close

Enter

Log in using OpenID

No15 - 具志川東中学校

embedDownload
PRIDE
学校だより
うるま市立具志川東中学校
NO15
発行者
上江洲
隆
平成26年12月15日(月)
又吉健斗君(2年)日本代表で世界大会へ出場 !
タンブリング世界大会出場(米国デイトナビーチ!11/13ー14)
タンブリングの部で三度めの日本代表に選
出された又吉健斗君(2年)は大会出場基準
を見事クリアし、米国フロリダ州デイトナビ
ーチで開催された世界大会に出場しました。
惜しくも決勝進出をのがしましたが、過去に
世界大会二位の実績等もあり、来年に期待し
たいと思います。さらに、2020年の東京オリ
ンピックで活躍できるといいですね。
沖縄県の人材育成留学事業!
高校生になると海外で学べる機会が増えます。
沖縄県「国際性に富む人材育成留学事業」の一環で平成22年度から「「英語立県沖縄」戦略事業」に
関わっています。児童生徒の「英語力向上」に関しては①英語検定試験をベースにした中高生の英語力
の測定、測定結果を反映した Can-do リスト作成等毎時間のゴールを定め、着実に成果へとつながってい
ます。同時に「小中高大の連携」による英語教育の系統的指導、「国内外の英語リソース」の調査及び
活用、
「国内外の英語教育ネットワーク」の構築等4つの部門に分けて、英語教育の充実を図っています。
沖縄県と海外との交流協定締結(上海、シンガポール、米国3州、オーストラリア、カナダ)が行われ、
県内の高校と海外の高校が交流できるようになりました。
○「国際性に富む人材育成留学事業」長期留学・・・1年間海外の高校へ派遣
平成24年度と25年度だけで社会人39名、高校生135名、合計174名が沖縄から海外の教育機関で学ん
でいます。昨年度は高校生70名が世界40ヵ国へ1年間、大学生25名(修士課程 7名、1年課程 13
名、6ヶ月課程5名)はアメリカ,オーストラリア,イギリス,カナダ,台湾,イタリアの6ヵ国へ派遣しまし
た。(英語検定準2級程度の英語力、中学校で出席状況の良好な生徒)
平成26年度の派遣状況は高校生70名が北米、アジア(中国、台湾、タイ、フィリピン),ヨーロッパ、
オセアニアの世界18ヵ国へ派遣中です。これまでに61名が海外で学びました。
これまで高校生が留学先した国は、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、
スペイン、ポルトガル、スイス、ベルギー、フィンランド、ノルウェー、ハンガリー、デンマーク、
イタリア、フィリピン、タイ、韓国、中国、台湾です。
○「グローバルリーダー育成海外短期研修事業」
1
短期研修
アメリカ高等教育体験研修 (3週間、高校生50名)
米国州立大学等へ高校生を50名派遣し、大学生活を体験させリーダーシップ研修を受講し
グローバル人材の育成を図る。さらに引率教諭も英語教授法等の授業を通して資質を高める。
2 海外サイエンス体験短期研修 (12日間、理系高校生25名、教員3名)
海外の研究期間等の訪問、現地高校,大学等での授業へ参加し.理系分野の人材育成の基礎作りをする。
3 中国教育交流研修(2週間、高校生20名)
異文化体験や現地高校生との交流を通して、中国への更なる興味関心を高める。
4 沖縄県高校生芸術文化国際交流プログラム(5日~7日間 高校生80名、引率10名)
オーストリア、シンガポール等へ音楽、美術、工芸、郷土芸能等で活躍する高校生を派遣、
台湾へは書道分野で活動する生徒。
5 専門高校生国外研修(10日間 高校生40名)
専門高校生を台湾、オーストラリア等に派遣し、現地産業の視察や現地高校生、大学生及び沖縄県出身
者との交流,インターンシップ等を実施し、グローバル社会の農業,工業、商業等を担う人材育成に資する。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
184 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content