close

Enter

Log in using OpenID

【研究プレゼンテーション ハンドアウト例2】

embedDownload
【研究プレゼンテーション ハンドアウト例2】
2005.11.12
タータンチェックの模様の意味について
基礎演習セクション1
英語英米文化学科1A
0522115 ○山△子
1.序論
論題:スコットランドの氏族を区別する役割を果たしていたタータンチェックについて、歴史的に考察する。
問題設定:タータンチェックについて
(1)彼らはどの様に自分たちの模様を決めていたのか。
(2)それはどのように発展してきたのか。
仮説:彼らはタータンチェックの模様の1つ1つに意味を込めていたのではないか。
(※以下、タータンチェックをタータン、氏族をクランと表記する。)
2.タータンの歴史と種類
(1)タータンの現在までの流れ
①初期
・初期にはタータンの染色用として、居住地で手に入る植物の根・実・皮などから採った染料を使用。
→同一の地域のタータンは、似た色合いを持つ。(東浦, 1988, p.74)
・1つの地域には同じクランが住んでいた。→クラン・タータンとなった。 (同上, p.74)
②タータンの禁止
・ 1745 年、ジェームズ二世の孫が祖父の王位奪回を目指し、イングランドを侵略→敗北(森,1991,
pp.58-59)
・その結果イングランドによりタータン禁止法が施行
③タータンの復活
・ 1822 年、ジョージ4世のエディンバラ訪問を機にタータンが復活し、多くのクラン・タータンを生むよ
うになる。
・タータンはクランごとに、柄、色、配色が厳しく決められるようになった。(同上, pp.58-59)
④現在
・スコットランド紋章院には,正当なタータン柄 370 点が登録されている。(同上,pp.58-59)
・初期のタータンは、全く同じものを常に作り出す事が技術的に困難であったことから、模様に深い意味が
無かった事、タータンの模様に意味を込め始めたのは、染料技術が進歩したタータンの復活後だという事
が分かる。(東浦,1988,p.76)
(2)タータンの種類
①クラン・タータン ②正装用タータン ③喪服用タータン ④ハンティング・タータン
⑤首長タータン ⑥地域タータンなど ⑦ロイヤル・タータン ⑧軍用タータン
⑨警察用タータン(これは一般の人が用いてはいけない。) (東浦,1988,pp. 81-82)
-1-
3.スコットランドの有名な王家とタータンについて
(1)ステュワート家
①スチュワート家について
・中世末期から 18 世紀初頭のスコットランドとイングランドの王朝
②ロイヤル・ステュワート・タータン
・ステュワート家の統治 300 年を記念して作られた、タータンの中で最も有名なもの。(ザクチェク, 2002,
p.54)
・赤、青、黄、白、黒の5色が使われていて、華やかな印象。
③色の持つイメージとステュワート家の特徴を比較
・赤は情熱や力、活力、勇気、権力など力強いものを連想。(日本流行色委員会, 1991,pp.34-35)
・赤はイングランドの守護聖人のセント・ジョージ、青はスコットランドの守護聖人のセント・アンドリュ
ーの十字の色 (この二つの十字はそれぞれの国の国旗になっている。)
・スコットランドとイングランドの王家であるステュワート家が、活力や権力のイメージの
ある赤を基調とした事、スコットランドとイングランドを象徴する色を使った事が理解できる。
(2)プライド・オブ・スコットランドというタータン
①特徴
・このタータンはスコットランドの国民としての勇気と誇りを象徴しデザインされた。
②タータン
・青と白はスコットランド国旗の十字を表わし、緑と紫はスコットランドが誇る雄大な自然の丘と峡谷の
素晴らしさを表現している。
・タータンの色はただ意味も無く決められたのではないという事がはっきりと分かる。
4.結論
・タータンの模様に意味を持つようになったのは、イングランドによるタータン禁止令があった事が大きく
関係している
・クランなど、製作者の意図はタータンの色に反映されている。
・なお、金城のオリジナルタータンのデザインを試みた。その際、色の象徴的意味に次のように留意した。
えんじ=校章の十字架で誠実、犠牲、奉仕 白=校章の白百合で純潔
黄色=若々しさ ピンク=清楚
参考文献
イアイン・ザクチェク 『TARTAN CHECK PATTERNS』デザインエクスチェンジ、2002.
高橋哲雄 『スコットランド歴史を歩く』岩波新書、2004.
日本流行色委員会編 『色のイメージ図鑑』同朋舎出版、1991.
東浦義雄『スコットランド XI の謎』大修館書店、1988. 森 護 『英国史のティータイム』大修館書店、1991.
森 護 『スコッチ・ウィスキー物語:ラベルに読む英国の歴史』大修館書店、1990. 取得.
FCG Research Institute.(2003.9.23 更新). 今週のファッションちょっとアドバイス「チェックの話」.
( http://www.fcg-r.co.jp/fashion/ad0165.htm). 2005. 10.30 取得.
-2-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
21
File Size
11 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content