close

Enter

Log in using OpenID

Page 1 Page 2 去る二月十六日天売島で、 十七日焼尻島で 「明日の 島

embedDownload
---‐
-
T・
‘
‘
-‘
′
“
◆
‘
‐
」
‘1
、
‘
-.
テ
パ ゞ
\
蘇
こ
こ
‘
ぎ
‐も
‐
r
r
-
-
き
-r
‘
』
-I
‘
-‘
--‐
‘
・
キ
‐
‘ね
中
,.
れ
l
l
℃ 、
ぬ
ち
・- -
ゞ
#
-
髄
鞆
続き贈れ
‐ "訓
コ}-
^"
べ
き
ぎ}
も
もム
‐
‐‐
℃
ぎ
も
′
-
ゞ:
-
t ‐
‐
′ ‐
再-÷
-
コ:
ー 〉
ノ
気
-〆
メ い雪中造柄 "
"
\
と
写真集団はぼろ
i"
西 田 武司さん提供〉
きま り を 守り
-'
力 をあわ せ て
住みよ い 肺こします
1982 年
@
月号
の
No
町
づ
く
り
を
を 会
開 や
き面
ま 島
し で
た 町
。
政
懇
談
会
強
化
す
る
③
即
解
決
も
で
き
な
監
視
体
制
や
資
源
保
護
P
R
を
ド
@
ナ
気
し
と 発地
町 展域
で 方 産
は 向 業
、
を の
産 探問
業 ろ 題
別 う 点
懇 l と
談 !
-
る り 防 光
、
止 期
関 町 を の
係 で -空
団 は
き
体 ① な か
が 町 ど ん
一 費 の ゴ
体 で 要 ミ
と 実 望 の
な 施 が 散
り す あ 乱
②
た
。
@ は び
バ や 「
ス め 斜
を ま め
降 し 横
り ょ 断
た う 、
と 。と
び
後き
ろ な
出
し
を ど
」
横 、
尻 す
) る
を 。
行 波
う 型
ー 漁
ー 礁
な を
ど 投
を 入
説 (
明 焼
ー が 使 を そ
に な 用 ④ の
机く し 高 保
、
設 て 校 障
椅 置 い 屋 や
子 を る 体 航
の⑤ が を 路
補 研 玄 冠 変
充 修 関 婚更
を セ ・ 葬 の
⑥ ン 便 祭 交
観 タ 所 に 渉
ま 交 の し き Q 《
し 差 カ ま る 路 選
出 候 よ 点 ー し よ 面 転
し が う で ブ よ う 状 者
が よ 。 は や 、
フ 安 態 の
、
ち く
見 。 全 の 皆
で な
な 急 さ
早 と
す る
め お
速 変 ん
。
に し
と
度 に へ
法 ス
減 の
で 即 》
速 悪
定 ピ
運 応
・ ー
し い
転 で
車
の
す
ゞ
前
や
す
ぐ
"
円
が の
中事
心 業
と 費
な で
る "
。 。
島
西 船 堤
浦 場 づ
漁 場 く
港 の り
排
水
工
事
も
行
う
ら
漁
網
に
被
害
を
う
け
、
千 万 設
粒 五 す
( 千 る
焼 粒 。
尻 、大
五 人 売
万 工 に
粒 稚 種
) 只 ア
を 五 ワ
放 千 ビ
流 五 四
防波堤 かさ 止 げな ど
四 め よ
軒南 る
扇 堤 越
間 の 渡
行 か 防
う さ 止
。 上 の
( げ た
り
と
前 つ
浜 は
漁町
港 単
の 費
時 で
化 行
に う
。
蹄
円
で
改 億
修 三
) 、千
の 澗 二
浚 内 百
せ ( 万
荷
捌
所
前
三
あ ー
っ ー
た 天
漁売
港 は
を 要
中望
心 の
た
い
。
資 の ウ 減
源 動 ニ 少
製 回 向 、 が
氷 復 を ア 心
施 の 調 ワ 配
設 手 査 ビ さ
を が し な れ
増 か 、ど る
の 年 五
浅 計 十
海 画 七
漁で年
図 両 か
を 島 ら
作 周 五
り 辺 ヵ
、
し
て
、
港
の
整
備
を
両
島
共
通
問
題
と
。
航空写真で濃
海 資 源 の 調査
し
町
長
か
ら
懸
案
事
項
を
説
明
漁 で
業 は ま
構 -た
造 - 、
改 「 漁
善 新 業
L
沿 関
で 岸 係
十
の
島
両
島
と
も
約
六
十
人
の
参
加
者
で
、
弱
越
問 波
改 防
良 止
す の
る た
。
め
北
堤
を
二
町
民
憲
章
朗
読
の
あ
と
づ 去
く る
り 二
」
月
に 十
つ 六
い 日
て 天
、
売
島 島
民 で
が 、
町 十
長 七
と 日
話 焼
し 尻
合 島
っ で
た 「
。
明
日
の
離
島
町
政
懇
談
会
沖 ど 湖
合
の
の
密
漁
転
を
石
航 防 撤
行 止 去
す 対 を
る 策 ②
外 を ア
て 国 ③ ワ
い 船 赤 ビ
る か 岩 な
い
。
あ こ を い っ
わ さ つ に て
な な け 次 き
い い て の ま
よ 、 事 こ す
う 事 故 と 。
に 故 を に お
し に 起 気 互
イ僑
o 渡 左 ④ 所
横 り 右 横 を
断 ま の 断 横
す し 安 前 断
る ょ 全 に し き や
と う を 一 ま は 信
、
号
き o 確 ロ し
か 立 ょ 必 機
は
、
こ
め ち う ず が
o そ 弱
て 止
ろ 左
の る
か ま
を 右
場 と
ら り
選 の
見
と
お
し
の
き
く
と
に 南 東
焼 町 側 堤
尻 単 の は
は 費 海 五
、 で
岸 十
三 予 保 八
億 定 全 年
九 し は 実
千 て 、施
二 い 六 )
百 る 十 弁
万 。 年 天
「
グ
為
所体
の蕾
設館
置に
を便
天
亮
で
は
①
和
影
一
号
三
号
自
転
者
事
故
が
め
だ
し
′ 焼尻 で の町政懇談会
な 交 と
ま 時 通 っ
増 た 期 事 て
え 自 で 故 も
る 転 す の 大
た 車 。起 変
き 歩
め の
、
や き
利
す に
い く
/
危 く
険
用
が
ピー ド落し
◎
近
く
に
横
断
歩
道
へ
》
《
歩
行
者
の
皆
さ
ん
か
じ
め
減
速
し
ま
し
ベ
の
ッ
高
速
で
水
た
ま
り
や
ト
状
て ハ の
危 ン 雪
険 ド に
で ル 突
す が っ
。
と 込
あ ら む
られ と
シ
ャ
ー
運
転
が
し
に
く
く
は
路
面
凍
結
が
あ
界
が
悪
く
な 水 し
っ し く
た ぶ 変
、
っ り き 化
歩 た 、 に し
行 り H よ ま
者 し 陰 り す
に て で 視 。
し 必
な ず
い 徐
よ 行
う し
注 、
意 泥
し は
ま ね
し 運
ょ 転
う を
o
れ と
一
三
、
凍
路
面
状
態
が
激
結
が
く
り
返
さ
月
は
控 す は の
え 。 、追
か ま で 死 い
る し き 亡 越
み ょ る 事 し
や う だ 故 に
水 o け に よ
た
追 つ る
い な 正
ま
り
越 が 面
し り 衝
で
は
は ま 突
指
定
速
度
を
守
り
ま
①
ぬ
、
雪
解
け
し
ょ
う
o
g
"
正 見
し と
く お
横 し
断 の
し よ
よ い
う 場
“
所
を
選
ん
で
、
“
や ス
水 ピ
た ー
ま ド
り を
で 落
は と
徐 そ
行 う
。
し
よ ぬ
う か
"
る
み
2
-
が ら
か 将
り 来
を の
つ 漁
く 業
っ 目
た 標
。
設
定
者
の
ア
ド
バ
イ
ス
に
を
受
け
な
足
が
し
策 協 業
者
な 「 か へ 町 と
ど ホ ら の 長 話
か し
の タ
「 転
問 テ 十 換 ら 合
題 地 ント 」
「 い
が ま 型 を 資 を
提 き 漁 強 源 行
起 漁 船 調 管 っ
、
場 漁 、理 た
助 整 の 各 型 。
言 備 対 漁 漁
健
全
経
営
を
日
差
ど 大 「
多 幅 農
く 転 業
の 作 も
課 、 三
題 畜 年
を 産 続
し 抱 物 き
、
え の の
町 て 安 冷
も い 価 害
真る な 、
し
土
壌
改
経
済
農
負
担
・
主 合 り 実
体 い 行 や
と が 事 交
な さ の 通
り れ 一 網
こ シ た 本 の
と ー 。化 整
と ズ 今 な 備
し ン 後 ど 、
た ま 、の 夏
。
で 町 話 ま
に が し つ
具
体
化
す
る
、
四
月
,
′
う
メ
ミ
.
