close

Enter

Log in using OpenID

平成 28 年度 愛知学泉大学シラバス

embedDownload
平成29年度 愛知学泉大学シラバス
科目番号
科目名
113
臨床栄養学Ⅲ
Clinical NutritionⅢ
担当者名
林 明日香
基礎・専門
選択・必修 開講年次・
単位数
別
別
時期
専門
2
選択
3年後期
科目の概要
管理栄養士が栄養の専門職として、臨床栄養管理を行うためには、病棟で患者に栄養ケアプランを立案し、チームで
栄養状態の改善にあたることが求められている。この授業では、薬物療法を受けながら、併せて栄養状態の改善を行
うことによって、傷病者の治療効果を高め、早期の健康回復や早期の退院が達成され、QOL の向上を目指す臨床栄
養管理の実現を目的とした栄養薬理学について深く学習する。
学修内容
① 栄養を補給する薬剤について学ぶ
①
② 薬物療法を含めた臨床栄養管理について学ぶ
②
到達目標
経腸栄養剤と経静脈栄養剤について理解することが
出来る
薬物療法と栄養療法の併用による治療効果について
説明できる
薬理学の基礎的な知識を習得することが出来る
アレルギーに配慮した栄養管理計画を立案出来る
③ 薬理学の基礎知識について学ぶ
③
④ 免疫の仕組みとアレルギーについて学ぶ
④
学生に発揮させる社会人基
学生に求める社会人基礎力の能力要素の具体的行動事例
礎力の能力要素
主体性
主体性を持って、予習や復習をすることで、臨床栄養管理を深く学ぶ。
前に踏
働きかけ力
み出す
力
実行力
傷病者のために、治療効果を高める栄養管理を理解している。
課題発見力
小テストにおいて、自主的に理解ができなかった部分の課題発見が出来る。
考え抜 計画力
く力
創造力
創造力を発揮して、治療効果を高める、傷病者の栄養管理について学ぶ。
発信力
薬物療法と食事・栄養療法の連携について情報を発信できる。
傾聴力
傾聴力を高め、食物と薬剤の相互作用について理解を深める。
チーム
柔軟性
で働く
力
情況把握力
規律性
規律性を発揮ながら、チーム医療に貢献できる力を養うように努力する。
ストレスコントロール力
テキスト及び参考文献
テキスト:栄養薬理学 田中芳明 中村強 編
参考書:エッセンシャル臨床栄養学 第 8 版 佐藤和人 本間健 小松龍史 編
他科目との関連、資格との関連
他科目との関連:「臨床栄養学Ⅰ」「臨床栄養学Ⅱ」「臨床栄養学実習」「栄養教育論実習」
資格との関連:管理栄養士
学修上の助言
受講生とのルール
これまでに学習した臨床関連の知識を復習しながら、意欲 授業で配付する資料の予備は保管しません。出席者から
的に臨床栄養管理が行えるように、小テストを活用し効果 もらうなど自己管理すること。
的に授業を受けるようにしてほしい。
【評価方法】
評価方法
筆記試験
評価の
割合
90
小テスト
到達
目標
① ✓
② ✓
③ ✓
④ ✓
⑤
①
②
③
④
⑤
✓
✓
✓
✓
①
②
③
④
⑤
✓
✓
✓
✓
各評価方法、評価にあたって重視する観点、評価についてのコメント
・臨床栄養管理をする上で、薬の分類、作用の機序、代謝などの基礎知識を
習得し、食事との関連を理解しているか評価します。
・臨床栄養管理計画の中で、傷病者の治療効果を高める栄養食事指導及
び生活指導を展開する知識が身についているか評価します。
それぞれを評価し、K:80%以上、A:80%、B:70%、C:60%
F:60%未満として総合的に判定する
・臨地実習で欠席する学生が多いことから、小テストは評価に反映しませんの
で、知識の習得の参考として考えてください。
レポート
成果発表
(口頭・実技)
作品
社会人基礎力
(学修態度)
10
①
②
③
④
⑤
その他
総合評価
割合
(主体性)興味をもって主体的に学ぶことができる。
(実行力)小テストで学習の振り返りを随時行うことで、傷病者の正しい栄養管
理に繋げる。
(課題発見力)自分の理解が少なかった部分を見つけることができる。
(創造力)治療効果の高い栄養管理を自分の力で考えることができる。
(発信力)受け身ではなく、質問された内容に対して積極的に答えを発信でき
るよう、意欲的に授業に参加し、深い理解に繋げる。
(傾聴力)授業を集中して傾聴することで、知識を深めることができる。
(規律性)規律を常に意識して行動することができる。
・遅刻 3 回は 1 回の欠席とする。
・臨地実習でやむを得ず欠席する場合は、授業で実施した内容を確認し、復
習をしておくようにする。
・筆記試験は 6 割以下であれば、再試験を実施する。
100
【到達目標の基準】
到達レベル A(優)の基準
薬物療法と栄養療法の相互作用を理解し、傷病者の治
療効果を高め、早期健康回復や早期の退院に繋げる臨床
栄養管理を具体的に立案することができる。
到達レベル B(良)の基準
疾患別栄養療法の基本事項を理解したうえで、経
腸栄養・経静脈栄養を、一般的なレベルまで理解し
ている。
週
授業の
実施方法
学修内容
到達レベル C(可)の基準
予習・復習
時間 能力名
(分)
栄養を補給する薬①
・栄養管理法と経腸栄養剤に
1週
ついて学ぶ
講義
/
・経腸栄養法の合併症と対応
について学ぶ
