close

Enter

Log in using OpenID

平成19年度 傾斜的研究費 (特定)(全学分)(戦略分

embedDownload
(様式3)
平成19年度 傾斜的研究費 (特定)(全学分)(戦略分・公募分)研究報告書
研究費区分
研究代表者
所属
(戦略分)①都市形成に関わる研究 ②特徴ある教育プログラム開発をめざす研究
(公募分)①都市形成に関わる研究 ②特徴ある教育プログラム開発をめざす研究
オープンユニバーシティ
フリガナ
キタ イチロウ
身体健康栄養
研究代表者氏名
北 一郎
オープンユニバーシティ
研究分担者所
属
職
井澤鉄也
研究分担者氏名
准教授
教授
職
研究課題名 都市形成に伴う騒音や運動不足による生体応答の変化 —運動とこころの健康—
研究実績の概要(600~800字で記入。図、グラフ等は記載しないこと。)
都市形成に伴う運動不足と健康問題に対する効果的な健康施策を展開するために、本研究では都市環境の要因を加味した
至適運動条件の確立を目指し、①生活習慣病予防に不可欠な体脂肪管理のための運動の重要性に関する生化学的データの
蓄積、②各種運動条件による心理的効果と脳内神経活動、③環境要因とストレス反応の脳内神経機構の3課題について検
討した。課題①では、脂肪細胞サイズとレプチンやアディポネクチンのmRNA発現量との関係を明確にし、運動トレーニン
グによるレプチンmRNAレベルの減少は脂肪細胞サイズの縮小に一義的に依存することを明確にした。しかし一方で、脂肪
細胞の代謝や分化に関わる因子のmRNA発現は脂肪細胞サイズには依存せず、運動トレーニングは脂肪細胞の代謝や分化に
関わる因子に対して運動固有の効果をもたらすことも示唆する貴重なデータを得ている。課題②の実験から、運動を行う
ことによりポジティブな心理状態が引き起こされる傾向は認められるものの、自発的に運動を行った場合と、同じ運動を
強制的に行った場合では脳内で活性化される領域および活動の程度が異なることが示された。また運動強度の違いによる
効果も認められた。課題③では、適度な背景音(騒音)が学習課題の改善と密接に関連し、音の強度(大きさ)が小さす
ぎても(無音)大きすぎても課題の改善に効果を示さず、また学習やストレスに関連する脳内神経活動は音の強度に依存
した特異的賦活パターンを示した。以上の知見から、運動はからだとこころの健康の保持増進に有効なツールであり、加
えて運動刺激条件や環境要因を適切に配慮することによってその効果はさらに増大する可能性のあることが示唆された。
(様式3)
平成19年度 傾斜的研究費 (特定)(全学分)(戦略分・公募分)研究報告書
学会発表(発表題目、発表大会名、年月を記入)
北 一郎
久保田夏子,柳田信也,北 一郎.ラットの覚醒/あくび反応におけるコルチコトロピン放出因子ニューロンの役割.第
30回日本神経科学大会,横浜,2007. 9
柳田信也,雨宮誠一朗,鈴木聡子,加藤裕美,久保田夏子,北 一郎.自発および強制運動時の心理的変化に関連する脳
内神経活動の比較.第30回日本神経科学大会,横浜,2007. 9
柳田信也,北 一郎.急性の自発および強制運動時のモノアミン神経活動
第62回日本体力医学会大会,秋田,2007. 9
Kita I, Kubota N, Yanagita S, Motoki C. Corticotorpin-releasing factor neurons are involved in arousal response accompanied by yawning
behavior of rats. Society for Neuroscience, 37th Annual Metting, San Diego, CA, USA, 2007. 11
Yanagita S, Suzuki S, Amemiya S, Kato Y, Kubota N, Kita I. Effects of regular voluntary exercise on activation of corticotropin-releasing
hormone neurons during acute running. Asia-Pacific Conference on Exercise and Spors Science 2007. Hiroshima, 2007.12
井澤鉄也
Sakurai T, Nishioka H, Fujii H, Nakano N, Kizaki T, Izawa T, Haga S, Ishida H, Radak Z, Ohno. New lychee fruit-derived polyphenol
mixture Oligonol converted into a low-molecular form reduces oxidaive stress in adipocytes. The 15th European Congress on Obesity,
Budapest, 2007. 11
Shirato K, Imaizumi K, Ikeda S, Haga S, Ohno. Antioxidative/anti-inflammatory
Sakurai T, Nishioka H, Fujii H, Kizaki T, Izawa T,
The 3rd International Conference on Polyphenols and Health, Kyoto, 2007. 11
その他、国内学会10回
論文発表又は著書発行(発表題目、著者、発表誌又は出版社、年月を記入)
北 一郎
Kita I , Kubota N, Yanagita S, Motoki C. Intracerebroventricular administration of corticotropin-releasing factor antagonist attenuates arousal response accompanied by
yawning behavior in rats. Neuroscience Letters in
( press )
Suzuki S, Yanagita S, Amemiya S, Kato Y, Kubota N, Ryushi T,Kita I. Effects of negative air ions on activity of neural substrates involved in autonomic regulation in rats.
International Journal of Biometeorology (in press )
Yanagita S, Amemiya S, Suzuki S,Kita I. Effects of spontaneous and forced running on activation of hypothalamic corticotropin-releasing hormone neurons in rats. Life
Sciences, 80: 256-363, 2007
北 一郎(分担執筆) 首都大学東京体力標準値研究会編,新・日本人の体力標準値Ⅱ,不昧堂,東京,2007
井澤鉄也
Kizaki T, Izawa T, Sakurai T, Haga S, Taniguchi N, Tajiri H, Watanabe K, Day NK, Toba K, Ohno. β2-adrenergic receptor regulates TLR4-induced NF-κ B activation
through B-arrestin 2. Immunology (in press)
Sakurai T, Nishioka H, Fujii H, Nakano N, Kizaki T, Radak Z,Izawa T, Haga S, Ohno. Antioxidative effects on a new lychee fruit-derived polyphenol mixture, Oligonol,
converted into a low molecular form in adipocytes. Biosci. Biotechnol. Biochem. (in press)
Sakurai T, Kondoh N, Arai M, Hamada J, Yamada T, Kihara-Negishi F,Izawa T,
Ohno H. Functional roles of Fli-1, a member of Ets family
of transcription factors, in human breast malignancy. Cancer Science 98: 1775-1784, 2007
Sakurai T, Takei M, Ogasawara J, Ueda H, Kizaki T, Ohno H,Izawa T.
Exercise before or after refeeding prevents refeeding-induced recovery
of cell size after fasting with a different pattern of metabolic genn expressions in rat epididymal adipocytes. Metabolism: Clinical and
Experimental, 56: 1270-1278, 2007
Watanabe S, Hitomi Y, Kawano F, Ohira Y, Kizaki T, Nakano N, Sakurai T,Izawa T,
Suzuki K, Sudoh M, Roy RR, Ohno H. Transcription
regulation of gene expression in rat brown adipose tissure in response to unloading or 2G loading during growing period. Acta Astronautica,
60 889 898 2007
井澤鉄也(分担執筆)体力と健康:脂肪と体力,「長澤純一編;体力とは何か」
ナップ,東京,2007
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
215 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content