 子 学 院長 束 ま き証 人 (
検察
側 )。
第
8回公判 (
昭和2
6年 7月 5日)
検 察側 ,弁護側双方 の主張の整理。
第 9回公判 (
昭和 2
6年 7月 7日)
東京教 育 大 学文 学 部 長福 原麟 太 郎証 人 (
弁 護 側)。評論 家 神 近 市 子 証 人 (
弁護
側 )。
第1
0回公判 (
昭和 2
6年 7月1
4日)
国学 院講 師吉 田健 一郎 (
弁護側 )
o東京工大教授宮城音弥証人 (
弁護側 )
0
第11回公 判 (
昭和2
6年 7月1
7日)
東京工大教授 宮城音弥証 人 (
弁護側 )。東大講 師吉 田精一証 人 (
弁護側 )。
第1
2回公判 (
昭和2
6年 7月2
6日)
文部省督学官駒 田錦 -証 人 (
検 察側 )。東京女子大学長斎藤
勇証 人 (
検察側 )。
第1
3回公判 (
昭和2
6年 7月31日)
映画倫理規定管理委貞会委員長 ,元東宝社長渡辺鏡蔵証人 (
検察側)。
第1
4回公判 (
昭和 2
6年 8月 2日)
お茶 の水 女子大教授 ,心理学者波多野完治証人 (
弁護側 )。
第1
5回公 判 (
昭和 2
6年 8月 4日)
政治評論家岩淵辰雄証 人 (
弁護側 )。
第1
6回公判 (
昭和 2
6年 8月 7日)
検察側 ,弁護側双方 の主張 の整理。
第1
7回公判 (昭和26年 9月 8日)
東京 ,神 田, 自動車修 理工場 主宮 川 まき証 人 (
検 察側)。警視 庁 防犯課長宮 地直
邦証 人 (
検察側 )。
第1
8回公判 (
昭和 2
6年 9月1
1日)
津 田女子大学教授 ,学士院会貞土居光知証 人 (
検 察側 )
0
第1
9回公判 (
昭和 2
6年 9月1
5日)
検 察側 ,弁護側双方 の主張 の整理。
第2
0回公判 (
昭和 2
6年 9月1
8日)
文部省督学官駒 田錦 -証 人 (
検 察側)。映画倫 理規 定管理委 貞会委貞長 ,元東宝
社長渡辺鏡蔵証人 (
検 察側 )
0
53
『
チ ャタレイ事件公判速記録』
第21
回公 判 (
昭和 2
6年 9月2
0日)
東京女子 大学長斎 藤
勇証 人 (
検 察側)。東 京工 業大学教授 宮城音 弥証 人 (
弁護
側 )。
第2
2回公判 (
昭和 2
6年 9月2
5日)
農業峰岸東三郎証人 (
弁護側)。舞台芸術学 院講師医師野尻与顕証 人 (
弁護側 )。
第2
3回公 判 (
昭和2
6年 9月2
7日)
日本女子大学教授 児玉
省証人 (
検察側 )
。
第2
4回公判 (
昭和 2
6年 1
0月 6日)
小 山書店取締役高村
昭証人 (
弁護側 )。
第2
5回公判 (
昭和 2
6年 1
0月11日)
岩波書店取締役会長堤
常証 人 (
弁護側 )
。創元社社 長小林
茂証 人 (
弁護側 )。
東大大学 院学生城戸浩太郎証人 (
弁護側 )。
第2
6回公判 (
昭和 2
6年 1
0月1
3日)
横浜 医大教授 森 山
豊証 人 (
検 察側 )0
第2
7回公判 (
昭和2
6年 1
0月1
8日)
文芸家協 会会長青 野挙 警証 人 (
弁護側 )
。 日本 ペ ンクラブ副 会長,芸術 院会 員豊
島与志雄証 人 (
弁護側 )。
第2
8回公判 (
昭和2
6年 1
0月2
3日)
日本 出版 協 会 会 長 石 井
満証人 (
検 察 側)。東 京工 業 大 学 助 手 宇 留 野 藤 雄 証 人
(
職権 に よる証 人)。東京竹台高校 生徒曾根 千代子証人 (
弁護側 )。
第2
9回公 判 (
昭和2
6年 1
0月2
5日)
検察側 ,弁護側双方 の主張 の整理。
第3
0回公判 (
昭和2
6年 1
0月3
