close

Enter

Log in using OpenID

オーストラリア税関船の写真は大衆を欺く PDF形式

embedDownload
THE INSTITUTE OF CETACEAN RESEARCH
4-5 TOYOMI-CHO, CHUO-KU, TOKYO 104-0055 JAPAN
PHONE: +81-3-3536-6521 FAX: +81-3536-6522
メディアリリース
2008 年 2 月 7 日
オーストラリア税関船の写真は大衆を欺く
(財)日本鯨類研究所は大衆を欺く感情的な反捕鯨キャンペーンを行ったとして、豪州メディ
アを再び批判した。
豪州政府のチャーター船であるオセアニック・バイキング号が発表した写真は、日本の捕獲
調査で親子のミンククジラが捕獲されたとして新聞の見出しを飾った。
(財)日本鯨類研究所の森本稔理事長は、「オセアニック・バイキング号で撮影された写真を
掲載した豪州の有名新聞には 2 頭のミンクが引き上げられているが、2 頭はメディアが取り
上げているような親子鯨ではない」と述べた。
また、「当研究所の調査では南氷洋の鯨類資源を調べるため、ランダム・サンプルが義務付
けられており、そのため、捕獲鯨のサイズは様々だ。これは統計学的に正確なデータを取る
ために不可欠である」と述べた。
豪州税関船が撮影し仔鯨と報道されていた鯨の体長は 5.3mであり、母鯨とされた鯨
の体長は 8.3mあり、双方ともメスであり、母乳が出ている状態ではなかった。
「豪州政府が発表した写真やメディアリポートは危険な感情的宣伝をおこない、捕
鯨問題をエスカレートさせ両国関係に深刻な影響を及ぼす恐れがある。豪州市民は
誤った情報に惑わされないことが重要である」と述べた。
了
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
69 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content