close

Enter

Log in using OpenID

イタリア1ローマ - 近藤博重のページ

embedDownload
《私のローマ滞在の理由を説明すること
はますます困難になる。海ははいって行
イタリア縦走
けば行くほど深くなるが、この市の見物
もまったくそれと同様である。過去を知
らないで、現在を知るということはとう
て い 出 来る も ので はな い 》 と。
夕方にローマに入り、二泊してどこか
に 向 か う、 と いう のが 一 般 的か 。
更に、彼の地はこのコースは盗難など
の犯罪の多いところとて有名である。映
画「 旅愁 1950 年作」で も、主 人公 以 外は
「ねだったり、売りつけたり、ひったく
近藤博 重
ロ ー マ は九 頁 に は
ならず
ロ ー マ・南 イタ リ アと も う 1 カ国 を組 み
っ た り 」す る 人ば かり 、 と さえ み えた 。
白 タ ク も怖 い 、と なる と 独 り旅 の 宿は「終
着駅テルミナ」近辺となる。ガイドブッ
クの「音楽家たちの常宿として有名」と
ある駅そばのクイリナーレに予約する。
ど う も 音楽 家 とい う単 語 に 弱い 。
荷物を預けて近くのパルテノンに行く。
よろずの神を祭る万神殿でルキウスの息
合 わ せ る 旅 は 15 日間 を 必 要 と し 、年 に一
度 と し ても 不 可能 な 長 さ で あ る 。
しかし、ローマを見てナポリへの旅は
日 本 人 には 憧 れの コー ス で あろ う 。
遥か遠い日、ゲーテが夢に見続けた旅
でもある。でも「イタリア紀行全三冊」
はさすがに長すぎると感じるが、彼の憧
れ の 強 さを 示 して いる 。
ローマに着いたゲーテは《われわれが
最もすぐれた事象に接しようとてローマ
の市中を歩きまわるとき、この巨大なも
のは悠々としてわれわれの上に働きかけ
てくる。他の土地では意味の深いものを
こちらからさがしてまわらなければなら
ないのに、ここではかえってわれわれが
圧倒されるほどそうしたものに充満して
いる。行くところ止まるところ、あらゆ
る種類の風景画がくりひろげられ、宮殿
と廃墟、庭園と荒野、遠望と小景、家、
厩、凱旋門、円柱。時にはこれらすべて
が一カ所にかたまっていて、一葉の紙に
纏めあげられたくらいだ。人は千の絵筆
を使ってそれを叙述すべきで、一本のペ
ンが何の役に立つであろう。実に観賞と
驚嘆の連続で、夜になるとわれわれはす
っ か り 疲れ 切 って しま う 。 》
子 マ ル クス・アグ リッ パ が前 27 年に 建立
1
し 、 ハ ドリ ア ヌス 帝が 造 り なお し た。
さて、先ほどチェック・インした時、フ
ヴ ァ チ カン 美 術館 宮殿
ゲーテと比 べ私 には今 日 しかない。標 的 を
ロントには「静かな処だろうね」と念を
押した。「勿論、このホテル一番の静か
な と こ ろで す 」と 案内 さ れ る。
疲れと興奮があったため「まあ、良いか
… 」 と 外に 出 たの であ る 。
し か し、帰っ て きて、驚い た 。町 全 体が騒
がしい中 ではわからなかった 。ド ア か ら 入 っ
た途端に、外に出たと思った。「車が止
まった、動き出した、ドアが開いた」そ
のすべてが目の前に展開される。窓から
絞 り、まずはヴァチカンと決 めた。
朝 早 く、行 っ
たつもりであっ
たが、すでに
宮 殿 は入 場を
待 つ多 くの人
びとによって取
り巻 かれていた。
この「ヴァチカ
ン」の語 源 はロ
見ると石畳の道路の横の部屋で運転手の
顔が見える。早速、イタリアにだまされ
た。あのボーイの大きな確約はなんだっ
た の だ 。当 然 、ク レー ム を つけ る 。
「大変申し訳ありません。しかし、当ホ
ーマの前の文
化 であるエトル
リアにあると言
われる。《彼ら
は城 壁 都 市 の内 側 に死 体 を埋 葬 し なかった。
そのため、のちにローマが栄 えることになる地