0日)
お茶 の水女子大教授 波多野完治証人 (
弁護側)0
第31
回公判 (
昭和 2
6年 1
1
月 6日)
検察側 ,弁護側双方 の意見の整理 お よび伊藤
整,小 山久二郎両被 告 に対す る最
終訊 問。
第3
2回公判 (
昭和 2
6年 1
1月2
2日)
検察官論告。
第3
3回公判 (
昭和 2
6年 1
1月2
8日)
正木
ひろし
具主任弁護 人弁論 (
その 1)0
第3
4回公判 (
昭和 2
6年 1
1月2
9日)
環
昌一 ,環
直弥両弁護 人弁論。
第3
5回公判 (
昭和 2
6年 1
1月3
0日)
中島健蔵 ,福 田置窄両特別弁護 人弁論。
第3
6回公判 (
昭和 2
6年1
2月 3日)
正木
具 主任弁護 人弁論 (
その 2)。伊藤
整,′
J
、山久二郎両被告最終弁論 。
第3
7回公判 (
昭和 2
7年 1月1
8日)
判 決。
0年代 の 日
ここに リス トア ップ した検察1
恥 被告 人側双方 の証人の顔 ぶ れ を考 える と,昭和2
54
天 理 大 学 学 報
本の最高知識人たちの 「
人名索引」がで きあが る。 とくに被告人証人の証言 は どの人物の証言
ち,思想 的に も強敬 な意志 において も説得力 に富み,証 人の言質はすべ てが理路整然 としてい
る。 日本 で最初の文芸濃褒裁判 を彼 らは驚 くほ ど精魂 こめて勇敢 に戦 っていることが分か る。
伊藤
,「青野季吉 と豊 島与志雄 と広津和 郎 と中島健蔵が,起訴騒 ぎ
整 は公判当時 を回想 して
の前後 に検事局へ行 って,検察側の善処 を求 めたことを知 った時 に,私 はほ とん ど交際 とい う
もの もない この人々の動 きに驚 いた。そ して,それ を機 会 に,文芸家協 会が動 くようにな っ
て, 自分が全 く予定 しなか った支持が文壇 に広 く起 こっていることを,ほ とん ど驚 きの念 をも
って私 は理解 したのである」
4
'
と述べ ている。 と くに文芸家協会の会長 を務 め,あわせ て 日本ペ
』『ア ン ドレ ・
ンクラブの副会長 の要職 にあ った青野季吉,特別弁護 人で Fフランス文学入 門
ジイ ド研究』等 々の著書が あ った東京大学講 師中島健蔵
,F芸術 とは何 か』の著書や
女達 j 『カクテル ・パ ーテ ィ』の翻訳 があ った特 別弁護 人福 田伍有 は,正木
環
具,環
『
恋す る
昌一,
直弥 といった東京大学法科卒の本職弁護士 を補佐 して余 り有 る役割 を担 った。
なかんず く,福 田恒有 が 「
最終弁論」 お よび 「
最 終 陳述」の なか で行 なった立証 は,予言
壷,意義
壷とLIあ占レ
ス を高 く評価す る試み といえよう。我が国の「ロレンス学」の鳥富 者
ともい うべ き福 田伍有 の ロレンス観 は,鋭 く繊細 な直観 の働 きが見 られ,客観的な論理のはこ
びか たに貫かれてい る。立証 のエ ッセ ンス を (要 旨)とい う形 で簡単 に紹介 してお きたい。
(要 旨 )が簡潔 な く解説 )として理解 されるであろうか らである。
1.E
jレンスの思想に即 しての 「
猿泰の定義」
(要 旨)
ロ レンス は,性 の 「
秘密性」 と性 の 「
慎 しみ」 とは同 じで ない こ とを強調 し,性 の 「
慎し
,
秘密
み」 をな くしてほならない と主張す る。「
慎 しみ」 とは性 にたいす る敬虞 な感情 であ り 「
性」 とは無用 な恐怖感 であ る。そ して濃褒文書 の特徴 は,性 の 「
秘密性」,即 ち性 を秘密 な も
の としておいて,それ を くす ぐってやることにある。つ ま り, くす ぐられる快感 を生 じるため
