close

Enter

Log in using OpenID

指定喫煙場所以外禁煙となっています!

embedDownload
キャンパス内は
指定喫煙場所以外禁煙となっています!
東京工業大学は、構成員(役職員・学生等)の皆様の健康の保持増進及び快適な職場・
「国立大学法人東京工業大学における受
修学環境の形成の促進を図ることを目的として、
動喫煙防止対策に関する申合せ」(平成16年4月1日学長裁定)に基づき、平成16年4
月1日から喫煙は指定喫煙場所以外禁止として、喫煙への取組について以下の基本的方針を
定めて実施しています。
1.キャンパス内は、指定喫煙場所以外禁煙 としています。
2.構内での歩行喫煙は、禁止としています。
3.大学構内でのたばこの販売を禁止しています。
4.禁煙指導等の支援をいたします。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
資料
○国立大学法人東京工業大学における受動喫煙防止対策に関する申し合わせ
○指定屋外喫煙場所配置図
大岡山キャンパス(平成27年1月更新) すずかけ台キャンパス (平成27年7月更新)
○健康安全手帳抜粋:Ⅴ 喫煙について
《最新決定事項》
★「建物内(研究室)でも喫煙禁止」の決定
大岡山地区では、平成 21 年度第 10 回大岡山地区安全衛生委員会(H22.1.22)で委員
会総意の元、指定喫煙場所以外喫煙禁止とし、また、すずかけ台地区では、平成 21 年度
第 12 回すずかけ台地区安全衛生委員会( H22.3.5)で、神奈川県受動喫煙防止条例
(H22.4.1 施行)に基づき、建物内禁煙(各研究室等の居室、実験室等での禁止、歩行
喫煙禁止、指定喫煙場所以外禁煙)の周知を行った。なお、例外として部局長(建物理
者等)の許可・管理の元、排煙設備等設置した喫煙室等の場合は、この限りではありま
せん。
○国立大学法人東京工業大学における受動喫煙防止対策に関する申合せ
平成16年4月1日
学長裁定
改正平17.3.31 平17.9.30 平19.10.12
1.目的
この申合せは,健康増進法(平成14年法律第103号)及び「健康増進法等の施行につ
いて」(平成15年4月30日健発第0430001,食発第0430001)に基づき,国立大学法人東
京工業大学(以下「大学」という。)における,役職員及び学生等の健康の保持増進並
びに快適な職場及び修学環境の形成の促進を図るため受動喫煙防止対策を推進するこ
とを目的とする。
2.定義
(1)「受動喫煙」とは,「室内又はこれに準ずる環境において,自らの意志にかかわ
らず他人のたばこの煙を吸わされる」ことをいう。
(2)「部局等」とは,各大学院の研究科(理工学研究科を除く。),大学院理工学研
究科の各学系,各学部,各附置研究所,附属科学技術高等学校,附属図書館,保健
管理センター,教育工学開発センター,学術国際情報センター,極低温物性研究セ
ンター, フロンティア研究センター,教育環境創造研究センター,火山流体研究
センター,留学生センター,バイオ研究基盤支援総合センター,炭素循環エネルギ
ー研究センター,量子ナノエレクトロニクス研究センター,外国語研究教育センタ
ー,各共通施設,統合研究院及び事務局をいう。
(3)「部局長等」とは,前号の部局等の長をいう。
(4)「役職員」とは,大学に勤務する役員及び職員(非常勤の者を含む。)をいう。
(5)「学生等」とは,大学の大学院学生,学部学生,研究生,科目等履修生,特別聴
講生,特別研究学生等をいう。
(6)「全面禁煙」とは,建物全体を禁煙とする方法をいう。
(7)「喫煙室等」とは,建物内に設けた一定の要件を満たす喫煙室又は喫煙コーナー
をいう。
(8)「空間分煙」とは,喫煙室等のみで喫煙を認める方法をいう。
(9)「禁煙サポート対策」とは,禁煙を必要とする者に対し,禁煙を支援するために
講ずべき対策をいう。
3.責務
(1)学長は,大学の受動喫煙防止対策を総括する。
(2)総合安全管理センター長は,受動喫煙防止対策について学長を補佐する。
(3)部局長等はこの申合せの定めるところにより,それぞれの部局等及び関連施設等
における受動喫煙防止対策を推進しなければならない。
(4)役職員及び学生等は,この申合せを遵守し,受動喫煙防止対策に積極的に協力し
なければならない。
4.受動喫煙防止対策
(1)基本的な方針
一
受動喫煙防止対策としては,可能な範囲で全面禁煙とすることが望ましいが,そ
れが困難な場合は,少なくとも空間分煙を確保する。
二
喫煙所を設ける場合は,可能な範囲で建物外に設ける。
三
建物の新築,増改築,移転等に当たっては,この申合せに示した受動喫煙防止対
策を講ずる。
