close

Enter

Log in using OpenID

科目名称:哲学 担当者名:三宅 浩史 科目群(区分) 開講予定時期 授業

embedDownload
科目名称:哲 学
担当者名:三 宅 浩史
科目群(区分)
開講予定時期
授業形態
単位数
主題科目
3年
講義
2
授業概要:ケアの現場における営みを、哲学的視野から考察します。本講義における哲学的な立場を確認したうえで、ケアにおける道
徳的行為について考え、ケアという行為を通して形成される徳を見つめることを通して、ケアという営みの目的を見据えるところへと向
かうことができるよう、本講義を進めます。
到達目標:
1.講義 を通して、テキストの文脈 を十分とらえることができていること。
2.テキストの内容を、受 講生各 位の生活というレベルでつかめていること。
3.ケアという行為の意 味を、適切 に理解し得 ているようになること。
授業計画
準備学習
第1回 はじめに(授業ガイダンス)
教科書 p.1~5
第2回 出発点:今 期の授業の指 針を示す。
前回範囲の復習 、および教科書 p.8~11.
第3回 人間と環境:世界 を「行為 の立場」から主体的にとらえる視 野
前回範囲の復習 、および教科書 p.11~15.
を開く。
第4回 知識の倫 理(1):「知る」という事 態をめぐる倫理を考察する。
前回範囲の復習 、および教科書 p.100~104.
第5回 知識の倫 理(2):「知る」という事 態をめぐる倫理を考察する。
前回範囲の復習 、および教科書 p.104~108.
第6回 ケアと道 徳的行 為(1):道 徳的自覚について学ぶ。
前回範囲の復習 、および教科書 P.108~112.
第7回 ケアと道 徳的行 為(2):行 為をめぐる自己のありようについて
考える。
前回範囲の復習 、および教科書 P.112~115.
第8回 ケアと道 徳的行 為(3):「表現」を理解 する。
前回範囲の復習 、および教科書 P.115~117.
第9回 ケアと道 徳的行 為(4):人 間の道徳的 行為を世界からとらえ
返す。
前回範囲の復習 、および教科書 P.117~120.
第 10 回 ケアと徳 (1):徳を統 一 的な仕 方でとらえる方途 を探る。
前回範囲の復習 、および教科書 P.120~123.
第 11 回 ケアと徳 (2):徳と人格、および目指 されるべき善について考
前回範囲の復習 、および教科書 P.123~126.
察する。
第 12 回 ケアと行為の目的 (1):「快楽説」と「心情 説」について理解
する。
前回範囲の復習 、および教科書 P.126~129.
第 13 回 ケアと行為の目的 (2):「責任の倫理」の重 要性をとらえる。 前回範囲の復習 、および教科書 P.129~131.
第 14 回 ケアと行為の目的(3):行為の目的 と自覚 との関係 を考 察す
前回範囲の復習 、および教科書 P.131~133.
る。
第 15 回 今期のまとめ
前回範囲までの復習
準備学習:教 科書の序 を一読 しておいてください。
評価方法:定期試験 60%, 小テスト 20%, 受講態度(授業への参加度)20%
教科書:『三木清「哲学入門」パラフレーズ』(風詠社 、2010)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
131 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content