には,性 を秘密 に してお く必要がある とい う心理 を栄泰文書の作成者 は, じつ によ く心得 てい
る。
2,E
jレンスの思想の敷石‡
(要 旨)
Cl
i
fo
r
d) を否定 したのは, 自分 の うちに
ロレンスがチ ャタ レイ夫 人の夫, ク リフ ォー ド (
あるク リフォー ド的な もの,すべ ての現代 人の うちにある 「
個 人的 自我」 を否定 しようとす る
表 出である。 クリフォー ドとい う人間は,他 人に対 して, よ り多 くは人間全体 に対 して,信頼
感 を喪失 している現代 人 として念入 りに描 かれている。 この 「
信頼感 の喪失」か ら,人間は 自
,
孤独」 に陥 り,他 人か らの 「
脅威」 を感 じる。そ して この
分 だけ しか頼 る ものが な くな り 「
脅怖感か ら脱け出す ために,つねに自分 を他 人 よ り 「
優越す る地位」 に置いておかなければ不
hebi
t
c
hg
o
dde
s
sSuc
c
e
s
s
'
) とは, この ロレンスの
安 でな らない。例 の 「
成功」 の牝大神 (t̀
いう 「
優越意志」,成功 して 自分 を優越せ る立場 にお きたい根性 を表 わ している。 ク リフ ォー
ドの正体 は,結局, 自尊, 自己主張,倣慢 ,優越意志,利 己心のか たま りである。それは 「
意
志の悲劇」 と診断で きる。
55
『
チャタレイ事件公判速記録』
3.ロレンスの作品中の人物の型による思想の解鋭
く要旨)
。『チ ャタレイ夫人の恋人』 に
ロレンスの作品には,三種類 の類型化で きる人物が登場す る
Co
ns
t
nc
a
e)
,B 型 はメラーズ (
Me
l
l
o
r
s
)
,C 型 は ク.
)
ついていえば,A 型 はコンス タンス (
対立」 している。B 型
フォー ドである。 この うち B 型 と C 型 とは両極端 を表わ し,互い に 「
知性
とは原始生命 を保有 した 「自然人」,C型 とは文明化 され機械化 された ヨー ロ ッパ 的 「
人」 を表わ している。その他あ らゆる反対概念 をこの両者 に附す ることがで きる。B 型 は性
的健康,それに対 して C 型は性的不健康。 また B 型は 「
無意識 なる肉体」であるの に反 し,
C 型は 「
意識せる精神」。即 ちギ リシャ神話 に例 をとれば,B 型は 「デ ィオニュソス神」であ
り,C型 は 「アポロ神」であるO外観 的特徴 をあげれば,B型 は黒褐色 の毛髪 をもち,或 は
ひげをはや している。C型 は白色の皮膚 で,ブロン ドの髪 の毛 をもってい る。B型が しば し
ば壇せていなが らどこかに鋭い生命力の弄 りを感 じさせ る肉体 の持 ち主であるの に反 して,C
型は筋骨質で頑健 であるか,頑健 でな くともごつ ごつ した肉体 の所有者であ る。A 型 は,B
型 と C 型の両者 に通 じなが ら,即 ち,B 型 ,C 型の どれ とも結 びつ く可能性 を有 しなが ら,
そのデ リケイ トな感受性 のため につね に 「
受 身」の立場 に立 って,B型 ,C型両者か ら 「
牽
引」 されている。そ して A 型の人物が ロ レンス 自身である。 ロレンスの生涯 と作 品 とを概観
してみると,つ まるところ,この A,B,Cの三類型の組み合 わせの変化が顕著 にみ られ,そ
の変化 に応 じ,ロレンスの思想の深化 を跡づ けることが可能になる。
4.ロレンスの思想の最後的段階
(要旨)
ロ レンスの思想 は,初期,中期,後期 の執筆段 階で変化 してゆ く。『
