close

Enter

Log in using OpenID

自己啓発のススメ - 全国老人福祉施設協議会

embedDownload
自己啓発のススメ
5-4
自己啓発による新型養護老人ホームの取組み
問題意識を持つ
これでいいのか
意識改革
花巻市養護老人ホームはなまき荘
岩手県・花巻市
園
長
うち
内
だて
舘
かつ
勝
と
人
E-mail Address
施設の概要
uchidate@hanamakisou.com
昭和49年7月1日開所。平成15年3月全面新築。全室個室。公設民営(委託→指定管
理者)。入所定員50名。はなまき荘内に訪問介護事業所を開設し、平成18年10月1日
から個別契約型の新型養護老人ホームへと移行した。
<取り組んだ課題>
・養護老人ホームの運営に携わったのは、花巻市役
所を定年退職した翌日の平成17年4月1日から
です。
・待ち受けていたのは、新型養護老人ホームへの移
行準備であり、新しい制度の中で将来においても
継続して安定した経営、運営ができる養護老人ホ
ームの方向を確立することでした。市役所の最後
の2年間は保健福祉部でしたが、実務的な経験が
なかったため養護老人ホームについては用語や仕
組みがわからない、根拠法令を探し出せないと
いった、ほとんどゼロからのスタートでした。
・新型養護老人ホームの運営に携わった8年間は、
自己啓発ということを強く意識したわけではあり
ませんでしたが、その取組み実績が結果的に自分
流の自己啓発に端を発したものであったと考えら
れます。
<具体的な取り組み>
○わからない。知りたい。からのスタート
○心構えと取組姿勢
・意欲とやる気を持つ。
・これでいいのか。もっといい方法がないか。
・根拠は何か。根拠法令はどこにあるか。
・自分が理解できるように、データを組み替える。
・自分の考えを表明し、意見を求め、深めていく。
・小さいことの積み重ねを大事にする。
・目標の達成感が、次のステップへの起爆剤になる。
1 研修会、説明会への参加
2 新型養護老人ホーム検討委員会の開催
3 情報源の情報収集
4 独自資料の作成
5 はなまき荘業務必携の作成
6 実務辞典の作成
7 事例研究の取組み
8 独自資料の提供と情報交換
9 施設を訪問しての施設見学、調査、意見交換
10 研修視察の受入
11 全国老人福祉施設研究会議実践研究発表へ
応募
12 関係機関、団体への提言
13 行政機関との懇談、意見・情報交換
14 インターネットの活用
15 パソコンの力
<活動の成果と評価>
・手探り状態からスタートした新型養護老人ホー
ムですが、自分流の自己啓発の手法を取り入れる
ことによって、新型養護老人ホームの仕組みや構
造の理解が深まりました。また、職員の英知の結
集と相まってはなまき荘が選択した個別契約型の
運営形態は、その取り組みと実績からも、正しい
選択であったことが実証されております。
・新型養護老人ホームについて、多方面の領域に
わたり個別契約型と特定施設型を比較することに
より、新型養護老人ホームの仕組みや構造が明ら
かになり、個別契約型と特定施設型のメリット、
デメリットや課題と問題点を抽出することもでき
ました。
<今後の課題>
・職員にも自分に合った自己啓発の方法で、自分
の職務の専門性を高めながら、入所者、利用者に
満足していただける処遇、サービスの提供につな
がるようにSDS(自己啓発援助制度)を確立す
る必要があると考えます。
<参考資料など>
別記
-468-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
798 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content