close

Enter

Log in using OpenID

電流電圧変換回路 - Kimura

embedDownload
電流電圧変換回路
2008/10/02
鳴海 智博
オペアンプによる電流-電圧変換回路を以下に示す.オペアンプの一番大きな特徴として,
‐端子と+端子が仮想的に短絡している(イマジナリーショートと呼ぶ)と考えることが
出来るため,下の図だと‐端子も GND(0V)になっていると考えて良い.
(ただし電流は
流れない.この考えだと+端子でも‐端子でもどちらでも同じ役割な気がするが,実際は
‐端子側でループを作った方が回路が安定になるという事実がある(負帰還という).)
出力電圧を!! とすると,!! + !" = 0なので,!! = −!"となる.したがって抵抗値を決めるだ
けで増幅率を決定することが出来る.ただし負帰還なので信号は反転している.これにつ
いては電流出力端子を逆接続すればよい(と思う).20mAを10Vにしたい場合,抵抗を 500Ω
にすればよい.
オペアンプの選定については,電源電圧が 12V なのに対して出力が最大 10V なため,
Rail-to-Rail(電源電圧と出力電圧の範囲が同じ)で,低ノイズ,高スルーレート
尚,オペアンプは一般に入力インピーダンスが極端に大きいため,出力インピーダンスと
入力インピーダンスの関係を気にしなくても大丈夫なケースがほとんどである.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
177 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content