チ ャタ レイ夫 人の恋
人』 は,この第三段 階 に位置 し,そ こでは B 型の勝利 と C 型の敗北がみ られ る。 この B 型
の勝利 とは A 型が B 型 を受 け容れたのであるか ら,当然 A+B 型 として表 わ される.その一
番 はっきりしている例が メラーズである。『
チ ャタレイ夫人の恋人Jで ロ レンスはは じめて 自
己の理想 を肯定的に描 いた。それ以前の作品では世間か ら容れ られないだけではな く,一人の
女性か らも十分 に理解 されなかった A+B 型が
,『チ ャタレイ夫人の恋人』ではは じめて 自分
を真 に理解 し, 自分 とともに 「
創造の神秘」 にひた りうる女性 を創造 しえた。C型の敗北 よ
りは A+B 型の勝利 と希望 とを暗示 したのである。 自分の理想 を受 け容れ られる女性 を創造 し
えたのである。当然 『
チ ャタレイ夫人の恋人』では過去の作品において試み られた 「
単 に一つ
の型の性」 (
個 人的,皮相 的,一時的 な慾 望)を否定す るや りか た とは ちが って,根 源 的な
「
創造の神秘」 につながる性 (
奥深い,非個人的な偉大 な慾望)の型 を描 こうと試みたのであ
る。それで もメラーズはコンス タンスが この 「
永遠の流れ」 にひたれる女性であることを直観
しなが ら, ときお り自信が もてな くなって,身 を退けようとする。性 を汚 した くない と思 って
永遠の流れ」 にひたって不動 の姿
「
孤立」の うちに閉 じこもろうとす るO これは,つ まり,「
勢 をとっている人物の象徴 である。即 ちロレンスは,「
性 の解放」や 「
性 の 自由」 を叫 んでい
るのではないのだ。彼 は C型の多い現代社会では,それがいか に危険であるか を感 じ, しば
らく 「
孤独」の うちにあって性 についてよく考 え,その 「
意識面の解放」 を しようと述べ てい
るのである。
56
天 理 大 学 学 報
5.誤読の可能性 について
(要 旨)
検察官が力点 をおいているのは,文学の社会的影響である。そ して検察官 自身,「
誤読」 も
無理はあるまいという証言 を様 々な証人か ら得 ようとしている。「
文学のわか らぬ」 ピュー リ
タン斎藤 勇証人,土居光知証人の如 きは, ともに 「
誤読」 していたと考えられる。仮 りに問
題の書が 「
誤読」の可能性の多い作品だと仮定 して,それだか らといって,いや しくも法律的
にこれを裁 き,罪人を出すか どうか という重大な問題 において,その基準 を 「
誤読」 にお くと
い う馬鹿げたことが許 されてよい とは思われない。百人中八十人 まで,いや全部が全部 「
誤
誤読」 という言葉が成
り立つ以上,そこに 「
正読」の余地があることを
読」 したとして も,「
■●■■■●●■●●●●■■●●●●■●●●■■●■●●■
認めたことにはかならない。裁判 とは外見上の誤解 をほ ぐして 「
正解」 に至るまでの手続 きを
意味する。
6.伊藤
室の 『
チ ャタ レイ夫人の恋人」
】を訳 した必然性
(要 旨)
明治以後の日本の文学史において,その主流をなしたものは 「
私小説」である。あまりにも
私はか くも情 ない,下 らない人間
日本的な文学である 「
私ノ
J
、
説」 とは, 大 ざっばにいえば,「
である」 とい うような自己告 白が遠謀 と続 き,そ こに拝情がただよう文学である。伊藤 整
私 は悪者 だ」 とい う口実の もとに 「
誠実」 を売物 にす る 日本 の 「
私小説」 を 「
出家遁
は,「
逃亡奴隷の文学」 として批判 し,「
