close

Enter

Log in using OpenID

4-8-1 043-489-6111

embedDownload
第3回 肥満症総合治療セミナー
-外科療法を含めたチーム医療の実践-
肥満症治療は、外科治療が導入され格段の進歩を遂げつつありますが、安全
な治療体制が国内で普及するためには外科、内科、精神科をはじめ全科の英
知を集め、栄養士、看護師、臨床心理士、理学療法士と協働することが必須で
あります。
これまで本学会では、2回にわたり「肥満症外科治療セミナー」を開催してまい
りましたが、今回さらに肥満症治療にかかわる全医療関係者対象とし、難治性
肥満症患者へのアプローチ方法やチーム医療のすすめ方、一般診療所での診
療のコツなどについて、名称を新たに「第3回」として総合的なセミナーとして開催
させていただきます。とくにこれから肥満外科治療チームを立ち上げる医療機関
の方々には、奮って御参加いただきたいと思います。
記
開催日:
2014年 2月8日(土) 13:30 ~20:30 (21:00から懇親会)
2月9日(日) 8:00 ~12:15
開催場所:
ウィシュトンホテル・ユーカリ
〒285-0858 千葉県佐倉市ユーカリが丘4-8-1
TEL 043-489-6111
受講対象:
外科医、内科医(勤務医、開業医問わず)、精神科・心療内科医、栄養士
看護師、臨床心理士、など肥満症治療に関わる医療従事者
定員:
40名(先着)
参加費用:
【銀行振込】 医師30,000円、医師以外20,000円(手数料別)
【カード決済】 医師31,500円、医師以外21,000円(カード決済等手数料込)
(個室1泊宿泊代、夕食、朝食 懇親会代、含む)
申込方法 : 10月15日(火)より、日本肥満症治療学会のホームページ
(http://jsto.umin.ne.jp/seminarinfo/index.html)で受付を開始し、定員に達
し次第、締め切ります。お申し込み後、事務局より詳細なご案内をさせてい
ただきます。
主催:
日本肥満症治療学会 教育委員会
当番世話人: 岡住慎一(東邦大学医療センター佐倉病院 外科学講座 教授)
龍野一郎(同 糖尿病内分泌代謝センター 教授)
ウィシュトンホテル・ユーカリまでの交通案内
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-8-1
043-489-6111
都心方面からは、東京メトロ東西線並びに京成本線でアクセス可能です。 大手
町・丸の内の主要ビジネス街、船橋・日暮里・上野でのJRアクセスが便利です。
お車でお越しの場合は、東関東自動車道「千葉北IC」「四街道IC」が最寄りです。
ホテルには、専用の立体駐車場を400台分が用意されております。
第1日目プログラム概要
開会あいさつ
2月8日(土)
13:30~13:40
第1部: 肥満症治療の基礎
13:40~15:50
・肥満症治療にあたる心構え ~社会的使命と総合的アプローチの重要性~
・肥満症の診断 ~病態、臓器合併症診断を含めて~
・肥満症の基本的治療法
食事療法:至適摂取エネルギー、成分比 ~フォーミュラ食の使い方も交え~
運動療法:苦手な肥満症患者にどう勧めるか
薬物療法:如何に有効性を引き出すか
心理行動面のサポート:治療に必要な心理行動の把握と心理的サポート
休憩(フォーミュラ食にトライ)
15:50~16:10
第2部: 肥満外科治療のすすめ方
16:10~18:25
・外科的治療の適応、概要、術前、術後体制
・外科治療の術式とその特徴
開腹バイパス術、胃袖状切除術
腹腔鏡バイパス術
・肥満外科手術合併症への対処、安全管理
・肥満外科の麻酔の仕方
・肥満外科治療をすすめるための内科医の役割
・肥満治療コーディネーターの役割と活動法
夕食(イブニングセミナー)
18:25~19:10
第3部: 高度肥満症患者の行動様式の理解と治療への応用
・内科医が見た肥満症患者の行動特性
・高度肥満症患者、特に外科治療患者への看護アプローチ
・チーム医療のすすめかた ~エンパワーメントの応用~
総合討論(Q and A)
懇親会
21:00~
20:10~20:30
19:10~20:10
第2日目プログラム概要
2月9日(日)
第4部: 肥満症合併症改善への減量治療の効果と問題点
8:00~10:20
・肥満症各種治療による合併症改善効果
・糖尿病コントロールへの減量効果
内科的治療
外科的治療
・SAS・心不全への減量治療効果
・腎疾患への減量治療効果
・整形外科的疾患への減量治療効果
・肥満症治療の経済効果:個人・社会
・患者さんの気持ち
~医療人として、肥満症患者になり、そして、肥満外科治療を受けてみて~
(ある医師の体験報告)
・患者さんの声をいかにフィードバックするか
・患者会のあり方 ~作り方、進め方~
・外科治療の長期フォローをしてみて
休憩
10:20~10:30
第5部: 応用編 ~てこずり例 私ならこうする~ (症例検討会)
・症例1(症例提示)
・症例2(症例提示)
総括・受講証交付
閉会の辞
11:50~12:10
12:10~12:15
*プログラムは変更になる可能性があります。
*テキストは当日に配布致します。
10:30~11:50
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
453 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content