』
く
る
J
J
"
七
日
で
五
z
‘
‘
ゞ
′
〆
、
き
こ
・
図
も
l
J
う
猛
る
′
"
〇
〇
日
避
蓮
成
或
↑
気 3
-
も 決
と
極 し
的 "
に 産
取 直
り "
組 に
む 呵
こ と
と し
と て
積
。
た
良
に
業
将 然
来 と 漁
と し 業
方 て を
向 厳 取
"
し り
と い ま
題 。く
し
“ 情
て 漁 勢
関 業 は
係 の 依
協 発
会 展 観
の さ 光
組 せ を
織 る 地
強 た 域
化 め の
、 に
産
施
業
と
設
の 観 し
充 光 て
州 ミ 続交
け通
よ事
う故
! ゼ
ロ
の
脚
を
、
一
‐
へ
業
テ
ー 産
マ 業
に の
関 「
係 将
者 来
と と
懇 方
談 向
会 L
を を
産
業
製
原
品 魚 二
の の 百
開 確 残
発 保 の
に に 影
協悩 響
力む も
を L「 肌
し 町 わ
と も り
加 新 「
作
体
系
の
確
立
稲
作
複
の
定
着
な
ど
地
域
こ の
と 自
と 立
し 策
た に
。
真
占
小
や
要
望
が
、
は
暈
よ
り
質
合
輪
の
確
保
水 に
産 悩
加
工 み
懇
談
会
上
戸 壌
が 改
」 良
の 多
□ か 資
の っ 金
話 た の
。
し
融
資
合
こ
改 い
経 善 で
、
は
営
の
原
魚
の
増
殖
対
策
を
③
防
波
堤
工
事
、
い す
て 更
る か こ い 新
方 ら の ま 手
も 、制 す 続
、 す
度 。き
の
継 で は
続 に 、
受
付
手 加 ‐
か 続 入 年
を
ら き さ 契
開
始
無 を れ 約
し
効 し て で
年
上
六
〇
円
で
加
入
で
き
ま
す
。
で え い
、
な ま
加
入 こ い た
し の 方 、
ま 機 も 今
せ 会 万 ま
ん に 一 で
か 家 の 加
。 族 事 入
一 ぐ 故 さ
人 る に れ
・ み 備 て
は が 保 添
、
あ 全 え
道 り 計 を
、
に
画 ⑦
委 ① は 束
託 除 ー 浜
の 雪 i (
.
た 路 な
区
め 線 ど )
今 の の の
年 変 要 海
は 更 望 岸
な な ろ
ど い い
と ⑦ ろ
答六 な
え 十面
た 年 で
。
明 協
費 力
で は
行 惜
う し
ー ま
業 剣
者 に
か 取
ら り
は 組
「 む
転 」
作 と
」
に 町
を 伴 長
望 う .
む 土 農
り
な
け
れ
ば
四
月
一
月
く (
だ 支 加
さ 所 入
い ) 申
。
窓 込
口 書
に に
申 よ
し り
込 、
ん 役
で 場
火 の の
水 で 右
槽 撤 が
の 去 個
設 を 人
置 ④ 澗
を オ に
◎ ン 入
夏 コ っ
期 林 て
の に く
水 防 る
東
浜 一
の 方
防 焼
火 尻
水 島
槽 で
ま は
で ①
②除
ウ 雪
ニ を
年
ン
コ
、
後
部
家
族
と
な
り
ま
す
粉
加
ー
変入
通 し
災
害 よ
共 う
済
-
ノ
く
る
み
で
反
射
器
材
が
破
損
し
水
槽
焼
行 ン
政 ク
も の
力 設
尻
い
大
き
な
問
題
で
あ
る
岡 協 困
も 同 難
、
協 組
力 合 今
の ④ す で 後
関 入 る 対 検
係 車 ③応 討
も 規 現 策 す
あ 制 地 が る
りな を あ②
今 ど 見 れ 漁
後 公 て ば 業
o 《 し 光 こ
" 反 と
ブ 自 ま
レ 転 し 射 で
ー 車 ょ 器 す
キ 利 つY を 。
が 用 6 身 明
効 の
に る
か 皆
つ い
な さ
け 服
て 装
か ん
っ へ
外 や
た 》
出 夜
a 全
夜 な
の 通
安 行
全 を
は し
自 ま
分 し
を ょ
見 う
せ o
る
っ
う
ヘ
で
し
。 ル
き
ょ
ト
を
か
ぶ
り
ま
し
業
団
体
と
協
議
す
協 今 は の
力年 多 課
た を 中 額 題
決 ⑩ に な と
め 花 検 町 す
手 嫁 討 負 る
も 捜 す 担 ⑤
な し る と タ
い は “ な ン
が こ 節 る ク
、
れ 水 の 設
い と に で 置
い
ょ
ッ
漁
ー 会 は で
と な 町 補
答 ど が 充
え 地 行 す
た 元 う る
。
が .色
や 回 ゴ
っ 収 ミ
て は 箱
ほ 観 の
し 光 設
い 協 置
を
タ
か
ら
の
要
望
で
あ
り
年 、る
次 五④ が
計 十 以 道
画 七 前 や
に
防
火
る
だ
け
頭
部
を
保
護
す
る
メ
⑤
林
置 不
を 足
⑥解
花 消
嫁 に
対 貯
策 水
に
度
で
検
討
す
る
オ
別
剣
に
取
り
組
む
り
そ
の
中
か
ら
も
工
業
者
か
ら
問
題
行
事
一
観
本
化
光
。
漁 し
ミ 出
産 ガ さ
品 キ れ
、
の
た
消 カ 。
費 ズ し
拡 ノ か
大 コ し
p な 、
R ど 当
を 既 面
先 存 は
つ
、
r&
‐
ミ
.