域 に 古 代 都 市 を 築 き、 その城 壁 の外 の 丘 の
斜 面 に ネク ロ ポリス と呼 ば れ る広 大 な 墓 地 を
つくった。このネクロポリスと呼 ばれる死 者 の
町 の番 人 が「異 教 徒 エトルリアの女 神 ヴァティ
カ」だった。
テル今晩は満室で、明日には必ずチェン
ジします」この慇懃無礼さに余計に腹が
立った。
耳 を押 さえても、騒 音 は軽 減 せず、ついに
私 は、ベッドをばらして、浴 室 とトイレの間 に畳
一 枚 の通 路 に簡 易 ベッドを作 った。翌 日 、抗
議 のためにほとんど、元 に戻 さないままにして
おいた 。泥 棒 に荒 ら された よ う であっ た 。2日
目 に用意 された部 屋は真に快 適であった。
こうした 時 の紳 士 協 定 とし て「ホテルも私 も
昨 日 の事 は触 れない」がある。怒 鳴 り散 らした
ことも、部 屋 をひっくり返 したこともすべて過 去
《ローマ教 皇 の歴 史 は、ペトロから始 まり、イ
エスが十 字 架 にかけられたあとは、初 代 キリス
ト教 会 の傑 出 した指 導 者 となった。(中 略 )聖
ペトロが逆 さ磔 にされて処 刑 された。そこでペ
トロの後 継 者 たちはみな、ペトロと、彼 が初 代
キリスト教 会 で占 めていた地 位 を踏 襲 しようと
した。この新 しい教 団 の最 大 の関 心 事 は、彼
らが暮 らすローマ帝 国 からの敵 意 といかに折
り合 いをつけながら、自 分 たちの生 存をはかる
か と い う こ と だ っ た 。 そ の た め に ペ トロ の 後 継
者 である「ローマ司 教 」たちは、世 俗 の権 力 と
協 調 する方 法 を 慎 重 に探 りながら 、ロ ーマを
中 心 にすえることで、組 織 を強 化 しようと試 み、
各 地 の司 教 たちに対 するローマ司 教 (のちの
教 皇 )の優 位 性 を主 張 した。ローマ帝 国 が東
のこと。得 したと、思 わず、最 高 の部 屋 代 を払
っている常 連客 としてふるまう。
結 局 コンビニのピザの夕 食 がローマでの最
高 の料理 となった。
2
西 に 分 裂 する と 、各 国 のキ リスト 教 会 に 影 響
力 をもつローヘマ教 皇 だけが、崩 壊 し変 化 し
オスマン帝 国 がビザンツ帝 国 を滅 亡 させ、イタ
リア半 島 にも攻 め込 んできて、権 威 は地 に落
ていくヨーロッパ世 界 の中 で求 心 力 をもつよう
になった。ついに5世 紀 西 ローマ帝 国 の皇 帝
は 、 ロ ーマ 教 皇 が 帝 国 内 の す べ ての 司 教 の
頂 点 にいることを公 式に認 めた。
263 人の教皇 と 39 人の対 立教 皇が「権力 の
めばえ」から「栄 光 と衰退 」という「血 みどろ劇」
をローマで繰 り返してきたのである。
(中 略 )1471 年 シクストゥス 4 世が教 皇に選出
された。この
教 皇 について
ちていた。》
教 皇 シクストゥス 4 世は、世 界にまたがる一
大 キリスト教 帝 国 を築 き上 げようと決 意 する。
1475 年カトリック教の建 築 家が雇 われ、ソロモ
ン神 殿 をルネサンスに沸 くロ ーマのど真 ん中
に復 活 させてしまった。1500 年 が「信 者 の罪
が特 別 に許 される聖 年 」になっていたために、
巡 礼 者 がローマに大 挙 して押 し寄 せ、その時
の教 皇 の懐には莫 大な金 が転 がり込んできた。
これから数 代 の教 皇 がローマヴァチカンに莫
は 、三 つの 特
徴 があげられ
る。①ローマ
の景 観 を変 え
たこと②臆 面
もなく自 分 の
一族の利益
をはかったこ
と③フィレンツ
ェのメディチ
家 に対する暗殺 計 画に関 与したことである。
大 な金をつぎ込 む。
1492 年 (コロンブスがアメリカに上 陸 した年 )
