close

Enter

Log in using OpenID

こどもスポーツコース

embedDownload
CHILD SPORTS
Wスクール
学習サポート校
(豊岡短期大学)
3年
こどもスポーツコース
男 女
保育園の先生、幼稚園教諭はもちろん、幼児教育の現場で求められているのが体育・スポーツの指導者です。
社会や人間関係のルールを身につけたり、知的能力と運動能力をバランスよく高めることで、こどもの健全な
成長を促すことができます。幼児教育の現場で必要とされている体育・スポーツの指導者を養成します。
※豊岡短期大学通信教育部こども学科学習サポート校として、保育士資格と幼稚園教諭2種免許状が取得できます。
平成28年度より
「近畿大学豊岡短期大学」より
「豊岡短期大学」に校名変更
目標とする資格・試験
本コースは、豊岡短期大学通信教育部こども学科学習サポート校として、
※年度により変更となる場合があります。
保育士資格 *
●幼稚園教諭2種免許状 *
●社会福祉主事任用資格 *
●短期大学士 *
●チャイルドマインダー(保育者)検定試験
●MFA小児救急救護法
幼稚園教諭2種免許状と保育士の資格取得のための学習を行ないま
●エクセル表計算処理技能認定試験
(1級∼ 3級)
(1級∼ 3級)
●日本語ワープロ検定試験
●ビジネス能力検定試験
(1級∼ 3級)
●幼児体育指導者
す。幼児の身体活動の発育・発達の面から運動を行うことにより、臓器、
筋肉、骨などの発育に与える影響等健康科学面についても学びます。栄
養とスポーツとの関係や、こどもたちが楽しくスポーツやレクリエーションを
行えるよう指導するノウハウを講義と実技を通して身に付け、健康で生き
生きとしたこどもの成長をサポートできる幼児体育指導者を育成します。
*は、豊岡短期大学通信教育部こども学科との学習サポートにより取得できます。
※幼稚園免許課程の定員に達した場合は、豊岡短期大学に入学出来ない場合があります。
主な就職先
幼
児
保
育
ビ
ジ
ネ
ス
科
※その他、栃木県内外の保育園・幼稚園にも就職しています。
●うめばやし保育園
●野木幼稚園
●オリーブ保育園
●ひばりヶ丘保育園
●つくし保育園 ●むつみ愛泉幼稚園
●清原保育園
●今市中央幼稚園
●作新学院幼稚園
●弥生保育園
●真岡ふたば幼稚園 ●鬼怒川台幼稚園
●みどり保育園
●マロニエ幼稚園
●真純乃園
●レクラウン那須塩原(学童保育)
●マミー Ca(
t 託児所)
●陽の丘幼稚園
●スポーツアベニューリフレ
●今市幼稚園
●保育園 チャイルドルーム アリス
●山王幼稚園
●けやき保育園
●知的障害者更生施設
●いづみ幼稚園
美里学園 他
●ちゅーりっぷ保育園
●氏家幼稚園
●ときわ保育園
●かみねの森保育園
●あずま保育園
社会
●こばと保育園
福祉施設等
●那須塩原市立南保育園
5%
●住吉保育園 ●グリーンナーサリー
幼稚園
●さくら保育園 ●マリア幼稚園
35%
●橘保育園 ●ゆりかご保育園
●東峰保育園 ●こどもの森保育園
保育園
●宝珠保育園 ●ぴっころ保育園
60%
●那須幼稚園 ●(株)キッズコーポレーション
●牧が丘幼稚園 ●うきうきこども館
近年の採用職種内訳
※本コースは平成28年4月開設のコースのため
参考に学科としての就職先・職種内訳を掲載しております。
48
カリキュラム
※カリキュラム科目は若干変更の場合があります。
●児童福祉 Ⅰ
●保育原理 Ⅰ・Ⅱ
●教育原理
●発達心理学
●教育心理学
●音楽 Ⅰ・Ⅱ
●図画工作 Ⅰ
●体育講義
●ピアノレッスンⅠ・Ⅱ・Ⅲ
●チャイルド理念 Ⅰ
時間割モデル
1
●チャイルド保育技術 Ⅰ
●チャイルド生活技術 Ⅰ
●チャイルドマインディングⅠ
●救急救護法 Ⅰ
●教育実習
●保育実習 Ⅰ・Ⅱ
●保育指導法
●養護原理
●ワープロ実習
●パソコン実習
月
火
9:10∼10: 00
水
10:10∼11: 00
保育原理Ⅰ
教育心理学
11:10∼12: 00
ワープロ実習
4
12: 50∼13: 40
児童福祉
13: 50∼14: 40
児童福祉
図画工作
体育実技
14: 50∼15: 40
H・R
こども体育Ⅰ
ビジネス実務実践
15: 50∼16: 40
個別学生指導
個別学生指導
個別学生指導
5
6
7
木
健康科学
2
3
●ビジネス実務実践
●卒業研究
●就職対策
●ホームルーム
●個別学生指導
●こども体育Ⅰ
●体育実技
●レクリェーション
●救急救護法Ⅰ
●こどもと健康
金
ワープロ実習
教育原理
教育原理
音楽
発達心理学
保育原理Ⅰ
教育原理
養護原理
図画工作
保育原理Ⅰ
音楽Ⅰ
保育指導法
レクリェーション 救急救護法Ⅰ
個別学生指導
こどもと健康
個別学生指導
〈個別学生指導〉クラス全員を対象に、毎日の最終授業の1コマとして実施。一人の学生に対し、月1回以上の面談が行われ、
不 安の解消や学 校 生活面に対してのアドバイスを行っています(
。その日の対象者以外は下校となります。)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
260 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content