ず
ん
‘
、
.
ニ
、
r
、
ゞ
ミ
も
J
漁
場
の
見
直
特
夏
ま
開
き
ま
し
た
0
自
転
車
に
乗
る
時
は
、
自
転
車
の
利
用
は
控
え
ま
園
保
護
と
検
討
す
る
時
o 断
み し
は ぞ な
特 れ い
に な よ
車 どう
に
に
し
の
て
憩
ょ
安
い
う
o け 9
雨 ま 夜
や し 間
雪 ょ は
、
の う
月 。 必
な
ず
ラ
ど
、
い
イ
ト
時 路
に 面
を
は 状
つ
態
や
視
界
の
よ
く
な
、 に
注 天 し
意 候 ま
し
。
ら て
整 い
備 る
し 自
ま 転
し
車
は
う 危
o
険
ょ
で
す
か
い
買 う 題 十 和 り
占 に と 八 四 ま
め 、な 年 rせ
や 土 っ 頃 七 ん
、
地 地 た に 、 。
国 価 の よ 問 国 昭
の
暴
騰
で
羽 前
に
町 予
長 定
、 価
J 格
じ や
て 利
北 用
海 目
道 的
知 を
ど 国 ○
を 歩 0
す ) 0
る 以 平
と 上 方
き の メ
は 土 ー
、
地 ト
契 の ル
約売 ^
す 買 約
る な 一
○、
◎
税
法
上
の
特
典
が
う
け
ら
れ
幌
な
届 く
出 な
を る
し こ
な と
い が
で あ
t り
地 ま
を す
処
せ
ら
れ
る
こ
と
が
あ
り
ま
す
会
話 あ
の る
二 農
こ 村
ま 部
で 落
し 懇
、 た
談
転 ‘ 会
作
で
の
の
篤
農
家
の
主
婦
は
ね
た
い
と
思
っ
て
い
ま
す
。
た
は
三
〇
万
円
以
.
ト
の
罰
金
に
以 0
上 平
、
方
そ メ
の ー
他 ト
の ル
区 (
域 約
は 五
‐ 反
○ 歩
)
都
市
計
画
区
域
内
は
五
〇
〇
る を
と し 摘
、
た 出
六 り を
カ
月
以
下
の
懲
役
ま
、 し
偽
り
の
届
出
を
す
な
い
で
土
地
取
り
に う 積 制 め
よ と 以 を 、
り す r 設 土
、
る の け 地
あ と 土 て 取
ら き 地 い り
か は の ま に
、
じ
取 す つ
こ
め
り ん い
い 知 の を ‐ て
こ 事 法 し 定 届
と に 律 よ 面 出
に 届
な 出
っ な
て け
い れ
ま ば
す な
ん ら
な
墓届
地出
取の
引必
要
な
◎
法
律
で
罰
せ
ら
れ
ま
す
す
ノ 契 す 告 届 す 更
。
約 。し 出 。 を
が こ な 日 そ 勧
で の い か れ 告
き 通 旨 ら 以 す
る 知 文 六 外 る
こ を 書 週 の こ
と 受 で 間 場 と
に け 通 以 合 が
な 取 知 内 に あ
り れ し に は り
ま ば ま 勧 、ま
届
出
を
し
な
い
と
。
感 も し
ん る
じ 儲 て
「 な に
、
か み 長 労 は
-高 っ た 鞏 働
」
く た ら づ な “
\
売 勘
く ん “
れ 定 三 り で 1
な に 年 で す た
い な か 収 よ い
も ら か 支 L ヘ
の な っ 計 {
か い て 算 跳
踰
し
ら
で り り
す か の
が 。 ら 奥
ら 私 見 さ
、
も せ ん
さ 再 て の
ら 会 い 畑
に を た を
勉 楽 だ 種
強 し く 芋
も み 約 づ
重 に 束 く
し
な
か に 大 こ 然 ら は で い け 伝 つ 祖
な 利 切 の に も 、す 大 れ え ぎ 先
け 用 に 国 恵 豊 狭 。切 ば て 、 か
れ し 、 土 ま か い 私 な な ゆ 後 ら
ば て 有 を れ な な た 資 ら か 世 受
な い 効 、た 自 が ち 源 な な に け
ら
て
し
漿ま
革 力
雪 さ ら
が せ 私
融 て た
け い ち
た き の
ら た 農
、
く 村
長 思 環
芋 い 境
づ ま を
く す 変
い
、
畑
に
ツ
莪
鰯
飜
讓
雙
鰡
影
す
臨作 影
廳
し
。
Y
“
自 は に
は
然
に の な
ら
体
、
し
れ
ま
た
土 気 せ
づ
ん
く 出 。
り し 農
国
基
勇
捲
、
年
前 「 ぃ か 今 る ら の の 大 水
で 型 題
踏 機 に み 械 は
固 が 、
め 人 十
っ
て
れ
て
私
た
ち
が
取
引
や
地
価
の
÷
品
騰
を
抑
制
し
活 生 士 ル 方
動 産 は の キ 三
、
の の
ロ ロ 十
た
基
生 本 メ 七
盤 め 活 の ー 万
と の と 国 ト 平
こ た
お る
の め 臣 こ と
法 に 士 し い
律 制 利 て っ
は 定 用 は た
、
さ 計 な 事
t れ 画 り 態
地 た 法 ま は
、
の 法 は せ
投 律 、ん 二
機 で こ ん度
と
的 す の
き 審 り
は 査 価
、 し
格
取 、と
り 不 利
の 適 用
中 正 目
止 と 的
ま 認 に
た め つ
は る い
変 と て
。
届
出
を
受
け
た
知
事
は
、
取
さ
洛
別
い
。
ま
で
に
役
場
に
届
出
て
く
だ
金 い ん 秒
い と
の 高 「 に へ で も
で く 形 な ん す 掘
、
買 の ら 、 。 る
土 っ 良 な 苦 そ と
壌 て い い 労 の 下
改 も 芋 し し 排 は
た 水 ド
良 ら で
。 に え な
る
割 が ロ
L
と 不 と な い
に ま ド
は た ロ
や
= 膨
お た な
も
つ
細 っ
工 て
な も
芋 苦
が 労
出 し
て ま
く す
寿
歪
瓣射 教
戦
い
瑯
“ 』 し
、
しズ
だ 覚 し は す 逆
か 悟 た 、 。の
と
ら せ 形 水
働
と ね で 川 も き
い ば の を あ を
れ
っ な 農 半 、 し
て り 業 分 こ た
負 ま 経 に こ よ
け せ 営 減 当 う
犬 ん を ら 分 で
o
乱
開
発
な
ど
を
未
然
に
防
ぐ
た
し
苦
労
し
て
タ
ン
撃
た
、
係 \ 士
利
用
を
混
乱
に
お
と
し
入
れ
出 目 は
書 的 、
を を 取
、
書 引
契 い の
約 た 予
を 知 定
結 事 価
ぶ あ 格
六 て や
週 の 利
間 届 用
「
「
場 は
合 、 契
で 取 約
あ 引 を
れ の し
ば 当 よ
売 事 う
主 者 と
と ( す
買 売 る
主 買 と
) の き
