close

Enter

Log in using OpenID

炭素税廃止で 国民負担減少

embedDownload
2014年8月20日
情報提供資料
8
炭素税廃止で
国民負担減少
月号
炭素税廃止法案を可決
7月17日、オーストラリアの上院は炭素税の廃止法案
を、39対32で可決しました。
炭素税は温室効果ガスの排出削減を目的として、前
政権与党であった労働党によって2012年7月に導入
されました。しかし、温室効果ガスの排出1トン当たり
23豪ドルと他国に比べて割高で、国民に与える負担
が大きかったことから、導入当初から批判が大きく、
その後の政権交代のきっかけともなりました。
廃止法案可決により、2014年度の開始日の7月1日に
遡って炭素税の課税が廃止されることになり、17日ま
でに課税された分は返還されます。
炭素税廃止によるメリット
炭素税廃止は経済にプラス効果
これまでの負担が大きかった分、炭素税廃止によるメ
リットは大きくなります。電力やガス価格が引き下がる
ことにより、家計は年間550豪ドルの削減が見込まれ
ます。また、エネルギーコストの負担増が製品価格へ
転嫁されていたものがなくなることによって、物価の下
落が見込まれることも、家計にとってはプラスになりま
す。
企業にとっても、炭素税のための管理、法令順守コス
トが削減できるメリットがあります。炭素税の負担がな
くなることにより、競争力向上や雇用創出が見込めま
す。また、政府が進める規制緩和と合わせて海外企
業の投資誘致が加速すると見込まれます。
今後は「直接行動計画」で排出削減
オーストラリアの1人あたり二酸化炭素排出量は、日
本の約2倍、先進国で最も多い米国と同水準となって
います。炭素税廃止の決定により、オーストラリアの
温室効果ガスの排出削減が滞るとの見方もあります
が、政府は代替案である「直接行動計画」を策定済み
です。
「直接行動計画」では、 3年間で25.5億豪ドル規模の
「排出削減基金」を設立し、植林や住宅の省エネ化な
ど直接的に温室効果ガス削減を実行するプロジェクト
に出資していく計画です。これにより、5%削減という
目標を堅持できるとオーストラリア政府は見込んでい
ます。
• 家計は年間550豪ドルの節約
電力価格は約9%下がる
ガス価格は約7%下がる
• 消費者物価指数は0.7%下落
• 年間約8,500万豪ドルかかっていた炭素税
関連の管理コストが削減
出所:オーストラリア政府による試算
1人あたり二酸化炭素排出量
(トン)
(2002年~2010年)
25
20
米国
オーストラリア
15
10
5
日本
中国
インド
0
2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
(年)
出所:世界銀行
〈ひとつぶ豆知識〉世界最大の甲羅を持つカニ「オーストラリアンキ
ングクラブ」。水深30~200メートルの冷たい海に生息し、最大で甲
羅の幅が60センチ、重さは20キロ近くになります。
■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投
資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は
各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証
するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在
のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績
等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではあり
ません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではあり
ません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
611 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content