に選 ばれた悪 名 高 いボルジア家 のアレッサン
ドロ 6 世であり、ユリウス 2 世 である。
ジエイクローマ教 皇 歴 代 誌 ・マックスウェル・ス
チュアート著 》
宮殿
の中庭
は八角
形をし
ている。
これら 以 外 にも 、スペイ ンに異 端 審 問 所 を創
設 するなど、多 くの悪 事 もあったが、ローマの
改 良 工 事 が業 績 として残 っている。いくつもの
礼 拝 堂 を建 てたが、とりわけ有 名 なものがシス
ティーナ(教 皇 の名 にちなんで命 名 された)礼
拝 堂 である。
《その頃 、ローマ・カトリック教 会 の権 力 は強 ま
っていったが、宗 教 上 の威 信 は著 し く低 下 し
ていた。教 皇 宮 殿 での堕 落 した生 活 や、権 力
へのあくなき野 望 、壮 麗 な建 築 物 への莫 大 な
写真は
は「ベ
ルヴェ
デ ー レ のア ポ ロ 」 で紀 元 前 330-320 年 の
ア テ ネ で造 ら れた もの を 紀 元 2 世紀 にロ
ー マ が コピ ー した もの で あ る。
「メデューの首を持っ
たペルセウス」中庭に
面した部屋に有名な
「ベルヴェデーレのト
資 金 の投 入 など、客 観 的 に見 てこの時 期 の
教 会 には「奢 り」の傾向 が強 く感 じられる。
当 時 教 会 内 では陰 謀 、汚 職 、分 裂 が頻 繁
に行 なわれていたし、フランス王 をはじめとす
る諸 国 の王 ともヴァティカンは対 立 していたし、
ルソ」がある。紀元前
1世紀にアテネの彫刻
家アポロニウス作のオ
リジナルとされている。
3
と 断 定 した 。
トロイアの神官ラオコオンは、ギリシア
軍の計略を見破り、ギリシアの勇者が中
にひそんでいる木馬をトロイア市内に引
き入れるのは危険であると警告した。こ
の こ と をア テ ネは 憎み 、大 蛇 を 送 り 込 み 、
ラオコーンとその2人の息子たちを絞め
殺 す 場 面で あ る。
30 歳 を 超 え た ば か り の ミ ケ ラ ン ジ ェ ロ
は こ れ をみ て《芸 術の 奇 蹟 》と 感 嘆し た。
人 類 の最 高 傑 作 と今 もされている。つ い に は
「文学と造形美術の限界」論争提起させ
胴体だけが残
った彫 刻 をトル
る(ラオコオン・レッシング著斎藤栄治
訳 岩 波 文庫 )。
ラオコーンの発 掘 を最 大 限 に利 用 すること
を思 い付 いたのがユリウス2世 である。彼 はヴ
ァチカン宮 殿 を 美 術 の殿 堂 とすることを決 意
した。長 いヴァチカンの記 述 が本 編 に登 場 す
るのはこのためである。
ヴァチカンに入 ると、多 数 の彫 刻 群 の空 間
に出 る。
これら はギリシヤ などのコピーであり、本 来 は
異 教 徒の作 品である。教 皇 ユリウス 2 世 は形
ソーというが、こ
のヴァチカンの
トルソーは名 高
く、ミケランジェ
ロ等 が絶 賛 し、
スケッチを繰 り
返したとされ
る。
戦 う教 皇 として名を馳 せたユリウス 2 世 であ
るが 、その 就 任 を 祝 う がご とき 出 来 事 が出 現
振 りを構 わなかったわけである。人 びとが集 ま
ることが重 要 だった。ラオコーンをその中 心 に
据 えた。
する。1506 年 、ロ ーマ の ネ ロの 宮 殿址 の葡
萄畑から発掘されたラオコーンである。
かってこのような作品があったはずだと
いうことは、プリニウスがその存在を記
述していたので、教皇はラオコオン群像
しかし、こ の ラ オ コ
ー ン に つい て は、現在 も 、い つ ?誰 が造っ
た の か ?な ど解 明 され て い ない 。また いく
つもの形のものがあり、例えば、ウフィ
ツ の も の、岩 波文 庫の も の )な ど で右 手、
蛇 の 形 だけ で も大 きく 違 う 。
4
そもそも、ロ
ーマの彫刻は
く、反 射 的に吹 いてみるだけである。