が "
ん丑
ば壕
っの
て改
ボ
を
国 “
語
あ
り
ま
す
。
良
い
の
届
出
か
契
約
ま
で
所
得
の
特
別
控
除
の
こ 適
と 用
が が
造
成
事
業
し な
た ど
場 の
合 た
の め
譲 に
渡 土
れ
な
く
な
る
人
な
ど
の
土
地
譲
渡
益
車
課
地
を
譲
渡
^ 雄
に
ま に で し 苦
は 築 = す 強 こ た 労
の れ 沃 理 別 農 。い れ が 話
、
は
記 ら 、 し
荒 ま な 想
憶 の 同 を
波 し 土 的 羽 国
と 話 席 紹
は た 地 な 幌 の
、
し は 者 介
が を 沖 両 基
、
て
の し
畑 、提 積 川 夏
残 私 領 て
作 水 供 士 は
、
っ の き く
転 m し 層
て 脳 の れ
換 再 て の 水
に 編 く 肥 町
い 裏 中 ま
に
届
す 出
。
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
で
ら
受
け
ら
れ
な
く
な
る
事
譲
渡
す
る
と
、
特
定
住
宅
地
○
の
適
用
除
外
こ 措
と 置
が
が
あ 受
り け
ま ら
地
な
ど
を
譲
渡
す
る
と
、
届
出
を
し
な
い
で
造
、
成
法 宅
4
飜鵞
富 卷
和
田
し
よ
ブ
獨
鷲
ら 衣 鶴早 拗
黛 3 舞 v 釆田
h がほ 崎
ヒ
\だ
\っ ☆
メ終 偽
し ,:
脳 碑
‘ 押 /
,グ
/
た 「
とv
つ
“
て究
蟹
=
1
1導
詠
沸老け
/
霧 残き
終
シ
い
き務 ぞ鼠
こ
/" 内〆
↓
Y
洗
俳
獺煉 し半
ぜ
を
↓獣
〆 盛
鰍 鎚 爆 ママ
′
" 圏力
鉄 え
…
の さ
ド れ
ラ る
マ 大
だ 目
。
か
て
ま
ほ
で
も
か
も れ
の ら
で の
す 楽
。
団
で
あ
し
い
ゞ
の
梅 大
島 き
た な
ち 前
の 進
聖 で
域 あ
が り
、
ま
い す
っ つ
り 九 ち 島
指 ま 十 西 の 国
定 す 八 海 五 の
区 。筋 岸 百 保
は の 四 護
域
特 下 十 指
で
別 鳥 六 定
は
一
保 ケ 諺 区
。
域
護 油
切
区 ‐ こ は
の
と 帯 の 、
鳥
な の う 全
獣
覇 起 碑聡
嵐
擬 き瀞養
曇
た
毎 せ
年 て
く 帰 り る 。
千
鳥
ヶ
浦
帯
置
な
ど
国
の
許
可
必
要
ー
付
け
し
た
同
島
を
重
こ 要
と 地
は 区
、
と
海 し
鳥 て
保 位
護 置
こ
位置 づ け ウ
な
ど
マ
春 は オ り
フ じ ロ
リ め ロ
・
・ ン
に
が
な
飛 ウ ケ 烏 る
来 ト イ を と
す 獣
。
保
護
区
に
指
定
さ
れ
立
大
の
伐
採
っ
天
売
島
の
西
、
ら が
、
二 て に
十 い と そ
九 る っ れ
年 の て だ
に だ 重 け
は ろ 要 こ
、
う な の
道 。 意 島
て 設
味 が
い の
を か
ま 鳥
も れ
・
工
作
物
設
り た 繁 の
傾
向 近 ま 管 殖 予
も 年 す 理 地 定
み オ 。体 を で
ら ロ
制 中 国
で 心 が
れ ロ
る ン
臨に 責
む よ 任
な 鳥
こ り を
か な
、
ど
と 充 も
燻 減
に 実 っ
な し て
が 少
て
二
月
三
十
一
日
が
許
可
制
と
な
か り
ら ま
十 す
年
間
。
っ ら
た 国
。
設
移
管
は
ほ
ぼ
確
定
的
と
な
関 最 し
、
係 終
者 決 町
も 定 内
賛 は 関
、
係
成
一
を ニ 者
表 月 に
わ下説
し 旬 明
た と を
こ な 行
と る っ
か が た
護
区
に
指
定
す
る
"
と
の
考
え
を
示
国
で
は
"
天
売
島
を
国
設
鳥
獣
保
。
区
内
で
は
立
捕
護
が
禁
止
木さ
伐 れ
採 、
や 特
埋 別
め 保
た 護
が
′
′
\
、
o
経 て 十 秋
営 残 頭 ま
を し 程 で
臼 、度 島
指あ を 内
す と 種 で
地 は 用 育
て 元 複 と て
ゆ 農 合 し 二
家
に
引
き
取
ら
れ
5
幌
方
面
に
出
荷
高 の
級 う 今
ラ ち 年
・
ム 雄 産
肉 は ま
と 六 れ
、 し
月 た
糊 て ご も
は 札 ろ の
で
出
産
割
は
ほ
ぼ
半
々
。
"
な
が る 雄
う が よ
ま そ り
く こ 蝿
し は が
た " 高
も 自 値
の 然 と
ぴ れ
り て
鼻 く
が る
た 子
か 羊
い た
。
ち
も
ち
ょ
っ
複 合 農 業 に も一 役
I
1
!
1
l
i
l
l
ー
ー
役 複 資
だ合 源
っ 経 や
て 営 農
産 に 家
ま も の
今
で
は
観
光
れ 一
ゞ 立
閥 ま 月 願
牧 ら 十 し 末 か
場 百 四 た で ら
を 頭 年 。目 続
、
八 々
開 の
い 種 オ
十 と
‐
て め ー
* 十
十 ん ス
頭 羊
が が
三 羊 ト
産 誕
年 を ラ
ま 生
め 導 リ
入
ア
し
か
。
、
一
焼
回 」 赤
今 尻 毎 っと ち 今 足 焼
年 め 年 て 親 ゃ 年 早 尻
も ん 一 い の ん 産 く の
、
半 月 る 周 が ま 春 め
。
こ の 末
り マ れ が ん
の 出 か
を メ た 来 羊
一
冬 産 ら
元 エ サ た 基
“ を シ 二
気 ー ホ 感 地
百 越 ー 月
に メ ー じ で
。
六 し ズ は
は
と エ ク
、
十 た ン 、
び ー の
"
お
母
さ
ん
め
ん
羊
。
んノ
ノ
ー
・
フ
三メ
ん
ら
魂
をね ら い
増
、う
′ごしン′ も
く
も
1
〆/
- "
し"
-
6
海 お せ い の 老若男 女 で落
簿 記教室
ま た、 趣 味や 技 術 を
お い のあ る 日 常生 1 ノ過
し た。
賎
疼こ
?な
カ ラオケ 教室
ノ
囲碁教室
な
い
の
に
対
し
、
者 が お り 、
記
も
で な の 腎
約 道 す 治 根 臓
千 内 。療 本 疾
七 で
法 的 患
っ を
た 病
こ 院
と に
は と
絶 ど
対 め
あ て
り お
ま く
、 せ と
左 ん い
登
お 録
願 や
い お
し 問
ま い
す 合
。
せ
は
に
。
で 後 ぐ
き 、ら
ま 直 い
す ち か
.
