close

Enter

Log in using OpenID

Press Release

embedDownload
Press Release
―報道資料―
公益財団法人広島平和文化センター
Hiroshima Peace Culture Foundation
平成27年(2015 年)1月6日(火)
(公財)広島平和文化センター
平和記念資料館副館長(兼)啓発課長:立石
担当:坂本
電話:242-7828 内線:5810
スペイン・バルセロナ市、
スペイン・バルセロナ市、グラノラーズ
市、グラノラーズ市
グラノラーズ市での
「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」の開催について
「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」
の開催について
公益財団法人広島平和文化センターでは、被爆の実相を伝え、核兵器廃絶に向けた世論を醸成
するため、海外において「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」を開催しています。本年度は、スペイン
のバルセロナ市、グラノラーズ市で開催します。
1
原爆展の概要
開催場所
開催期間
主催
展示等の内容
開会行事
2
バルセロナ市
グラノラーズ市
ボルン文化センター
グラノラーズ博物館
(El Born Centre Cultural)
(Museu de Granollers)
平成 27 年(2015 年)
平成 27 年(2015 年)
1 月 13 日(火)~2 月 8 日(日)
2 月 11 日(水)~3 月 8 日(日)
バルセロナ市、グラノラーズ市(それぞれ)
広島市、長崎市、
(公財)広島平和文化センター
①被爆の実相を伝える写真パネル ②被爆資料(10点:グラノラーズ市のみ)
③被爆体験証言 ④折り鶴コーナー ⑤ビデオ上映
1月16日(金)
2月11日(水)で調整中
職員等の派遣
派遣者
(公財)広島平和文化センター平和記念資料館長
志賀賢治ほか随行職員1名
同 被爆体験証言者
梶本淑子ほか随行職員1名
派遣予定期間
用務
1 月 14 日(水)~
バルセロナ市での開会行事出席等
1 月 20 日(火)
2 月 3 日(火)~
バルセロナ市及びグラノラーズ市での
2 月 14 日(土) 被爆体験証言
3
スペインでの開催経緯
スペイン内戦時に空爆を受け、多くの一般市民が命を落としたスペインのグラノラーズ市は、
平和の実現に向け熱心に活動する都市であり、2009 年 8 月からは平和首長会議副会長都市として、
平和に関する国際会議に出席したり、地中海地域の同会議加盟都市の取りまとめのほか、2011 年
の同会議理事会を開催するなど、積極的に平和首長会議の活動に参加しています。
この度、被爆 70 周年にあたる平成 27 年(2015 年)の記念行事として、カタロニア地方最大かつ
スペイン第二の都市であるバルセロナ市とも協力し、原爆展を開催したいとの意向が示されたた
め、両市での開催を決定しました。
4
開催実績
ヒロシマ・ナガサキ原爆展は、平成7年度(1995 年度)に開始して以来これまで、15か国43
都市において開催しています。
Press Release
公益財団法人広島平和文化センター
Hiroshima Peace Culture Foundation
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
82 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content