私小説」の伝統 に反逆 していた。即 ち,人間
世」の文学,「
の外面的行動を因果の必然性 に頼 って書 く手法に異 を立て,人間内部の意識の世界 を描 く文学
誠実」 を売物 に した くない。 しか
作品を書 こうとした。「
誠実」 な作家であればあるほど,「
0世紀の知識階級 として2
0世紀文学が内包する悪循環 と
し, 自意識の悪循環に苦悩する。同 じ2
対峠 したロレンスに伊藤 整は同伴者の意識 をもったのである。
福 田悟存が意図 した立証
(
5
)
は
,詰 まるところ 『
チャタレイ夫人の恋人』が ロレンスの 「
最後の
小説」であ り,彼の思想がそのなかに全部表現 されているということである。 ロレンスの 「白
鳥の歌」 ともいうべ きこの小説の思想は,それ以外のロレンス作品に描写 された思想 とも首尾
,
チャタレイ夫人の恋人』は,ロレンス仝著作の
一貫 した緊密な連関性がある。換言すれば 『
「
一部」であると同時に 「
全体」で もある。その ようにロレンスの思想 も今世紀の思想史上,
「
一部」であると同時にその 「
全体」 を担 っているのだO
福 田恒存の弁論は,伊藤 整が 『
裁判』で言及 しているように,学問的にも貴重な収穫でこ
れまで我が国にはなかったロレンス論の最 もす ぐれたものである。
ちなみに福田伍存は,戦後,文芸批評や劇作の方面にさっそうと登場 した。が,彼ほど個人
2年に発表 した 「
一匹と九十九匹と
の 自我 に固執 し続けた思想家はまれである。例 えば,昭和2
-
ひとつの反時代的考察-
」 と題 された論貨 を一読 されたい。彼は 『
聖割
「
ルカ伝」第
1
5章 に注 目し,一匹の側 に立つのが 「
文学」であ り,九十九匹の側に立つのが 「
政治」だと主
集団主義」の病弊を批判するとともに,「
個人」の生命原理を追求すべ き点を力説 して
張 し,「
いる。終生,福 田伍存は,個人が社会に勝 ると徹底 した 「
個」の優位 を説 き,保守思想のなか
でも 「
孤立者」 として 「
単独者」 として孤高 を保 ってきた。一見 して強烈な自我 を根拠 にして
平衡
いるようではあるが,あえてその私 は無であるとする生 き方 を選ぶ福 田恒存の思想 は,「
57
『
チ ャタレイ事件公判速記録』
(
7
)
感覚」 に立って生 きようとしたロレンスの思想 とオーバーラップする資質を窺わせる。
,
確かに現代人は 『
チ ャタレイ夫人の恋人』 において語 られているように,真の意味で血の
通った 「
生」,血の通 った結合 を喪失 して しまっている。金銭,階級意識,個 人的利害 という
結 びつ きかた しか理解で きない ように もみえる。事実,現代 は,卑近 な例 だが,離婚が流行
し, また離婚 しない夫婦 だ として も至高の強い信頼 がある とはい えな くなっているo現代 人
は,両性関係だけではな く,総 じてあ らゆる人間相互間の真の意味での結合を喪失 して しまっ
ている。そこにあるのは
「
不信」 だけである。そ こか
ら廷生する手立て としては 「
真の積極
コスモス
.IIJ■●●■
,
,
生」の リズムのある宇宙 と関係づ け られた偉大な法則,即 ち
的な血液的な接触」 を通 じて 「
「自然の再聖化」 を成就 しなければならないだろう。そのための一番本質的な通路が,男女関
係澱
ある。それが確立 されないうちは,あ らゆる女性,あ らゆる男性,国民,人種,人間
の諸階級の間にも,真の生の調和 は訪れないだろう。『
チ ャタレイ夫人の恋人』 において うち
だされているメラーズの 「
無階級性」の問題 とい うのは,そうい う観点か ら扱 われているので