に か
何 ご り
D 遺 ま
問 体 す
も は が
ご お 、
遺 返 そ
体 し の
腎
臓
移
殖
は
た 維 臓
ば 持 移
か す 殖
一
生
り る と
か こ に
続
、
け
と よ
、
な
社 が っ
け
会 可 て
時
れ の 間 し 復 能 、
ば と 的 た 帰 に 生
な と 、 。 も な 命
ら も 肉
現 っ を
に
、
体
的
制
約
を
受
け
る
と 室 は
り で 、登
絆 、 死 録
し 直 亡 者
ま ち さ が
す に れ 亡
の 両 た く
で 方 病 な
、 の
院 っ
三 腎 の た
時 臓 子 と
間 を 術 き
が を が に
沈 飲 肝 経
着 み 硬 過
し す 変 が
て ぎ で 長
起 て す び
る 、 。き
脂 肝 ア 進
肪 臓 ル ん
肝 に コ だ
は 脂 ー も
、
肪 ル の
は
ど
う
で
す
か
を
つ
く
る
こ
ル
を
飲
ま
な
と い
! を "
ー 考 我
え 慢
て の
み 日
て
"
る
病 慢
気性
で 肝
す 炎
の は
で 長
無 い
理 時
は 間
さ か
け か
実
の
も
の
に
な
り
ま
の 待 人
一
. っ で
個 て も
の い 多
腎 ま く
臓 す の
に 。 腎
よ 一 臓
る っ 人 提
の て の 供
で 、人 者
す 二 間 を
人
の
患
者
が
救
わ
れ
。
こ が
明 し
る 、
く 一
楽 人
し で
い も
牛 多
活 く
、
を の
一 送 患
き
て
い
る
の
で
す
。
か
も ま
、
た
病 そ
名 の
も 原
治 因
療 に
法 よ
も っ
違 て
」
ば
回
復
も
早
ま
り
ま
す
少 の た
な 診 ら
い 断 、
う を ま
ち 受 ず
に け 早
気 、め
が 症 に
つ 状 医
。
け の 師
欲
が
な
く
な
る
よ
う
で
し
死
霊
讓
解
離
二
十
年
前
ま
で
は
臓
纜
轢
、
不
治
の
移
菴
腎
臓
提
供
者
が
少
な
移 そ
殖 の
“
殖
を 四
囚
の の
希 十
が 恩
+
望 パ
現 恵
し ー]
状 に
セ
て “
で 浴
い ン
,
す す
。 る い
ま ト
,
が
す “
方 た
が め が 腎
、 、
少 臓
な
わ
が
国
の
腎
臓
移
殖
を
さ
い
〇
六
〇
条
西
七
丁
目
一
八
札
一
幌
内
中
北
線
区 五
…
北 五
十四
七 九
◎
@
$
◎
苫前町 ・ 初山別村 の 市外
局番は不要になりま した。
3 月 1 7 ロ か ら 電 話の かけ か た
@ が 変 わ り ま し た o 羽 幌 町 (天 光 ・
◎
◎ 焼 尻 を 除く ) 苫 前 町
、 初山 別 村 ・
@
◎ 各 相互 間 の 通 話 は 先 方 の 電 話 番 号
◎
ダ イ ヤ ル す る だけ で っ な が り ま
③ を
◎ す
0
◎
と先
◎
現在 市
16
⑧
し
ダイ
の
を
ル
番
ャ
ヤ
方
電
話番
号
通
、 話
◎
@ を
た
る、
町 (
⑭
⑧羽
苫
前局
丹別
◎
南
別村 山 別
◎ 局
@
間は 3 月 1 7 日 か
⑭ 局 有 明局 )相 互 ◎ ら 先 方の 電
ゴ話 番 ダイ
イ ヤル す る
号を ダ
◎
な
し た
にな
◎ だ
の す
に 。
胸 無
が 理
む は
か し
つ
き
て
い
、
な
食
い
◎
"
"
◎
@
@ @
市 外 局番 0
6 を ダイ ヤ ル
◎
◎ す る と つな が
ん の で ご 注意
@
◎ 願い ま すo
@ の プ
宿ダイ ヤ
ッ シ ュ ホ ン に よる
◎
@ ルは 3 月 ー
日以降改 め て セ い ト
電 @ し な お し て く ださ い
◎
o
話 ◎
※ 羽幌 町の
売局 ・ 焼 尻 局は従来
@
ど お です o
一 ◎
◎
か かた
◎
ー @ 羽 穆 局
◎
へ かけるとき
七 ◎
がら
から初山別局
丹 局
一 @ 古 丹別局
‐ ⑩
市街 局 番 は不 要 で す
短縮
7
天
0
ニ
-
『
ー
(
静 が を 起
と 、使 こ
が バ そ 用 す
何 ラ れ す 時
よ ン 以 る の
り ス 外 こ あ
の の の と る
療 と 場 が 一
法 れ 合 あ 時
な た は り 期
の 食 、ま に
で 事 安 す 薬
例
3 月 " 日か ら
ど と 臓 医 る と に い
こ か 病 学 よ 、 は 成 肝
が わ と の う 特 「 人 臓
ど か い 進 に 別 肝 病 障
う ら っ ん 思 の 臓 の 害
悪 ず て だ わ 薬 病 一 は
、
い
も 最 れ や 」 つ 中
の 肝 何 近 て 養 と で 年
か臓 の で ま 生 い す 以
、 の こ
は す 法 わ 。降
、
が が れ 一 に
肝 、あ る 般 多
・
ン 虜⑲
安静 と バラ
と れ た 食事が薬
中 以 離 に 象 胼臓障
実 ン ン そ
行 ス パ し
す の ク て
べ と 質 、
き れ を ビ
で た 十 タ
す 食 分 ミ
。
生 に ン
、
活 バ
を ラ 夕
病
で
特
に
有
効
な
治
療
方
法
も
北
「
め 北 室 大
る 海 内 医
△ 道
学
ご
部
腎
臓
泌
移
尿
器
柚
を
科
す
学
す
教
o
っ
て
に
と
が
で
き
る
よ
う
に
は雪 どけ の 季節
け始 め ま す o
歩 い た り、 川辺
は た い へ ん 危険
よう な 人を兄 か
‐
、 お 互 い に 注意
炎 く 肝
で か 臓
、
か 病
こ り の
れ や う
に す ち
は い で
急 の 一
性 は 番
肝 肝 多
臓 つ な
不 以 く
患 外 、
者 に い
も 方 わ
、
法 ば
人 が 座
工 な し
透 か て
折 っ 死
と た を
腎 腎 待
る 者 ん
n
辞
oU
た が ふ 死 や ま 炎
も こ え 因 肝 す と
o
の じ て の 硬
慢
が れ き 第 変 近 性
慢 て ま 四 が ご肝
性 治 し 位 、 ろ 炎
肝 り た に 成 慢 と
炎 に 。 上 人 性 が
で く 急 が 病 肝 あ
、
く 性 る の 炎 り
さ な 肝 ほ
歩
ら っ 炎 ど
週 ー 十
間 ル 分
の は 睡
う 一 眠
ち □ を
一 二 と
ロ 合 る
は が と
ア 限 か
ル 度 ア
、
コ
ル
ー 一 コ
人
工
透
折
は
尿
毒
症
の
よ
う
な
精
神
多
様
で
す
肝
臓
の
病
。
気
肝 と
硬 い
変 っ
が て
障進 も
害 ん 多
を で 種
ワ
2000
こ んにち は
保健 婦 で す
の 小 ア
異さ ル
常く コ
もな ー