つまり、システィーナ礼 拝 堂 観 光 は頭 上 20m
ギリシャのコ
ピーが大半で
あ る の で 、
我々はイタリ
アの展示を見
るときは「コ
ピーを見せら
れているに過
ぎ な い の で
は」という醒
の遥 か高 い天 井 画 を鑑 賞 する場 ではなく「フ
ラ ッ シュ と笛 の やり取 り」 の騒 然 さを 体 験 する
だけである。
黄 金 の装 飾 で幻 惑 されたヴァチカンを出 てパ
ルテノン経 由 でカピトリーノに向かう
カピトリーノ
こ こ で は、「 カ ピトリ ー ノ の牝 狼」私 を迎
え る 。 紀元 前 450-430 年 の古 代 ブロ ンズ
像 で 、 ロー マ 創設 の象 徴 と され て いる 。
双子の像はルネサンス時代に加えられた。
めた気持ちが
ローマの誕生については多説ある。その
一つが《牝狼に助けられた軍神マルスの
必要だ。
シ ス テ ィー ナ 礼拝 堂
その後 、群 衆 は地 図 の間 、へと誘 導 される。と
もあれ、前へ前へと。
そして、黄 金 一 色 の通 路 を抜 けて、有 名 なシ
スティーナ
礼拝堂の
中 に 閉 じ
込 められる。
年 間 4百 万
人 が訪 れる
といわれる
システィー
ナ礼拝堂
のなかで、
私 た ち日
本人は観
光 客 として
見 上 げるだ
けであり、
子ロムルスがティベル川畔のパラチーノ
の丘に築いた町がそのはじまりとされ
る》伝説で、ローマ人の最も好むもので
ある。ローマはやがて共和制に移行、紀
「見 た」ことに満 足 して、ピントがぼけた写 真 に
しかならないのにシャッターを押 し続 ける。
数 人 の 監 視 員 がいて、禁 止 されているフラッ
シュがたかれると「ピィー」と笛 を吹 く。しかし、
すべてお客 のフラッシュに対 応 できるはずもな
元 前 3 世 紀 には イタ リ ア 全土 を 支配 し、
5
その後カルタゴとの長期に及んだ戦争に
勝 利 し 、紀 元 前 1 世 紀 に 地中 海 を制 覇し
の治 世は相次 ぐ戦 乱 の時 代 となった。
しかし 、次 第 に 帝 国 住 民 は、富 と奢 りの 生 活
た ・ 栄 光の ロ ーマ ・ニ ュ ー トン プ レス 》
広場に皇帝マルクス・アウレリウス騎馬
像 が あ る。しか し、
当然ながらコピ
ー。
し か し、中 の広 い
空間のマルクス
騎 馬 像 は、 さす が
に本物とされて
い る 。 残 存 する初
を楽しみ、かつこれに惑 溺 していく。
《80 年 以 上にわたるこの幸 せの時代 (紀 元9
6~180年 )に、国 務 はネウル、トラヤーヌス、
ハドリアーヌス、アントニーヌス・ピウス、マルク
ス・アウレリウスら の諸 帝 の美 徳 と能 力 に よ っ
て 運 営 さ れた 。 こ れらの諸 帝 のも と帝 国 は 繁
栄 したが、皇 帝 マルクス・アウレリウスの死 後 、
ローマは衰 弱 死 そして没 落 への道 をたどる。
ロ ー マ帝 国 の 衰 亡 と没 落 こ そ永 遠 に 人 類 の
記 憶 に残 る革 命 であり、そのことは、今 なおこ
期 ローマ時 代 の傑
作 とされている。
すぐ近 くに、皇 帝 マ
ルクス・アウレリウス
記 念 柱がある。
らせん状 のレリーフには北 方 地 方 の戦 争 の状
況 が刻 まれている。彼 の汚 点 として「キリスト教
徒 迫 害」があるとされる。
そ の 彼 の ブ ロ ン ズ像 が 奇 跡 的 に 破 壊 を 免 れ
たのは「キリスト教 徒 コンスタンティヌス帝 」と誤
解 されていたためとされている。
の地 上 の諸 国 民 によって実 感 されているので
ある。》
帝 政 時 代の ロ ーマ の生 活
本 当 はポンペイに行 きたかったのだが、 午
後 、ローマを離 れる予 定 であったので、ホテル
近 くのローマ国 立 博 物 館 で、ローマ時 代 の生
活 を写 真に撮 ることにした。
この付 近 は有 名 ブランド
