close

Enter

Log in using OpenID

東京周辺のネズミの殺鼠剤抵抗性はどうなっているか 谷川 力

embedDownload
特集 研究調査事例
東京周辺のネズミの殺鼠剤抵抗性はどうなっているか
イカリ消毒株式会社技術研究所 谷川 力
要 約
ワルファリン等抗凝血性殺鼠剤に対し、食べても死なないような抵抗性を獲得しているクマネ
ズミが都会には生息している。抵抗性を獲得すると、抗凝血性殺鼠剤を食べ続けても死なない。
抵抗性はビルだけでなく、一般家屋に生息するクマネズミにも発達している。新宿で捕獲した
抵抗性クマネズミは平均致死日数で160日、最長日数では441日も殺鼠剤を食べ続けた。
抵抗性は遺伝し、抵抗性クマネズミの割合は場所によって大きく異なる。抵抗性因子は、20年
近くも殺鼠剤の使用を止めたにもかかわらず、同じレベルの抵抗性の比率を維持している。すな
わち、抗凝血性殺鼠剤の使用頻度が高いほど、その因子を継続して維持している可能性が高い。
はじめに
殺鼠剤抵抗性について
殺鼠剤は、ネズミに食べてもらうか、グルー
抗凝血性殺鼠剤、とりわけワルファリンに
ミングの習性を利用して間接的にでも口から
対して抵抗性を獲得すると、通常市販されて
入らないと効果がないことは周知の事実であ
いる濃度では食べ続けてもなかなか死なない
る。食べない殺鼠剤はそもそもネズミにとっ
(谷川、1991)
。
て「まずい」のか、食物として認識されないほ
東京付近に生息するクマネズミはビルだけ
ど劣悪な商品なのであろう。しかし、住環境
でなく、一般家屋に生息する個体にも抵抗性
やビル等では周囲においしい食べ物がある。
が発達している
( 谷 川 ら、2002)
。抵抗性を
そのおいしい食べ物の魅力に勝つような殺鼠
知る前に、まず感受性のクマネズミの致死薬
剤の開発は、最も難しいことも理解しなけれ
量と致死日数を知る必要がある。奄美大島や
ばならない
(谷川、2011a,b)
。
小笠原父島から捕獲してきた感受性クマネズ
一方、ワルファリンをはじめとした抗凝血
ミ で の 結 果 で は、 毒 餌 を 与 え る と 平 均 致 死
性殺鼠剤に対し、東京付近のクマネズミは食
日 数 で1週 間 前 後、 薬 量 は40g(g/100g Body
べても死なないような抵抗性を獲得している。
weight 以下同様)前後で死亡する。これに対
これをワルファリン抵抗性クマネズミもしく
し、新宿で捕獲した抵抗性クマネズミは平均
はスーパーラットと言う
(以下、抵抗性クマネ
致死日数で160日、薬量は1,500g近くも必要
ズミと略す)(谷川、2006、2010)
。
とした。さらに、最長日数では441日、致死薬
今回、東京付近のネズミの殺鼠剤抵抗性は
どうなっているかを文献も含めてまとめてみ
量は約3,500gと1年以上も殺鼠剤を食べ続け
た(谷川、1991)
(表1;図1)
。
た(谷川、2015a,b)
。
◆◆◆
29
東京周辺のネズミの殺鼠剤抵抗性はどうなっているか
表1 ワルファリン抵抗性クマネズミと
感受性クマネズミの比較(ワルファリン0.025%)
図2 クマネズミの抵抗性の遺伝(死亡率と致死曲線)
各場所から捕獲されたネズミの抵抗性
ビル内に生息する抵抗性クマネズミの割合
は場所によって大きく異なり、新宿で82%、
池袋で18%、蒲田30%であった(谷川・鈴木、
図1 ワルファリン抵抗性クマネズミと
感受性クマネズミの比較(ワルファリン0.025%)
1993;谷川ら、2002)
。さらに都市だけでなく、
地方のネズミでも殺鼠剤を多用する場所では
抵抗性クマネズミの遺伝
抵抗性クマネズミが認められている。例えば近
抵抗性と感受性のクマネズミを用いた交配
年でも新潟の鶏舎で捕獲されたクマネズミに
では、抵抗性と感受性クマネズミのF1(次世代)
強い抵抗性個体が確認された
(谷川ら、2008)
。
からは感受性クマネズミが97.3%(抵抗性ネズ
また、これはビルや養鶏場だけの問題ではな
ミはほとんど生じない)生じ、そのF 2(次々
く、蒲田や練馬の調査では住宅街から捕獲さ
世代)からは抵抗性クマネズミが21.9%も生じ
れたクマネズミからも抵抗性が見つかってい
た。また抵抗性クマネズミと上記F1との戻し
る(谷川ら、2002;濱谷ら、2005)
。
交配から生じたF1からは抵抗性クマネズミが
34.4%とそれ以上の比率で生じた。すなわち、
抵抗性ネズミは殺鼠剤を使わなければ減
抵抗性因子は劣性であることが明らかとなっ
るのか?
た(谷川、1992、1995)
(表2、図2)。
表2 抵抗性と感受性クマネズミの
各種交配での致死薬量と日数
谷川ら(2000)の報告では抵抗性因子が、20
年近くも殺鼠剤の使用を止めたにもかかわら
ず、同じレベルの抵抗性の比率を維持してい
たことを報告した(表3)