出 り、 ル
に
肝
く肝 の
い 機 場
の 能 合
で テ は
す ス 逆
。
ト に
の 縮
場 し
合ま
は す
肝 。
臓 ウ
は イ
は ル
れ ス
ま 性
す 肝
が 炎
肝
硬
変
を
起
ル
に
よ
る
肝
こ
障
す 害
と が
肝 進
臓 行
は し
萎 て
状
も
あ
り
ま
せ
ん
。
ア
ル
コ
ー
症
状
が
現
わ
れ
に
く
く
自
覚
症
3
包
軽自動車の
届出はお済 み ですか。
り が
、
お
◎
⑧ 町 お
@
◎ 税 む
軽白動車税は 、 4 月ー
在所 ◎ の ね
◎
滞 五
ね し て い る 万に 謀税さ れ
◎
o
@ 納 人
り、 ◎
た と え ば ・ 住 所を変更
が 以
@
廃 車を し た
て の届
は
こ場 合
件、 そ
嫡出 し な
◎ な 下
か な か っ た @ (い で
い と 、 納 税 通 知 書 が 届粉
@
も ぁ
あ
し
な
◎
に
て
り、 既
い
賭 所有
ないに も か か 謎
◎
さ れる こ と @
おり 課税 き
わ ら ず従来ど
どお
き れ
使
常 る ・ 企 途
時 も
業 が
、
の 後 の 明
使 。 の 自 確
主 で
用
す
努 あ
が 力 る
る
従
r定 期 が も
待 み の
業
o
で ら 。
員
今
農
乾
〇
企 ‐は
る
も 緊 業 年 事 町
の 急 。以 業 内
で に
r 所 に
、
営 を 土
資
か 金
業 有 た
つ を
実 し る
、
績 、店
必
の か 舗
資 要
つ ま
あ っ
全 と
の す
る 、た
で
棚
す
があ り
ま
o
日 合は
に
次 該当ず る 場
易
、
出
て
ま でに 必ず届
、 く ださ
@
◎ 季
◎
末R ◎ 節
⑧ 労
③ 働
◎ 者
所 を変更 し た と き
◎
‘
た
と
封
が
◎ 福
売 買な どで所 有者
◎ 祉
き @
d
@ 共
を葉 ④ 済
丁
車 し た と きo
は、
をし ◎ 制
者 に 依 頬 し た と き ◎
し
な ど @ 度
た か
、 所有有を変更
」
㈱
事 後 を確 認 し ま し ょ う
◎
◎
◎届 出 所
◎
0 ば ④
原 敷 機付 白 車
◎ く
ま での オ - ト バ イ
殊白 ◎
@ だ
役場 @ さ
動 車 耕 う ん機な ど
◎ い
税 務課へo
◎
‘
C
◎
0 “
軽 目動車 排 気量
CC ま @
◎
・ 二輪
の 小 型 目
で
@
ー 陸 @
え る もの
は 、 旭川
0 ℃ を越 ぇ
◎
げ
ら
れ
る
よ
う
守
り あ
、
な
安 た
心 や
し ご
、
て 家
ぜ
族
働
ひ
の
「 き
羽 に 生
幌 出 活
町 か を
住
し
=裳安
羽鰓
巍
講
幌説
町髓
季器
節瀞
福
奏
祉搦 大
共
爛
き
≦
繧趨
鱸
(
場
5 5
(
需
2 5
8
)
連 事 務 所 へ。
二 年 わ
保 十 四 れ
険 円 月 る
し
。
U
か
な ら
り は
ま 月
す 額
。
五
千
三
百
金
係 く
に わ
お し
た く
ず は
ね 、
く 役
だ 場
さ 越
い 民
年
9
◎
◎
◎
申 連 保 年 貸 月
込 帯 証 六 付 賦
の 保 人 ,・ 利 払
百 率
を
受 証
パ
付 人
原
‐
.
ー
則
セ
と
名
ン
す
ト
る
聽
い
。
な
蕪
鰐≦安
妙
毒
軸な
心
灘
◎
加 間 に
入 中 つ
申 に き
し お
れ 千
込 け 五
み る 百
人 円
入
院 一
(
) 作
枕
就
で
労
く
期
(
) ( "
を
納
め
忘
れ
た
り
町
経
済
部
商
工
水
産
課
に
申
ば
し
利
剛
・き
度ま
き
≦
Jさ
霧
。
◎ 含た
◎
返 む だ 二 貸 一
済 。 し 十付 企
、
方
期
四
業
据 ヵ 間
法
八
置 月
十
期 以
万
間 内
円
ノ と
ま
勿 す
で
.
月 る
。
を
。
が
あ
り
ま
す
。
保
険
料
き
上
げ
こ の ら
と 額 れ
に の る
な弓 こ
り き と
、
上 に
五 げ よ
十 も っ
七 行 て
れ 圏 納
て の 付
お 負 し
り 担 た
ま に 保
す よ 険
。 っ
料
年 て の
金 ま 積
額 か 立
が な 金
引 わ と
母 に 納
ば 子 あ め 保
か 年 っ ま 険
り 金 た せ 料
で な と ん を
な ど き と 納
く が の 、付
、
受 障 不 期
将 け 害 測 限
い 来 ら 年 の ま
、
れ 金 事 で
場
合 老 な 、故 に
齢
年
金
も
受
け
ら
れ
な
い
年
金
の
財
源
は
、
す ど 価
。 の 上
改 昇
善 に
を 合
は わ
か せ
こ だ
線
き
二 T と さ
二 E は い
〇 L 役 。
番 一 場 な
) ー 福 お
へ 一 祉 、・
お 二 課 く
W
だ
わ
た ‐・ 浮
労
ず 一 働 し
ね 内 係 い
う に の
ほ ‐生
か 度 活
、
は 水
毎 制 準
年度に
、 の
前 見
て 年 年 直
お 金 度 し
り 額 の を
ま な 物 行
っ て
み
ん
な
が
め
限
て
と
い な
な っ
い て
方 い
は
今
す
ぐ
納
め
ま
す
。
ま
だ
納
十
六
年
度
保
険
料
の
最
終
納
期
役
場
窓
ロ
口
ヘ
へ
申
し
込
ん
る
み 国
な 民
さ 年
ん 金
、
に
人
7 加
月 入
は さ
昭 れ
和 て
五 い
・
期和
で五
す。 十
六
年
度
@
o
・
の
◎
◎
共
年 掛
死 済 額 金
亡 の 六
給 給 下
付 付 川
金 内 (
容 月
縦
額
五
古
覧
五
〇
0
百
万
円
円
)
@・
産出 遺児 準 は
が 、 こ
変 当 の
わ 然 長
っ 社 い
て 会 加
き 情 入
ま 勢 期
す や 間
。
牛 の
将 活 間
来 水 に
す 受 金 ま
の け が す
で ら 、と
、
れ ま 、
必 な た 障
ず く 将 害
に 納 な 来 年
し 付 っ 老 金
ま 期 た 齢 や
し 限 り 年 母
ょ ま し 金 子
う で ま が 年
に
納
め
る
よ
う
配
偶
者
は
二
分
傷 十 育
旧
三 児
害 一
ん
カ
ヵ
給
給
付 月 付
金 間 金
の
給
人 付 月こ
入
一 )
事
- ) 二
院
一
千
円
H
ま 活 っ 情 受
国 す に て 勢 け
民 。 役 い を る
立 か 見年
年
た な 込 金
金
な け ん 額
は
い れ で も
合 、
こ ば 改 、
わ そ
と 老 善 こ
せ の
、
に 後 を れ
時
な の ほ ら
五 ど
り 生 か の
年き
ノ
の /
最 月
終 は
納昭