店 が 軒 を 連 ね る 。私 は デ
ザインを勉 強 しているつも
りで、眺 めこんでいると、
私 はマルクス・アウレリウスさえ拝 むことがで
きれば満 足な人 間である。
皇 帝 マルクス・アウレリウスの最 大 の弱 点 はバ
カ息 子を後 継 ぎにしたことである。
どうしようもない代 表 者 が何 となく(民 衆 はワン
ポイントと勝 手 に思 い
込 んで反 対 しない)選
ばれると、その組 織 自
体 を 潰 す。東 京 でさえ
アソウ、ハトヤマ、カン
普 段 から私 の金 遣 いに疑
問 を持 つ娘 などはいつの
間 にか近 寄 って来 る。うしろから突 然 「なんの
ために女 ものを見 るのよ」と詰 問 する。それ以
来 、あたりを確認 しながら見 る癖がついた。
狭 い面 積 のロ ーマにはおよ そ百 万 人 が す
んでいて、大 勢 の人 びとは高 層 アパートに住
む 以 外 に 方 法 が なか っ た 。広 い 地 区 は わず
か数 本 の狭 い道 でブロックに分 けられていた。
部 屋 は狭 くて風 通 しが悪 く、 夏 は暑 く冬 は寒
など枚 挙 に事 欠かない。
幾 らでもいる。
「自 省 録 」で知 られる
彼 は 5 賢 帝 の最 後の
皇 帝 である。しかし、彼
かった。下 水 設 備 も水 道 もないため、住 民 は
公 衆 便 所 で用 をたし、水 は中 庭 の泉 からくん
でこなければならなかった。水 が、頻 発 する火
事 の原因 の一 つだった。》
6
《エリートとされる裕 福 な貴 族 、行 政 長 官 、
軍 人 、政 治 家 、銀
行 家 、事 業 家 、商
人 たちはテベレ川
対 岸 の大 邸 宅 か、
美 しい庭 、大 理 石
のポルティコ、柱
廊 の大 広 間 、風 呂 、プールのあるやかたに住
んだ。そうしたやかたの何 十 とある部 屋 はスギ
材 の 家 具 やコリント製 の花 びん 、高 価 なカー
ペット、オリエント地 方 の織 物 や錦 で飾 られて
いた。》
描 かれていた。
《金 持 ちと貧 者 の食 べ物 には明 らかに大 きな
差 があった。貧 しい人 びとの食 事 はパンとス
ープ などの簡 単 なものだった 。富 裕 の 人 びと
は奴 隷 な どの給 仕 で何 時 間 も か け て豪 華 な
《ローマ人 が簡 素 でスパルタ式 に近 い生 活 を
していた時 代 には金 持 ちと貧 者 の食 べ物 に
は明らかな違いはなかった。
しかし、ローマがイタリア南 部 とシシリアのギリ
食 事をとった。》
(中 略 )貧 しい人 びとの夕 食 は残 り物 のスープ
を食 べ、御 馳 走 と言 っ てもイシシアという 、肉
団 子 をほかの材 料
シャ人 居 住 地 と交
流 するよ う にな る と、
彼 らの洗 練 された
食 事 にならう よう に
なった。》
高 価 な 食 器 が 揃 え ら れ 、 壁 には 緑 の 景 色 が
7
といっしょに熱 湯 で調 理 したものだった。金 持
ちの夕 食 は奴 隷 たちが夥 しい数 の料 理 (イノ
シシ、子 ヤギ、ロブスター、野 菜 のパイ 、チー
ズ、異 国の果 物 )をワインとともに用 意した。》
治 世 者 は市 民 の暴 動 を怖 れ、最 低 限 の食 料
と娯 楽を提供 した。「パンとサーカス」である。
パ ン と サー カ ス
80 年 に行なわれたコロッセウムの落 成式 では、
祝 典 行 事は 100 日間 つづけられ、2 千 人の
《ローマ人 は浴 場 で数 時 間 すごして元 気 を回
復 すると、いよいよ競 技 場 や劇 場 や円 形 闘 技
場 の見物 に出 かけた。》
剣 闘 士 と 9 千 頭の動物 が犠牲 となった。剣闘
士 のほとんどは捕 虜 や奴 隷 や罪 人 であり、武
器 を持 って闘 うための特 別 な訓 練 を受 けてい
て、1 対 1、あるいは集 団 での決 闘も行なった。