(2)具体的対策
一
事務室,会議室,学生室,実験室,講義室,リフレッシュルーム,食堂(喫茶室
を含む。以下同じ。),体育館,講堂,サークル棟,廊下,階段,エレベーターホ
ール及びトイレ等の共用区域は禁煙とする。
二
部局等にあっては,上記1の外に教員室等の個室についても禁煙とするよう配慮
する。
三
喫煙室等
イ
全面禁煙が困難な場合は,建物内に喫煙室又は喫煙コーナーを設けることがで
きる。
ロ
喫煙室には,たばこの煙が当該喫煙室外に拡散する前に吸引して建物外に排出
する換気扇等排気装置を併せて設置する。
ハ
喫煙コーナーは,事務室及び会議室以外の場所で,一時的・短時的に使用され,
受動喫煙の影響が比較的少ない場所に設置するとともに,たばこの煙が漏れない
ように,喫煙コーナー以外の場所から仕切るための設備及びたばこの煙が当該喫
煙コーナーの外に拡散する前に吸引して建物外に排出する換気扇等排気装置を
設置する。空気清浄装置が設置されている場合であっても,換気扇等の排気装置
を併せて設置する。
ニ
食堂については上記1にかかわらず,17時15分以降は特別な事情がある場合は
この限りでない。
ホ
空気環境の測定
建物内に喫煙室等を設置した場合には,定期的に当該喫煙室等とその周辺の浮
遊粉じん及び一酸化炭素の濃度並びに喫煙室等から非喫煙場所へのたばこの煙
やにおいの漏れを把握するため喫煙室等に向かう気流の風速を測定する。
四
構内における喫煙は,特定の場所のみでの喫煙とし,歩行喫煙は禁止する。
五
大学来客者等には喫煙場所を知らせて理解と協力を求める。
5.禁煙サポート対策
(1)総合安全管理センターは,喫煙及び受動喫煙による健康への影響に関する研修,
講習会等を開催する。
(2)総合安全管理センターは,保健管理センターの協力を得て,禁煙の必要な者や禁
煙を希望する者に対して,保健指導の実施や禁煙プログラム,禁煙実践コースの設
定等の禁煙指導を組織的かつ継続的に実施するとともに,禁煙支援者の養成などの
支援に努める。
6.実施
(1)この申合せに示した受動喫煙防止対策は,各部局等の状況に応じ可能なものから,
速やかに実施するものとする。
(2)この申合せに示した受動喫煙防止対策以上の措置を既に実施している場合は,引
き続きそれを推進する。
(3)総合安全管理センターは,必要に応じて,学内の受動喫煙防止対策の実施状況に
ついて調査する。
7.庶務
受動喫煙防止対策の庶務は,施設運営部施設安全企画課が行う。
8.この申合せに定めるもののほか,受動喫煙防止対策に関し必要な事項は,別に定め
る。
附則
この申合せは,平成16年4月1日から施行する。
附則(平17.3.31)
この申合せは,平成17年4月1日から施行する。
附則(平17.9.30)
この申合せは,平成17年10月1日から施行する。
附則(平19.10.12)
この申合せは,平成19年11月1日から施行する。_
[大岡山地区屋外指定喫煙場所]
NO
場所
設置物
1
百年記念館裏口(学生出入口)横奥
灰皿(1)
2
本館北西中庭出入口
灰皿(1)
3
西 8 号館(E 棟)1 階エントランスホール前
灰皿(2)
4
本館裏西側駐輪場脇
灰皿(1)
5
南 1 号館北側駐輪場
灰皿(1)
6
南 2 号館非常階段下
灰皿(1)
7
南 8 号館西側芝生地ベンチ前
灰皿(1)
8
北 1 号館裏口駐輪場
灰皿(1)
9
北 2 号館ピロティ-脇
灰皿(1)
10
緑が丘 3 号館南側
灰皿(1)
11
緑が丘 1 号館 B 階出入口脇
灰皿(1)
12
創造プロジェクト棟出入口脇
灰皿(1)
13
石川台 1 号館正面出入口脇(東側)
灰皿(2)
14
石川台 6 号館出入口脇(西側)
灰皿(1)
○屋外喫煙場所
・建物内禁煙標識
総合安全管理センター会議
承認指定喫煙場所
・指摘喫煙場所以外構内禁煙標識
[すずかけ台地区屋外指定喫煙場所]
NO
喫煙場所
設置物
①
R2高層棟通用口脇
灰皿(1),ベンチ,椅子
②
R3-D棟玄関脇
灰皿(1)
③
J1高層棟通用口脇(B棟側)
灰皿(1)
④
B2高層棟リサイクル倉庫向かい側
灰皿(2)
⑤
H1棟2階食堂西側入口
灰皿(1)
⑥
G1高層棟西側通用口脇
灰皿(2)
⑦
G5高層棟西側(トレセン前)
灰皿(2)
⑧
S7棟(設備センター前)
灰皿(1),ベンチ
⑨
S1棟1階南側非常階段脇
灰皿(1),ベンチ
⑩
S2高層棟通用口脇(R1棟側)
灰皿(1)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
622 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content