(
給 給
付 付
金 金
五 一
一 〇
万
7/ ○
円 万
( 円
◎
貸
付
限
度
額
の
。
転
に
込
ん
で
く
だ
さ
の
廃
料
の
ご う 育
利 に 成 町 貸 中
蝸 貸 の で 付 小
く 付 た は 制 企
だ し め 、度 業
さ て の 中を の
い お 資 小 ご み
。
り 金 企 存 な
ま を 業 じ さ
す
ず 次 の で ん
の の 振 す 、
で ょ
よ 興 か 町
納
)
◎
貸
付
対
象
者
け い 十 加 障
る る 年 入 を 国
要 こ と 期 目 民
件 と い 間 的 年
と が う 逡 と 金
主
な 、長 一 し は
っ 老 い 十 た 老
て 齢 間 五 年 後
い 年 加 年 金 の
ま 金 入 か 制 所
す を し ら 度 得
。
受 て 四 で 保
、
が
逓
そ 年
れ で
が な
生 い
業 労
で 務
あ に
る 従
者 事
し
、
。
羽
幌
町
の
住
民
で
雇
用
期
間
◎ へ
加 の
入 加
で 入
き を
る お
人 す
す
め
し
ま
す
。
i
保
険
料
が
改
正
さ
れ
ま
す
;
に
て
の
も
や
れ
そ
う
な
感
聞
で
い
す
た 。
時 で
、
も
な 新
ん 聞
じ だ の
だ か 配
っ ぼ 達
た く っ
て 父 に
く さ 届
れ ん け
る 方 て
も は 、
ご 、そ
よ は れ
、
た を
ム
フ ら 読
ロ き ん
の に で
社 で お
で な ど
す L う
。 あ や
う の っ
ち ひ て
で と や
は り っ
た ご て
い と い
へ の こ
ん こ う
な と か
よ 自
、
分
色 で
々 ほ
な こ
ニ り
ュ に
ー 思
ス
を
家
庭
っ
て
い
る
め た た る
か 、 。 い
た ら こ ぼ て
と つ ん く 道
思 い な は を
い て こ こ 作
ま こ と う っ
し な な か て
た け ら い く
。
れ 、 し れ
母 ば は ま ま
は よ じ し し
か
っ
そ
の
お
ば
さ
ん
は
い
る
お
ば
さ
ん
と
、
出
お 合
は い
よ ま
う す
。
は 決 を い
ど っ 見 く
う て て ら
し 聞 、 か
て く ま と
も の た 計
ま で 母 算
た す の し
た 。 こ て
り 「 ご い
な 今 と る
い 回 を の
、
だ っ
よ ぽ
、
ど
お は
母 ず
さ か
ん し
の い
仕 こ
事 と
は な
、
ん
よ お た H ぼ と
か 手 く が く い
っ 伝 た つ は わ
ん い い ら 、 れ
」
と を 日 か 冬 な
お し も っ 休 く
も て あ た み な
い ほ っ け の り
ま ん た ど 毎 ま
し と け 、 日 し
た う ど い 、た
、
。 に
き 毎 。
が
近
づ
く
と
、
し
は
ら
い
は
ま し イ 母 活
し て プ は が
た き か 、楽
。
た と う で
そ け 、ち な
れ ど ぼ で く
は 、く は は
、
す に ど た
父 ぐ し っ ら
の わ つ ち く
お か も の 人
給 り ん タ 。
で 悪 は 新 て
生 い ず 聞 、
活 こ か 配 び
す と し 達 っ
る を が な く
こ し る ん り
と て こ て し
の 、と 、ま
力 そ は ち し
が の な っ た
、
お い と 。
よ 金 、も 「
な 雪 す 朝
H の ご 四
は H く 時
、
も つ 三
母 あ ら 十
が り か 分
ぼ ま っ に
く し た 起
の た で き
前 。 す。 る
を そ
の
あ ん 大 が
く し が だ そ
と た だ そ の
決 。 な う 人
っ ま あ で の
て た と す せ
、 、
思 。 い
雪 配 っ ぼ か
は 達 て く く
ね を 聞 は も
を し い 、で
し に て さ る
て い ま す ん
料
こ
れ
が
。
の
母
に
い
わ
せ
る
と
、
は
た
を で な
、
し
が
て 新 い
は 聞 る
た 配 時
ら 達 間
い の に
て ア で
い ル き
ま バ る
す イ 仕
。
ト 事
て
い
翻 誹低 い と
た
こ
と
を
ず
ば
り
い
わ
れ
斉藤 博行 < ん
(羽幌小学校 3 年生)
、
ち も
ょ ら
う う
な お
も 金
の が
で 、
あ ど
る ん
か な
、
に
ぼ き
す 休 配 聞
ご ま 達 を
く る が お
い こ 全 る
ん と 部 方
し が 終 法
ょ な る 、
う か ま 母
に っ で の
残 た の 右
っ の 間 手
、
て が
は
し 母 中
た か に
。
ら 勉
そ 色 強
し ん で
て な き
、 こ
な
は と か
た を っ
ら 学 た
い び け
て ま ど
わ
か
ま ら
し な
た か
配
達
が
ど
ん
。 っ
な
ぼ た に
く よ 大
は う 変
、
に か
休 ね と
み と 、
い
い
風 い え 休
を れ て み
利 方 も の
用 と ら 間
し か い に
、
て
ま 色
、
あ し 々
か る た な
た き 。 こ
手 な 新 と
で が 聞 を
新 ら の 教
赤 母 思 間
ち は い る
、
ゃ
ま す
ん は す の
が た 。家
い ら ぼ 庭
る い く の
の て の 人
で い 家 も
、
ま 庭 い
み す で る
ん 。も と
ま な
し く
た は
。
ず
ぼ か
く し
は い
、
な
母 あ
に と
思 思
っ い
た る
ら の
し で
く 、
な わ
り ら
ま っ
す た
。
顔
ぼ が
く に
は く
、
さ
ん
が
は
た
ら
き
に
で
こ
の
を と
ひ き
っ だ
し け
で バ
の
な 出 ん な る と し
い 合 が い の い た
だ っ な の よ う 。
け て い 、 、け 博
な な の そ で ど 行
、 の も 、 、
の い
、
か そ 人 う 色 人
博 ら の は ら ん は
、
、
む な 軒
く
行
が わ ろ け こ 人 人
新 か う い と が 十
聞 ら に け は い 色
め
ま
し
た
。
で
も
母
が
い
い
ま
く の
は は
た 、 げ
か な み
っ に と
た が い
が は い
、
げ ま
い み し
う な た
。
の の
や と ぼ
い
い
、
て お
、 か
昼 あ
そ 行 も
し っ の
て て か
冬 み 、
休 た 冬
み い 休
が と み
き 思 に
た い な
ロ ま っ
に し た
、
た ら
。
新 わ た ち
聞 ら め っ
を っ 生 と
い て 活 も
れ 一 の だ