(中 略 ) コロッセウムで行 なわれる闘 いは、剣
闘 士 同 士 で あ れ 、 ク マ と ラ イ オ ンの 格 闘 であ
れ、残 酷 きわまりないものだったが、窮 屈 な自
宅 にも どっ て一 日 を終 え る前 にロ ーマ人 は 、
どう し ても こ れを 見 ずにはい ら れなか った 》 上
は憩 いをとる剣 闘 士 。彼 らにとって光 っている
ところに地獄 があった。
あ ら ゆ る悪 徳 が横 行し た ロ ーマ
(帝 国 ができ
て 10 年のう
ちにローマ
社会におけ
る家庭は大
きく変 貌 をと
げた。もはや、
家庭
は共和国の
図 は市民 。
《ローマ人 に最 も人 気 のあったのは、後 にコロ
基 盤 となる強 さと富 のとりでではなくなった。贅
沢 三 昧 、堕 落 した道 徳 、既 婚 婦 人 と若 者 の
自 由 の拡 大 が家 庭 の絆 を弱 め、父 親 の権 威
をいちじるしく失 墜 させた。(中 略 )セネカによ
れば恋 人 が 2 人 だ
けしかいない妻 をも
つローマ人 の夫 は
幸 運 だという。既 婚
婦 人 は夫 が朝 早 く
家 を出 かけると、美
し さに磨 きを か ける
ために、沐 浴 ・ミル
ク風呂・マッサー
ジ・洗 髪・髪結 いなどに 3 時 間はかけていた。
たくさんの衣 装 を持 ち、金 持 ちの婦 人 は絹 の
ッセウムとなった
円 形 闘 技 場 で行
なわれた催 しだった。ティトゥス帝 時 代 の紀 元
8
ラ ンジェ―、 高 価 な素 材 でできた トゥ ニカ、ハ
イ ヒ ール、 ハ イヒ ール、ブ ラ ジャーと冬 用 の毛
皮 を欠かさなかった。》
ゼウスの娘である「愛の女 神 アプロディーテ
ー」は女 性だけに快 楽を与えるのではなく、男
性 をも愛の喜びの受益 者 、享 楽者 にすること
を実 証 するために、愛人 ヘルメスとのあいだに
男 女 両 性 を具
有 する子 供 を
産 んだ。
紀元前が紀
元 に代 わる頃 、
ローマ文 学 は
その黄 金 期 を
悪 徳 を 極め た ロー マ
す べて の 悪 徳 はロ ーマ 時 代 で完 結 し てい
迎 えた。ウェル
ギリウスなどと
共 に「恋 愛 指 南 」を書 いたオウィディウスが一
翼 を担っていた。
《共 和 制 から帝 政 へと移 行 しつつあった当 時
のローマは、打 ち続 いた戦 乱 、内 乱 がアウグ
ストゥスの戦 功 によってようやく収 束 し 、「ロー
マの平 和 」を楽 しむ人 びとの心 は安 逸 と奢 侈
たといわれる。歴 史 は繰 り返 しているにすぎな
い。さて、愛 の相 手 を異 性 ときめつけたのはキ
リスト教 かもしれない。ギリシャそしてローマ時
代 はそうではなかった。
女 性 が驚 いて腕 を組 んでしまった このレプ
リカは半 陰 陽 の神 ヘルマプロディートスであり、
「お尻 の美 しい女 神 ・アプロディーテー」の子
供 である。
を求 めるに急 であった。ローマ古 来 の質 実 剛
健 な気 風 は廃 れた。オウィディウスが称 えてや
まない「都 雅 」こそが、「金 色 燦 然 たる」ローマ
の人 士 にふさわしいものとされていた。アウグ
ストゥス帝 の娘 ユリア、さらには孫 娘 ユリアの不
行 跡 が如 実
に示 している
ように、風 紀
また大いに
乱れ、淫風
がローマを
覆ってもい
た。
これに危機
を感じた皇
帝 は前 18 年 に厳 罰をともなう姦 通禁 止 令を
9
発 布 したが、焼 け石 に水 であった。(中 略 )解
放 奴 隷 の女 を相手 に享 楽 を求 める男 たち、ア
ヴァンテュールを求 める人 妻 、それを狙 う若 い
男 たちというふうに、「愛 の戦 い」の場 としての
ロ ーマは 沸 きか え っ ていた 。恋 愛 指 南 ・沓 掛
良 彦 訳 岩 波 文 庫の解説 》これに異 性・両 性の
したがる人 々の嘘 と気取 りを見 逃がすことがで
