close

Enter

Log in using OpenID

インドでの出来事 - 断層映像研究会

embedDownload
断層映像研究会雑誌第28巻第2号
5
0
(
4
)
巻頭言
インドでの出来事
田中良明
国際学会などで外国に出かけると時々思わぬ経験
それはさておき、私はこの某氏の入院付き 添い の
をするが、今回も思 っ ても見ない出来事に遭遇し、
聞に 、 思いがけず院内である光景を見て、はたと心
また 一 つ新たな人生経験 をした 。
に打たれるものがあった 。 それはたまたま通 り がか
それは、今年の2月にある仕事で某氏と 一緒にイ
っ た病院のエレベータホールで、エレベータを待 っ
ンドのマドラス (チェンナイ ) に出かけたときの事
ていたときのことである 。 ホールの壁際に飾られて
である 。 予定していた現地調査や研究打ち合わせ、
いた小さな仏像の前で、勤務交代のときだと 思 うの
それに依頼されていた講演なども無事終えて、空港
だが、出勤してくる 看護婦 たちがしばし立ち止 ま っ
から 帰路に付こうとした ところ、機内に 乗り込んで
ては次々と仏像に手を 合せたり触れたり していくの
からその某氏が急 に体調を崩して動停や胸苦し さを
で ある 。 今日も 一 日無事でありますようにと、お祈
訴えたため、急、謹そのまま飛行機を降りることにな
りしているのであろうか。 またそ の他 にも見舞い客
っ た 。 そのとき実は、予定の使の出発が折り返し機
と思われる中年の夫婦が丁寧 に履物を脱いだ上 で、
の都合で2時間近く遅れてしま っ たこともあり、時
持 って きたショールのような布をその仏像に掛けて
刻は既に夜中の午前 O 時を回っていたのだが、我々
や った りするのである 。 これらの光景 は、 私の目 に
はい っ たん出国手続きをした順路を逆戻り してイン
は彼らがごく自然な 振舞いで、行 って い るように 映 っ
ドに 再入国することにな っ た 。 そ し て手配された救
ただけに、日頃忘れて いた物事 に感謝する気持ちの
急車に乗って彼はそのまま入院することになり 、 私
大切さや 、 信仰心の原点を思い起 こさせる のに充分
も 一緒に病院へ付いていくことにな っ た 。
の出 来事であ っ た 。 よ く日本人には信仰心がないと
その後 、 2 日間の入 院の聞に、某氏もすっかり体
か、 無宗教信者であると か言 われた りするが、 普段
調が回復 し 退院可能となり 、無事帰国することがで
の生活の中で、果たしてこのような感謝の気持 ちを
きたのだが、 その問の救急室での対応や一般病室に
抱いて行動 し ている人が一体どれ位いるだろうか
移ってからの医療スタッフの患者への接し方、処置
と 、 その 時ふと思 っ たりもした 。
のやり方を間近に見て、インドにおける 医療 の現状
感謝の念 は、 今、日 本人に一番欠けているものの
と、そのレベルの 高 さを垣間見ることができた 。 退
一 つである と 言っ てもよいかもしれない。 こ の よう
院の際には、救急患者で入院した彼のもとには数日
な心情の足りなさが、 昨今問題にな っている医療事
分の薬の他、 退院時サマ リ ー や 主な検査デー 夕、胸
故や 医 療訴訟などとも無縁ではないように思われ
部レン ト ゲン写真、 医療費 明細書のほか、 今後 の生
る 。 よく 言 われていることではあるが、日本は今や
活指導書や飛行機での旅行許可証なども渡され、 そ
米国に次 ぐ世界 第 二 の経済大国にな って はいるが、
の手際 よ さ にも改めて感心させられた 。 またこの
果たして心の中までどれほど豊かであると自 信 を持
問、 医 師、 看護婦、栄養士 などのスタ ッフが訪室 し
って言 い切れるだ ろうか。 教育や診療の現場で多く
てきで は 、そ れぞれ引 率 してきた 若 い研修生た ちを
の 人達 と接する機会の多い者 にと って 、 今回の イン
ベッ ドサイド で指導 して いくのだが、 その実際 のやり
ド旅行 はいろい ろな意味で貴重な贈り物を与えてく
方を見て 、 日ごろ教育や研修の現場を担 当 している
れた 。
私にも、いろいろと参考にさせられるものがあった 。
(日本大学医学部放射線医学教室教授)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
203 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content