あって,たんに地主貴族など 「
上流階級」 と 「
労働階級」 との反 目ということではない。 また
金銭 とい うの もそうで,人間相互の根源的な 「
生」の結合状態が失われると,それをわずかに
っな ぐもの として金銭が利用 される しかないのである。今 日,われわれは,幸福や希望や信頼
を金銭 とい う俗物的な打算的なものによって換算す る 「
次善の方法」 しか兄いだせ な くなって
,
,
いる。 このように論 をすすめてゆ くと 『
チ ャタレイ夫人の恋人』 こそは 「
対立」 を抱 えつつ
も 「
平衡感覚」 を貫 こうとする 「
個」の生命の書,小山書店主の言葉 を借 りれば,まさに生の
「
警世の書」 といって慣 らないだろう。
逆説的になるが,ロレンスはこの書のなかで
,『チ ャタレイ夫人の恋人』 を糾弾する敬
け
ではな く,支持する輩にも 「
対立」 を示 している。 ロレンス 自身が述べているように,彼の主
張が世間に流布 されて くれば,宙ぶ らりんな輩か らは支持 されないか もしれないのだ。つ まり
ロレンスは決 して帯 革の性革命論者ではない.彼 ほど性や愛や結婚 について真筆に考 えた作家
はいないだろう。断わってお くが, ロレンスの真意は,間違いな く 「
一夫 一婦制」である。 フ
ェ ミニズムの政治学か らすれば,ロレンスの精神 は反時代的 と映るかもしれない。性の解放論
,「誤解」 によって まつ り上げ られたの
者な らず とも, ロレンスは 「
誤解」 によって非難 され
だ。そ こに 「
本質的に悲劇の時代である」現代の病巣が存在す るのだ。
『
チ ャタレイ事件公判速記録』 は,この 『
チ ャタレイ夫人の恋人』に窺 えるロレンスの言い
分 を自己の戦い として正面か ら証明せ んがためにたちむかっていった 日本の インテ リゲ ンチア
各層 を代表す る文化的断面図 として実 に興味深い唯一の資料である。 これまでになかった画期
的な裁判の公式記録であるばか りではな く,それはまた 日本人の精神風土の実体 を明白に示 し
た完全 な証拠資料 となった。 まさに 「
生 きた民主主義の最高の読本」 と化 したのだ。
法治国家において 「
裁判」は人間を裁かなければならない。 しか しなが ら, この 「
裁判」が
●●■■●■●●■●●●■■●●●■■●
後世の歴史によって裁かれるの も事実である。伊藤 礼は,補訳 を終 えてこう書いている。
「
伊藤の家では,親子二代でチャタレイを訳 して,親子二代 で手錠 をはめ られたと週刊誌が
中略)- 昭和2
6年の日本は,解放 された 日本であ り,未来 に
書 きたてるか もしれない - (
向かって進む 日本であ り,チ ャタレイ事件が似合わないで もなかったが,平成 8年にチ ャタレ
。
j
ィで手錠 をかけ られるのは単 なる ドジとい う感 じがする 8
'
時代が変 わ り 「
社会通念」が変 われば,人間の評価 はおのず と変わる。なるほ ど,芸術 が
「
社会通念」 を陵駕 し問題 を提起す ることは よ くあることである。「
チ ャタレイ事件」 は,そ
の文化裁判のテス ト ケース として,風紀,社会思想,法律問題その他多様 な問題 に正面か ら
58
天 理 大 学 学 報
勇猛果敢 に挑戦 した。 こう したか ら くりが 「チ ャタ レイ裁判」のケース において, い まここに
生 きる人 間の 目か ら歴然 と見 えて くる。
血 を流 した翻訳 が, ようや く 「
原 文」 に即 した形 で改訂 され, 「
完 全復 活」 となった。以前
伏
せ
字
り削 除 されてい た箇所 を探 す ゲ ーム も一興 ではあ るが,「