経腸栄養剤(医薬品)と濃 「経腸栄養剤」につ
主体性
厚流動食(食品)の種類と いて予習する
180 傾聴力
特徴について理解する
p117~
栄養を補給する薬②
2週 ・病態別栄養剤について学ぶ
講義
/ さまざまな疾患に利用される薬
・高アンモニア血症治療薬
「病態別栄養剤」「高
病態別栄養剤の種類と特
アンモニア血症治療
徴及び肝疾患に関連す
主体性
薬」について予習す 180
傾聴力
る薬物療法について理解
る
する
p148~p65~
栄養を補給する薬③
・経静脈栄養の基礎について
3週
学ぶ
講義
/
・静脈栄養法の合併症につい
て学ぶ
「経静脈栄養の基
水・電解質輸液、栄養輸
礎」について予習す
課 題 発
液の種類及び問題点に
180
見力
る
ついて理解する
P164~
食品成分と医薬品の相互作用
講義
4週
/ ・食べ物と薬の相互作用につ <小テスト>
いて学ぶ
「食品成分と医薬品
食べ物が薬の効果におよ
の相互作用」につい
創造力
ぼす影響について理解
180
発信力
て予習する
する
p42~
生活習慣病と治療薬①
5週 糖尿病と治療薬
講義
/ ・糖尿病と治療薬について学
ぶ
糖尿病経口血糖降下薬 「糖尿病と治療薬」に
創造力
とインスリンなどの注射薬 ついて予習する
180
発信力
療法について理解する p72~
糖尿病薬物療法と栄養療法
6週 ・カーボカウント法について学
/ ぶ
講義
・低血糖とシックデイ
「代謝、内分泌に作
糖尿病治療薬とインスリン
用する薬」について
創造力
療法および栄養食事療
180
発信力
予習する
法について理解する
p80~
生活習慣病と治療薬②
・脂質異常症及び痛風と治療
7週
薬
講義
/
・代謝性疾患の薬物療法と栄
養療法について学ぶ
「脂質異常症と治療
痛風、脂質異常症の薬物 薬」「高尿酸血症と治
課 題 発
療法および栄養食事療 療薬」について予習 180 見力
法について理解する
する
p82~、p100~
生活習慣病と治療薬③
講義
8週 ・骨粗鬆症と治療薬
/ ・骨粗鬆症の薬物療法と食事 <小テスト>
療法について学ぶ
「骨粗鬆症と治療薬」
骨粗鬆症の薬物療法と食
創造力
について予習する 180
発信力
事療法について理解する
p107~
能力名:主体性 働きかけ力
ストレスコントロール力
実行力
課題発見力
計画力
創造力
発信力
傾聴力
柔軟性
情況把握力
規律性
週
授業の
実施方法
学修内容
到達レベル C(可)の基準
予習・復習
時間 能力名
(分)
生活習慣病と治療薬④
腎疾患と利尿薬について学ぶ
9週 ・利尿を起こす薬について学
講義
/ ぶ
・腎疾患の薬物療法と食事療
法について学ぶ
「利尿薬」「腎の機
腎疾患の薬物療法と透析
能と構造」について
創造力
を予防する食事管理につ
180
発信力
予習する
いて理解する
p94~p33~
生活習慣病と治療薬⑤
・高血圧に関する薬について
10 週 学ぶ
講義
/ ・狭心症治療薬について学ぶ
・循環器疾患の薬物療法と食
事療法について学ぶ
「高血圧症と治療
高血圧および心疾患の薬
薬」「狭心症治療
物療法とそれらの疾患を
課題発見
薬 」 に つ い て 予 習 180
力
予防する食事管理につい
する
て理解する
p88~p61~
消化器に作用する薬
・食欲不振・消化不良、下痢に
講義
11週 関する薬について学ぶ
/ ・胃・十二指腸潰瘍、炎症性腸 <小テスト>
疾患の薬物療法と食事療法に
ついて学ぶ
「消化器に作用す
潰瘍および炎症性腸疾患 る 薬 」 に つ い て 予
主体性
180
傾聴力
について理解する
習する
プリント
免疫の仕組みとアレルギーに
関する薬について学ぶ
12 週
・免疫、アレルギーおよび炎症 講義
/
の薬物療法と食事療法につい
て学ぶ
「免疫の仕組みとア
レルギーに関する
アレルギー疾患と食事療
主体性
薬 」 に つ い て 予 習 180 傾聴力
法について理解する
する
プリント「
薬理学の基礎知識について学
ぶ
13 週
・薬の種類と飲み方について 講義
/
学ぶ
・薬物動態について学ぶ
「医薬品の基礎知
識
医薬品の種類と飲み方に
主体性
」「薬物動態」につ 180
傾聴力
ついて理解する
いて予習する
p1~p23~
さまざまな薬の副作用につい
て学ぶ
14 週
・薬の副作用および薬剤が栄 講義
/
養素摂取に与える影響につい
て学ぶ
「さまざまな薬の副
食事療法、運動療法、薬
作用」について予
主体性
物療法の相互作用につい
180
傾聴力
習する
て理解する
p70~
まとめ
15 週 ・薬物の消化管吸収に影響を
講義
/ 及ぼす様々な因子について考
える
「薬物の消化管吸
収に影響を及ぼす
薬物の血漿タンパク結合
さまざまな因子」に 180 規律性
率について理解する
ついて予習する
p26~
能力名:主体性 働きかけ力
ストレスコントロール力
実行力
課題発見力
計画力
創造力
発信力
傾聴力
柔軟性
情況把握力
規律性
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
220 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content