。すなわち、抵抗性ク
マネズミはどこにでも発見される可能性があ
り、おそらく抗凝血性殺鼠剤の使用頻度が高
いほど、その因子を継続して維持している可
能性が高い。抵抗性個体の生息頻度が高い場
所ではなかなか感受性には戻りにくいと考え
ている。なお、クマネズミの移動は解体工事
30
◆◆◆
特集
研究調査事例
などが無ければ、それほど大きくは移動しな
い(谷川ら、2003)
。
最後に
殺鼠剤は医薬部外品、動物用医薬部外品、
農薬に登録されている薬剤が存在する。それ
表3 ワルファリン毒餌(0.025%)の
クマネズミに対する摂食試験結果
ぞれ防除対象とするネズミ、防除の目的、使
用用途によって、使う場所が異なる。しかし、
これはヒトが考えた区分である。ネズミはそ
んなこと考えずに行動している。今後、殺鼠
剤はPCOなどの使う側の管理を厳しくし、例
えば資格をもった業者のみが使える薬剤を区
分けして使用するとか、ベイトステーション
抵抗性用殺鼠剤の開発
現在でも抵抗性ネズミに効果のある薬剤は、
に入れたもののみ使用できるように検討すべ
きである(岩本、2015)
。
ジフェチアロール製剤として市販されている
(図3)
(谷川ら、2006)。しかし、クマネズミ
引用文献
がおいしく食べてもらえる殺鼠剤は存在しな
岩本龍彦(2015)ブロマジオロンが防除用医
い。いかに食べてもらえるかの工夫ができる
薬部外品にならない理由.ねずみ情報、71:
か否かが問題である。我々 PCOはIPMの理念
7-14.
を基に施工する
(日本ペストコントロール協
濱谷剛、清水一郎、石向稔、北村満、小松謙之、
会、2008)
。この中には殺鼠剤が中心では無く、
谷川力、渡辺徹(2005)練馬区におけるネズミ
環境的対策を中心に行うことが重視されてい
調査.第21回ペストロジー学会大会要旨、56.
る。殺鼠剤抵抗性の発達はIPMの理念での施
谷川力
(1991)本 邦 産 ク マ ネ ズ ミRattus
工を今後続けて行く限り、広がることは無い
rattus 2系統のワルファリン毒餌に対する抵抗
ことを期待している。
性と感受性の比較.衛生動物、42:99-102.
谷川力(1992)本邦産ワルファリン抵抗性ク
マネズミと感受性クマネズミの各種交配によ
る遺伝的解析.衛生動物、43:323-329.
谷川力
(1995)クマネズミRattus rattusにお
けるワルファリン抵抗性とその遺伝様式.学
位論文.麻布大学.
谷川力(2006)安心して住めるネズミのいな
い家、講談社.東京.
谷川力
(2010)日 本 中 に 誕 生 し て い る ス ー
パ ー ラ ッ ト. ペ ス ト コ ン ト ロ ー ル 誌、10:
図3 ワルファリン感受性と抵抗性
クマネズミに対するジフェチアロール0.0025%の効力
(投与日数ごと個体別の累積死亡率)
9-11.
谷川力(2011a)PCOが殺鼠剤の利用を控え
◆◆◆
31
東京周辺のネズミの殺鼠剤抵抗性はどうなっているか
る原因.ねずみ情報、64:1-4.
谷川力
(2011b)PCOのための殺鼠剤―最近
の動向―.Pest Control Tokyo、60:26-29.
谷川力
(2015a)都市のクマネズミ.31回ペス
トロジー学会仙台大会.要旨集.
谷川力(2015b) 都市におけるクマネズミ問
題とワルファリン抵抗性.衛生動物学の進歩
(第2集)
.印刷中.
谷川力、秋元智博、矢部辰男(2003)蛍光顔
料を用いたクマネズミの足取り調査.ペスト
ロジー、18:35-37.
谷川力、春成常仁、田中和之、池中良徳、
ルファリン抵抗性と感受性クマネズミに対
するジフェチアロン製剤の効力.衛生動物、
57:355-359.
谷川力、小瀧正博、田邊光、内田明彦(2002)
東京都大田区におけるクマネズミの商業地域
から住宅地域への分散.衛生動物、53:199202.
谷 川 力、 鈴 木 猛
(1993)ワ ル フ ァ リ ン 毒 餌
に対する数地区のクマネズミRattus rattusの
LFPの比較.衛生動物、44:293−298.
谷川力、谷口信昭、内田明彦(2000)東京都
心のクマネズミ個体群におけるワルファリン
石塚真由美、藤田正一(2008)新潟県内の養鶏
抵抗性因子の維持.ペストロジー誌、15:90-
場で確認されたワルファリン抵抗性クマネズ
92.
ミ.第60回日本衛生動物学会大会要旨:38.
谷 川 力、 石 塚 真 由 美、 藤 田 正 一(2006)ワ
32
◆◆◆
日本ペストコントロール協会(2008)PCOの
ためのIPM.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
394 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content