close

Enter

Log in using OpenID

ワイン頒布会 NO. 157 2010/11 GRAND CHEF 太陽のもとで収穫は

embedDownload
ワイン頒布会 NO. 157!
2010/11
2010 BEAUJOLAIS NOUVEAU
太陽のもとで収穫は終了 果実味豊かで、
立った果実味(キイチゴ、カシス、スグリ)が支配 的な、ガ
滑らかでバランスの取れたワイン
メイ種の典型的な特徴が見られるであろう。 2010 年 10 月
ボージョレーの 12 の AOC(ボージョレー、ボージョレー・
12 日付けボージョレーワイン委員会プレスリリースより
ヴィラージュ、クリュ・デュ・ボージョレー)の 2010 年ヴ
ィンテージの特徴をより正確に把握するためには、まだ数
日待つ必要があるだろう。
収穫は 9 月 13 日に始まり、10 月 6 日頃に終了した。今年
の収穫時の天候は理想的であった。日照に恵ま れ、わずか
に涼しかったために、ぶどうの成熟は規則的に進み、畑の
衛生状態もとても良く、生産者は天候の 恩恵を最大限に引
き出すために、収穫を数日遅らせることができた。
タンクの中では、醸造の第一段階であるアルコール発酵が
終了したばかりで、マロラクティック発酵が始まっ てい
る。「最初の果汁は、ワインがとてもアロマ豊かで、色が
濃いことを示している」と、Sicarex*の技術取締役 である
ベルトラン・シャトレ氏は説明する。 *)ヴィルフラン
シュ・シュール・ソーヌにある研究所で、ボージョレーの
ぶどうの研究を行っている。
並外れて素晴らしかった 2009 年ヴィンテージの後、2010
年のキュヴェは、将来有望であることをすでに予測 させ
る。2010 年ヴィンテージには、繊細さと力強さの中に、際
2001 CHATEAU BEAUSEJOUR DUFFAU- LAGARROSSE
シャトー・ボーセジュールの歴史は非常に古く、ガロ・ロマン時代にはすで
にブドウが植えられていた。その後、近くにあるサンマルタン教会の修道士
たちがブドウの栽培とワイン作りを行い、カマルサックの領主であった
ジェール家に引き継がれていった。後にシャトーは別な所有者へと渡り、
1823年からはピエール・ポラン・デュカルプが管理していた。1869年、ピ
エールが他界したことにより、シャトーは2人の息子が引き継いだ。この時を
境に、分割されボーセジュールになっている。近年非常に評価も高くなり、
シャトー・ボーセジュール・
1990年に100点を獲得したのを皮切りに凄くレベルの高いワインを造
デュフォー・ラガロス 2001
り出すようになったのだが、生産量が少ないためにあまり市場には出回らず
サンテミリオン第一特別級B
日本でも知名度が高くないワインの一つ。しかし最近のサンテミリオンの品
メルロ65%、カベルネフラン25%
質の高さと同様、注目したいワインのひとつ。(メドックの第二級、または
カベルネソーヴィニヨン10%
第三級に相当する品質)
平均年生産本数 37,000本
Aコース ¥5,000
ルイ・ジャド ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール 2010 シャトー・ロバン 2005 コート・ド・カスティヨン
Bコース ¥12,000
メゾン・ルロワ ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール 2010 シャトー・ボーセジュール・デュフォー・ラガロス 2001 !
GRAND CHEF
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
380 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content