原作」 が物語 る
●
●
●にされていた
●●●
魂 の真 の解放 に対す る鋭い洞察 をい ま一度各 「
個 人」の視点 か ら考察す るゆ とりを もたれ る よ
う希求 したい。
注
(1) 世界の出版界 と法曹界 を騒がせ世紀の数判に発展 した原作 F
チャタレイ夫人の恋人」は,イ
ギリスではペ ンギン ・ブックス杜 (
Pe
ng
ui
n Bo
o
kBLi
it
m
ed)が,「
削除版はロレンスの書いた
小説ではない」 と主張 して,「
無削除完全版」 を昭和35年夏 を期 して 「
ペ ンギ ン ・ブ ックス」
(p̀e
ng
ui
n Bo
o
kB'
)の一冊 として出版 した。 しか し,検察当局か ら公訴 された大裁判 となっ
た。昭和35
年1
1月 2日,裁判は出版社側勝訴 となって幕 を閉 じた。
Gr
o
ve Pr
e
s
s)が,ニューヨ
また,アメリカで もイギリスより1年早 くグローヴ ・プレス社 (
ークで完本 を出版 した。 これも裁判沙汰 となったが,出版社側の勝ちとなって結審 した。
(
2) 『裁判」の原形は,昭和2
6
年の暮れに 「中央公論文芸特集」に収録 されたルポルタージュ的報
告であった。伊藤 整はこれを昭和2
7
年筑摩書房か ら上梓するにあたって,この報告に加筆 を
ほどこし 『
裁判 が誕生 した。その後,昭和49年に新潮社版 F
伊藤 整仝剣
に載録 され,昭
和お年には旺文社文庫 として も刊行 された。今回の晶文社版 F
裁判』の復刻では,これまで公
表 されたことのない当時の新聞社関係のかな りの分量の写真が資料 として掲載 されている。厳
粛で忌博のない激 しい論争の様子などを視覚に訴 え伝 えて くれる貴重な証左 として妨林 とさせ
るものが窺える。
(3) F
公判速記録』は,手書 きによる,いわゆる 「ガリ版」 (
謄写版)印刷が A3サイズの和歓 に
なされ,折半 され,右端で綴 じられ,公判 ごとに,あるいは出廷 し発言 した人ごとにまとめ ら
れ,そのそれぞれに厚手の衰耗が付けられている。
(4) 「
改訂版へのあ とが き」5
65
頁- F
完訳 チャタレイ夫人の恋人』(
D.H.ロレンス著,伊藤
整訳,伊藤 札補訳,新潮文庫)
0
(
5) 蛇足 なが ら,福 田伍存が昭和2
6
年1
1月3
0日に 「チ ャタレイ裁判最終弁論」で行 なった陳述
は,翌年 7月に新註 を加 え再編集 され,シェイクス ピア,ジョイス,ガーネッ ト,エ リオッ ト
など新稿 を附加 して F
西欧作家論」 として増補 し上梓 される運びになる。
(
6) 『
福 田憧存著作剰 第 7巻 (
新潮社,昭和3
2
年)2
2
5
頁 -2
4
6
頁参照。
(7) この点 を決定づ ける裏付 け として,D.H.ロレンス著,福 田伍存訳 F
性 ・文学 ・検閲』 (
新
潮社,昭和31
年)の 「
あ とが き」のなかで福 田恒存は,「
青春時代の私の人間観に決定的な影響
を与えた外国の作家は誰か といわれれば,このロレンスただ一人をあげる。一人で も多 くロレ
ンスの理解者がふえることを希望するが,性が一度 も倫理の対象 となったことのない 日本で,
この書ははた してどの程度の効果をあげることか」 と感想 を吐露 している。
(8) 伊藤 礼 「
父 と私の F
チャタレイ夫人山 3
43頁- F
文蛮春秋」平成 8年11月号。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
364 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content