close

Enter

Log in using OpenID

091207 大陸の風~岡本孝之 著

embedDownload
『大陸の風に誘われて』 カナダ横断 サイクリングの旅
=文芸社 (’09.12.15 初版第1刷発行) =
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-08099-4.jsp
執 筆:岡本孝之(おかもとたかゆき) 1940 年(昭和 15 年〉 横浜市生 横浜市在住
趣 味:サイクリノグ 旅 登山 サッカー 横浜サイクリング・クラブ所属
著 書:「カナディアンロッキー・一周の旅 60 歳で挑戦 3000km サイクリング」:2005 年日本文学館刊
サイクリングの旅…を始めて 3 回目。
1 回目はカナディアンロッキーを回った後、バンクーバー島を縦断し、3 ヶ月で 3500 キロ走った。2 回目はロッキ山脈沿いにカナダからアメリカ合衆国に入り、イエローストーン国立公園を回った後、ワンント州まで、同じく 3 ヶ
月で 3200 キロ走った。 ・・・・・・
過去 2 回の旅は、ロッキ-山脈に代表される北アメリカ大陸の大自然が中心だったので、今回は大陸をも
っと広く見てみようと、カナダを太平洋岸から大西洋岸まで横断する旅を計画した。7000 キロ以上の長距
離となるためこれまで以上に長期の旅となるが、それだけにより多くの人達との交流もできると思う。
一度足った道は避けようと、出発点はパンクーバーより 800 キロ北の小さな港町プリンスルパートにした。
・・・・・・
過去 2 回の挑戦で、とりあえず長距離を走る自信はついた。とはいえ 7000 キロもの距瀦を走り切れるか
どうかは、やってみなければわからない。 どのくらいの日数がかかるのかも計り知れないので、まずは余裕
をみて 5 ヶ月間と考え、5 月 31 日出発、10 月 24 日帰国の往復切符を買った。 さあ、出発!
・・・・・・・
昼過ぎに地元のサイクリストと会い、「どこから来たのですか」「カナダを横断してここに・・・・」と答えると、
「おめでとう」と言って握手を求められた。まだ大西洋岸まで達していないのだが、ここまで来れば地元の
人からすれば横断したのと同じなのであろう。半分その気になる。
・・・・・・・
知らぬ間にハリファックスの市内に入る。コンテナー埠頭を右に見て坂道を上り、住宅街に入った頃には、
既に辺りは薄暗い。街の南外れにあるユースホステルに到着したときには、すっかり夜の帳が下りていた。
私の長い 長い大陸横断の旅は、今終わった。
1年前に構想を抱いた北アメリカ大陸横断を、ここ成し遂げたのだ。 3ヶ月半前に漕ぎ出したときは、
達成できるかどうか、まったく自信はなかったが、やはり 「なせば成る。なさねば成らぬ何事も」である。
長くもあり短くもある。太平洋側の小さな町を発った 6 月 2 日が遠い昔のように思えるし、つい先日のよう
にも思える。ロッキ-の山々、穀倉地帯の大平原、森と潮の大地、ヨーロッパ人が切り開いた街々、セントロー
レンス川、赤土のプリンス・エトワート島・・・ ここにたどり着くまでに見てきた数々の自然と、出会った人々が、
走馬灯のように意の中を駆け巡る。
自宅に電話を入れ、無事横断できたことを伝え、喜びを共にする。
でも目の前には喜びを分かち合える仲間はいない。乾杯する相手もいない、一人旅はやっぱり寂しい。
でも一人味わう達成感もまた良し。静かに喜びと充実感を噛みしめ、自己満足に浸る。
1
大陸の風に誘われて
カナダ横断サイクリングの旅
∼ 風に誘われ 風と語り 風に歌う ∼
=
目
次
=
第 1 章 ロッキ−山脈を越えて
1
2
3
4
5
太平洋岸の小さな港町からスタート
人里離れて山奥へ
キャンプ場で熊と遭遇
熊に追われて
ロッキ一山脈の盟主ロブソン山と再会
第2章 豊穣の大平原をゆく
1
2
3
4
5
6
7
∼オンクリオ州 西部/中部∼
とうとう大陸の東半分に突入
伴走車を従えて横断するサイクリストたち
再び熊の縄張りへ
五大湖・スペリオル湖に到達
森の中で一人野宿
狼の群れに遭う
ヒューロン湖の北岸を行く
第4章 カナダの歴史舞台を走る
1
2
3
4
5
6
7
∼アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州∼
今年もローター家でお世話に
天国から地獄へ
サイクリングの醍醐味を満喫
ロッキ-で出会った母娘を訪問
カナダ建国記念日に招待される
危険人物と間違えられる
州都ウィニペグで 「くまのプーさん」 と会う
第3章 森と湖の国
1
2
3
4
5
6
7
∼ブリティシュ・コロンビア 州∼
∼オンタリオ州・東部 ケベック州∼
見知らぬおじさんと一晩を
若い女性から朝食に誘われて
北アメリカ大陸大停電に巻き込まれる
オタワ刑務所出所後、すぐにパトカーに捕まる
第2のフランス、ケベック州 (モントリオール)
女性サイクリストと一緒に
(ケベック・シティ)
憧れのセントローレンス河畔を走る
第5章 大西洋沿岸に入る
∼ニュー・ブランズウィック州 プリンス・コウドワード州 ノバ・スコシア∼州∼
1 Hなところでお世話になる
2 世界一大きい潮位の差
(モンクトン)
2 赤毛のアンの島
(プリンス・エドワード島)
4 横断達成!ハリファックス到看
5 タイタニック号避難者を弔う
第6章 再会の旅
l
2
3
4
5
∼ハリファックスからパンクーバーヘ∼
先生に叱られて
ナイアガラの滝で喉につかえた刺が取れる
往路で出会った家族と再会 (トロント キッチナ-)
永遠の別れの抱擁
(エドモントン)
自転車との別れ
(パンクーバー)
* ツアー暦:退職後、海外サイクリングの旅を始める
2001年:カナダ・ロッキ-山脈周回等(3500km 走行)
2003年:カナダ(北アメリカ)大陸横断(7100km)
2005年:ニュージーランド(2800km)・ハワイ(800km)
2007年:中、東ヨーロッパ(3800km〉
2
2002年:カナダ∼アメリカ・ロッキ-山脈縦断(3200km〉
2004年:オーストラリア (4000km)
2006年:西ヨ−ロッパ(4200km)
2008年:英国、北∃一ロッパ(3600km)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
186 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content