きないのは周 知のとおりだ。》
博 物 館 に佇 んで考 えれば、旅 することの貴 重
さが分 かる。「人 生 は、無 といえる素 材 粘 土 が
変 化 していく個 人 的 な物 語 」である。そして、
短 い時 間 で、 我 が魂 や 肉 体 は与 え ら れた 環
境 で「選 択 し、行 動 するした」と思 うかもしれな
組 み合 わせが ある わけ で 、いう な れば 、現 代
の テレビである。わが渡 辺 氏 はこれに似 た本
を書 いたが所詮 「毛細血 管 のうごき」である。
日 本 人がポンペイに憧れるのは、このような
「愛 の行 為 」の絵 画 が町 中 に存 在 すると誇 大
宣 伝 されているからであろう。「秘 儀 荘 」なる言
葉 は(すっかり彼 方 に行 った)DNA を刺 激 する。
本 当 はポンペイに行ってもなにもない。
博 物 館 に行 くか、(消 費 者 だから堂 々としてい
ればいいのに)赤 面 しながら買 った私 の蔵 書
を見 れば、2 千 年 前で完 成 されたものが確 認
できる。
《ローマの 性 的 傾 向 やポンペイの壁 を埋 める
エロティカを理 解 するには、二 千 年 に及 ぶユ
ダヤ ・キリスト教 の教 えによ る先 入 観 を ある程
いが、結 局 、未 完 のまま土 に帰 って行 く」に過
ぎない。
ローマを離れフィレンツェへ発つため
にローマ・テルミニ駅に行ったが、やは
り 、こ こ は危 険 がいっ ぱ い の場 で あっ た。
切 符 は 前日 に 駅に 来て 予 約 して い た 。
少し時間があったので、ベンチに旅行
鞄 を 置 いて 、 終着 駅を 撮 っ てい た 。
30 歳 くら い の男 性が 、 私 を指 さ して 、何
か言う。「写真に写るとまずいカップル
かな」と考えた。「はいはい」と会釈し
ていたが、指先をしきりに動かす。「変
だな―」と考えて、ハッと思った。あれ
は、私に対する警告だ、と。慌てて、荷
物のあるベンチに帰ると中年の男が、私
の旅行鞄を動かし始めていた。私が勢い
よ く 近 づい た ので 、彼 は 逃 げる よ うに (事
実 逃 げ たの だ が )去っ た 。後 2 分 遅け れば 、
す べ て のも の が失 われ て い ただ ろ う。
警告者にありがとうと言おうとしたが、
すでに彼の姿はなかった。置き引きやス
リの犯罪を未然に防ぐ警告は命がけの事
である。後日、思いがけない手段で仲間
度 払 拭 する必 要 があるかもしれない。初 期 の
遺 跡 発 掘 者 の 多 く はエ ロ ティ カを 見 て 、 ポン
ペ イ の 生 活 が 性 的 に乱 れ て いた 証 拠 だ と考
えた。だが、社 会 の性 的 道 徳 観 は深 く埋 もれ
ている場 合が多 く、奔放 な性 体験を進んで話
10
に 復 讐 を受 け る恐 れが あ る から で ある 。
喫茶店に入り、危険なテルミネの生態を
監 視 し た。 挙 動不 審者 が 何 人も い た。
発車時間が迫ったが、切符には何番線
というか記入がない。駅職員に尋ねた。
彼は切符を見て、「この時間の汽車は出
ていない」という。慌ててしまう。が、
彼 が 指 さし て いる のは 到 着 時刻 で ある 。
彼は謝りながら「その列車はあの一番線
のだ」と断言する。なんか変だなと思い
ながら乗ったその列車は各駅停車だった。
女性の車掌は特急一等の切符で鈍行の普
通席に乗っているドジな日本人を見て、
笑いを堪えるのに必死のようだった。き
っと、その日は仲間たちで笑い転げてい
た で あ ろう 。し かし、誰 が悪 い と思 うか !
(つ づく )
11
12
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
2 132 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content