close

Enter

Log in using OpenID

DT - 沖縄市

embedDownload
DT2期予防接種は、ジフテリアおよび破傷風を予防するため、
幼児期に受けたDPT1期(又はDT1期)の追加接種として受ける予防接種です。
【接種 スケジュール】
DT2期予防接種は、ジフテリアと破傷風に対する予防接種
今回受ける予防接種
で、幼児期に受けた DPT1期(又は DT1 期)の追加接種と
1期(生後 3 ヵ月から 7 歳半に至るまでの間の児)
DPT
初回
1回目
DPT
初回
2回目
DPT
初回
3回目
DPT1期:初回3回、追加1回
(DT1期:初回2回、追加1回)
して受ける予防接種です。
2期
DPT
追加
これまでに受けた DPT の回数に不足がある場合は、今回
DT
受ける DT2 期(公費負担)の接種だけでは免疫効果が不十
11 歳・12 歳
分となる場合があります。今後、任意による追加接種(全額自
己負担)を希望する場合は、接種回数・間隔について主治医
にご相談ください。
対 象 者:11 歳 以 上 13 歳 未満 の 者
(13 歳 の 誕 生日 の 前 日 ま で ) ※沖縄市に住民登録をしている方
※ジフテリア・破傷風のいずれかにかかった方も、DT予防接種を受けることができます。
接種回数:1回
接 種 料 金 : 無 料(公費負担) ※対象者以外は自己負担となります。
接 種 方 法 : 指定日に集団予防接種にて実施(場所:沖縄市民会館中ホール)
※やむをえず集団予防接種で受けることができなかった方は、指定医療機関(要予約)での個別予防接種となります。
★ジフテリア(D)
ジフテリア菌の飛沫感染で起こる病気です。主にのどに感染しますが、鼻にも感染します。症状は、高熱、のどの
痛み、犬が吠えるようなせき、おう吐などで、のどに偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。また、
この菌は、ジフテリア毒素を大量に出して神経や心臓の筋肉を侵すため、発病後に心筋障害や神経麻痺を起こし、
突然心筋梗塞で死亡することもあります。
現在、国内では DPT ワクチンが普及しほとんど患者はいませんが、ワクチンをやめざるを得なかった旧ソ連など
では大流行が起こり、多数の犠牲者が出ました。
★破傷風(T)
傷口から侵入した破傷風菌が体内で毒素を産生し、それにより神経がおかされ全身の筋肉麻痺やけいれんを起こ
す病気です。
破傷風菌は土壌中に存在し、世界中どこにでもいるので、いつでも感染の危険性があります。深い傷だけではな
く、ガーデニング等でできる小さな傷でも起こります。人から人へうつる疾患ではありません。
顔の筋肉を動かしにくい、笑ったように引きつった顔になるなどの症状から始まり、徐々に口が開けにくくなり、
その後数日以内に全身の筋肉がいっせいに縮んでけいれんが起こります。頻発するけいれんによって心臓が衰弱し
死亡することが多い重篤な疾患です。この菌の自然感染によって免疫を獲得することはなく、予防接種以外に免疫
をつける方法はありません。
●DT予防 接種の副 反応
DT予防接種は、DTトキソイドという不活化ワクチンを接種します。
DTトキソイド接種後の副反応としては、注射部位の赤み・はれ・しこり・痛みなどの局所反応が主で、接種回数
を重ねるごとに反応が強くなる傾向があります。赤みやはれなどは一過性で数日中に消失しますが、しこりは1~2
週間残ることがあります。
注射部位以外の副反応としては、発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、下痢、めまい、関節痛などを認めることがあります
が、いずれも一過性で数日中に消失します。
重大な副反応として、まれにショック、アナフィラキシー(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれるこ
とがありますので、接種後は観察を十分に行って下さい。
●予防接 種による健 康被害 救済制 度について
定期の予防接種後に起きた健康被害が、予防接種によるものと国で認定された場合には、予防接種法に基づく
補償(医療費、医療手当、障害児養育年金、障害年金、死亡一時金、葬祭料)を受けることができます。
沖縄市役所 こども相談・健康課 予防係 TEL 939-1212(内線 2232・2233)
※この説明書の情報は平成27年3月現在のものです。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
199 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content