ま 軒 た っ
す 一 め て
こ ッ 。 軒 と さ
ら タ ぼ の に 、
え し く う っ 生
て そ は ち こ 活
い う 、 に り の
な
み
ん
な
の
な
か
で
と と 思 の
思 な い で
、
っ く ま
て 男 し な
い の た ん
た 人 。 だ
の の そ あ
で す し ん
、
る て な
な も 、も
ん の な の
と だ ん と
ま し の い ぼ
ず た じ ま く
。 ょ
に
し は
、
い そ う た
く れ け 。 つ
こ は ん そ れ
と 休 を れ て
で み 母 に い
し の は は っ
た 間 出 、 て
。 、 し
一 も
そ 休 ま つ ら
の
か
大 た ん
変 ぼ た
なく ん
仕 に か
事 と ん
で っ た
し て ん
た は と
ち み に っ 商 い
ょ を し て 品 ま
う き て 、だ す
め ち い な か 。
ん ん る ん ら 新
に と の だ と 聞
い 合 で か 大 は
れ わ す 宝 事 商
な せ 。物 に 品
い て す の あ だ
と 、 み よ つ か
、
き ず う か ら
づ だ く
か か は
い ら 、
で 、は
も た じ
、
っ め
た た て
っ 百 知
た 円 り
百 の ま
円 お し
か こ た
こ
思 ん
っ な
て
、 い
。
は に わ ら
た は け い
ら 、ら て
く 貯 れ い
人 金 る る
。
を そ 人
二 し う に
つ た で も
、
に い す
は た 。 当
、
め 一 っ
生 に つ に
ぼ く て 貴 会
く ち い 重 の
は ゃ る な じ
、 」
こ お ょ
そ と と 仕 う
の い に 事 せ
仕 っ 自 を い
事 て 信 さ と
が い を せ か
ど ま 持 て 、
ん し た 頂 一
な た な い 番
。
キ ま い の が
ラ す つ と ら
わ か 。も こ の
く が 朝 バ ろ 仕
な や な ッ に 事
い い の タ き で
の て に し た す
と い 星 そ ら 。
聞 ま だ う 、は
い す け に ぼ く
。
て
キ な く で
も 母 ラ り は ん
に
こ
、
け る ま ぼ 家
ま で す く の
し し 。ま 中
た ょ 母 で に
。
う は に 入
そ と 、く っ
れ ぼ 色 た て
も く 々 ら い
お に な し き
母 声 人 く ま
さ を が な す
ん か い り 。
尹
人
で
元
気
に
歌
を
う
た
い
な
っ ま ご
ぱ っ ざ
る て い
よ そ ま
う し す
に て と
し そ い
て
の
っ
と 新 て
っ 聞 も
、
て を
、
ひ だ
-
10
4
の
5 H 年金相 談 (役場相 談
室)
@ 羽幌保 育 園、 川 北 保 育
園、 焼尻 保育所、 天 売保
育所の 入園 (所) 式
ミ
6H
春の 交 通 安 全 道 民
総 くる み 運 動 " が 始 ま り
0
歩 行 者、 特 に 子 ど も
の 交通 事 故 防 止。
(2 ) 自動車お よ び 原 動 機
付 自転車の 安 全 利用 の
促 進。
{3)
安 全 運 転の確 保、
特
に無 謀運転 の 防止。
こ の 3 項 日 を重 点 に
1
5 ロま で 展 開さ れ ま す。
7日
12日
榮別 保 育 所 入 所 式。
狂 犬 病 予 防 注射お よ
び畜大登 録 が
の
4 日 間、
1 5 H まで
次の料金 で 行
な わ れ ま す。
登録料 2 0 0 0 円
嘩主射料 1 5 0 0 円
e 個 別 訪問 料
6 0 0 FJ
i3 H 婦 人科検 診 が児童 会
館 で 16日 ま で実 施さ れ ま
e
す。
検 診料 3
10 0円
(た
だ し、 7 0歳 以 上 およ び 生
活保護者 は無料ナです。 )
20日 股 間 節脱臼 検 診 (児
童会館)
《対 象 者》
昭 和 56年 11月 23日 か ら
昭和 57年 1 月 20 H ま で の
出 生者
l
:タバ コ は
!町内で買
-
郛
隧
潴
潴
鉛
翳
隧
鏥
翳
鯰
錨
瀦
芻
錨
潴
瀦
芻
芻
翳
瀦
潴
瀦
潴
芻
翳
翳
翳
翳
翳
隧
翳
翳
潴
潴
翳
翳
潴
潴
隧
隧
郛
鞘
鯰
艶
翳
瀦
鯰
潴
潴
鯰
潴
舞
鯰
潴
芻
翳
〈 空
こ 気
と が
が 乾
く し
ま 書 れ
冬 す は た
o 、
か
昭
こ 和
ら
n
の 五
春
よ 十
先
、
に
六
か
に 年
け
版
の 風 て
消
う が は
て 防
ち 吹 、
白
亡 が 約
く 発 八 こ
る な 生 分 の
:
! つ し、 に 口
一 本
:!o た
り 毎 同 列
ロ の 島
先 傷 □
ー
ご つ 一
ご
‐ 割 の
ノ合 ど
十
ろ い ず
発 た 数 で こ
表! り 人 火 か
さ
き し が 災 で
て
い
出火原因のト ップは
1
、独走 "
昭和36年以来、20年f幇
[email protected]
で
も
火
災
の
発
生
が
最
も
多
襁
火虎
な
験
事魔
を
い
亦 ば 危な い “
で
出
す
す
⑭ !
も
-2月
防
2月 約2
287%
3月 5月
(季薊別の火災発生割合= 全国)
い
億円が
つ
動
け 火 が
ま の 行
し も な
ょ と わ
う に れ
o
は ま
、
す
C
十 。
分
59 8%
偽 5%
8 5%
◇ 観じ 捨 て
? 灰皿なとから庭 へ
D′当し 忘 れ
など
気
を
い 約 は
四 ま 百 和
月
H すo 三 変
か
十 ら
ら
億ず
た
円
春
'り だ
が ば
の
灰 こ
火
に で
災
な 、
予
矛
っ 年
耽
防
て 問
連
建
い
ま ま
た す
、
o
出
火
原
囚
の
ト
ッ
ブ
は 先 例 季
、 に に
節
年 か と で
間 け り す
o
の て ま 。
約 の す 昭
六
、 火 と 和
割 災 、五
を 発 冬十
占 牛 か 五
め 件 ら年
て 数 春 を
あ り そ み 短 歌 会
ぬ
を
ぼ
券 と
れ リ
汐掠
. っ
に
%
く
イ
“
を る
そ
戊 G
怖 ヴ
い る
せ て 弱
今
徐 務
除
す
中 る
の 通 り を
ゆ く
孫 ら が
の 嫁
あ るこ
砒
良
洛
て
め わ
ざ が
は 体
芥緘
ま
る
の
鑽
派 掾
を 湖
痒 れ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
50
File Size
1 415 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content